この曲を聴け!
TOOL
MyPage

TOOL
モバイル向きページ 
解説 - TOOL

1990年、カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたプログレッシヴ・ロックバンド。
90年代ロックにおけるダウナーな潮流から出現しながら、オルタナティヴ・ロックやヘヴィ・ロックのネガティブな攻撃性とは異質なヘヴィネスを志向し、その独特の神秘性を湛えたサウンドが評価を受けた。ヘヴィ・メタル、ハードコア、ダーク・アンビエント、インダストリアル、トライバルなど様々な要素の混在する、プログレ的とも形容される重厚な音楽世界が特徴。
ミュージックヴィデオやアルバムアート、ライヴの特殊効果等、特異な映像表現でも知られる。
2010年以降、ライブ活動の傍ら、5thアルバムの制作が続いているが、バンド側は「特別な期限を設けるつもりはなく、急ぐつもりもない」そうである。
CDの世界総売上は1,500万枚以上。


Current members
Danny Carey — drums, percussion (1990–present)
Justin Chancellor — bass guitar (1995–present)
Maynard James Keenan — lead vocals (1990–present)
Adam Jones — guitar (1990–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価 - TOOL

Selected Comments


3. C3 ★★ (2002-08-23 22:36:00)

2001年6月のロンドンでのライブ映像を観ましたが、グロテスクで奇妙な映像と音楽との見事な融合に驚きました。あの映像を「無」の状態から作り出す彼等の頭の中を見てみたいですね(笑)。まさにアーティスト集団と言えるでしょう。sootchさんがおっしゃっているように玄人ウケするバンドだと思います。
それにしてもこんな"アート"しているバンドが世界で注目されると嬉しくなっちゃいますね。まだCDは持っていませんが、そのうち買おうと思っています。
へぇーー皆さんユニークな経歴の持ち主なんですね。ますます興味が沸いてきました。




18. しゅんぺ~ ★★ (2004-04-24 03:34:00)

ドラムのダニーいわく、年末から来年の始めまでにニューアルバムをリリースしたいそうです。まー、メイナードはAPCのツアー終わったばっかりだし、彼らのことだからどうなるかわかりませんが、めちゃくちゃ楽しみです!!



21. 蛇めたる ★★ (2005-03-13 17:21:00)

TOOLの「新作5月発売説」があったそうですが、「ROCKIN'」で否定されてましたね。
出るのかな?




23. WILK ★★ (2005-04-25 01:45:00)

>新作
どうやらとてもヘヴィらしいですね。彼等の事だからまた遅くなりそうだけど。
新しいライブDVDも発売が延びたようですね(泣)




26. kanyuuu ★★ (2005-04-26 09:57:00)

TOOL新譜たのしみですねぇ~。
ところでみなさん、TOOLを「バンド」と捉えるのって
何かためらいありませんか?私はシックリきません。
「前衛アート集団」っていうイメージが私にはシックリきます。
他のいわゆる「バンド」とは格が違うし、
そもそも発想の次元が違う気がします。
孤高でもありますよね。すごすぎー。





Recent 50 Comments



69. WILK Ⅱ ★★ (2006-01-29 11:06:00)

やっと新譜が出そうですね。
これだけ待たせておいて、肩透かしは無いでしょう(笑)
アルバム出たら、前座にOPETH従えて来日とか…しないかな~(泣)




70. 蛇めたる ★★ (2006-01-29 20:18:00)

>アルバム発売後は、やっぱりライブが楽しみです。
そうですね。変態且つ超絶なドラムテクニックを是非生で見たいものです。
>前座にOPETH従えて来日とか…しないかな~(泣)
Opethでも良いですがKing Crimsonとかと来てくれると最高です。
日本で人気がないもの同士だとプロモーターがひぃひぃ言いそうですが(笑)
個人的に国内盤が歌詞カード付で出ることを願ってます。
ロキノンとか買いたくないし、英語が出来るファンがサイトに訳詞を載せるまで相当時間掛かりそうですしね。




71. しゅんぺ~ ★★ (2006-01-29 22:24:00)

>WILK Ⅱさん
>前座にOPETH
個人的には、OPETHにはちゃんと単独で来日してもらいたいですけど、それはそれで豪華な組み合わせでいいですね。そういえば、ミカエルは雑誌のインタビューで「へヴィでプログレッシブな音楽をやっているという点で、"一応" TOOLには共感している。」みたいなことを言ってたので、ありえない話じゃないかもないかもしれませんね。
>蛇めたるさん
>King Crimson
それだと、TOOLが前座になっちゃいません?(笑)




