この曲を聴け!
EDGE OF EXCESS (1992年)
MyPage

EDGE OF EXCESS
モバイル向きページ 
解説 - EDGE OF EXCESS
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. インペリテリ ★★ (2004-01-23 04:25:00)

リックエメット脱退後の作品だけにどんな内容かと思ったら、これがトライアンフな作品だった。新しいギターもかなりのテクニシャンでバンドになじんでいる。Drが主導権を握ったバンドであるがギターが前面に出ていてこれまでの作品に引けを取らない内容である。リックはソロになってポップ路線に走ったがこちらは相変わらずのHRをやっているのでこちらの方が違和感なく聞けると思う。



2. けんしょー ★★ (2004-03-03 22:39:00)

リックとギル、泣きとパワー。
この二つがあってこそTRIUMPHと思っているのですが、
まあ、この作品はそこんとこ差っぴいて考えても、今聴くにはなかなかいいです。
個人的にはリックのソロの路線には賛成な俺は、ちょっと物足りないんだけど。
リックの偉大さがわかります、逆に。




3. GEORGE ★★ (2004-03-30 00:37:00)

92年の10th。
リックが抜けちゃったけど曲はしっかりとTRIUMPH。
メンバーチェンジで音楽性がガラッと変わってしまってガッカリ、ということは決してない。
変わったといえば繊細さが減退してグッとハードな質感になったことかな。
新加入のギターもTRIUMPHのイメージを崩さずに自分の色を出して頑張っている。
ただ、リックの歌声が聴けなくなったのだけが残念。
リックに拘らなければ良質ハードロックです。
が、やっぱり…嗚呼、リック…
いや、心情的な問題なんですけど。




4. ニャー・アズナブル ★★ (2008-08-07 11:08:00)

リック脱退後とは言え、かなりの力作。
同じトリオ編成でもリック在籍時とはまるで趣きが違う。
もろ硬派でタイトなハードロックにシフト。
ギルの力強く熱いヴォーカルが満喫できるだけでも一聴の価値がある。
彼は本当にドラマーかと思うくらい歌がむちゃくちゃ上手い!
新加入のギターもとにかくハード&ヘヴィですこぶるかっこいい。
リック在籍時のほうが曲展開など音楽的に面白みがあったが、
これはこれで普通のバンドでは作れない完成度を誇る。
あぁ、このメンツでせめてもう一枚作って欲しかったな…



5. 正直者 ★★★ (2019-01-10 21:35:14)

バンドの顔ともいえるリック・エメットはいないが、その穴を見事の埋めたのがアルド・ノヴァのバックでギターを弾いていたフィル・Xなる人物。これが掘り出し物の逸材、意外性の山倉級のインパクトの放った。エメットのようなクラシックからの引用やスケールの運用はないが、③のようなアコギも聞こえるバラードからメロディアスかつハードエッジな④、ブルースロックの⑧と幅広い奏法は、ギル・ムーアとの相性も抜群だった。
これだけ弾けたら文句もないが、やたらとエメットがいないとダメだと頭からきめ手かかる輩が多く評価が低いのが惜しまれる。非難の的となったフィル・Xだが、リッチー・サンボラの後任としてBON JOVIに参加するのだから世の中、なにが起こるか分からないね。あのとき悪口を言った奴らはなんと弁解するのか見ものです。口は災いのもと、ビックなことを言わないこしたことはない。




6. 火薬バカ一代 ★★ (2020-05-03 23:38:25)

作曲クレジットをバンド名義にされることに対しかねてから不満を抱いていたリック・エメットが遂に脱退。後任ギタリストとしてフィル・Xことフィル・ゼニースを加え、新たにVICTORY MUSICと契約を交わしたTRIUMPHが’92年に発表した10thアルバム。ちなみにゲストとしてALIASやVON GROOVEのメンバーの名前がクレジットされていたり。
こちとらリック・エメットに思い入れがバインバインなので、ミスターXだかスーパーXだか知らねえが、いい年こいてXなんて名乗ってる輩にTRIUMPHのギタリストの座が務まるわけねーだろ!と上から目線で批判しまくっていたのですが、しかしそのX氏が現在ではBON JOVIのメンバーなのですから、バンドの見る目の確かさに感心するとともに、己の見る目のなさに顔真っ赤という。
ストレートに押して来る骨太なHRサウンドへと回帰を果たした本編では、レーベル移籍以降のポップ路線(好きでしたが)で溜まっていた鬱憤を晴らすかの如くギル・ムーアのドラムが大暴れ。特にグルーヴィながらメロディにフックも効いた①に始まり、映画『ヘルレイザー3』のサントラに提供されたスピード・ロック②を経て、アコギを交えたバラード③へと繋がっていく冒頭の流れは、「エメット師匠のいないTRIUMPHなんて…」と本作に対してクリープが入っていないコーヒーばりの塩対応を取っていた我が身さえもグッと引き寄せられてしまう、強力な掴みとして機能しています。
泣きや哀愁といった要素が薄まってしまっている点はやはり如何ともし難いものの、新生TRIUMPHの漲るやる気は十二分に伝わってくる1枚。それだけにこれ以降新作の発表が途切れてしまっていることがファンとしては残念でならないのですが…。




7. kamiko! ★★★ (2020-05-04 02:52:45)

カナダ産ハードロック1992年作
ダークサイド派の自分としては正統派路線でアルバムコンプリートしているバンドは少ない。Triumphはそのうちのひとつ。
リックエメットが脱退しちゃったらもうTriumphじゃないだろ、と思いつつも結構な愛聴盤である。
一方で、脱退したリックの当時のソロ作品にはコレジャナイ感を感じていたこともあり、こっちの方を愛聴していた。
初期作品から、カナダ作品でありながら北欧情緒をも思わせる透明感があり、同時に大陸を思わせる解放感も感じさせる鉄板作品を発表しているが
リックの抜けたこの作品でも、その音楽性は保たれており、必聴作品である。
しかし、自分としてはやっぱりSurveillanceが一番好きな作品ではある。まあ聴いた回数がもう違うし仕方ないよ。
リックはAirtimeやresolution9での素晴らしい作品を提供してくれているが、ボクの知る限り、リックを含めて再結成している筈。
リック含めた新生Triumphの新譜が出るまでは、この作品でガマンだ!


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示