この曲を聴け!
SLAYER
MyPage

SLAYER
モバイル向きページ 
解説 - SLAYER

1981年に結成されたアメリカ合衆国ロサンゼルス出身のスラッシュメタルバンド。
Metallica、Megadeth、Anthraxらのバンドと共に「BIG 4(スラッシュメタル四天王)」の1つとされ、他の三者が音楽性を大きく変えた後もスラッシュ・メタルのスタンスにのっとった活動を続けている。これまでにリリースしたアルバムのうち4枚がRIAAよりゴールドに認定されている。グラミー賞には3回ノミネートされ、2007年には『Eyes of the Insane』が、2008年には『Final Six』が最優秀メタル・パフォーマンスに選ばれた。『オズフェスト』や『UNHOLY ALLIANCE TOUR』などの世界ツアーではヘッドライナーを務める。
歌詞やアルバムのジャケットに用いられる、死、自殺、精神異常、死体、サタニズム、連続殺人犯、戦争などといったテーマがしばしばアルバムの発売禁止及び延期、訴訟等をもたらし、非難を受けたこともある。80年代にはPMRCらの標的にもなった。
1983年、Metal Blade Recordsより1stアルバム『Show No Mercy』をリリースしてデビュー。翌年のEP『Haunting the Chapel』に収録された「Chemical Warfare」は、当時“世界最速”とすら言われ以後ライブの定番曲になった。ヨーロッパデビューも果たした。4万枚を超える1stアルバムのセールスと1985年の2ndアルバム『Hell Awaits』の成功により、バンドはRick Rubin率いるDef Jamよりオファーを受け移籍。「地獄」や「悪魔」などその後Slayerの代名詞となったテーマが使われ始めたのもこの頃からである。
1986年にリリースされたメジャーデビュー作でもある3rdアルバム『Reign in Blood』は英国ケラング!誌に"the heaviest album of all time by Kerrang!"と評された。現在に至るまでほぼ欠かさず演奏されている「Angel of Death」「Raining Blood」が収録されたこのアルバムは、「詞の内容が倫理的に問題が多い」(ナチスの虐殺者Josef Mengeleについて歌った「Angel of Death」が特に問題視された)という理由で、Columbia Recordsがアメリカ国内の配給を拒否し、Geffen Records(しかし議論の結果このレコード会社のリリース表にはこのアルバムの名は記載されていない)よりリリースされ、ラジオでのエアプレイがなかったにも関わらずビルボード誌のアルバム・チャートで最高50位台を記録する。続く1988年の4thアルバム『South of Heaven』ではあえて曲のテンポを下げ、メロディアスな歌唱を取り入れる実験的な内容が、ファンや評論家から様々な反響を呼んだが、商業的に成功し、ビルボードチャートで初登場57位(200位中)を記録、再びRIAAよりゴールドに認定された。以後バンドは、実験的な要素も盛り込みつつも、あくまでスラッシュメタルを基盤とした音楽性を貫いていくことになる。
1992年には、ドラムがDave LombardoからPaul Bostaphに交代。1997年の7thアルバム『Diabolus in Musica』ではチューニングを落としたり、ボーカルにエフェクト音をかけたり、当時メタルシーンを席巻していたニュー・メタルをかなり意識した曲作りに挑戦した。2006年にはDaveが復帰し、9thアルバム『Christ Illusion』をリリース(全米5位)。2007年にはこのアルバムから『Eyes of the Insane』が、2008年には『Final Six』が最優秀メタル・パフォーマンスに選ばれた。2011年、Jeff Hannemanが右腕を毒蜘蛛に噛まれ、壊死性筋膜炎を発症したため、バンドを離脱。
ツアーにはExodusで活動するGary Holtがサポートで参加することとなった。2013年2月、Dave Lombardoがツアーに参加しないことを表明。5月2日、復帰が待ち望まれていたJeffが肝不全により死去。これにより、Garyは事実上の正式メンバー扱いとなる。5月30日、2月に脱退したDaveの後任としてPaulが復帰。
1991年から2013年までの間でアメリカで490万枚以上のアルバムセールスを記録。世界総売り上げは推定2000万枚以上とされる。

