この曲を聴け!
ENDGAME (2009年)
MyPage

ENDGAME
モバイル向きページ 
解説 - ENDGAME

2009年9月9日、Roadrunner Recordsよりリリースされた12thアルバム。
2008年に脱退したギタリストGlen Droverの後任としてChris Broderickを迎え、ベーシストJames LoMenzoにとっては在籍最後の作品になった。
Billboard 200において全米9位を記録し、翌年4月までにアメリカ国内で15万枚以上を売り上げた。


Recorded:January 7, 2009 – May 19, 2009 at Vic's Garage in San Marcos, California
Producer:Dave Mustaine, Andy Sneap
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



8. たくたくくん ★★ (2009-09-11 14:56:00)

聴き込んだらけっこうよかった
70点



9. ヤングラジオ ★★ (2009-09-11 15:45:00)

彼らの作品の中で、個人的にらしくないと思う作品は、「クリプティック~」と「リスク」であったりするけど、その後に出た「ザ・ワールド~」からの3作品は、僕の中では第2期黄金期と呼べるぐらいの、充実した内容の作品が続いていた。
「らしさ」の意味を決して勘違いしない所が、メガデスいやデイヴの強みである。
この新作、僕は初めて聞いた時、なるほどねというのが最初の感想であった。
3作続いた、楽曲におけるメロディーのキャッチーさや面白みには重点を置かず、あくまでもトータルとして一気に聞かせようとする姿勢は、これまでの3作品とは一味違っている。
また、1曲1曲単体ではなくアルバム一枚で表現しようとする姿勢も、「カウントダウン~」頃の作風に近い。
非常にらしい作品である。
最近のキャッチーなメロディーのメガデスはちょっと.......と、思っていたファンを振り向かせる、ヘヴィでコアな内容の新作である。
楽曲もよく出来ているし、作品の統一感は最近では群を抜いている。
存在感のあるバンド.........彼らが、一層頼もしく見える。
HR/HMシーンに、メガデスありである。




10. シンナー ★★ (2009-09-11 20:49:00)

メタリカの完敗



11. カットタン ★★ (2009-09-11 21:12:00)

えらく攻撃的。でも攻めてばかりでないのは流石メガデス。聴かせる所はじっくりと。
前作よりも全体的にテンポアップしてます。
一曲目から再生して、曲を飛ばすことなく最後まで聴きとおせるこの心地よさは魅力ですよ。
攻撃的であるのなら、喉もとに喰らい付いてぶん回すくらいの、後もう一撃が欲しいというのは、1stが好き過ぎる僕の我侭でしょう。
個人的には3rdと5thが融合したみたいな印象です。メガデスの新たな傑作ですね。




12. いけしの ★★ (2009-09-11 23:07:00)

これが駄作なら傑作とはいったいどんなの?ってくらい出来すぎだと思います。
たしかにメロディーに期待は出来ないアルバムです。
でもカウントダウンからのメガデスがメロディアスなだけであって、もともとメガデスの魅力はきちがいのようなリフと曲構成にあったはずです。デイブの歌もおまけ程度ってくらいがちょうどいいのです。
初期が好きな人は間違いなく気に入ると思います。



13. めがです ★★ (2009-09-12 04:57:00)

メタリカってメガデスをクビになったやつらが作ったんじゃないのw
メタリカまたデイブに曲作ってもらった方がいいんじゃない



14. 呂布 ★★ (2009-09-13 23:37:00)

誤解を恐れずに言えば、みんながメガデスに期待しているサウンドを再現してくれました!
今回は全曲最高だっ!!かっこ良過ぎ!!!



15. チルぼっとん ★★ (2009-09-14 06:48:00)

率直な感想は「良過ぎて怖い」です。
なによりリフが激しくキレまくってるのが嬉しい!
マーティ時代至上主義の方には歌メロが弱いとか言われそうですが、たぶん少数派だと思うのでそうゆう人は下に見ていこうかと思います。(すみません、冗談です)
…しかし、この新ギタリスト上手すぎませんか?



