この曲を聴け!
Rotten Perish (1992年)
MyPage

Rotten Perish
モバイル向きページ 
解説 - Rotten Perish
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 火薬バカ一代 ★★ (2009-03-11 22:11:00)

3rd『CHOIR OF HORRORS』に引き続き、プロデューサーにスヴェン・コンクエストを起用して制作、'92年に発表された4thアルバム。
ホーリーな雰囲気を漂わせた、序曲①の美しい余韻を引き裂くようにスタートする②の、凶悪且つ重厚な
Gリフ&リズムの「刻み」を聴けば明らかなように、今回は、最終的なミキシングがフロリダの
MORRI SOUNDスタジオにて行われているだけあって、低音を強調した湿度高めの音作りや、
完全にデス声へと移行したVoのグロウルっぷり等、前作に比べ「デス・メタル度」が飛躍的にアップ。
この重苦しいサウンド・プロダクションはかなり好き嫌いが分かれるところなれど、楽曲自体は『CHOIR~』の作風を
継承しており、耽美方向への拘りも健在。と言うか、ストーリー性を感じさせるジャケット・アートワークといい、
(コンセプト・アルバムなのかな?)、アルバムのOPやED、中盤(⑤)にムーディな楽曲を配して本編の流れに
起伏を生み出す手法、そして、相変わらず構築美を漂わせたGプレイなど、ことドラマ性の演出に関しては、
前作以上の拘りを感じさせる内容に仕上がっているんじゃないかな、と。
中でも、ブルータルな曲調の中で閃くアコギが一際強い印象を残す④、スラッシーな疾走感、ダイナミックな曲展開、
そして、ダーク且つ劇的なメロディを紡ぎ出すGとが一体となって畳み掛けてくる⑦は、アルバムのハイライトを飾る名曲。
(ちなみに⑧は、アメリカの知る人ぞ知るエピック・メタル・バンド、MANILLA ROADの名曲のカヴァーだ)
3rd『CHOIR OF HORRORS』と並んで、MESSIAH入門編にお薦めの1枚。




2. kamiko! ★★★ (2021-02-24 01:36:42)

スイス産スラッシュメタル1992年作
前作「CHOIR OF HORRORS (1991年)」から飛躍的にクオリティアップした、MESSIAHの音楽性の完成形を思わせた作品。
ジャケがより世界観に忠実なデザインになり、額に入れて飾りたくなるほど味わい深いアートワークに変化。
なんといってもこの盤の魅力は、硬派な最適な歪みを持つギターの音像にある。派手過ぎず、過去作のような特殊なギターサウンドではなく
HM路線のオーソドックスな音像となり、そのギターが奏でる構築的な個性的なリフがより引き立つ。本来このジャンルに求められる魅力が
大幅にアップした印象だ。前作までのB級感が払拭されて、このジャンルのサウンドではトップクラスの味わいがある。
しかし、過去作までにあった、狂気をも思わせる突発的にエンジンがかかるような破天荒な勢い、特有のグルーヴ感がほんの少し影を潜めた感はある。
初期のアンダーグラウンド臭や滅茶苦茶に掻き毟る毒気は、クオリティの上がった録音状態により失われた。ただ、それを代償としたとしても
MESSIAHの魅力や持ち味は決して失われておらず、破天荒さの喪失・粗雑だからこその魅力が喪失したものの、音響と楽曲クオリティが
それを補って余りあると感じさせる。
前作同様に描く世界観が「救世主」ぽいところが良い。また、このバンドは面白い独創的なテーマの曲を多く残すが、この盤もしかり。
Living With a Confidence(自信を持って生きる),Alzheimer's Disease(アルツハイマー病)あたりの楽曲が、このバンドらしい味わい深さがある。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示