この曲を聴け!
ASIA
MyPage

ASIA
モバイル向きページ 
解説 - ASIA

1981年、イングランドのロンドンにて結成されたロックバンド。
メンバー全員が、既に世界的なキャリア/知名度を得ていたミュージシャンであったため、デビューの時点からスーパーグループとして注目された。「プログレッシヴ・ロックのエッセンスをポップスとして鏤めた3分半の楽曲」というスタイルを確立し、そのスタイルにそってリリースされた1stアルバム『Asia』は数ヶ月後には全米NO.1を9週キープし、シングルカットされた『Heat of the Moment』の大ヒットと相まってアルバムは世界でトータル1,000万枚以上を売り上げた。ここで聴かれる彼らの音楽は非常にポップでコンパクトなものばかりで、かつての壮大な音作りは影を潜めている。いかにも80年代的なサウンドで、その音楽性から産業ロックと呼ばれ、往年のプログレ・ファンや音楽評論家からは批判の声も多かった。翌1983年には2ndアルバム『Alpha』を発表。完全にJohn WettonとGeoffrey Downesの作曲チーム中心となり、初期の中心メンバーであるSteve Howeが作曲に参加した作品が入っていない。シングル『Don't Cry』が全米ポップチャート10位、全米ロックチャート1位となりアルバムも全米6位となる。しかし記録的ヒットを収めた『Asia』の売上の1/5ほどに留まってしまい、ツアーの観客動員数も減ってしまった。バンド内で軋轢が始まり、1983年の初来日ツアー前に、Wettonはアルコール中毒になっていたという理由で解雇されてしまう。しかし、後任のGreg Lakeの声域の方がWettonより低いため、楽曲のキーを半音下げるなど苦労し、歌詞も覚えられない等結果的にぎくしゃくとした演奏形態になった。結局1984年にはWettonが復帰するも、WettonとHoweとの仲がうまくいかず、3rdアルバムのリハーサル中に今度はHoweが脱退。3rdアルバム『Astra』は日本ではオリコン15位を記録するが、全米では67位、シングル『Go』は全米ロックチャート7位、全米ポップチャート46位にとどまり、これまでの巨大な成功とは程遠いものとなった。Wettonは「なぜ急に売れなくなったのかわからない、あれだけの作品で売れなければ今後何を作ればいいんだ」と語り、失意の元、マネージメントのBrian Laneから解雇され、バンドの活動は凍結、事実上の解散状態となった。
1989年に、当時Geffen RecordsのA&RであったJohn Kalodnerの提案で再結成を実現するが、1989年の時点でHoweはABWHに参加していたこともあり合流しなかった。A面5曲が過去のヒット曲を並べたベスト盤、B面4曲が未発表曲という変則アルバム『Then & Now』を発表。日本でのツアーが成功を収める一方でアメリカでのツアー日程が組めず、もはや懐メロバンドとしての需要しか求められていないと感じたWettonは、ソロ契約を得たこともあり南米ツアーの後脱退する。Pat Thrallも同時期に脱退した。Geoffrey Downesのソロプロジェクト」の色彩が強まって行き、Geoffrey DownesとJohn Payne以外はゲスト・アーティストの参加による演奏が多くなり、ラインナップは流動的になる。
2000年代中ごろ、WettonとDownesが偶然の再会から共演アルバムのレコーディングをはじめ、2005年4月には"Wetton/Downes"名義でアルバム『iCon』を発表。このころからこの二人を中心にオリジナルメンバーでのAsia再結成に向けた話し合いが行われ、2006年4月にはDownesがPayneとのパートナーシップを解消する旨を発表。同時にオリジナル・ラインナップ(Wetton、Downes、Howe、Palmer)でのアルバム制作・コンサートツアーを実施する方向であることも正式に発表された。こうしてAsiaは2006年の9thアルバム『Phoenix』で復活をアピールした。この際、脱退を余儀なくされたPayneらの現行のAsiaのメンバーたちは、4人の合意を得てASIA featuring John Payneと名乗り、「初期から現在までの全ての曲」を演奏するAsiaとして活動している。
2013年1月、再度Howeが脱退し、後任にSam Coulsonが参加している。

Current members (リーダーはGeoff Downes)
Geoff Downes – keyboards, synthesizers, keytar, organ, piano, backing vocals (1981–1986, 1990–present)
Carl Palmer – drums, percussion (1981–1986, 1989–1992, 2006–present)
John Wetton – lead vocals, bass (1981–1983, 1984–1986, 1989–1991, 2006–present)
Sam Coulson – guitar, backing vocals (2013–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ponpoko540s ★★ (2003-04-02 17:18:00)

テレビCMのBGMとして今でも十分に通用する曲が沢山在るのになぜ採用されないのだろう。
「レイラ」,「青い影」はもう食傷ぎみです。
ASIA使ってちょ~~~~っ!!!