16. ヤングラジオ ★★ (2009-09-14 15:46:00)

今現在、勢いがあるどんなバンドのサウンドと比較しても、負ける気がしない格好良さである。
まさか、ここまでの作品を作ってくるとは、誰が予想できたであろうか。
これは、素直に凄い作品である。
また、聴き手をグイグイ引っ張り込む力に満ちた作品である。
これは、きっと他のアーティストからも高い評価を受けるであろう。
来たねメガデス.......頂点が完全に見えた.......。




17. 少佐 ★★ (2009-09-15 11:29:00)

マーティ?誰それおいしいの?(´・ω・`)
Jr?誰それおいしいの?(´・ω・`)
ニック?誰それおいしいの?(´・ω・`)
って感じのアルバムですね。カッケーっす。



18. ミスターレコンキスタ ★★ (2009-09-15 18:34:00)

これは名盤だ!オープニングからの攻撃的な曲でガツンとやられたぞー
デイブの200%の自信が破壊力たっぷりにアルバムにこめられている。
大音量で聴くことの爽快さがココにある。



19. ライカ ★★ (2009-09-15 20:40:00)

Thrash till they die!!



20. Jyun77Bikers ★★ (2009-09-15 23:55:00)

やば、聴いてると体が動く(笑)
今までメガデスってそんなに好きじゃなかったんですけど、これはいいっす
去年出たメタリカのアルバムも良かったけど、こっちのほうが好きだなあ



21. メラニン ★★ (2009-09-16 11:03:00)

04年の復活以来、出すたびにクオリティが高くなっている印象です!前作もかなり良かったですが、今作はそれ以上でしょうか。
ムス大佐はリフを弾きながら歌うことに関しては世界一でしょうね♪
新しいギターもかなりの凄腕のようです!
全曲カッコイイですが、80年代風のイントロ・リフとソロ弾きまくりの④はかなりカッコイイ!



22. 火薬バカ一代 ★★ (2009-09-16 22:01:00)

10th『THE SYSTEM HAS FILED』でファンが望む音楽性に帰還を遂げて以降、MEGADETHは(と言うかデイヴ・ムスティンは)
新作を発表する度に、こちらが「ま、これぐらいかな」と予想するラインを、更に大きく上回るクオリティの
アルバムを提供し続けて来てくれたわけだが、それは今回も同様であり、スリリングなインスト曲①に続いて、
(もろ『PEACE SELLS...BUT WHO'S BUYING?』の頃を彷彿とさせる)鋭角的なGリフ、キレのある曲展開、そして
テンション高めのGソロが畳み掛けるように疾駆する②が始まった瞬間、喝采を上げた人も少なくなかったんじゃなかろうか?
“WASHINGTON IS NEXT!"のようなキャッチーな名曲こそ収録されてはいないが、その分、前作『UNITED ABOMINATIONS』には
欠けていた「スラッシーな疾走感」が大幅増量。まぁ最初聴いた時は、楽曲は2nd~3rd風味なのに、その上に乗る
ムスティンのVoが初期とは明らかに異なる、テンションを制御してしっかりと「歌う」スタイル(要するに上手過ぎ/笑)
なのに軽い違和感を覚えたりもしたのだけど、今はもう慣れた。リフ・シュレッダーとしてのデイヴ(②⑨)、
ソロイストとしてのデイヴ(⑥)、シンガーとしてのデイヴ(③⑧)と、ミュージシャン:デイヴ・ムスティンの
魅力全開な名曲の数々に圧倒されている間に、あれよあれよと本編が聴き終えられる1枚。(あ、新加入のGも良い仕事してますよ)
復活後の最高傑作?異議なし。




23. たくあんキング ★★ (2009-09-21 03:21:00)

今回このアルバムかなりいい感じです。
全体的により攻撃的に、よりアップテンポになってますね。
僕が個人的に評価したいのは前作からドラムとして参加しているドローヴァーです。今回彼すごいがんばってると思います。
MEGADETH新時代の幕開けであり、彼もその新時代のMEGADETHの屋台骨だとおもいます。



24. kanbipink ★★ (2009-09-21 06:42:00)

単純にいい!「Rust in peace」以来の快作!



25. 鉄鉢 ★★ (2009-09-23 19:17:00)

攻撃性(そしてスピード)とメロディの抜群さが、随所から溢れ出してる感満載のとても「判りやすい」作品。
「判りやすい」・・・それは曲がキャッチー、というコトだけでなく何と云うか ~
一聴して全体の完成度の高さが感触として容易に窺い知れる、単純明快にして圧倒的なインパクト。本作にはソレがぶっちぎりに具わっています。
理屈抜きに・聴くほどに、ただシンプルに「カッコイイ」の一言。
80年代の黎明期から活躍する、“ スラッシュメタル "勢のそれこそ「最古参」の部類に位置づけられるMEGADETH。
そういったバンドの代表作・名盤と讃えられるアルバムは、たいていがその(活動の)初期に集中するもんですが・・・
今作は再結成以降のデイヴの、愚直に地道なアイデンティティーの研鑽によって成し得た、“ 00年代 "における傑作だと思います。




26. エクスプローラー ★★ (2009-09-26 17:31:00)

★★★★☆



27. くぼっち ★★ (2009-09-26 23:04:00)

名盤決定!!