Current members
Tom Araya – lead vocals, bass (1982–present)
Kerry King – guitar (1981–present)
Paul Bostaph – drums (1992–1996, 1997–2001, 2013–present)
Gary Holt – guitar (2011–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価 - SLAYER

Selected Comments


5. アメンボ ★★ (2002-10-25 08:19:00)

やっぱり人には好みがあるから、その人によっては好き嫌いが判れるんだろうけど最初に「凄い(あらゆる意味で)」と思うのは共通することだと思う。
帝王と呼ばれるのはそれほどのことをしてきたからだし、スレイヤーは今もそれを続けている。過去の名声にすがって今も帝王とかなんとか言われてる人もいるけどそれとスレイヤーじゃ全然違うね。何が違うって音が違う!
やっぱりそういうのって音に出てくると思います。自信とか誇りとか信念とか・・・。スレイヤーはガッチリ決まってますね、そのあたり!
という訳で(どういうわけ?)で皆でスレイヤーを応援しよう!




8. JENESIS ★★ (2003-01-18 23:47:00)

今日のデス/ブラック・メタルに多大な影響を及ぼしたスラッシュ・メタルバンド、SLAYER。'80年代中期以降、「スラッシュ四天王」と呼ばれたANTHRAX,MEGADETH,METALLICA,SLAYERのうち、SLAYERが最も過激度が高く、アンダーグラウンド、悪魔主義的な姿勢を示していた。
そんな彼らのサウンドのうち、特にハードで過激だと思われるのが、'86年発表の3rd「REIGN IN BLOOD」である。2ビートのきいた疾走感溢れる超高速テンポと、極端にまで歪ませた激速ギター・リフで、すべての曲が速い曲で構成されている。まさにスラッシュ・メタルの歴史に大きな名を残す怪作だ。
そして、彼らがいなければ、デス・メタルがこの世に登場することはもしかすると有り得なかったかも知れない。




19. GEORGE ★★ (2003-08-03 23:15:00)

ドラマーさん同様「SEASONS~」が一番すきです。(ライブ盤を除いて)
これを「DIABOLUS~」のサウンドで再録してくれたらいうことありませんね。




27. 5150 ★★ (2003-10-07 23:45:00)

もしポールの代わりを務めるならホーンテッドのペル・モラー・ヤンセンがいいと思う。彼もかなり凄い!
ポールはテクニックや手数足数やアタックの強さでは、完璧といえるドラマーでしょう。ケリー・キングも「ポールはニンジャのようなドラマーだ」って言ってましたね。正確さなどはポールは他を寄せ付けない実力がありますね。
でも個人的にはデイヴ・ロンバードの方が好きですね。彼の聴いてすぐわかるドラミングはかなり個性的で、聴いていて気持ちがいいんです(笑)コージー・パウエルを速くしたような感じ(違うかな?)例をあげるとWar Ensambleのイントロでのドラムは正にカッコイイ!




28. SOSO ★★ (2003-10-23 15:25:00)

今聞いても十分かっこいいよ、スレイヤー。



29. ぜるる♪ ★★ (2003-10-29 20:44:00)

DVD見た。凄かった。燃えた。感動した。
こんな衝撃は色んなDVD見てもはじめての新たな衝撃。
正直他のバンドとはケタが違いすぎ。
現在進行形であのライブはマジすごい。
あと客もスゴイ
CD聴くだけじゃだめだと思った




31. まんぞー ★★ (2003-11-09 20:35:00)

今、晩飯と同時に酒飲んで酔っ払ってるわけですが、SLAYERは酔ってる時も最高なバンドですな。DVD、観ました。実は、現在25歳の私は、ライブに行った事ありません。Xとディルアングレイのライブを映像で知ってるくらい(笑)グレイとかマリスミゼルとかね。去年の3月までメタル処女だったからね。
で、SLAYER、何回観ても凄え!ベース兼ボーカルをツインギターで挟むスタイルがこんなにカッコイイとは!自然に頭が動きだす!
しかし、J-POPと違い、なんでここまでライブで曲を再現出来るかね。これだけで驚きの俺でした。




35. Kamiko ★★ (2004-01-19 22:49:00)

関連アーティストにJOHN ZORNの名があるが、一体ドコで繋がってるんやろか?
知っている方、教えてください!




