この曲を聴け!
MORBID ANGEL
MyPage

MORBID ANGEL
モバイル向きページ 
解説 - MORBID ANGEL

1983年に結成された、アメリカ・フロリダ州・タンパ出身のデスメタルバンド。当該ジャンルの草創期から活動を続ける大御所的存在である。
宗教的雰囲気を感じさせる荘厳で複雑な構成のリフと、Pete Sandovalによる高速ドラミング(ブラストビート)が特徴的。リーダーでもあるTrey Azagthoth自身も「Morbid Angelはライブバンドである」と公言しており、数多くのライブをこなしている。しかしながら、メンバーに関しては1990年代に入ってからもTreyとPete以外のラインナップは安定せず、しばしばメンバー交代が行われてきた。
日本ではライナーノーツでの表現にちなんで「デスメタルの魔王」とも呼ばれ親しまれる。
Death、Obituary、Deicideらと共にフロリダを中心に活動を行い、Cannibal Corpse、Suffocation、Malevolent Creationらニューヨーク勢と共に、1990年代初頭のアメリカデスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。
イギリスの音楽雑誌『Terrorizor』における「デスメタルアルバムベスト40」では彼等のアルバム2枚がランクインし、その内「Alters of Madness」は見事1位に輝いた。また同じく音楽雑誌である『Decibel』においては、Treyが「デスメタルのギタリスト」で1位にランクインしている。
彼らがレコーディングに使用したフロリダ州タンパのモリサウンドとそこを拠点に活躍していたプロデューサーのScott Burnsが作り出すサウンドは世界中のデスメタルバンドの憧れになり、世界中から次々とデスメタルバンドがレコーディングに訪れるようになった。
また彼等のアルバムの売り上げはデスメタル界では高く、2003年の時点でCannibal Corpse、Deicideに次いでアメリカだけでも(CD,DVDを含め)総合445,147枚を売り上げている。
なお、Trey Azagthothは日本のアニメやゲームを非常に愛好しており、『「マクロス」から「らんま1/2」「セーラームーン」なんかに惹かれていった』『らんまと我々の音楽のテーマは同じだ』と公言しており、PVや雑誌の表紙でらんま1/2のTシャツを着ていたり、キャラクターをサンクスリストに挙げるなどしている。

Current line-up (リーダーはTrey Azagthoth)
Trey Azagthoth – guitar, guitar synthesizer, keyboards, backing vocals (1984–present)
Steve Tucker – vocals, bass guitar (1997–2001, 2003–2004, 2015–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価 - MORBID ANGEL

Selected Comments


3. ローランDEATH ★★ (2002-09-10 01:26:00)

私はMORBID ANGEL の奏でる魔界絵図の虜になってしまいました。トレイ・アザトースのタッピングを多用したハイテクかつアグレッシヴなギターといい、エリック・ルータンの個性あふれるギターといい、正にデスメタルの帝王そのものだと思う。特筆すべきなのは、やはりピート・コマンド・サンドヴァルの人間離れした超絶ドラムである。同じデス・メタル系でCRYPTOPSYのフロ・モーニエ、VADERのDOCもそのテクニックが評価されているが、個人の好き嫌いだろうけど、私は、ドラミングの正確さ、安定性、速さ、センスのどれをとってもピートが勝っていると思う。スネアを叩く音の大きさ、正確さをじっくり聞いて見てください!



5. KILLERQUEEN ★★ (2002-11-21 13:05:00)

MORBID ANGEL、ハマッたら最後、その世界観が聴き手を甘美なる死へと誘ってくれます。ピートのドラムはもはや説明不要でしょうが、意外と見落とされがちな?トレイ・アザトースのギターにも要注目。ほかのデスメタルバンドにはない独特のドロドロとしたギターを弾いてます。このギターかなりレベルが高く、これも帝王である要因の一つだと思います。また、速い曲だけがデスメタルではないということをスローな曲で実感させてくれます。特にDOMINATION収録のHATEWORK。完璧にあっちの世界に引きずり込まれます。脱退してしまったデイヴィド・ヴィンセントのボーカルも素晴らしかった。最高にCOOLなデス声してます!間違いなくメタル界のモンスターバンドの一つでしょう。