72. 蛇めたる ★★ (2006-01-29 22:38:00)

>それだと、TOOLが前座になっちゃいません?(笑)
確かにそうですね。初期の頃のメンバーとかなら尚更そうですね。
もういっそのこと、そういう系のフェスやっちゃえばいいんですけどね。
RushとかKing Crimsonとか(再結成したらの話ですが)Pink Floydとか集めて・・・・・・。
って思ったんですが自分の考えたメンバーを集めたら多分日本じゃ採算取れないですわw
特にPink Floydは全米ツアーのギャラ、100億円積んでも蹴ったそうですから絶対無理ですよねw




73. しゅんぺ~ ★★ (2006-03-12 01:25:00)

オフィシャルで、ニューアルバムのタイトル、トラックリスト、発売日が発表されました。
TRACK LISTINGS FOR 10,000 DAYS
Here's the track listing for the new TOOL ALBUM entitled 10,000 DAYS set to be released on MAY 2nd, 2006.
Vicarious
Jambi
Wings For Marie (Pt 1)
10,000 Days (Wings Pt 2)
The Pot
Lipan Conjuring
Lost Keys (Blame Hofmann)
Rosetta Stoned
Intension
Right In Two
Viginti Tres
オフィシャルで発表されたってことは確定と思っていいのかな。
でも、彼らのことだから、デマの可能性も否定できない(苦笑)




74. 湘南メタル ★★ (2006-03-17 19:24:00)

サマソニ決定しましたね。
今まで聴いた事無くて、駄作スレで話題になってたので聴いてみたら、普通にカッコイイバンドじゃないですか。




75. #705 ★★ (2006-03-19 04:05:00)

昨年のサマソニが個人的に不完全燃焼だったから今年は行くの辞めようと思ってたけど、TOOL観に行こうかな。
ただ昨年のラムシュタインのキャンセルみたく、土壇場で・・・ってのは無しでお願いしますって感じですかね。あれはショックだったよなぁ・・・。
あ~やっとライヴが観れる!!今年も夏が楽しみだ(^0^)♪




76. 蛇めたる ★★ (2006-04-16 22:36:00)

1stシングルの「Vicarious」、最高です。
「10000 Days」は期待大ですが、一番気になるのは歌詞&対訳。
ロキノン買う羽目になるのは避けたいところ。
歌詞のためだけにしては高いし・・・




77. dave rodgers ★★ (2006-04-16 23:11:00)

俺はネット上で発見できた歌詞&対訳をコピーしました。



78. dave rodgers ★★ (2006-05-05 22:48:00)

早く聴きたいです。
あと4日。




79. bud ★★ (2006-05-09 22:24:00)

「10000 Days」には対訳は付いているのでしょうか?



80. dave rodgers ★★ (2006-05-10 01:17:00)

付いてなかったですよ。



81. C3 ★★ (2006-05-11 21:56:00)

「10000 Days」は聴きやすいですね~。2曲試聴して即買いしました。他のアルバムはレンタルでしか聴いたことなかったですが、新作は〝欲しい〟と思いました。すでにビルボード1位!!今まで以上の成功を収めて欲しいです。マジでいいアルバムだと思ったもんな~。他のアルバムもこれを機会に買いそろえようかな。
それはそうと、みんながあの凸レンズを覗いて一生懸命絵を見ているかと思うと笑えます。




82. dave rodgers ★★ (2006-05-12 20:30:00)



83. 蛇めたる ★★ (2006-05-13 22:47:00)

>すでにビルボード1位!!
この勢いは相当ですよ。
ヘヴィロック勢は軒並み初動売り上げ枚数を落としていますが、Toolだけは前作を上回る好スタート。
50万枚を超えるスタートは去年、System of a Downですら成し得なかったものですから相当なものでしょうね。
日本でも結構売れているみたいですよ、レッチリには敵わないみたいだけどw




84. C3 ★★ (2006-05-14 11:54:00)

>蛇めたるさん
わずか一週間足らずで55万枚くらいでしたっけ?普通じゃありえませんよね(汗)。大ヒットを飛ばした前作から5年のブランクがあったので、初動売り上げは相当なものだと予想はしていました。問題は2、3週目ですよね。ファンの期待通りの作品なら口コミで一般のロックファンの耳にも入るはずです。
自分はTOOL信者でも何でもなく、第3者の立場で何気なく試聴して、こんなにハマっているのですから、一般ロックファンに十分アピール出来る作品なのではないかと思っています。もうタイトル曲なんて聴けば聴くほど涙が出そうになります。素晴らしいです。