39. マンホール ★★ (2004-03-08 13:29:00)

>Kamikoさん
おそらくJOHN ZORN BANDのドラマーとしてDAVE LOMBARDO氏が参加していたことがあるからだと思います。
その中の1枚にJOHN氏の「XU FENG」というアルバムがありますが、ツインドラム編成で、片方はDAVE氏がアルバム全編にわたって叩いています。
多分それで関連が付いているのでしょう。

余談ですがこのバンドのギタリストKerry King氏は筋金入りのサタニストで、Anton Lavey主宰の悪魔教会Church Of Satanのメンバーです。




46. sizuku ★★ (2004-08-23 11:51:00)

すごいよねあの声・・・・。



48. しゅんぺ~ ★★ (2004-10-02 02:18:00)

Good newsとBad newsを一つずつ。
かの"Reign in Blood"を完全再現したライブDVD、"Raining Blood Live:Still Raining"が11月21日に発売されるそうです。あ~、楽しみだ。
ちなみにジャケは血まみれです(笑)
9月27日のライブ中に突然アラヤ氏の声が出なくなり、ライブは中断されたそうです。
さすがの帝王も歳には勝てんのか・・・?
1日も速い快復を祈ります。




61. RAW ★★ (2005-01-20 20:46:00)

あの紙ジャケのアルバムは、歌詞の対訳が新しくなってるらしいですよ。



63. Ja. ★★ (2005-02-24 20:10:00)

ポール・ボスタフのドラムは重くて速い。
デイブのドラムは手数、足数が多くてドラブ感満点。
ライヴだと曲のテンポはポールのが速いけど、体感速度はデイブのが速く感じる。
この2人は好みで分かれるなぁ。
RAINING BLOODのたいこはイントロがポールで、最後の超疾走はデイブの方が好き。
あの年であれだけたたけるデイブはやっぱり凄い。




64. ex_shimon ★★ (2005-07-23 22:17:00)

高校生当時スラッシュ四天王の存在を知って
それまでMETALLICAとMEGADETHしか知らなかったけど
SLAYERも聴いてみた
最初の感想・・どこが良いのこれ?
全然四天王って言えないと思った
が、聴いてるうちにどんどんはまってきた
ボーカルが吐き捨て型メロディー無しなので
METALLICAとかMEGADETHと比較してしまった為に
なじめなかったんですな
今では逆にこれほどスラッシュしてるバンドはないっていうくらいでお気に入りのバンドです
7th以降買ってないから早く手に入れれば




66. N男 ★★ (2005-09-19 16:56:00)

SLAYER、早くNEW ALBUM出してくれー。
痺れが切れそうだ・・・




70. 湘南メタル ★★ (2005-12-13 23:45:00)

やっとレコ-ディングに入ったみたいです。
来年春にリリ-ス予定だそうです。
頼むからこれ以上待たせないでくれ!!SLAYER!!延期なんて止めてくれ!!
今度こそ単独で来日してくれ!!
あの感動をもう一度!!!




76. WILK Ⅱ ★★ (2006-04-20 23:58:00)

新作は7月頃リリースの見込みらしい。
トム曰く「これまでで最も速い」との事。夏場は気持ち良く頭が振れそうだ。




83. ラスカル ★★ (2006-06-07 13:05:00)

オフィシャルサイトで聴けましたけど、かなりかっこいい曲ですね!!!!



86. GOD ★★ (2006-08-05 17:08:00)

myspaceにて試聴しましたが……さすがです!
エクストリームミュージック界の帝王の称号は伊達じゃない!
これは買わなければ!




87. †FUNERAL† ★★ (2006-08-07 11:09:00)

新作は全曲速いのか!?



