この曲を聴け!
AGAINST THE WIND (1980年)
MyPage

AGAINST THE WIND
モバイル向きページ 
解説 - AGAINST THE WIND
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ひでき ★★ (2004-04-01 19:01:00)

最近、骨太のロックが無くなった・・・とお嘆きの貴兄に、是非お勧めしたい
のがコレ。七十年代の名盤です。当然ながら、当時全米No'1!「Against the wind」「Fire lake」etc 名曲のてんこ盛り。邦題「幡馬(ばんば)の如く」もイイ。
ジャケットもカッコいい!



2. チョッパー ★★ (2005-03-13 00:47:00)

もう渋いね、かっこいいね。こういう表現は好きじゃないけど捨て曲なしとはまさにこの事。
本物の「ロックン・ロール」が好きなあなたにほんとにお勧め。80年に全米チャートで半年間
1位を独走していたピンク・フロイド「壁」を引き摺り下ろし10週ちかく1位を取った時代を代表する名盤!




3. KEISHOU ★★ (2009-03-08 16:20:00)

すみません。邦題は「奔馬の如く」です。今日、聴いたアナログLPの解説(小倉エージ他3人の豪華版)に記載されているので間違いないでしょう。内容としては、ひできさんの仰る通りですよ。



4. ひできⅡ ★★★ (2018-02-27 19:26:46)

KEISHOU様
随分と遅くなって申し訳ございません。
「ひでき」改め「ひできⅡ」です。
私の間違いを訂正していただき、申し訳ない限りです。
確かに「奔馬の如く」でございました。
大変失礼致しました。そしてありがとうございます。

ここにきて、70~80年代に活躍したロッカー達が引退、或いは天に召される事態になりました。
どうか、ボブには来日公演を是非ともやって欲しいものです!



5. めたる慶昭 (2018-03-02 21:22:29)

⬆ひできⅡさん、本当に随分遅いリアクションですね。(笑)
私はボブ シーガーは「奔馬の如く」1枚しか持っていないファンとも言えない人間ですから、気になさらずに。
語るバンド、アーティストからするとover50ですか?
私は今年で還暦です。
最近のメタルも聴いてますよ。
と言ってもコルピクラーニやザ ダークネス辺りが最近ってなりますがね。
今後とも宜しくです。




6. ひできⅡ ★★★ (2018-03-03 23:27:55)

メタル慶昭さま
全くお恥ずかしい限りです(照)
仰るとおり、御年51でございます。
嗜好と云いますと、どうしても10~20代に聴いたモノに偏ってしまいまして・・・・・
還暦ですかぁ、人生の先輩ですね。今でも貪欲に新しいモノを吸収しようとする御姿勢は素晴らしいです。
今後とも宜しくお願い致します<(__)>


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示