2. おそまつ ★★ (2003-09-20 13:14:00)

WETTONファンである僕は、もちろんWETTON在籍時のアルバムにはものすごーく思い入れがあります。ただ、そんな僕ですら、WETTON脱退後のASIAは、はっきり言って過小評価され過ぎていると思います。アルバムは、いずれも甲乙つけ難いハイクオリティなものばかりだし、JHON PAYNEのボーカルはエモーショナルで胸に迫りくるものがあります。確かにWETTON時代と比べれば派手さはないけれども、完成度という点ではPAYNE時代の方が勝っていると僕は思っています。(ベスト盤の再録はあまりに醜い出来でしたけど) いつまでもJOHN WETTONという名の幻にとりつかれている人は、本当に素晴らしい音楽を見失ってしまっているように思えてなりません。まあ、気持ちは分からんでもないですけどね。



3. 銘菓ひよこ ★★ (2004-01-24 03:07:00)

>おそまつさん、
なるほど、確かにWETTON脱退後のASIAはそんなに悪くもないとは思います。
って言ってもAQUAあたりで既に見切りをつけてしまったんですけどね。
ジャケ写はけっこうソソるモノがあるんだけどなぁ。
ところでWETTON脱退以後の作品ではどのアルバムがグレートだとお考えですか?




4. 渡り烏 ★★ (2004-04-10 11:21:00)

JOHN WETTON脱退後のASIAってそんなに駄目ですか?確かに初期の頃の趣は変わっているかもしれませんがこれはこれで非常に素晴らしいものがあると思うんですが…WETTON時代に思い入れがなくて逆に良かったかも



5. NIKE ★★ (2004-08-29 19:52:00)

Auraから加入したGuthrie GovanがオムニバスCD「The Alchemist」にソロ名義で参加した曲を聴いてから凄い好きになりました。
Guthrie GovanってASIAでしか活動していないのでしょうか?もしそうだとしたら勿体ないですね…
このアルバムに入ってる曲はASIA調ではなくFrank Gambaleを彷彿させる素晴らしいインストでした。
誰かGuthrie Govanの情報を知っている方がいましたら教えてくださると有り難いです。




6. TOGO ★★ (2005-04-06 15:23:00)

ワタシもWETTONよりJHON PAYNEの歌唱の方がはるかに伝わってくるものがあるんですけど・・・
今のASIAが凄く好きなのでちょっと不思議です。
昔のASIAってそんなにすごかったんですか?



7. 苦労婆 ★★ (2005-07-19 08:05:00)

最近発表された
ジョン・ウェットンとジェフリー・ダウンズの久々の合体作!
もう、これは往年のASIAですよ!!!
必聴!!!!!



8. DRAGONS FLY ★★ (2006-03-24 00:07:00)

ウェットン時代のエイジアも好きだがやはりペイン時代のエイジアが好きです
ペインのアクアのころの写真を見ると無茶苦茶かっこよかった
声の方も太く響いたりまた高くシャウトするなどアクアの頃の曲には合っていると思います



9. fuwatoro ★★ (2007-03-08 16:21:00)

ペイン時代のエイジアも大好きだけど(特に『アクア』と『アリア』)、
やっぱりウェットン時代のには、格別の想いがある。
深みのある低音がハスキーに盛り上がっていき、哀愁を増し、琴線に直に触れてくる。
……時々、結構無茶な高音を張り上げるウェットンの若さと勢いが眩しい。
そして、マンディ・メイヤー時代(?)の『アストラ』も、メチャクチャ好きだけど、
やっぱりスティーヴ・ハウ時代の『エイジア』と『アルファ』には、かけがえのない思い入れがある。
歪み過ぎないひっかかりギターが、曲に色んな表情を与えている。
音の選び方、タイミング、弾き方、そして音色、メロディの紡ぎ方が、とても個性的。
そして、今日、やっとオリジナルのエイジアを生で体験出来る。
いや、本当の「エイジア・イン・エイジア」を観に行く。
(見た目はグレッグ・レイクに近づいてるけど……)
キーは落とすだろう。ギターも、昔よりひっかかるかも知れない。
……でもいい。それも本人が来てくれてればこそ、だ。
彼らも老けたけど、私も老けた。20年以上も経ったんだから、しょうがない。
「やっと逢えた」嬉しさを存分にかみしめてこようと思う。
最初で最後かもしれないから……




10. fuwatoro ★★ (2007-03-14 16:13:00)