89. K/10 ★★ (2006-08-08 23:28:00)

新作は自分の来日公演への期待に拍車をかけた。
来日公演、とりあえず大阪があり安心しました(笑)




98. 蛇めたる ★★ (2006-08-17 21:15:00)

更新されたビルボードを見て、びっくりしました。
5 NEW Slayer Christ Illusion
Peak:5 Wks On:1
American | 44300 | Warner Bros.
初動なら、過去最高記録じゃないでしょうか?
今回の作品はどう聞いても大衆向けじゃないですが・・・




99. 寝坊メタル ★★ (2006-08-18 09:23:00)

こんな凄まじいCDが5位だなんて・・・。初動62000枚だそうです。
ちなみに初動の記録だと、過去最高は「DIVINE INTERVENTION」の93000枚で8位だとのこと。順位なら今作は過去最高記録ですね。
アメリカって初動が1万枚でも1年後には10万枚売れちゃってたりするので、来年には60万越えしたりして・・・?




105. ウシオ ★★ (2006-11-03 15:22:00)

>ポヨさん
さっき聴いてみましたが、途切れてませんでしたよ。




108. スターリン ★★ (2006-11-03 20:42:00)

>ポヨさん
ポヨさんのお持ちのCDは「EXPANDED EDITION」というリマスターされた音源が使用されているものだと思います。
ぼくも同じものを持っていますがやはり同じ所で音飛びしました。
おそらくリマスター作業する際にエンジニアが何らかのミスをして、そのままCDに収録されてしまったんだと思いますよ。




116. コールドデモン ★★ (2007-03-26 23:48:00)

自分も同じとこで音が飛ぶ。



121. ICECLAD RAGE ★★ (2007-06-04 07:29:00)

「REIGN IN BLOOD」の頃は「速さ」でいうと最強の部類に入ってましたけど、
このバンドの魅力というのは、個人的には「速さ」ではなく「リフ」だと思います。
過去のインタヴューでも、曲作りについて「思いついたリフをただ組み立てただけ」と語ってるくらいですし。
あとは、影響力の広さではないでしょうか。
特にサタニックな方向性だった初期のサウンドは、
後続のスラッシュ/デス/ブラック勢にもかなりの影響となったことは間違いないでしょうから。





Recent 50 Comments



132. 松尾芭しょんぼり ★★ (2008-11-30 11:54:00)

新曲・Psychopathy Red
http://jp.youtube.com/watch?v=MYybSst3kZE
コレってフルなんですかね?



133. ムッチー (2009-03-23 15:38:00)

↑ うおっ、強烈ですね!
すっげ~カッコいいじゃないですか!スラッシュしてますね~!
リフがザクザクでイイ!
アラヤのヴォーカルもキレてますね!
これはニューアルバム期待できそうですね。
それよりも(というわけでもありませんが(^_^;))、最近「DECADE OF AGGRESSION」にハマりまくってます。
1つのアルバムをこんなに毎日のように聴くのはホントひさしぶりです。まだ音楽を聴き初めであまりCDをもってなかったころはそうだったけど。
何回聴いても最高です!特にDISC1の①~⑤の流れは最強ですね!
その中でも、①"HELL AWAITS"と③"WAR ENSEMBLE"!このテンションがマジでスゴイわ!
切れ味鋭いギター、強烈なドラム、そして疾走感・・・。スタジオ版を完全に凌駕してますね。
いや~、ホントいいわ・・・!




134. sukesan ★★ (2009-04-22 01:19:00)

初めて書き込みます。SLAYERの新曲自分も聴きました!!クライスト~の収録曲と比べてもスピード感がアップしていてアルバムも期待できますよね!
アラヤ氏のベースがこんなにもはっきりと聞き取れる曲も久しぶりでうれしい限りです。後追いではありますが、今まで聴いてきたバンドの中でも一番好きなバンドのうちのひとつなので解散はしてほしくないです。
僕自身はGOD~が初めて且つリアルタイムのアルバムで、その後初期の三枚、ポール氏時代のアルバムはすべて集めました。
僕にとってスレイヤーはメタルにのめりこむきっかけになったバンドであり、ギターがここまで好きになったきっかけでもある大切なバンドです。

そんな彼らの新作を心待ちにしています。



135. bat ★★ (2009-05-09 14:16:00)

7月1日発売??