6. JENESIS ★★ (2003-01-18 23:55:00)

デス・メタル界の帝王、MORBID ANGEL。とにかくダークネス、グチャグチャ、ドロドロのギター・リフ、高速ブラスト・ビート、そして世界最速(?)とも思われるものすごいツーバスの連打、というのが特徴だ。曲調も、非常におどろおどろしいものが多い。また、彼らは速いパートと遅いパートを交互に織り交ぜ、速い部分を特に際立たせるという技巧を用いているものと思われる。
しかし、私は彼らの速い曲は好きなのだが、遅くてグログロな曲も多く、退屈させられることもある。どちらかといえば徹底的に速いなら速い、遅いなら遅いでやって欲しい(KILLERQWEENさんの意見に反するようで申し訳ないです)ので、彼らのサウンドは若干私の趣味と相容れないものがあるのは残念なことだ。





Recent 50 Comments



7. まんぞう ★★ (2003-03-05 16:29:00)

早く次のアルバム出ないかねえ。デイヴィッド戻ってくれたら最高ですよね皆さん。ついでに(失礼)リチャードも。どーせエリックは忙しいだろうし。まあ編成はそんな気にしないけど。ピートでもいなくならない限りは。



8. ローランDEATH (2003-03-05 21:27:00)

現在、MORBID ANGELはトレイとピートの二人だけで次作の曲づくり励んでいるとか
。この二人がいれば、恐らくMORBID ANGELのスタイルは変わらないと思うしそう願いたいものです。
ちなみに、次の作品のタイトルはアルファベットの「H」から始まることだけはおおよそ見当がつきます。(このことは、GATEWAYS TO ANNIHILATIONの邦盤を持っている人はわかると思います!)




9. まんぞう ★★ (2003-03-06 13:52:00)

やはりファンとしては次のアルバムタイトルを想像しちゃいますね。ええと、これまでが、
幻の1st.ABOMINATIONS OF DESOLATION
正式1st.ALTARS OF MADNESS
BLESSED ARE THE SICK
COVENANT
DOMINATION
ENTANGLED IN CHAOS
Formulas Fatal to the Flesh
GATEWAYS TO ANNIHILATIONと来たから、次は単語一文字か?HELLとかHATEとか。ヘルスポーンとか来るかも。いや、アザトース先生が軽々しくこんな予想可能な単語を使うわけがない。きっと重厚なタイトルになるんでしょうね。



10. まんぞう ★★ (2003-03-08 21:40:00)

噂によると今年の9月に新作が。一応モービッドエンジェルのサイト見たけど、あまり英語堪能ではないので。でも確かにセプテンバーの文字を確認…したと思う。



11. ローランDEATH (2003-07-04 23:11:00)

トレイとピートの2人で次作の曲作りをしていたのだが、いよいよスティーヴとともにレコーディングに入ったようだ。
6thと同じメンバーということになる。
完成が待ち遠しい!!




12. 重殺和尚 ★★ (2003-07-26 19:47:00)

なにやら発売は9月23日、タイトルは「ヘレティック」だそうです。



13. まんぞう ★★ (2003-08-16 18:37:00)

おお、単語一文字だ!ビクターのページ見てたら、何やら2枚組になるようだ。
新作の暗黒世界が2枚も楽しめる?それとも片方はジャレッド在籍時のライブ?いっそメタリカみたいにDVDにしてくれ!
あああああ待ち切れねええ。



14. ローランDEATH (2003-08-16 23:07:00)

新作が待ち遠しい彼等だが、1stと2ndのリミックス盤が、ボーナス・ビデオ・クリップ付きで再発されているので、まだ手にしたことがない人は、是非とも買って、聞いて見て欲しい!



15. SOSO ★★ (2003-08-23 00:46:00)

メンバー個人個人の能力が素晴らしいが…。ちょいと荘厳性が過剰かな。
曲調もスローなのも多いため、ブルータルさに欠ける。
これがモビエンの真骨頂なんだろうけど。Angelcorpse、Krisiunとかの方が俺は好き。




16. ローランDEATH (2003-09-21 10:53:00)

再び、「帝王(魔王あるいはラオウ)」がサキュバスと共に降臨しました!!
MORBID ANGEL 万歳!!