28. naosuke ★★ (2009-09-29 09:07:00)



29. naosuke ★★ (2009-09-29 10:44:00)

(↑誤送信…すみません)
マイスペで流しで全曲聴いてようやくゲット!!
確かに攻撃的で、ムステインのリフメイカーとしての才能がまだまだ枯渇してないことを証明するかのような作品ですね。
コンパクトかつ鋭いリフ主体の楽曲が多く、シリアスな統一感を感じさせるという意味でも「cowntdown to~」に近いですけど、そこに同アルバム前の弾きまくり感、同アルバム後のグルーヴ&メロディ感を足した感じで、集大成的色合いが濃く、多くのファンが納得する出来なのは間違いないですね。
ただ、「rust in~」以降の3作が自然な進化の中で生まれた傑作だと思っている私にとって、多かれ少なかれ意図的に感じられる本作は傑作(名盤)とは言い難いです。
また、復活後のMEGADETHがMEGADETH=ムステインだとしたら、前述の個人的傑作3作はMEGADETH=ムステイン+各メンバーの個性(化学反応)だと思います。化学反応が生んだ傑作だと思うのです。
エレフソンの一聴は地味だが実はセンスのいい軽快なベースライン、ニックの独特な引っ掛かりのある手数・足数の多いドラミング、そしてなんといってもテクニカルだがメロディを口ずさめるマーティのソロ。
今のMEGADETHの他のメンバーは、ムステインを支える上手さはあっても、化学反応を起こす程の個性は残念ながら無いです。
特に、今回のようにリフ主体の攻撃的な曲になればなるほど、教科書どおりのドラミングに物足りなさを感じてしまいます。
新Gも上手いですが現代的な早弾きで味気なく、皮肉なことにムステインのソロのほうが耳に残る結果になってます。(今回のムステイン、ソロすごく頑張ってる!)
アンディ・スニープの音も「良い音」以上でも以下でもなく、MEGADETHサウンドにベストマッチとはいえないような気が…。
個人的には、古い人ではニール・カーノン、新しい人ではトゥー(トゥエ?)・マドセンあたりの方が合うような気がします。(っていうか聴いてみたい!)
色々書きましたが、それでも現在のMEGADETHに望める最高のものを提示してくれた好盤・力作と評価したいと思います。



30. プログレ ★★ (2009-10-03 16:19:00)

今年のナンバー1アルバムに決定しました。
これは素晴らしいメタルだ。



31. ずなきち ★★ (2009-10-04 22:10:00)

初っ端のギターインストからしびれました。
全曲のバランスもいいし、捨て曲なし。
名盤。




32. USHI ★★ (2009-10-06 00:38:00)

メガデス復活。
とってもうれしい。
1曲目から2曲目の流れ好き。
うれしいなぁ。。。。



33. いやいや誠司家 ★★ (2009-10-10 15:58:00)

①から②へのスリリングな流れは3rdアルバムを彷彿させ満足しております。もうこのようなパターンは出来ないのでは?と思いうれしいものです。欲を言えばもう少し狂喜じみた爆発力があってもよかったのではと思います。
他に④⑥⑦⑨⑩がお気に入りです。欲を言えば新加入のギタリストはうまいのですが、メガデスワールドの中もっとキレた主張をしてほしいものです。
全体的にHMがわかりやすくメガデスらしいので、この路線で次回も期待しています。



34. 蒼劉 ★★ (2009-10-12 22:06:00)

ふらーと立ち寄ったCD屋で
メガデスの新作が出ていたので、早速視聴
1曲目聞いた時点で購入決定
家に帰りじっくり聞くと
どれも攻撃的で捨て曲なし
これは今までのアルバムの中でも
上位に食い込んでると思います



35. 無の英雄 ★★ (2009-10-13 13:43:00)