136. メラニン ★★ (2009-05-09 19:31:00)

世界が血に染まるまであと約1ヶ月半ですか(^^)



137. じょーい ★★ (2009-06-10 01:37:00)

スラッシュメタル界の範疇において、スレイヤーを凌駕するものはいないと思っている。



138. なにわのスレキチ ★★ (2009-06-10 14:31:00)

8月19日?
早くワールドをブラッドでペインテッドして欲しい!



139. N男 (2009-07-20 15:25:00)

今年もラウパくるんですか、単独でライブやって欲しいなぁ。
http://www.loudpark.com/09/




140. じょーい ★★ (2009-08-13 12:46:00)

デイヴのドラミングはポールと比べてより早く、予測しにくい(高度なテクニック)感じ、ポールのドラミングはデイヴと比べて正確でありパワフル、一つ一つのリズムの刻みを大事にしている感じだと思います。



141. なにわのスレキチ ★★ (2009-09-11 12:41:00)

大阪公演決定ヤッタゼ!
単独を見越してラウパ止めといて良かった。
来週はEXODUSで準備運動
この秋、スラッシュが暑い



142. ムッチー (2009-10-31 03:55:00)

最近、自分の中でSLAYER熱が再沸騰中。割と熱の浮き沈みが激しい自分ですが、これだけ熱を保たせてくれるSLAYERはやっぱスゴイ!
1st~5thはどれも名盤ですよね。全くと言っていいほど捨て曲なし!ホントにすんごいクオリティです!
3rdばかりが称賛されがちですが、どのアルバムも絶対負けてないと思います。もちろん、ライヴアルバム・カヴァーアルバムも含めて。
6thもなかなかいいと思いますが、まだそれらに比べるとハマりきれてないのが現状です。7th・8thは今んとこ未聴。
そして『DECADE OF AGGRESSION』。
上でも言いましたが、このアルバムはもうスゴすぎです!!!Disc1だけでなく、Disc2も負けないくらいのすさまじい魅力をもってることにさらに気づいて、さらにハマりました!
全曲スタジオ版よりも圧倒的な勢いがあって、ワイルドでカッコよすぎる~!
ライヴアルバムの中で、いや、自分の聴いた全アルバムの中で間違いなくナンバー1!これは最強!SLAYER万歳です!
・・・さて、そんなSLAYERの記念すべき10作目となるニュー・アルバム、
『WORLD PAINTED BLOOD』が先日ついに発売されましたね。
自分は前作の『CHRIST ILLUSION』が正直あんま気に入れてないので、
新品で買おうかどうか考え中です。じっくり試聴してから決めたいと思います。




143. dream evil ★★ (2009-11-02 23:18:00)

>ムッチーさん
個人的にレインインブラッドの次に良いアルバムだと感じました。
買っても後悔はしないと思いますよ。



144. ムッチー (2009-11-04 02:35:00)

>dream evilさん
アドヴァイス有り難いです(^^) MySpaceで3回ほど試聴してみましたが、確かにこれはかなり良さそうですね。
前作では少し不満だったドラムサウンドが気に入りました。ツインギターの絡みもいいし、まず楽曲の押し引きがいい。
でももぉちょっとだけ悩みます(^_^;)
(追記)さらに聴いてみました。うむ、フック満載だし各曲に個性があるな、こりゃ。よし、買っちゃろ!




145. ラーマン ★★ (2009-11-07 21:27:00)

ラウドパーク、最後に演奏したのは「RAINING BLOOD」。
サークルピット内で全速力で回った・・・
体力の衰えを感じているのに・・・
なんて馬鹿なんだろう・・・
音楽で人を殺せる、そんな感じでした・・・
欲しい車に出会った時も、SLAYERを初めて聴いた時も、背中に電流が走った・・・
ラウドパークでのSLAYERはやることなすこと全て、背中に電流が走った・・・
次の日に、現実のいやなことに放り出された時に上の文章みたいなことが夢物語だと実感した・・・



146. ムッチー (2009-11-07 23:46:00)

