この曲を聴け!
TYRANNY AND MUTATION (1973年)
MyPage

TYRANNY AND MUTATION
モバイル向きページ 
解説 - TYRANNY AND MUTATION
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. アゴ 勇 ★★ (2004-01-16 01:07:00)

バンドの各メンバーの個性の強さが程よく絡み合って、まさしく退廃的な雰囲気を醸し出しており、
ハードロック・へヴィメタル・パンクロックという枠の中では捕らえ切れない魅力があります。
ヒューマニックな感情がダイレクトに伝わってくるリアルな作品。




2. せーら ★★ (2005-02-21 20:19:00)

邦題「暴虐と変異」。1stに続いて、白黒ジャケットアートがクール。
奇怪な雰囲気、重く引きずるSABBATHとは対称的に、楽曲はスピーディーに展開していく。曲間が殆どないのも、そう感じさせるための計算されたアレンジ。
素晴らしい!




3. Dr.Strangelove ★★ (2008-07-12 13:46:00)

BOC初期の傑作。



4. KEISHOU ★★ (2008-09-15 17:22:00)

アナログのA面は、ノリノリな演奏で通し、B面がミドルテンポ中心で印象が別れるよね。俺はB面が好きだな。



5. あくび ★★ (2010-01-02 14:14:00)

THE BLACKという名のA面、THE REDのB面。
佳曲ぞろいだと思います。
縦横無尽かつ疾走感のあるドラム、
プログレファンにも聞いて欲しい変化のある曲、
(特に4曲目の「7 SCREAMING DIZ-BUSTERS」)
ねばりのあるヴォーカル・・・時代が変わっても
いつまでもかっこいいと思えるアルバムです。



6. 夢想家・I ★★★ (2012-12-03 22:17:44)

'73年発表の2ndアルバムです。
邦題「暴虐と変異」
彼等の1st~3rdまではリフ重視のヘヴィ・ロック路線ですが、中でも本作はリフまたリフで畳み掛ける作風で、アルバム毎に多彩な面を見せる彼等のカタログの中でも最もアグレッシヴな印象の強い作品です。
特に、曲間無く矢継ぎ早に繰り出されるアナログA面(The Black)のスピーディーな流れは爽快感抜群!
一転して重厚で叙情的な流れになるB面(The Red)とのコントラストも効いています。

爆走ハードロックが好きな方にはオススメの一枚です。




7. 人間そっくり ★★ (2014-07-16 08:04:38)

1stと同じGawlikによるヤバめのジャケット(特に裏ジャケは異界感がスゴい。)が目を引く2nd。ただしソリッドで逞しくなったサウンドはバンドの変異を物語っている。
サイケからの脱却に成功し、HRとしてブレの無いスタンスを獲得した好盤。
A面とB面を黒と赤に見立てたのは、サウンド傾向で分けただけなのか。
1曲目がそのアイディアの元ならA面が赤なのでは?
アルバムにおける黒と赤のモチーフは何?トランプ?スタンダール?ジャケからはチェスも連想するがあれは黒と白だしな。
不勉強でこの辺りの事がまだ解っていないのがまだまだ。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示