85. 蛇めたる ★★ (2006-05-14 22:21:00)

>C3さん
この作品で信者の仲間入りしていただけたのでしょうか?w
まあ、それはともかく今回も良いですね。
前作までは耳障りの悪さといいますか(悪い意味じゃないんですけど)取っ付き難さといいますか、
そういうのがありましたけど今回は一発ではまる曲もあって、それが大ヒットの要因かと思われます。
アメリカのラジオでも受けてるみたいなんで嬉しい限りです。
この調子で単独来日があると良いですね。




86. C3 ★★ (2006-05-14 23:16:00)

>蛇めたるさん
信者とまではいかないまでも(笑)新作でTOOLに対する想いが強くなりました。今までのアルバムは仰る通り、取っ付き難いです。一度聴いただけではわからない世界で、理解する前に挫折してしまうんですよ(苦笑)。ヴィジュアルがあってTOOLが成り立つみたいなところがあったのですが、新作はヴィジュアルに頼らなくても私は十分音だけで満足出来ます。
シングル曲〝Vicarious〟は上半期ベストチューンです。〝Jambi〟〝The Pot〟も捨てがたいですが(笑)。
単独来日ですか!?行きたいです!でもあのグロいヴィジュアルが目の前で展開されるんですよね。怖すぎる(苦笑)。




87. しゅんぺ~ ★★ (2006-05-14 23:56:00)

お二人の仰る取っ付きがたさに魅力を感じていたおれとしては、新作はちょっと物足りなさを感じてしまいます。最初に聴いたときは、期待がでかすぎたか、と残念に思ったのですが、気がつけばやっぱりヘヴィロテになっちゃってます(笑) まぁ、相変わらず孤高の存在だと思いますし。
とりあえず、サマソニのチケットは取れたので、単独来日の前に生の彼らを拝みたいと思います。




88. RioT ★★ (2006-05-16 17:37:00)

Tool人気、日本でも日に日に増してますね。
めざましテレビにも取り上げられててビックリ。
新譜、聴き込む度によりいっそう良くなってまいりました。
やっぱりアニマ、ラタララスから入った人には最初はキャッチーでとっつき難いのかも(なんかおかしい表現ですが)
自分も正直聴き始めは結構違和感感じる部分とかありましたし。
これに慣れると逆に以前の作品がとっつき難く感じますw
単独来日あれば最高ですね、サマソニのセットリストも気になるところ。




89. C3 ★★ (2006-05-16 22:15:00)

あるサイトで「TOOLの新作はDream TheaterとPink FloydとKing Crimsonが好きな人に受けるでしょうね」と言っている人がいてびっくりですよ。まさに私のことではないですか(笑)。道理で気に入るわけだ。
今アメリカツアーをしているみたいですが、凄いことになってるって書いてました。詳しいことはわかりません(汗)。




90. C3 ★★ (2006-05-21 22:42:00)

気に入りました(笑)。
ttp://www.youtube.com/watch?v=_OC9hHDV59c&search=tool




91. hiromushi ★★ (2006-05-22 00:47:00)

DREAM THEATERの「トレイン・オブ・ソート」
の様にハマり中(笑)。
巨大掲示板で
TOOL>>>>>>>DREAM THEATERと
書いてあったのはちょっと嬉しかった。
引き合いに出してくれただけで有難い^^
それだけ売れてるって事?・・・なんて。




92. C3 ★★ (2006-05-22 22:03:00)

私もハマリ中です。
しかし評判悪いみたいですね(苦笑)。ラタララスで終わったなんて囁かれてるのかも。




93. hiromushi ★★ (2006-05-23 13:31:00)

評判は悪いですか・・・もったいない(笑)。
しかし、旧作好きの方は"Jambi"で引いたり
するのかも知れない・・・と何となく感じたりして。
明るすぎ、はっきりしすぎ、な音に嫌悪感があるかも(?)。
あくまでも想像です。
ラタララスから聴いたので、アニマは未聴です。
レヴュー見たら難しそうですが、(タイトルがまた魅力的ですね)
欲しくなってきました。
なんか戦略にハマってきたか?(笑)。




94. RioT ★★ (2006-05-23 17:39:00)

某店のレビューでは賛否両論はっきり分かれてますねえ。
でもこれこそがTool。
正直な話新譜、ラタララスより普通に好きです 笑
今JesuのEPとともにヘヴィロテ中のアルバムです。