おととい『WORLD PAINTED BLOOD』(輸入盤)買いましたが、ヤバい!こりゃサイコウですわ!
聴けば聴くほどハマっていきます!さすがSLAYER!
ホント買って良かったです~(^O^)
自分は全力で推したいですね、このアルバム。




147. k.s.m.2 ★★ (2009-12-20 19:01:00)

何だか最近は久しぶりにSLAYERを集め出しているが
……よく作られている非凡な曲なのは判るけど、「Angel of Death」に
大して魅力を感じない自分はいい加減おかしいんだろうか?と思ったり。
アルバムとしても、3曲目あたりで飽きが来て止めたくなるし。
音楽として凄いのと、リスナーに嵌るのとは別問題のファクターなんだなぁと
思うバンドのトップが現状SLAYER。
というわけで、よく聞いているのは疾走が気持ちよい『CI』と邪悪さ(だけ?)が際立つ『DiM』。




148. くさめろす ★★ (2010-02-27 23:52:00)

World Painted Blood、いいすね!
⑨Phychopathy RedのラストのトムのキレすぎVoがホントにすごい!狂気!!
全体的にスピード感がある印象をうけました。



149. かめはめ ★★★ (2010-10-06 23:34:39)

スラッシュ四天王だが、そのスラッシュっぷりは桁違い。
Reign in bloodは歴史に残る神アルバム



150. マスター ★★★ (2010-10-07 11:35:44)

これほど凶悪、攻撃的なバンドはいない!
すばらしい



151. chalwvy ★★★ (2010-10-07 14:11:40)

もっと評価されるべき。



152. N男 ★★ (2010-10-23 23:39:46)

最近SLAYERがSEASONS IN THE ABYSSのリリース20周年を記念して完全再現をやってるみたいですね、是非とも拝見したいものだ・・・



153. 2代目メタル小僧ーX ★★★ (2011-01-17 19:54:02)

BIG4でどこをとってもスラッシュメタルと言えるのは、
Slayerだけ!!



154. 名無し ★★★ (2011-02-04 22:31:32)

osoroshi!!



155. ムッチー (2011-03-07 13:08:29)

ジェフが腕の重度の感染症で大変な事態になってたんですね・・・。知らなかった・・・。
ツアーはEXODUSのゲイリー・ホルトを代役に立てたようですが、
今はジェフの一刻も早い回復を祈るしかないですね・・・。




156. 名無し ★★★ (2011-03-19 20:54:47)

まだ充分聴きこめてないですがまさに帝王今まで聴いてなかったことが恥ずかしい



157. 名無し ★★★ (2011-04-25 17:51:05)

これがまさにヘヴィメタルだと思います!
Reign~はヘヴィメタル界最高のアルバムであり、これからもこれを越えるアルバムは出ないでしょう!



158. エーリカ・ハルトマン ★★★ (2011-04-27 00:22:25)

スラッシュメタルの帝王スレイヤーです!
BIG4の中でも1番スラッシュメタルらしいし
ずっと変わらない音楽性を続けているのがすごいですよね!
だからBIG4とは言ってもスレイヤーだけ別格な気がします

何故かメタリカのBatteryが良いって言うのに
スレイヤーのAngel Of Deathを聴かせると
う~ん?って言う人がいるんだよなあ…
だからスレイヤーは真のメタラーにしか分からない良さが
あるのかも知れませんね!



159. 地獄のミサワ ★★★ (2011-05-15 14:04:55)

スラッシュメタルを貫いているところが凄い
他のバンドが売れ線に走っても、自分たちのスタイルを貫いている
恐らくメタルの中で最凶のバンド
特に2ndのHell Awaitsの凶悪さは異常

まあ好き嫌いのでるバンドだけどね
自分は大好きです



160. slayerすげえやー ★★★ (2011-08-08 21:03:21)

世間では、スラッシュ四天王だの何だのといっているが、真のスラッシュバンドはSLAYERのみ!まさにスラッシュの王様である。
他のスラッシュバンドとは、一味もふた味も違う。
SLAYERにハマると他のバンドが小さく見える。
これぞスラッシュ!!
これぞメタルである!!   SLAYERすげえや~~~!!