前評判が高かったのでかってみましたが、これは素晴らしい。
前作もかなりの高レベルな作品ですが、今回はさらにすごいです!!
2nd、4th、5thに並ぶ最高傑作の一つです。
(最高傑作がいくつもあるという突っ込みはこの際なしで)
上記3作品がこのバンドにおけるマストフェイバリットに上がる事
多いですが、今作はそれらと同レベルの作品です。
「インテレクチュアルスラッシュ」の言葉に嘘偽りのない名盤です。
今作最大の特徴はなんといってもGの暴れっぷりです。
リフにおいてもソロにおいても非常にスリリングです。この緊張感
はMEGADETHならではのものです。
疾走感では初期の作品には負けますが、この高揚感は初期と比べて
も全く遜色ないものになっております。
新ギタリストのプレイも非常にパワフル且つテクニカルで聞いてて
バンドに馴染めてると感じました。
曲構成はしっかりしていて機能美を兼ね備えているのですが、ソロ
になると制御不可能な暴れっぷりを見せており、5thの整合力に
4thの爆発力を注入したような作風です。
復活後の中では一番スピーディーな作風にもなってるんで、初期の
ファンにもお奨めです(但し、ずっとスピーディーではありませんが)
自分の中では5thより好きになりました。
まだまだMEGADETHは現役だということを思い知らせてくれた至高のアルバムです。




36. 北限のメタル野郎 ★★ (2009-10-17 15:30:00)

全曲、捨てれないです。
MEGADETH、大大復活ですね。
正直前作「UNITED ABOMINATION」はあまりいいアルバムではないとおもっていました(勿論、いい曲も少しはありましたが)。それに比べて今作は、捨て曲もないし、後任のクリスもいい仕事してるし、文句なしです。
今年のNo.1アルバム候補筆頭です。




37. 北限のメタル野郎 ★★ (2009-10-17 15:34:00)

全曲、捨てれないです。
MEGADETH、大大復活ですね。
正直前作「UNITED ABOMINATION」はあまりいいアルバムではないとおもっていました(勿論、いい曲も少しはありましたが)。それに比べて今作は、捨て曲もないし、後任のクリスもいい仕事してるし、文句なしです。
今年のNo.1アルバム候補筆頭です。
ヴィック・ラトルヘッドがジャケットに登場してないのが残念ですけど。




38. ラトルヘッド・クラッシャー ★★ (2009-10-18 16:20:00)

馴染むまでに結構時間が掛った。
一聴した時は初期の薫りにワクワクしたけど、思ったより面白くも無く…
歌メロの弱さによるものか、なんかフックが足りないと感じた。
このアルバムに「WASHINGTON IS NEXT!」が収録されていれば(WASHINGTON~自体ももっと評価されて)名盤と呼べるものになっていた気がする。
とは言え、前2作より優れているとは思うし、良盤ではあると思う。
75点



39. MEGAneth ★★ (2009-10-30 15:55:00)

このアルバム最高!!!!!!!
このアルバムでメガデス復活
youtubeでクリスのギターテク見れるけど
クリスはNevermoreでサポートとして入ってたけど、まさかMegadethに入るとは
ほかのバンドの皆さんギタリスト盗られたくかったらGIGANTOURに参加せんほうがいいかも



40. ぽこ丸 ★★ (2009-11-08 16:18:00)

ここ数年は余り聴いて居なかったんですが、ラウドパーク09をキッカケに聴いてみました
一言で言うと、カッコ良いMEGADETHが帰って来たって感じでしょうか。本当に良いアルバムです。
新加入のクリスのテクニックも素晴らしいですし、ムステインとのギターバトルも沢山あります
地元のCD店では売り切れてました。これは傑作確実と思います




41. 真実追求者 ★★ (2009-12-03 01:56:00)

ツインギターバンドといえば一人が泣きメロ担当でもう一人がピロピロ担当というお約束がつきものだが、ムスとクリスはそんな予定調和などどこ吹く風で、あたかも喧嘩しているようなソロバトルを展開するから、張り詰めるような緊張感が音に出ていて素晴らしい。
文句なしにカッコいいです。これは良い意味での音の洪水です。



42. エンキドゥ ★★ (2009-12-28 23:44:00)

本年度にリリースされた新譜には、あまり手を出さなかった中の貴重な1枚です。
一聴した時はアルバム全体が持つ格好良さに歓喜しましたが、逆に1曲1曲の印象度が薄かったように感じました。
ですが、個人的に繰り返し聴きたくなる非常に雰囲気のあるアルバムでしたので
何度もリピートするうちに1曲毎の印象も然ることながら、流れも非常に優れているなと感じました。
一つ気になる点を挙げるとすれば、ギターの音でしょうか。尖り過ぎている気がふと感じます。
それを差し引いても十分お薦め出来る1枚です。