95. 蛇めたる ★★ (2006-05-23 21:48:00)

皆さんの意見を見てると色々ですね。
「10,000 Days」のお陰でより「Lateralus」が好きになってきました。
結構聞き込んでいたはずの「Lateralus」のなかでも新しい音に驚いたり、展開がもっとはっきり感じられたり。
よく聞いてみると似ているような気すらしてきました。
違うのは、hiromushiさんの仰るクリアな音とメタル色が薄れたことぐらい。
違うように感じられる作風でもやっぱり後ろに強い芯があるんですね。
当分の間、話題になってそうです。
もう、アメリカではプラチナ獲得したんでしょうか。




96. C3 ★★ (2006-05-23 23:01:00)

え!?10,000daysはメタル色が薄れてるんですか?
ラタララス買いに行かなくっちゃ!




97. 蛇めたる ★★ (2006-05-23 23:05:00)

どっちかいうと前2作の方がメタル色が強いんじゃないでしょうか?
「メタル色」の定義は人それぞれでしょうが。




98. C3 ★★ (2006-05-23 23:15:00)

>蛇めたるさん
なるほど。わかりました。




99. hiromushi ★★ (2006-05-24 23:45:00)

うーん、聴けば聴く程アニマが欲しいぞ、と(笑)。
ラタララスは13曲中7曲が特に好きです。
短いインストを間に挟んでも、これだけあるって
殆ど全部じゃん・・・って感じですけど。
ラタララスよりギターを「ギュイ~ン、ギュイ~ン」
いわせてるのでよりメタラーに近づき易いと思われる新作、
しかしラタララスは神秘のベールを被った様に見せかけた
グロい「メタルーーー!!!」に違いありませんでした。
始終テンション高くて落ち着きない気すらしてきました。
買ったばかりの頃はリラックスして聴いていたのが嘘みたい。
新作は燻し銀の風情ですなあ~(しみじみ・・・)。





100. C3 ★★ (2006-05-25 22:23:00)

好みの問題はあると思いますが、私が見た範囲では「らしさ」を失っているという意見は見かけません。
3週目で3位キープは上出来です。自分が気に入っているアルバムが認められると嬉しいですね♪




101. C3 ★★ (2006-06-18 17:08:00)

「INTENSION」(10,000days)の1分22秒のところではっきり〝有刺鉄線〟と言っているのですが、ここまではっきり言うということは歌詞なんでしょうか・・・。



102. 蛇めたる ★★ (2006-06-18 17:22:00)

Pure as we begin.
Pure as we come in.
Pure as we begin.
Ruled by will alone.
Pure as we begin.
Here we have a stone.
Gather, place, erase so. (*)
Shelter turns to home.
Pure as we begin.
Here we have a stone.
Throw to stay the stranger. (*)
Swore to crush his bones. (*)
Ruled by will alone.
Spark becomes a flame.
Flame becomes a fire.
Light the way or warm this.
Home we occupy.
Spark becomes a flame.
Flame becomes a fire.
Forge a blade to slay the stranger.
Take whatever we desire.
Moved by will alone.
Pure as we begin.
Pure as we begin
Move by will alone.
Leave as we come in.
Pure as light.
Return to one.
Move by will alone.
Move by will alone.
海外のサイトから拾ってきたものなのでネイティヴが書いてるはずです。
よって、信頼できるはずですが・・・w
これにあわせて聞いてみてください。




103. C3 ★★ (2006-06-18 17:31:00)

蛇めたるさん、歌詞どうもありがとうございます。
歌に入る前に言ってるんです(汗)。囁き声の部分です。深く追求するようなことでもないですね。すみません(汗)。




104. 蛇めたる ★★ (2006-06-18 21:21:00)

すみません。早とちりでした。
いえいえ、あえぎ声もToolにとっては重要なパートですよ。




105. C3 ★★ (2007-01-01 14:45:00)

東京での追加公演が3連休の初日なのは地方組にとってこれ以上好都合なことはありません。さあ頑張ってチケットGetするぞ。



106. 蛇めたる ★★ (2007-02-08 22:56:00)

やっぱり生は素晴らしかった。



107. timez ★★ (2007-12-11 21:15:00)