17. KILLERQUEEN ★★ (2003-09-21 11:32:00)

この調子で更に深いメタル(もはや哲学レベル)を探究していってくださいMORBID ANGEL!



18. まんぞー ★★ (2003-09-23 20:32:00)

デス・ブラック界隈広しと言えど、本当にこれだけのバンドはいないと思う。邪悪にして荘厳、とかなら他にもいるが、そこに絡み付く重厚さや、ある種の優雅さを感じさせてくれる。そしてそれは新作の「H」でも不変だった。
何て言うか、この手の音に付き纏う不快さを感じさせないんだよね。
デス・ブラックを好むまんぞーだって人間的な正常な感性も少しはあるので、下品さや気持ち悪さを人並みに感じる訳です。(自分は良いけど、「ああ、こりゃ友達には聴かせられないな」ってな判断力とかね)
(好きだけど)MAYHEM1stのボーカルはなんだかんだで気持ち悪いと思うし、ダニ・フィルスの声だってやっぱ異常だと思う。CANNIBAL CORPSEやDEICIDEだってある程度下品とは思うし。(一応褒め言葉)
しかし!MORBID ANGELの場合、どんなに仰々しく禍禍しい音出そうが、ボーカルが吠えようが、スピーカーから出てくる音の全てがいちいちカッコ良くグレイトなのだ!「あ、音量下げなきゃ」とか「友達来てるからこのCDはかけるのよそう」等という気を全く起こさせないバンド。デスメタルのネガティヴな部分を感じさせないバンドとでも言い換えるか。
俺は断言する!この先、人に「音楽何聴いてるの?」と訊かれた時、必ずMORBID ANGELと答えるぜ!たとえその場所が合コンでもだ!答えてさらにその場でMDで聴かせてやる!
この命、捧げたぜ。




19. earache1979 ★★ (2003-09-24 00:35:00)

上の方に激しく同意です。
確かに、彼等の音楽性はこの種のエクストリームな音楽に付き物の粗暴な趣が全くないんですよね。
曲調にしろ、デスヴォーカルにしろ、ある種の崇高な響きを感じさせてくれます。
ただ速いだけのバンド、ただ重いだけのバンド、ただテクニックがあるだけのバンドはこの世にごまんといると思います(全てのエクストリーム系のバンドを聴いたわけではないので確たることは言えませんが。)。
でも彼等のようにそれら全てを網羅しつつも、帝王にも似た神々しいまでのオーラを発しているバンドって殆どいないのではないでしょうか?
また、各メンバーの人間性も尊敬に値するものがあります。
メンバー皆それぞれ、ある種の他者には譲れない一つの美学を追求する哲学を持っていますし、それを全力で追求していく武士道にも似たストイックさを有しているところがたまりません。
ピートなんてもう人間の限界を越えたテクニックを備えているのに、「俺はまだまだだ」「ドラム・マシーンを越えてみせる!」なんて言ってますし。
この精神にして、この音楽性ありきなのかもしれませんね。
これからもデスメタルという名の彼ら独自の芸術を追求していって欲しいものです。
僕もそんな彼らにずっと付いて行きたいです。



20. GEORGE ★★ (2003-12-21 11:57:00)

MORBID ANGELの曲を聴いてると頭の中に風景が描かれてくるんです。
彼らは絵画的なセンスをもっている。
芸術性を感じさせるという点ではまさにまんぞーさん・earache1979さんの言われるとおりですね。
デスメタルの物理的側面だけを求める人にはこのバンドが何故「帝王」と呼ばれているか理解できんでしょうな。
私は個人的に彼らのことを「デスメタルの帝王」というより「孤高の暗黒芸術家」と呼んでます。
次の「I」はどんなタイトルになるのか楽しみですね。




