この曲を聴け!
Obscura (1998年)
MyPage

Obscura
モバイル向きページ 
解説 - Obscura
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. noiseism ★★ (2005-06-11 13:16:00)

最初このアルバムを聴いた時には戸惑った。
かなりアヴァンギャルドな作りになっており、なんでと思って調べたらボーカル以外のメンバーが変わっている(笑)
こういう路線になるとはね。まぁ全作で中々テクニカルな面も見せていたから、こういうのもアリだと思う。
こんなことしなくてもカッコ良かったと思うんだが。
完成度は非常に高いアルバムだと思います。




2. GOD ★★★ (2015-04-08 18:43:10)

98年の3rd。
長年入手困難でしたが、ようやく今年CDで再発されました。
さて内容ですが、かなり変態入ってますね。
ジャンルはテクニカルデスのようですが、Cryptopsy、Origin、Brain Drillなどの極限なまでにスピードやブルタリティー、テクニックを極めたバンド達とは全然違います。
音質は非常に分離もよく、音圧もかなりあり迫力満点です。
ヴォーカルはグロウルはあまり使わず、生々しい絶叫スタイル。ところどころ泣き叫んでるような絶叫もあります。
泣きのヴォーカルといってもAt the Gatesのトーマスとは違い、病んでる感じが強いです。
ギター、ベースともにこれまた変態でビヨンビヨン、ドゥルンドゥルンとかなり個性的な音を出しています。
苦手な人にとっては不協和音にしか聴こえないかもしれません。
ドラムもこれまたバカテクでブラストしたかと思ったら止まったり、スローからまた爆走したりと展開が読めません。
ストレートに爆走するドラミングよりも、もっと複雑な叩き方が好きな人向けです。

全体的にかなーり、アバンギャルドでしかも収録時間も60分以上と長いので、聴きとおすには体力がいるCDです。
賛否両論あるのも頷けるサウンドですが、私は非常に気に入りました。

興味のある方はこの再発を機会にどうぞ…といいたいところですが、聴き手を選ぶサウンドでもあるので、一度試聴してみるのをおススメします。




3. netal ★★ (2015-06-01 19:38:11)

スピードや手数ではCryptopsy等のバカテク勢に及ばぬものの、理解不能な展開やタイミングで繰り出される病的にうねり乱高下するリフや退廃的なメロディが実に気持ち悪い。
間違った方法で悟りを開いてみようとしたら精神が半壊してしまったかのようなサウンドで、
Meshuggahが精密過ぎるオーバーテクノロジーな機械の如き変態さだとすれば、こちらはより生々しい有機的な気持ち悪さである。
そんな音を60分以上聴かされるものだから、こっちの脳までおかしくなりそうであり、多分理性で全容を把握しようとするのは不可能であろう。
また、アヴァンギャルド/テクニカルデスというと、安易でありきたりなシンセやネオクラギターに頼るバンドも少なくない中、
殆どリフとリズムワーク、不気味なリードだけでテクニカルさに留まらない変態性やグロテスクさを創出している点も個人的に気に入った点である。

変態好きは必聴、それ以外はまあ聴かなくても…というある意味極端なアルバム。
不穏な音のドロドロ感に快感を覚える様な「物好きな方」は、再発盤が残っている内に是非。

気に入り度…85/100

おすすめ…Obscura




4. 悪い悪魔 (2020-11-07 21:40:34)

はい、もう今更ボクがコメントしなくてもいいほど有名な作品です。
奇天烈メタルとしては今でも光を放っている存在ですね。
しかーし、僕はあまり好きではない...かな。
闇が深すぎるぞ、これは。