43. 研究員 ★★ (2010-01-02 15:14:00)

09年はこのアルバムを一番聴いた気がします。
かつてのMEGADETHが持っていた「寄らば切る」といったような冷酷無比な感覚がもどっています。というかかつてより精度の上がった刀を持っている気さえしてくる。
メタル界にMEGADETHありとの存在感をこれでもかと見せつけた良作。



44. いわさん ★★ (2010-01-26 03:51:00)

ダメ。
ムステインのギターの音かっこ悪くないかな?ディーンのギター使っててこの音かよって感じ。
前作の音の方が良かった。もっとザクザクさせてほしい、ジャクソン使ってた時代に戻って!!
新ギタリストのクリスの音はもっとダメ。ピロピロすぎてて、北欧系を彷彿させる。テクニックはあるのだろうが、耳に残るようなメロディーは無かった。
新しいドラムもダメ。音も突き抜けてないし、気の利いたオカズも少なく、一本調子。インテレクチュアルな雰囲気を楽しみたい人にはお勧めできません。
前作のドラムはかなり良かったので、今回は期待はずれでした・・・・。。。



45. dream evil ★★ (2010-01-26 22:48:00)

俺も期待はずれだったかな。
スラッシュ?確かにスラッシュしてるよ。
でも、曲が全く印象残らないんだよね。
これならまだ、スラッシュ感は薄いしテクはダメダメだけどハッとするようなリフ
が続くメタリカの新譜のが良かったですわ。



46. ムッチー ★★ (2010-02-03 14:49:00)

5thの『COUNTDOWN TO EXTINCTION』以来の傑作だと思います
6thの『YOUTHANASIA』以降は、決して悪くはないんだけどれども、
どこか物足りない作品ばかりに感じられてましたが、このアルバムには十分満足です!
新加入のクリス・ブロデリックのプレイもかなりいいですね。
実に活き活きとしてて、とても完成度が高いアルバムだと思います。




47. H・W ★★ (2010-02-17 17:17:00)

祝、2009年ベストアルバム。というわけで・・・。
遅ればせながら聴いてみました。
典型的なメガデスサウンドが展開される良作、といったところですか。
それにしてもデイブ・ムスティンはブレないね。本当に曲作りが上手い。
耳に残るキャッチーなパーツをちゃんと用意していて、どの曲も聴き手を飽きさせない配慮が伺えます。安心して聴いていられます。
新加入のクリス・ブロデリック、これまた典型的な近代型のテクニシャンですね。
(ヴィクター・スモールスキと若干イメージがカブる)
ま、もはやこの程度のテクでは誰も驚かなくなった昨今ではありますが・・・。
そのうえで、いかに個性を発揮するかがカギとなる現状となっては、すこし色が薄い感じもしますけど、いいんじゃないですか。デイブの色が非常に濃いですから、この程度でいいのかもしれません。
正直、諸手を挙げて「最高傑作」と小躍りするには至らなかった私ではありますが、十分です。
本当は「SHE WOLF」みたいな曲がいっぱい入ってて、アル・ピトレリが弾いてくれたら嬉しくて涙に咽ぶのですけどねw




48. 2g ★★ (2010-02-23 06:24:00)

このアルバムでMEGADETHに嵌った。
先ず#1「Dialectic Chaos」で心臓を鷲掴みにされ、「This Day We Fight!」への流れ。
#3「44 Minutes」や#6「Bodies」など、随所に散りばめられてる哀愁がたまらない。



49. Arsenal / Gunners ★★★ (2010-11-18 22:32:36)

メガデスのアルバムは、毎回どのアルバムも賛否両論になるのが世界の常。 もう定説ですね。
前作UNITED ABOMINATIONSがビルボード上位を記録し、チャート成績の面では完全復活を印象付けたMEGADETHが、攻撃性の面でもメロディの面でも音の面でも、完全復活を遂げたことを印象付けるアルバムとなりましたね。1曲目からスリリングで印象に残るし、
最後まで飽きさせない内容が続き、早くも次が楽しみになりました。




50. 名無し ★★★ (2011-02-03 19:26:54)