21. Kamiko ★★ (2003-12-21 15:20:00)

楽しい話題だなあ。
ABOMINATIONS OF DESOLATIONとかALTERS OF MADNESSのような初期作は、巷のデスメタルがもつ勢いとかアグレッションがひたすら感じられるが、BLESSED ARE THE SICKあたりから、音圧やスピードをウリにするというよりは、邪悪な精神世界を投影したような、まさにGEORGEさんの言う芸術性を打ち出してきたと思う。
チョイ極端で前時代的な例えかも知れんが、なにもかも壊してしまうダダ的音楽がパンクだとして、それを再構築したのがテクノポップやインダストリアルといわれる音だとすると、その対比は、デスメタル全般とMORBID ANGELの音楽に非常に似ていると思う。
デスメタルのパッセージを独自に再構築して非常にシュールな一面を打ち出すも、テクニック面で更に熟練したバンドはなかなかいない。そういうコトでこのバンドはやはり一歩上をいってますな。
どっかよその書き込みで、表番長がこのバンドで、ウラ番長がINCANTATIONやというのがあったが、妙に納得してしまった。後者がデスメタルに聴かれる過激さやドゥーミーさを追及していることに対して、コチラは他のデスメタルバンドにはない禁忌的な要素を盛り込んでプログレッシヴなスタイルを醸し出しているような感じがする。
HERETICは未聴だが、いつか聴きたいと思う。しかし、個人的にBLESSED ARE THE SICK以降の作に新たな魅力をあまり感じなかったのも事実だ。いろいろな書き込みを見ると、最新作は問題作らしいですな。とすれば、新たな何かを発見できるかも・・と期待してしまう。




22. HELL-BITES ★★ (2004-02-08 15:27:00)

まだモービッド・エンジェル聞いてないんですが、
ピートのドラムが一番すごいのってどれですか?そこから買いたいと思います。



23. ローランDEATH (2004-02-08 18:54:00)

>HELL-BITESさん
どれか一枚選ぶのはかなり迷いますなぁ。
ピートのドラムが最も弾けまくっているのは、スタジオ・テイクでは、FORMULAS FATAL OF THE FRESH あたりかと思う。
①のHEAVING EARTH、⑤のCHAMBER OF DIS、⑥HELLSPAWN:THE REBIRTH、⑨COVENANT OF DEATHが特に良い。
次にお薦めなのは、やはり 驚愕のLIVEアルバム ENTANGLED IN CHAOS であろう。
DAVID VINCENT在籍時の名曲の数々が聴けるのでお徳だし、ピートだけでなく、メンバー全員がその鬼のようなバカテクを披露している。




24. HELL-BITES ★★ (2004-02-09 10:24:00)

有り難うございます!金が入り次第、その二枚を早速買ってきます!



25. HELL-BITES ★★ (2004-02-23 13:22:00)

ローランDEATHさん
買いましたよ!ちょっと凄すぎですね(^^;ドラムは速すぎ!ギターもかなりかっこいいじゃないですか!ジョージ・リンチとかが弾きそうなフレーズがあるし!やっぱ演奏が上手いというのは良いですね☆当分ヘヴィローテです!有り難うございます!



26. ローランDEATH (2004-03-05 13:10:00)

>HELL-BITESさん
気に入っていただけたようで、お勧めした甲斐がありますな。
これで、他の作品を聞いていくうちに、「サキュバス」が現れたら、HELL-BITESさんも彼等の虜(とりこ)になることでしょう!!




27. ローランDEATH (2004-05-23 01:56:00)

earache recordsのHPに行けば、曲やビデオ・クリップが見れます。
ビデオは、3rdから、GOT OF EMPTINESS、RAPTURE、4thからWHERE THE SLIME LIVE、そして最新作8thから、ENSHRINED BY GRACEが見れるが、いずれもミドル・テンポが主体。(ビデオ・クリップはプロモーション用に、「一般向け」(?!)の曲で作られるものだから仕方ない)
曲だけ聞くのであれば、速い曲も含めて、7曲聞けますよ。




28. まんぞー ★★ (2004-09-06 22:35:00)

なんかまたスティーヴ・タッカーが脱退したらしいっすね。
中南米ツアーは、ピンチヒッターにデイヴィッド・ヴィンセントが。そのまま復帰してくれねえかな。またMORBID ANGELを読書に例えたりして。「良い本はまた読み返したくなるものだろう?」なんつって。
もしかしたら次のアルバムでは再びあの咆哮を聴けるかもしれないですね。




29. ローランDEATH (2004-09-14 01:55:00)