まず、この作品を紹介するに当たってよく不協和音という言葉が使われてますが、これが個人的に引っかかるんです。
(どうでもいいですが、レビューでよく目にする音楽用語の誤用も気になります。転調、コード進行、変拍子などなど...。言いたいことは伝わるので良いようなもんですが、こういう誤用のせいで僕は昔、変な解釈をしていた事がありました笑
このような被害?をなくすためには極力、言葉は正しい意味で使うべきだと思います。知識がなかった僕も悪いのですが...笑)
不協和音って一般的にどういう認識なのか分かりませんが、取り沙汰されるほど特殊なものではないと僕は思ってます。
クラシックにしろ、ポップスにしろ、メタルにしろ、全ての音がハモるように音を重ねることなんてはあまりないので(おそらくホモフォニーが主流になってからだと僕は思っている)、不協和音がない音楽はほとんどありません。
メロディを作る上で使われる倚音、刺繍音、経過音など全て非和声音ですから、音楽というのは不協和音だらけです。
例えば、綺麗なイメージのクラシック音楽(特に古典派)に不協和音はないと思っている方もおられるかもしれませんが、そんなことは少しでも音楽をかじっていたらありえないとわかるはずです(ギターを練習した方なら当たり前のように知っているセブンスコードってありますよね。あれも不協和音です)。
なので現代音楽までいかなくても、当たり前のように音楽には不協和音が存在します。
ただ古典的なクラシック(又はその理論をなぞっている大衆音楽)は理論に沿った不協和音の使い方なので、ほとんど違和感がないというわけです。
では何故このGorgutsのObscuraが特異であるのかというと、不協和音を使っているからではなく古典的な音楽理論から外れているからです。
たったそれだけです。
全く音楽的な感がないからこのような音楽が出来たのか、はたまた全てを分かった上でこうなったのかは知りませんが、僕には受け付けない音楽です。
リーダーのLucは主にロシアのクラシック作曲家(ショスタコーヴィッチなど)に影響を受けたと言ってるんですが、ちゃんと聴いたのか疑わしいくらいです。
いや、よくもまあこんなゲテモノ(デスメタラーには褒め言葉か!?)を作ったよなぁ...。
いくら奇天烈でも面白ければ成り立つ事はさまざまな作品が証明していますが、この作品はそれらの優れたものとは違い奇天烈なだけで面白くないんです。
音楽をどのように聴いてどのように創作するかは人それぞれだと思いますし、もちろん完全否定はしませんが、僕にとっては良い感想が出てこない作品でした。
変な音楽でも好奇心が刺激されることがありますが、これに関しては皆無です。
しかし、1曲目のタイトルトラックはこのアルバムの中では非常にエンターテイメントな作りで好感が持てます。
てかこのバンドのファンは皆このObscuraが好きですよね。
そうなるとこのバンドの意図や意思がファンに正しく伝わってるかどうか怪しいです...。1番人気のある曲が、1番エンターテイメント要素が強いっていうのがなんとも皮肉な気がしますね。
もしかするとこの作品の存在意義というのは音楽の中身より、音楽に対する問題提起なのかもしれませんね。ジョンケージの4分33秒みたいな。それにしては問題提起のスケールが小さいし、何を問うているのかイマイチ分からないんですがね...。
どんな音楽でも僕は音に味わいを求める保守的なリスナーなので、この作品のように何も味がしない音楽は好んで聴きません(おそらく味がしない原因はパワーコードやそれに類似するメジャーかマイナーかハッキリしない音使いによるものだと思います。もちろん全てそれというわけではないんですがね。あとは調性(それに伴うコード進行の概念)をほとんど感じさせないメロディ(音が順次進行せずに減5度で飛んだりしてるのかな?)も原因の一つかもしれないです)。
薄味ならまだ噛めば味を感じられるかもしれませんが、「無味」のものに味を求めることほど馬鹿なことはないですよね。
しかし僕がただの味音痴の可能性が大いにありますし、このコメントはあくまでもボク個人の意見として受け取ってください(散々エラソーに批判したのに、卑怯な逃げ方をしてすみません)。



5. kamiko! (2020-11-08 02:40:46)

カナダ産テクニカルデス1998年作
リーダー以外のメンバーを一新して、アヴァンギャルドな志向性を濃くした問題作。少なくとも前作までのオールドテイストは薄れて
テクニカルに攻める音楽性に変化した。当時は、新しモノを好みコレを良しとするリスナーには受け入れられたとは思うが、ボクのツボではない。
そういうこともありレビューもしていなかったが、まあ、初期作品を好むボクとしては、ガッカリした作品ではあった。
Shostakovichの影響を公言していることはココの書き込みで知ったが、無調性音楽を志向しているとしたら、結構影響されているなと感じるところはある。
ただ、やりたい事はわかるにしても、とりあえず難解なテクニックに演奏技術がついていってないな、と思わせるところが結構あり心地よくない。
クラシックに影響を受けたテクニカルデス第一人者のMekong Deltaと比較するとカワイソウだが、こちらはアタックのタイミングにジャスト感があって心地よい。
しかしながら、この盤以降の作品はボクのツボに入る上、Obscuraの音楽性と初期の古学校テイストが融合して洗練されたと感じるところがあるので
決してこの盤の志向性は間違っていなかったとは思う。コレクションとして持っておくのはアリだが、ボクはこの盤は十数年コンテナ奥に眠ったままだ。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示