RUST IN PEACE程のインパクトは内が、内容的にはRUST IN PEACEに匹敵する大傑作。
故にライブでもう少し取り上げでもいいと思うのになぁ…



51. N男 ★★ (2011-03-07 20:03:39)

2009年発表の12th Album。
前作、前々作で思っていたが、どうも復活後はアルバム後半までテンションが持続してない。
10th、11thともに最初3曲だけは良いが、後が正直弱すぎ・ダレ過ぎだった。
しかし、今作は違う、後半もしっかりテンションを維持したままラストまで持って行く。
何より、完全にスラッシュメタル回帰していることに驚かされる。
初期のような悪魔的なダークさやラリったような曲展開はもう期待していないが、リフのキレ味は十分にある。
1曲目のインストから何かが違う、それは2曲目で明らかになる。
MEGADETHはこの作品で明らかに一皮むけたと思います。
クリスはちょっと上手すぎるな・・・上手いのは結構なんだけど、良くも悪くも現代的な優等生。
個性が欲しいところ、次はエフレソンも入ったことだし、期待して良いよな!!
オススメは①、②、③、④、⑨、⑪です。


89点。




52. ジョージベラス ★★ (2011-04-27 13:46:14)

クリスのギターうまい。マーティーよりテクニカルだ。しかし個性が無い。
復活して一番良いアルバムかも。




53. iaties ★★ (2013-05-12 23:25:19)

ラジオで初めてリード曲の⑨を聞いたときかなり驚きました。以前の彼らにはあまりなかったようなストレートないかにもスラッシュ曲だなと。まあいざアルバムを聞いてみるとさすがにそこまで早い曲は少なく作品全体の緩急を意識した感じでしたが。でもやっぱりムステインの作るリフの嵐は心地よくその点では楽しんで聞けましたね。④の複雑なリフが一番好きです。
個人的には復活後の前二作の方が好きですが、各曲の洗練度、曲順の緩急のつけかたに限って言えば全時代通じても最高傑作といってもよさそうです。



54. ハルディン ★★★ (2013-05-25 19:37:30)

12th。Gの片割れが脱退したがその後任に元JAG PANZARでNEVERMOREのツアー要員としての経験をもつクリス・ブロデリックが加入し、インスト曲1に代表されるようにGパートの暴れぶりが一層凶悪化。1や9といった脳天をぶちぬく猛進曲は勿論のことだが何よりも中盤でのミドルチューンでもまるでピリピリと切羽詰った雰囲気が貫かれていて、前作で感じられた難点だった中弛みを全く感じさせないところは大きい。さすがに所期とはニュアンスが違えど充分にテクニカルな側面を堪能できるし、2004年以降の復活作のなかで間違いなく最高傑作といえる強力な作品だ。



55. だけんど ★★★ (2014-06-29 08:42:10)

1、2曲目の攻撃的なサウンドは、メガデス復活か?!と期待させてくれます。
メガデスを聴き続けて良かったなあ。と思いました。



56. 失恋船長 ★★★ (2017-12-18 16:54:29)

1994年にリリースした『COUNTDOWN TO EXTINCTION』で示したキャッチーでへヴィな新生Megadethが思いのほか、成功を収め、その路線を突き進む事となった彼ら、この時代多くのバンドが次の一手を模索していたので、バンドとしては相当な迷いもあったでしょう。その後の活動と音楽性を見れば、それは一目瞭然なのですが、色んな意味で成功と引き換えに迷走していましたね。
そんなMegadethがようやく本分を取り戻そうと苦心していましたが、今作ではようやく、その努力が実を結び原点回帰を高らかに告げる内容となりました。インストに導かれ始まるのは往年の空気をまとった激烈なスラッシュナンバー②、そして扇情的なフレージングも持ち込んだドラマ性の高い③の流れは悶絶必死。完全に掴みはOKでしたね。
Jag Panzerから引き抜いた新ギタリスト、クリス・ブロデリックもインテレクチュアル・スラッシュの方向へ押し戻す役割を見事に果たしており、ギター巧者ぶりを存分に発揮しております。尖りまくったリフワークの上を柔軟なプレイで対応と、ムステインの相棒を務めあげていますね。
メンバーチェンジがもたらした初期へと邂逅を始めた意欲作。その充実ぶりを物語る、重厚なドラマ性を堪能できる⑦、静と動の対比が魅力的な⑧、これぞMegadethなスラッシュナンバー⑨と3曲の流れが今作のハイライトでしょう。時間は掛かりましたが、ようやく本分を取り戻しましたね。




57. しょちゅ飲んごろ ★★★ (2019-07-14 13:14:05)

誠に素晴らしい!ほれぼれとします~(=^0^=)/


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示