良かった……思った以上に……
少し痩せたのか、遠目にもウェットンだった。
(今、BIGLOBEでモスクワ公演の映像見られるけど、もっと痩せてて精悍)
無茶な高音が綺麗に響いていた。
さすがに『ラウンドバウト』は苦しそうだったけど、やっぱ、いい声だ。
ベースが大人しく聞こえたのは、ハウへの遠慮か?
『ヴォイスメイル』での来日(1994)のとき、
ブリブリというよりビリビリ響いて耳が痛かったのと比べると、ホント、大人しい。
ハウのギターは、これでもかというくらいに鳴っていた。
足上げたり飛んだりしゃがんだり、客席をギロッと睨んだり、
見た目に反して、全然枯れていない。
エレキ、アコギ、スライド……と持ち替えて、実に多彩な演奏を聴かせてくれた。
『ラジオスターの悲劇』の「おーわおーわ」をギターでやるとは……
カールのドラムも、ホント変わらない。
メリハリが効いていて、パワフルで、フィルインで走っても何故か、演奏は崩れない。
(モスクワの『オープン・ユア・アイズ』の後半は裏表、逆になってしまうけど……)
ソロで、スティックをシンバルに乗せて叩いてるのは見事。
時折観客を見ながら叩きまくる姿は、実に楽しそうだった。
アコースティック・アレンジの『ドント・クライ』で、タンバリン片手に前へ出てきた。
微笑みながらハウに、ウェットンに、そしてジェフに近寄っては、
結局何もせず、徘徊する様は、堪らなくおかしかった。
ジェフは、客席の盛り上がりを冷静に見つめ、
様々な音色と演奏で、ショウ全体をコントロールしていたように見えた。
やっぱり『カッティング・イット・ファイン』のエンディングや、
『ヒート・ゴーズ・オン』のソロとか、ホント、この人は上手い。演奏に勢いがある。
だから、『オンリー・タイム・ウィル・テル』のイントロで盛り上がれる。
ファースト・アルバムから全曲やってくれたのは、ホント嬉しかった。
あのギターだからこそ、オリジナルの四人だからこそ、
曲の良さを、思う存分満喫出来た。懐かしさも味わえた。最高のひとときになった。
そういう意味では、たとえハウが嫌がってたとしても、
セカンド・アルバムからの全曲プラス、『デイライト』も聴きたかった。
もし、次があるのなら……新作引っ提げて来てほしい。




11. DRAGONS FLY ★★ (2007-03-21 23:01:00)

fuwatoroさんのように僕もいきたかったです^^
僕は一応DVDでオリジナルメンバーによるライブをみました。全員の外見のことなどは置いておき、年齢を感じさせないまさにベテランの演奏のように思えました
これからエイジアファミリーの動きに目が離せないです
まずオリジナルエイジアの今後のライブ・新作の予定
それにジョン・ペインのGPSの新作と4人揃っての来日とこれからおもしろくなりそうですねw



12. 大ちゃん雄クン ★★ (2008-04-28 12:28:00)

新しいアルバム「Phoenix」聞かれましたか?
25年振りという、生まれた子供もあっという間に成人だ~と「一昔前」という時の感覚を超越した作品でした。
30歳代の油が最も乗り切ったときのアルバムと比較すると辛いものがありますが、熟成された曲を是非とも一度堪能して下さい。
その時の経過がなんであったのかを判らせてくれます。
しかしアルバム内のハウ御大の写真だけは如何なものか?



13. fuwatoro ★★ (2008-07-07 13:32:00)

本当に、新作引っ提げて来てたんですね。
しかも、『デイライト』も演ってたんですね。
行きたかったなあ……
今さらながら、新作買って聴き込んでおります。
「熟成された曲」という表現、とてもしっくりきます。
とがった部分などなく、まろやか、ヴィンテージ・ワインのような味わい。
(本物のヴィンテージ・ワインなんて飲んだことないけど・汗)
いろいろ、細かい違和感や足りない印象を持つんだけど、
一枚聴き通してしまうんです……心を柔らかくつかまれるんですよ。
LPで聴いてみたい気もします。




14. アイーダLOVE ★★ (2010-02-26 20:20:00)

AQUA(輸入版)をオンラインショップで注文したが、廃盤と言われキャンセルされた・・・
中古を探し回るしかないか・・・orz




15. アイーダLOVE ★★ (2010-04-27 19:56:00)

「AQUA」あっさり中古で発見。



16. しょじゆう ★★★ (2011-01-20 11:42:44)

プログレシブ産業ロック、
スーパーバンド




17. RIOT1970 ★★★ (2012-11-27 22:33:51)

私はアルバムとしてはARIAから入ったので、ジョン・ペイン時代
とジョン・ウェットン時代、両方好き。ペイン氏のVoから、オリジナル
ASIAを聴いた時は、なんかあんましVo上手くねーな、とか思っていたけど
、KRIMSONのREDアルバムのSTARRESSの凄まじいウェットン氏のVoを聴き
耳が慣れました。こーいう歌い方も「有り」なんだな、と。
オリジナルASIAの好きな所はカール・パーマーのEL&P時代から思っていた事
なんだが、テクニカルなんだか、下手なんだか良く分からない不思議なDr。
私は楽器出来ませんけど、カール・パーマーって巧いんですか?下手なんですか?




18. L-4S-5 ★★★ (2014-04-20 01:48:39)

現役でアルバムを出してるのがすごい。ヒットはしなくてもファンは多いんだね。
歴史は繰り返すで、そろそろ休憩かな。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示