この曲を聴け!
MACHINE HEAD
MyPage

MACHINE HEAD
モバイル向きページ 
解説 - MACHINE HEAD

1992年にアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドで結成されたヘヴィメタルバンドである。
主に、ヘヴィメタル、スラッシュメタル、グルーヴメタルをハイブリッドした音楽性で知られる。Slipknot、Hatebreed、Lamb of God、Shadows Fall、Bullet for My Valentine、DevilDriver、Gojira、Trivium、Avenged Sevenfold、Hatriot、Killswitch Engage、Chimaira、The Black Dahlia Murder、Throwdown、Suicide Silenceなど影響を公言するバンドは数多い。そんな彼らが影響を受けたバンドは1970年代~80年代のJudas Priest、Iron Maiden、Black Sabbath、Rushの他、Vio-lence、Metallica、Exodus、Slayer、Testamentなのスラッシュメタル、Suicidal TendenciesやCro-Magsなどのクロスオーバースラッシュ、PanteraやExhorderなどのグルーヴメタル、Nirvana、Soundgarden、Alice in Chainsなどのグランジなどである。
Vio-lenceを音楽性の違いから脱退したRobb Flynnが、ベーシストにAdam Duce、ギタリストにLogan Mader、ドラマーにTony Costanzaを迎えて結成。デモ音源が評価されRoadrunner Recordsと契約、ドラムがChris Kontosに交代して1994年8月9日に1stアルバム『Burn My Eyes』をリリース。当時世を席巻していたグルーヴ・メタルの中でも非常に高い評価得ることとなり、ついにはSlayerなどとのツアーもこなすなどして世界にその名を轟かせて行くこととなる。 その後バンドはドラマーのChris Kontosを解雇し、Dave McClainが加入。約1年半にも及んだ長いツアーを消化し、1997年の2ndアルバム『The More Things Change...』ではBillboard 200で全米138位を記録。ここでLogan Maderが脱退して、Ahrue Lusterに交代。新たな方向性を目指しRoss Robinsonをプロデューサーに迎えて制作した3rdアルバム『The Burning Red』はスラッシュメタルのテイストは影を潜め、ラップ調のボーカルを取り入れるという大胆な方向転換を見せる。全米88位を記録したものの、音楽性だけでなく容姿までもが変化してしまった。同路線で制作された4thアルバム『Supercharger』では十分なアルバムのプロモーションが出来なくなり、バンドはライブ盤『Hellalive』で契約を消化してRoadrunner Recordsから一旦離れることに。
その後、ギタリストPhil Demmelが正式加入。アメリカ国外のRoadrunner Recordsと契約したバンドは2003年、初のセルフプロデュースで制作した5thアルバム『Through the Ashes of Empires』をヨーロッパにてリリース。かつてのスラッシュメタルを基盤とした音楽性へ回帰したこのアルバムはヨーロッパにとどまらず全世界から絶賛された。完全に勢いを取り戻したバンドは数々のオファーを断って再びアメリカ国内でもRoadrunner Recordsと契約し、アメリカ盤は全米88位を記録。収録された代表曲「Imperium」のミュージックビデオがMTVでヘヴィローテーションされ、さらにバンドの名を知らしめることになった。その後もバンドは休むことなく世界各国のフェスティバルへの参加やツアーでのライブパフォーマンスで完全復活を見せつけた。続く6thアルバム『The Blackening』でも前作の路線を引き継ぎ、楽曲は5分前後、もしくはそれ以上にわたるものが多くなる。
2011年の7thアルバム『Unto the Locust』(全米53位)に先駆けRobb Flynnは「俺たちは6分以下の曲はなかなか書けないらしい。だけどMACHINE HEADはラジオやTVのために曲を書いてるんじゃない。俺たちのため。自分で進む道を決めたメタルヘッドのため。音楽こそ全てというメタルヘッドのために書いてるんだ。」とコメントしていた。2014年には8thアルバム『Bloodstone & Diamonds』をリリース、自己最高の全米21位を記録。
2013年までに、世界でのCD総売り上げは300万枚以上を記録している。

Current members (リーダーはRobb Flynn)
Robb Flynn – lead vocals, rhythm guitar, lead guitar (1992–present)
Adam Duce – bass guitar, backing vocals (1992–present)
Phil Demmel – lead guitar, rhythm guitar (2002–present)
Dave McClain – drums (1995–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ローランDEATH ★★ (2003-01-29 00:34:00)

このサイトで認知度が低すぎるような気がしてならない。
このバンド、言わばモダンヘヴィスの創始者的存在だし、中心人物であるロブ・フリンは、元VIO-LENCE(後のVIOLENCE)で、スラッシャーとしても、その持てる才能を発揮していた知る人ぞ知る存在である。
ギター・リフに最初にハーモニクスを大胆に取り入れたのも、何を隠そう彼なのだ!!