TOOLについての発言がずいぶん熱いのがいいですねぇ~
今度いつ来日するんだろー



108. PETRUCCI ★★ (2008-07-08 16:50:00)

一応前アルバムDLして聴いてみましたが大して耳に残るものはなかった。
プログレッシブだの言われてますがそんならDT聴いてください。




109. PETRUCCI ★★ (2008-07-09 12:02:00)

というのは嘘で、どうやらスルメソングのようです。笑
TOOL全然ノーマークでした。こいつら素晴らしいです。
最近のDTよりいいかもしれん。




110. kanyuuu ★★ (2009-06-13 17:27:00)

サイクル的にもうすぐニューアルバムの声が聞こえてくる頃かと思っているのですが、
どうなんでしょうね・・・。




111. 2Y1Y1Z2 ★★ (2010-03-13 21:40:00)

ttp://www.ultimate-guitar.com/news/upcoming_releases/tool_no_new_album_until_2011.html
来年まで新譜はないそうです…
まぁメイナードのことだから、やりたい事が全部済んだらひょっこり戻ってくるでしょう。APCの時みたいに。



112. vuoy ★★★ (2010-10-02 01:50:46)

2006年のサマソニ(大阪)行ったけど素晴らしかった。
今改めて聴くと完全にDoom経由のサウンドですよね。
Black Sabbath meets King Crimson。
メイナードのヴォーカルにはゴスっぽい要素もあり、
なかなか複合的なバンドだったのだなぁと改めて思います。



113. 本当はプログレ好きなティーンエイジャー ★★★ (2010-10-02 23:17:45)

アメリカンロックとプログレメタルが自分に侵入してくるきっかけになったバンド。
アメリカンであることにBigelfのような劣等感(!?)もなにも抱いていなく、
アメリカンなサウンド、民族的なドラミングでプログレッシブ。
本当にこのバンドで聴く音楽が広がったな。
けど、DTが好きになったのは奇しくもマイクが脱退した日に見た、
サマーソニックの映像になってようやく・・・。



114. paipo ★★★ (2010-11-20 19:35:50)

理想のバンド条件
1.バンドのコンセプト(カラー)が明確。アルバム重視。
2.ミドルテンポ中心でリフとグルーブ重視+変拍子によるアクセント。
3.個別パートよりアンサンブル重視。
4.ディストーション爆音ギターとリズム隊の巧さ、特にベースが効いた凝ったアレンジ。
5.ボーカルには個性とエネルギーがあり、尚且つ上手い。(貴重!)
全てをクリアするのはTOOLしか無い。早くアルバム出して



115. tomoya ★★★ (2012-11-25 08:10:48)

祝・Ozzfes' Japan出演決定!
ドタキャンがない事を願います(笑)
5年?6年?振りですか。
チケットまだ取れてないですが、楽しみで仕方ありません。



116. 名無し ★★ (2013-03-01 09:56:45)

Toolの楽曲の数々は、あらゆる知識を元に構成されていると思われ
批評する側にもそれ相応の知識がなければ、聴く側はToolの表層(音や技術、雰囲気など)しか捉えることが出来ず
実際のところ、このバンドを正しく批評するのはかなり難しいのではないかと思う

例えば、遺伝学(46x2)、数学(Lateralus)、宗教(Opiate,Third Eye,Palabol/a,10,000 DAYS)
心理学(H,Aenima)、オカルト(Rosetta Stoned),又はこれらを複合した哲学etc

特に日本で彼らを理解するには英語が出来る事が大前提であり、英語圏外のリスナーにはかなり敷居が高い

英語圏では『哲学的』と評価されるが、日本では『バカテクバンド』などの評価が目立ち、評価が止まっている理由は
英語が理解できない為に、自ずと音と見た目(雰囲気)に対する評価が集中するからであると思われる

それら学識を抜きにしてToolを音やテクニック、雰囲気だけで評価し、しかも批判する側に立った場合は
"Hooker with a penis"がカウンターとなって帰ってくるので、かなりシニカルなイヤらしいバンドである

勿論、知識等を抜きにしてもToolと波長の合うリスナーであれば
その世界観にいっきに引きずり込まれる事は、間違いないのだが何れにしても理解には至らない。

「どんなバンド?」と聞かれても説明できないので
このバンドに興味ある方は聞くより、聴いた方が良いです。



117. 朱雲 ★★★ (2013-05-25 22:38:48)

OZZFESTで見ました。
凄いと聞いていたがこれほどとは・・・。
耳にも、目にも楽しかった。

今度は単独講演にぜひ行きたい。




118. 名無し ★★ (2013-10-06 18:28:43)

DTと比べるなんて日本ぐらい。
アメリカでは格が違いますよ、全てが。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示