★3つじゃ足らん。★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★20個!!



161. netal ★★★ (2012-06-22 16:18:45)

まさにスラッシュの帝王。自分の生まれる前からこんなクレイジーな音楽をやっているなんて…
彼らが居なければエクストリームメタルシーンは大分違ったものであっただろう。
エクストームメタルやってる人でSlayerの影響を受けていない人はいるのだろうか?




162. 名無し ★★★ (2012-09-25 21:04:17)

だれかラウドパークのセットリスト予測してよ。



164. チンポリオ・フェラッチィーノ (2013-05-03 14:50:16)

ジェフ・ハンネマンの訃報に接した。なにを言えばいいのかわからない。
メタルの歴史を覆した名曲の数々の多くはこの男から生まれた。
エクストリーム・ミュージックの歴史が一つ終わったということか。
だがジェフの遺産は永遠に残る。今日は1日彼の業績を確認する意味で
久々にスレイヤーの数々のマスターピースを紐解いてみたい。




165. netal (2013-05-03 15:33:04)

RIP Jeff
初めて買ったメタルアルバムが「Reign In Blood」だったが、自分のメタル生活は正にこの男のリフから始まったと言っても過言ではない。
地獄や死をこれでもかと表現した男が遂にその世界に旅立った。
あの世でも素晴らしいリフと狂気のソロの数々を奏でることを切に祈る…




166. 名無し ★★★ (2013-05-03 17:01:49)

始めてAngel Of Deathを聴いた時の衝撃は今でも忘れられません。
R.I.P

・・・で、スレイヤーは解散してしまうのでしょうか・・・



167. GOD ★★ (2013-05-03 17:22:58)

R.I.P. Jeff
Reign In Bloodは自分がエクストリームメタルにハマるきっかけになった大事なアルバムです。
今聴いてもその魅力は色あせていません。

どうやらDaveもギャラの面で揉めたりしてるみたいなんで、これからSlayerはどうなってしまうんでしょうね。。。




168. 夢想家・I (2013-05-03 23:14:40)

突然の訃報で驚きました、
まだ49歳とは早すぎますね…。
個人的にジェフ&ケリーのタッグはHM界ではJUDAS PRIESTのグレン&K.Kに次ぐ存在感を持ったギター・コンビだと思っていたのでそれが観れなくなってしまったのは残念です。

故人のご冥福をお祈りいたします。




169. ムッチー (2013-05-03 23:39:20)

腕の重度の感染症にかかってツアーを離脱して以来、なかなか復帰できていないようで、
嫌な予感もありましたが、まさかジェフがこんなに若くして亡くなってしまうとは本当に本当に残念…。
つい最近も、BIG4のライヴDVDを見直して「やっぱカッコいいなぁ」と思ったりしていたのですが、
これが公式映像作品では最後の雄姿になってしまったとは…。未だに信じ難いです。
ジェフ離脱以降のライヴ映像を見ても、代役のゲイリー・ホルトが頑張ってはいるものの、
ジェフ一人が欠けただけでも、ぽっかりと大きな穴が空いたようで物凄く違和感があり、
こんなにもジェフの存在感は大きくて、やはりSLAYERはこの4人だからこそだなぁと感じていました。
最新作の『WORLD PAINTED BLOOD』は久々に実に素晴らしい出来と言い切りたいアルバムで、
ジェフ作曲の"Unit 731"や"Psychopathy Red"は過去の名曲群に並んでいると思っています。
だからジェフ復帰後の次作にも期待していたし,ジェフが居ないこれからのSLAYERなんて想像もできない…。
でもとりあえず今は、Jeff Hannemanの偉大な功績を称えたいし、
数々の名曲・名演を残してくれたことに、心から感謝したいです。




170. 名無し ★★★ (2013-05-04 02:55:32)

 大好きなアーティストが、また、いなくなってしまった。自分が初めてSLAYERを見たのは、2006年のLOUDPARKでした。初めてのコンサートでもありました。本当にもうカッコよすぎて、カッコよすぎて・・・。ご病気になってからも、きっと、元気になってまた日本に来てくれると信じて疑いませんでした。49歳、あまりにも早い。
 SLAYERの今後とか色々あるだろうけど、今は只、ジェフのご冥福を祈るばかりです。



