この曲を聴け!
FRIENDS II
MyPage

FRIENDS II
モバイル向きページ 
解説 - FRIENDS II

1996年11月25日、Rooms RECORDSよりリリースされた5thミニアルバム。
ミニアルバムとしては、前作『FRIENDS』以来4年ぶりに発表された作品。『FRIENDS』続編となるが、本作は前作のような全曲に1つのストーリー性を持たせておらず、一曲一曲のストーリーが全て独立したオムニバス形式の内容となっている。
松本によると「B'zにとってミニアルバムは実験の場。今回はB'zが今までやったことのないジャンルに挑戦する音楽的企画になった。」と語っており、本作は従来のB'zの作風とは異なるAOR色の強い曲が多く、ボサノヴァやフュージョン、レゲエの導入、フルート、サックス、フェンダーローズやファルセットを多用したボーカル等がフィーチャーされている。
LIVE-GYMでは「SNOW」を除く全曲が未演奏。現在、日本国内では最後のミニアルバム作品である。

Producer:松本孝弘
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. STORMBRINGER ★★ (2003-12-11 17:08:00)

『FRIENDS』とは「冬」「恋愛」というテーマは同じですが、このアルバムのほうが大人っぽいと感じました。
特に「傷心」がお気に入りです。
全体的に稲葉のヴォーカルが色っぽい(笑)。




2. Usher-to-the-ETHER ★★ (2003-12-24 10:04:00)

コンセプトアルバム「FRIENDS」の第2弾。
前作の様なコンセプト性はやや薄まった感がありますが、今回は「甘く切ない恋愛」ではなく「アイドルへの憧れ」や「孤独に回想と後悔を繰り返す男」「人間関係に傷つき、臆病になってしまった状態」など、もっと恋愛の本質に迫ったような「切なさ」を体感できる一枚です(「アイドルへの憧れ」というテーマで切なく書き上げる稲葉さんの作詞能力にも脱帽…)。
全曲が凄くメロディアスで、シャッフルのリズムやフルートなどの楽器を上手く使って大人っぽい雰囲気を醸し出しています。ファンの間では「FRIENDS」の人気が高いようですが、私的にはこっちのほうが断然お勧めです。




3. せーら ★★ (2003-12-28 02:44:00)

B'z史上最も異質なアルバム。
ダークでアダルトチックな雰囲気がアルバム全体を支配。とにかく「これがホントにB'zか?」と思ってしまうほど異質。
初めて「BABY MOON」聴いた時はひっくり返りました。
「傷心」では後に発表する「SURVIVE」に通じる稲葉の歌唱が聴けます。
異質ですが、やっぱり「きみをつれて」がとても良いです。構成が面白いし(ギターソロで一度曲をフェイドアウトし、ピアノの静かなフレーズで改めて幕を閉じるというアルバム全体を意識した終わり方になっている)、稲葉のヴォーカルが素晴らしいです。誰もが知ってることですが、彼はやっぱり天才です。
それにしてもB'zの音楽性の広さには圧倒されてしまいます。「BAD COMMUNICATION」の頃とは大違い。とても同じバンドとは思えません。そのうちラップとか始めるんじゃないだろうな?それだけは勘弁してくれ~(笑)
「FRIENDS」ほどではないですが、こちらも名盤。




4. 3割2分5厘 ★★ (2004-03-27 17:24:00)

B'zの音楽性の幅広さを示したアルバム。
歌詞も深い。
愛する人を失ったことで完全に心を閉ざした「SNOW」。
別れた彼女のことがトラウマとなり、自暴自棄となっている「傷心」。
君の心が分からないまま、関係を始めてしまおうとする「BABY MOON」。
雑誌や夢の中の女性に恋をし、しかも彼女が自分の気を引こうとしていると勘違いする「ある密かな恋」。
様々な恋愛の形を示したこのアルバムは、
マンネリ化を恐れときめきを取り戻そうと2人旅に出る「きみをつれて」の
感動的ギターソロで終わります。
ミニアルバムだとはいえ、素晴らしい曲が詰まっています。聴いて下さい。
注目曲→「きみをつれて」
曲全体に漂う「雰囲気」が最高に魅力的。
稲葉は歌詞も歌唱も神がかってる。ファルセット1つのみによるシンプルなハモリも美しい。
ラストのギターソロは、松本史上最高のソロだと本気で思う。




5. あお ★★ (2004-04-11 02:10:00)

このアルバム、バラードが多かったような記憶があります。(←最近あまり聴いてないんで・・・。)
全体に大人の雰囲気をかもし出しているアルバムだと思います。
それにしても色んなタイプの曲をやってますね~、 B'Zって。




6. 歩兵 ★★ (2004-10-10 14:52:00)