>まんぞーさん
俺は、デヴィッド・ヴィンセントのGENITOTURESでのあのいでたちを見たら、チョット・・・。という少々複雑な心境になるのであった。人を見た目で判断してはいけにのだろうが・・・。まだあのバンドでやってるのだろうか?
日本に来たときのジャレッド・アンダーソンも良いものがあったし、スティーヴ・タッカーももっと評価されるべきではないだろうか?結局は、彼等みんなの活躍で今のゆるぎない「帝王」の座があるのだと思う。




30. まんぞー ★★ (2004-09-14 22:56:00)

ローランDEATHさん、お久しぶりデス。
俺は実際に見た事ないけど、「スカートをはいて嬉々としてベースをプレイしていた」んですよね。一応見てみたい気もする・・・
MORBID ANGELとしてのジャレッドの咆哮は聴いた事ないですが、スティーヴ・タッカーについては、けっこー愛着が湧いてたんですよね。滑舌良いし表現力も増してきたし、かなりお気に入りのデスヴォイスでした。脱退は残念だと思います。
まあ、トレイとピートがいるかぎり、失望するようなアルバムは絶対に作らないだろうし。次回作も期待してます。




31. ローランDEATH (2004-12-19 22:18:00)

何はともあれ、再びデヴィッド・ヴィンセントを加えたMORBID ANGELはそのまま北アメリカ・ツアーを行なうらしい。
是非とも、新作をこのメンバーで作成して欲しいものですなぁ!!




32. sz ★★ (2004-12-20 11:02:00)

DVD出ないかなあ。
遅めの曲しか聴いた事がなかったため、ピートのドラムそんなに速いか?と思ってましたが、
「Stricken Arise」を聴いて恐れ入りました(恥)。
思うに、この業界に名を連ねる超人ドラマーたちは、少なくともマラソン選手並みのスタミナがあるんでしょうね。
じゃないとホント説明が付かないですよ。




33. カズチン ★★ (2004-12-21 00:11:00)

MORBID ANGELを聴き始めた頃、このアルバムが良い、これはあまり好きでない、とかアルバムごとに優劣をつけてましたが、すべてのスタジオ盤を聴き、アルバムごとの優劣の考えが消え去るのに時間はかからなかったッス。
どのアルバムも最高。例えヴォーカルが変わろうとも、トレイとピートがいる限り、ずっと彼らについて行くことでしょう。




34. ローランDEATH (2005-03-29 00:13:00)

すみやのメタル・コーナーで、MONSTERS OF METALというオムニバスのVIDEOクリップDVDを発見しました。(何作か出てるみたい)
その中に、MORBID ANGELのIMMORTAL RITESが入っていたので、すかさず購入してしまった。
当然ながら、Voはデヴィッド・ヴィンセントだ。特別映像に凝っているわけでもなく、LIVE演奏の映像だけだが、やっぱりカッコいい。




35. ヨーゼフ=メンゲレ ★★ (2005-04-03 12:06:00)

デイヴィッド帰ってきたの?
公式ではヘルプでなくメンバーとして書かれてるんだが。
そうなら嬉しいな。



36. パラジウム ★★ (2005-05-27 00:27:00)

このバンドに出会うまでは、メロデスは好きでよく聴いてたんですが、ピュアデスメタルは苦手でした。ところが、このバンドのおかげで苦手を克服することが出来ました。てか、最近逆にメロデスなんて邪悪さが足りなくて聞けなくなりつつあるような…



37. WILK ★★ (2005-06-23 16:54:00)

トニー・ノーマンが行方不明らしいです・・・。



38. まんぞー ★★ (2005-06-23 18:24:00)

マジっすか。メンバー定着しねえなあ。
てゆーかそろそろ「I」作らんかい!
あとDVDも観たいので作って下さい。ここに書いてもしょうがないんだけど。




39. N男 ★★★ (2005-08-15 19:40:00)

「I」がBest Albumになってる・・・次のスタジオ版は「J」?
久々に公式サイトでツアーの写真が更新されてますね、デヴィッドばっかだけど、カッコいい。
http://www.noise-web.com/photos/index.php?rep=morbid/01morbid&image=morbidangel01.jpg
↓ライブ&プロモ
http://youtube.com/results?search=MORBID+ANGEL&search_type=search_videos
2006年もツアーで埋まりまくってる、3年ごとに出してるからそろそろ新作出すんじゃないかな~