171. 枯林 (2013-05-08 13:12:31)

ジェフ…
hideと同じ命日とは…
ご冥福を祈ります

デイブはジェフのためにSlayerに復帰してくれ!!
まだ脱退したわけじゃないけど。




172. 名無し ★★★ (2013-06-15 01:11:12)

何故メンバーにジェフが入ってないんだ?イジメかよwwww
とか思っていたらまさかお亡くなりになっていたとは・・・
今日まで知らなくてファンとして恥ずかしい限りです。
ご冥福を祈ります。



173. ヤングラジオ (2013-11-25 14:37:30)

ジェフの件があり、実は今年最も聞いた回数が多かったアーティストが、このスレイヤーである。
新譜が発売していないにも、関わらずである......。
TRIVIUMの作品もかなり聞き込んだと思うけど、それでも圧倒的に多かった気がする。
スラッシュというジャンルの中でも、僕にとっては何故か彼らは異端であり、最も正統でもある。

四天王の中でも、音楽性をほとんど変えず、それでも圧倒的な存在感を誇るというのが、彼らの強みである。
僕は、00年代に入ってからの方が、彼らの作品をよく聞いている。
それは、00年代の作品の方が好きという事ではなく、年々彼らの凄味を感じるようになったからである。
結局オリジナルは、全部持っている。
しかも、どの作品もまんべんなく聞いている。
それは、アルバムの平均値が高い事を意味しているのである。

今時の新人バンドにはあまり感じない威圧感を、今でも感じる貴重なバンドである。




174. あよー ★★★ (2014-06-14 01:49:50)

スラッシュ四天王というが、SLAYERこそがスラッシュの帝王なのです。
これがスラッシュメタル。

AC/DC、IRON MAIDEN、ZZ TOP みたいに、絶対にぶれないアーティストこそが本物。

売り上げ2000万枚じゃ低すぎるよ。




175. 名無し ★★★ (2015-04-04 15:16:13)

https://www.youtube.com/watch?v=bwvq7pZd7qo#t=241
このインタビューの2:30ぐらいのとこでトム・アラヤが「イケッ、イケメン!」と言っているように聞こえるんですけど爆笑wwwww



176. netal ★★★ (2015-05-23 00:02:05)

Jeffが亡くなり、Nuclear Blast移籍後初となる新作アルバムの11th『Repentless』が今年9月11日に発売の模様。
Jeffの遺作曲『When The Stillness Comes』が視聴できますが、
齢50程のおっさん達による、しかもメンバー2人が離脱してしまった後とは思えない、相変わらずの「凄み」ですね…
個人的には、South~やSeasons~が若干モダン化した感じかなと思いました。
http://www.nuclearblast.de/en/label/music/band/news/details/3880596.3400479.slayer-announcement.html




178. 殺1人3鬼 (2015-06-20 21:22:25)

ニューアルバム『REPENTLESS』が9月11日に発売されることが決定されました!
タイトル曲のMVも公開されました。



179. めあ ★★ (2016-02-11 08:30:48)

スラッシュメタルを地で行き続けるレジェンド。スレイヤー。
そのバンドの姿勢は長年変わらず。
ただ走るだけではなく、メッセージも訴えるものが多い。
これからも生きるスラッシュメタル界の帝王として君臨し続けてほしい。




180. お珠 ★★★ (2016-08-04 22:31:31)

一番好きなメタルバンドです。

スラッシュメタルの帝王はメタル界でも明らかに目立つ存在
歴史にその名を残す偉大な方々です。

最強かつ最凶なスレイヤーはメタラーにとってトップクラスにメジャー
ですが、まだ聴いたことないメタラーの方は是非聴いてみて下さい



181. アクセルブルー ★★★ (2016-12-26 21:26:56)

スラッシュメタル四天王で最も歌詞が過激なバンド。音楽性がデビューからほとんどブレていないのには感服。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示