この曲を聴け!
THE MOODY BLUES
MyPage

THE MOODY BLUES
モバイル向きページ 
解説 - THE MOODY BLUES

1964年5月4日に結成された、イングランド、バーミンガム出身のロックバンドである。
1964年5月、バーミンガムでThe Moody Bluesとして初のライブを行う。当時のメンバーはRay Thomas、Mike Pinder、Graeme Edge、Denny Laine、Clint Warwickの5人。デビュー最初期はR&B系グループとして活動しており、「Go Now!」が1965年に全英1位・全米10位の大ヒットを記録するが、1966年春にClint Warwickが脱退し、同年にはリード・ボーカルとギターを担当していたリーダーのDenny Laineも脱退。Laineは後にPaul McCartney率いるWingsに加入する。
メンバー2人の脱退に伴い、バンドはJohn LodgeとJustin Haywardを迎え入れて、メロトロンやシンセサイザーなどの電子楽器を駆使した前衛的な音楽性に変わっていく。1967年発表の2ndアルバム『Days of Future Passed』では、1960年代の段階でオーケストラとの競演で新しいロックのスタイルを築き上げるなど、プログレッシブ・ロックというジャンルを生み出した草分け的な存在と言える。
その後は、1968年『In Search of the Lost Chord』、1969年『On the Threshold of a Dream』、1971年『Every Good Boy Deserves Favour』といったほとんどのアルバムが英米で大ヒットを記録。Pink Floyd、King Crimson、Yes、EL&P、Genesis等と共に1960〜70年代のプログレッシブ・ロック・ムーブメントを支えた。かつてJimmy Pageは「本当にプログレッシブなバンドは、Pink FloydとThe Moody Bluesだけだ」と語っていた。
幾多のメンバー・チェンジや音楽性の変化などを経て、現在も活動中である。1970年前後の当時ほど現在日本では知名度や人気はあまり高くないが、ロック史の上で見れば重要な意味を持つバンドである。
これまでに世界で7,000万枚以上のアルバムを売り上げている。

Current members
Graeme Edge – drums, percussion, vocals (1964–present)
Justin Hayward – guitar, vocals (1966–present)
John Lodge – bass, guitar, vocals (1966–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 野崎 ★★ (2006-03-06 12:49:00)

暖かさ、と言うよりは、その陰りに惹かれる。童夢は勿論、初期はどれも好きですね。
一般的にはプログレとも違う、歌謡曲とも違う、との事ですが。そこが良いところじゃないですかねえ・・・・・!




2. 1956 ★★ (2007-05-31 10:50:00)

ARE YOU SITTING COMFORTABLY? に代表されるように、Comfortableなところがムーディーズらしさ、と言ったら怒られるだろうか。
「野崎」さんの仰るとおり、プログレの先駆者とは言われるものの、イエスやクリムゾンと比較すると、とてもプログレッシヴとは感じられない。
ブリティッシュ・ロック風歌謡曲、とでも表現するのが一番しっくり来るような気がする。
高校時代に友人に聴かされていたときは、「失われたコードを求めて」「夢幻」等がプログレに聴こえたが、この年になって聴き返してみると、はっきり言って「子供騙し」。
かと言って、彼らの存在感を決して否定するものではない。
特に、「DAYS OF FUTURE PASSED」と「EVERY GOOD BOY DESERVES FAVOR」の2作は、今でも頻繁に聴いているし、歴史に残る名アルバムだと思う。



3. やまねこ ★★ (2007-09-02 09:47:00)

「LONG DISTANCE VOYAGE」も歴史に残る名アルバムと思う。
構成もさることながら、ジャケットが素晴らしい!




4. 名無し (2017-06-10 21:03:49)

私は、バンド名は知っていますが、曲は「Seventh sojerne」の中の「I'm a singer」という曲(確かシングル曲で中学生の時に友達の家でシングル盤を何回か聴いた記憶が有る)しか聴いた事が有りません。
因みに今、検索して再生してみたらメロディーに聞き覚えが有りました。
しかあーし❗私の言いたいのはここからであーる。
何故か私は、Gream Edge Bandの「Kick off your muddy boots」というアルバムを持っているのです‼
そう、Gream Edge と言えばMoody Blues ファンならお分かりと思いますが、バンドのドラマーですね。
彼がリーダーのプロジェクトで、ギターとベースはあのエイドリアンとポールのガービッツ兄弟(Three Man Armyでおなじみ?)が担当しています。
82年頃に中古レコード店でジャケ買いだった様な気がします。
サウンド的にはポップなプログレって感じで、本家のMoody Blues に近い感じなのかなという気がしますが、エイドリアンのギターが時にハードに、時に泣きも入れて主張が強いのがMoody Blues と違ってますかね。
今日、久しぶりに聴きましたが、結構良かったです。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示