この曲を聴け!
REO SPEEDWAGON
MyPage

REO SPEEDWAGON
モバイル向きページ 
解説 - REO SPEEDWAGON
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. MAT ★★ (2004-10-22 00:50:00)

恐らくはロック史上でも最も美しい曲なのではないか。
歌詞、曲想、編曲、展開、そして演奏とすべてに文句ナシ。
特にギターとピアノのバッキングは実によく練られて感心しきり。
ヴォーカルも力むことなく、さり気ないニュアンスで心地よい。
出来すぎの感もなくはないが、ここは素直に感動だね。



2. MAT ★★ (2004-10-22 00:52:00)

書くとこ間違えた。スミマセン。



3. さんぺいた ★★ (2006-10-11 22:54:00)

自分が20年以上前に聞いていた曲です、自分は当時カセットテ-プに曲名やア-ティスト名など書きませんのでこのごろまで全く解りませんでした。
REOはじめいろんなロック聞いてきましたがまさに名曲とおもいます。
顔も何も知りません、歌にもそんなに興味はありません、人生の中で出会えてよかったと思う1曲です。



4. 北陸のガキメタル ★★★ (2013-04-04 11:05:36)

高一のゆとりが聴いても最高のバンドです。
ハードロックファン(特にメロディ派)へのアプローチも強いしHR/HMカテへの異動を願います。



5. MK-OVERDRIVE ★★★ (2014-06-29 10:11:54)

夏が来れば思い出す(笑)。初期Beach Boysや日本のTUBEみたいな夏に特化したバンドではなくとも、Kevin Cronin(苦労人!)の歌声がそうさせる。ブレイク作 Hi Infidelityにしてもリリースは80年秋だが制作時期は夏だし。80年代前半の3作は必聴、特に「禁じられた夜」のクオリティは特筆もの。実はGary Richrathのギターが一番の聴き所であり、メタラー諸兄の鑑賞にも十分耐え得るだろう。



6. 名無し ★★★ (2014-07-15 22:50:38)

あぁ、ゲイリーのギターが聴きたい。



7. 名無し (2015-05-01 15:21:16)

左の中に無さそうだが、確か彼らの日本デビューアルバムは2枚組ライブアルバムだったと思う。
当時、大学の先輩から借りてカセットテープに録音したものを暫く持っていましたが、テープが劣化して今は聴けません。
70年代半ば頃までは、結構なハードロックでライブ盤収録曲もハードなものが多く、その後アダルトな感じでバシバシヒットっを飛ばす連中になるとは思えませんでした。(笑)


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示