2. 音楽ならなんでもかかってこい!でもやっぱメタルだしょ!! ★★ (2003-08-17 02:51:00)

ローランさんのいうとおりです!!このバンドはホントもっときいて欲しいです。
リンプとかもハーモニクス入れてるけどこれぜーんぶマシンヘッドの影響だし~
メタル好きなら外しちゃだめでしょ。まずは1STは買いましょう。一曲目からしびれます☆だんだんオシャレになってくけどやっぱセンス良すぎですね!ラップとかはいっちゃてもまたかっこいいからにくいです!!



3. gen改めgen ★★ (2003-10-11 22:52:00)

1stのインパクトがあまりに大きすぎて、ここ最近作はちょっと煮詰まり気味かなぁ…とも感じたりもするが、そこは何といってもオリジネイター、モダンヘヴィの創始者どころか登場してくるやいなやいきなり「マシンヘッドスタイル(マシンヘッド風サウンド)」を創りあげフォロワーを5万バンドくらい登場させた底力は只者ではない!
今月末に出る新作を心待ちにしよう!そして未体験者はその前に是非旧作を(1stから順に)聴いてくだされ!
ホント憎いくらいにCOOLでカッコイイです!



4. しゅんぺ~ ★★ (2004-06-11 00:06:00)

新譜発売から半年以上経つが、未だ来日予定なし。
前回の来日が3年前のBEAST FEASTで、単独は5年以上前だから、そろそろ来てもいい頃だと思うのだが。
日本にはもはや彼らに対する需要はないのだろうか?
だとしたら悲しすぎる・・・




5. のっと ★★ (2005-04-20 03:01:00)

DVD待ち遠しいな~
日本に来てほしい



6. smith ★★ (2005-12-14 23:44:00)

またDVDの発売日が延期された。
もういい加減にしてほしい。



7. にくZ ★★ (2007-03-22 21:33:00)

http://www.myspace.com/roadrunneraustralia
新譜から全曲聴けます。
二曲ほど聴いてみましたがこれはかなり期待できそうですね。




8. cheesong ★★ (2007-07-09 08:26:00)

新CD未だ買っていないのだけど、LOUDPARKに来るってことで
買っちゃおうか考え中です。
THROUGH THE ASHES OF EMPIRESは大好きだし!
早く見たい~



9. x50 ★★ (2007-10-23 12:25:00)

ライドパーク07のライブ超強烈でした!かなり盛り上がってましたね。
昔からわりと好きなバンドでしたがさらに好きになりました。
是非単独をお願いしたいところです。



10. ヴィレ ★★ (2010-02-14 11:58:00)

MTV の Headbangers Ball で
超々有名曲、IRON MAIDEN の「Hallowed Be Thy Name」を
MACHINE HEAD が、カヴァーしているのを見て、素晴らしいと思いました。
You Tubu で検索したら、ありました。
↓ ↓

http://www.youtube.com/watch?v=DJrz1yofoKg
ドリムシ、クレイドル、アンドレ・マトス、ICED EARTH、のもありましたが
演奏や Vo のロブ・フリンは勿論、MACHINE HEAD が断トツで格好良かった。
今、Machine Head ライヴでの定番曲に、なっているようです。




11. マーちゃん大豆 (2011-07-03 22:50:13)

新曲「Locust」良いですね!
ギターソロでネオクラ・フレーズが飛び出してきて驚きましたが。
もうじき発売予定の新作は傑作だった前作同様に期待できそう!




12. マーちゃん大豆 (2011-09-23 22:06:43)

いやあ、新作「UNTO THE LOCUST」かなり良い。
今月のB!誌にレビューも広告もなかったので発売を知らない人が居そう。
是非お手元に取って聴き込んでください。




13. N男 ★★★ (2011-11-06 19:11:08)

最近、私の中で彼らは出世街道まっしぐらである。
5thを出してしばらくしてから、手を出したバンドだったが、いやぁ、こりゃ化けたね。
当時、ロブ兄貴は「もう一枚ファーストアルバムを作ってやる」意気込みだったらしいが、彼らの“再スタート”以降が5th、6th、7thと凄まじい傑作の嵐。
ベテランの意地ともいうべき、起伏に富んだ展開と熱いスラッシュリフの猛攻撃にやられっぱなし。
METALLICAが3rdを出してから凍ってしまった25年という時間を彼らなら動かすことができるかも知れない。
少なくとも、“ベイエリア代表”などという肩書はもはや不要。彼らの今やってることこそ“メタル”である。
2009年のLamb Of God、2010年のKalmahに続き間違いなく2011年の一押しバンド!
(というか、今年のメタル新譜、ますますぱっとしない気が。去年の方が名盤多かった)




14. かめはめ ★★★ (2013-03-16 01:45:47)

このサイトだと人気ないっすなあ。1stがなんだかんだ一番凄い感想。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示