大人っぽいアルバムですね~。「FRIENDS」のような大衆性はないかな。なにしろ「FRIENDS」の有名曲「いつかのメリークリスマス」の位置にあるのが「SNOW」ですからね。(←いい曲だけど大衆性はないでしょう)
しかし少ない曲数の中で相変わらずバリエーションは豊かですね。そしてとりあえずCD1枚に1曲はシングルにできそうな曲が入っているのも相変わらず。今回その王道としては「傷心」ですね。しかしギターインスト曲の「sasanqua~冬の陽」やバラードの「きみをつれて」などはそれ以上の名曲だと思います。
MR.BIGの「DEEP CUTS」を僕は冬のアットホームな暖かみのあるアルバムとして聴いてますが、この「FRIENDS?」は冬の外の寒さを表したアルバムだと思います。
とりあえず僕は「FRIENDS」より好きですね。




7. 073 ★★ (2004-12-05 05:38:00)

まっちゃんも稲葉っちもこの頃が一番いい。
歌メロがしっかりしてるから聴き疲れせずに一気に聴ける。
アルバムのジャケットもいいし自分の中では超名盤です。
この路線で行けとは言わないけどFRIENDS3出してください。



8. 東京限定 ★★ (2005-03-29 23:10:00)

ミニ・アルバム第二弾。
前作のように大ヒット曲は生まれなかったが、
相変わらず品のいいバラードが集まっている。
Friends 2の方が冬の季節を巧みに音として演出しているように思えます。
その代表はやはりSasanqua ~冬の陽や、きみをつれてといった大人なバラードのせいでしょう。
あと、聴いていて思ったんですが、傷心の外人の声がAEROSMITHのタイラーに聴こえるのは私だけでしょうか?




9. GIRIGIRI ★★ (2005-04-16 15:14:00)

最初に聴いた時は、このアダルトな感じが今ひとつ好きになれなかったのですが、最近改めて聴いてみたら、すごくいいアルバムだということに気付きました。「SNOW」「傷心」が特に好きです。



10. 透明人間 ★★ (2006-02-21 19:31:00)

「Friends」に負けず劣らずの名盤!
「SNOW」「傷心」はもちろん「きみをつれて」「sasanque~冬の陽」も隠れた名曲。
「BABY MOON」「ある密かな恋」は他では聴けないB'zにしては珍しい雰囲気。
そろそろ「FriendsⅢ」求む!




11. トランジスタ・ボーイズ ★★ (2006-07-12 13:53:00)

日本のメジャーシーンではサザンについで音楽の幅が広いと勝手に思ってるんですが
このアルバムはシングルのイメージしかない人はビックリするはず。
前作よりもより深くて渋い音楽。稲葉さんの歌詞も冴えてます。
勢いだけじゃない。大人なB'zが楽しめますよ。
83点




12. ミョッミピ ★★ (2007-02-22 01:15:00)

1. Friends II
2. SNOW
3. 傷心
4. BABY MOON
5. sasanqua~冬の陽
6. ある密かな恋
7. きみをつれて
1996年、5thミニ。AORサウンドが強い。
前作のシリーズだが今回のストーリーは1曲1曲で独立している。
2、3、7がお薦め。




13. 1573 ★★★ (2008-07-23 12:49:00)

同時期にLOOSEやSURVIVEをやっていた事を考えると、かなり異色な作品。
全体のイメージはズバリ真冬。
歌詞もメロも、とにかくシックでディープ。
気に入るかどうかは人それぞれだけど、間違い無く聴く価値はありますね。




14. 朱雲 ★★ (2009-05-12 16:15:00)

B'zもやればできるじゃないか!と感心させられたアルバム。

B'zって中毒性が低いのが難点だと思っていたが、このアルバムだけは違った。
味わい・中毒性が群を抜いて高いし、しかも、アルバム全体にしっかり世界観が表現されている。

こういうアルバムをどんどん作ってくれるのなら、間違えなく今からでもファンになるよ。




15. RG7 ★★ (2009-11-05 23:51:00)

FRIENDSの続編。
相変わらず全体的に冬っぽさが漂ってて、これを真夏に聴く人はいないでしょう。
前作に比べるとかなりマニアックで、明らかにクリスマスソングと思われる曲も見当たりません。
B'zでは初のちょっとHなジャケが意外でした。
好き嫌いがはっきり分かれる。一般受けはしないアルバムだと思います。僕は大好きですけどね。




16. 稲葉浩志 ★★★ (2014-09-18 16:47:25)

いい曲ばかり。



17. 神野大地 ★★★ (2015-01-05 21:04:11)

名曲揃い‼︎



18. レオン ★★★ (2015-03-17 11:58:51)

捨て曲がないな



19. risky ★★★ (2018-01-22 14:26:31)

大人の色気と哀愁が漂う、独特の世界へと引き込まれていく。
初心者には取っつきにくいが、個人的には「FRIENDS」よりも好き。
いい意味で世間の B'z像を覆してくれる名盤。
(ちなみにここから数年の間の稲葉のビジュアル的な色気は最高値に達したと思っている)


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示