40. F**KER ★★ (2005-09-05 19:33:00)

トレイ・アザトースが日本アニメオタクだと知ったときは、
複雑な気持ちになりました。
嬉しいような、哀しいような・・・。



41. ラム ★★ (2006-07-10 16:03:00)

このバンドのドラマーは正直フロ・モーニエより速いと思う。ブラストビートは。



42. J.K.O. ★★ (2006-09-09 15:36:00)

YouTubeでWACKEN'06でのMORBID ANGELのライブが見れるのですが、エリック・ルータンがギターを弾いていてビックリ!!
彼もMORBID ANGELにもどったんでしょうかね。
それにしてもこのライブ、トレイ・アザトースのギターの音が小さ過ぎる。




43. J.K.O. ★★ (2006-09-09 15:47:00)

すいません。先程、彼等のサイトを見ましたが、エリック・ルータンはスペシャルゲストとして参加したようです。
お詫びして訂正させて頂きます。




44. ふふふひひ ★★ (2007-05-22 18:15:00)

ブラストビートはジョンが一番速いよw



45. Nergal ★★ (2007-11-01 18:51:00)

もっと速い人もいますけどね



46. FfFf ★★ (2007-11-04 17:36:00)

ORIGINのジョンやジェイムズを凌ぐブラストを叩ける人がいるんですか。
誰なんですかね?



47. ローランDEATH (2007-12-01 01:18:00)

RIP
知らない間(1年以上も前)に、元Vo&BaのJARED ANDERSONが亡くなっていた...
ショックが大きすぎる。
(JAREDは、スティーヴ・タッカーの後任としてツアーに出て、日本にも来ていますが、
悲しいかな、作品としての音は残っていません。)




48. Nergal ★★ (2008-01-25 17:58:00)

Jon EngmanやMarco Pitruzzellaなんかが速いと思います



49. 名無し ★★★ (2011-05-12 20:06:58)

待望のモビエンの新作が出ますね!!
新作がYOU★UBEに!
http://www.youtube.com/watch?v=JxPESxzNSAQ
かっこ良すぎ!



50. ローランDEATH ★★ (2011-05-12 23:28:44)



来日が中止となってしまい、非常に残念!
しかし、間もなく新作の発売だ。
結局、ピートの復帰を待たずしての、新作の発表となった。
少々複雑な感じ。

DAVID VINCENT(Ba,Vo)
TREY AZAGTHOTH (Gt)
DESTRUCTHOR (Gt)
TIM YEUNG (Dr)

という布陣となっている。
DAVIDが帰ってきたと思ったら、ピートが・・・。
新作の中の曲が動画サイトで聞けるが、ピートでなくともMORBID ANGELに
聞こえるあたりに、TREYがあくまで肝であることを思い知らされる。
複雑な心境だが、とにかく8年ぶりの新作はうれしい限りである。




51. ローランDEATH ★★ (2011-05-28 19:51:13)

KABUTO METALは公演中止となったが、
9月に来日が決定した!!
これは行かなくては!




52. k.s.m.2 ★★★ (2011-09-27 08:36:44)

渋谷行ってきました。
Davidかっこ良すぎ・・・

この後名古屋と大阪があるのでネタバレはまだ避けますが,
ライヴ中盤以外に関しては,「地上を魔闘気で侵し始め」た
ころまでの予習をちゃんとしていくことをおすすめ。




53. 名無し ★★★ (2014-02-15 18:33:52)

ピート脱退・・・



54. GOD ★★★ (2014-04-23 21:16:41)

ピート、クリスチャンになったので脱退したそうです。
そしてまたKabuto Metal中止で来日中止・・・。




55. 名無し (2015-06-25 21:44:27)

今さらですが、6月19日にトレイ・アザトース以外全員脱退したそうです…



56. GOD ★★★ (2015-07-02 12:47:33)

DestructhorはMyrkskogに専念するためだそうですが、Timはギャラの問題(?)で、Davidもよくわからないまま脱退してるみたいです。。。
ヴォーカルにはSteve Tuckerが戻り、「次はもっとデスメタル色の強いアルバムを作るよ!」と言っているみたいです。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示