この曲を聴け!
BATTLE BEAST (2013年)
MyPage

BATTLE BEAST
モバイル向きページ 
解説 - BATTLE BEAST
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 火薬バカ一代 ★★★ (2013-08-06 22:41:59)

「女スティーヴ・グリメット」の異名に相応しい熱唱で、当方のメタル・ハートを鷲掴みにしたニッテ・ヴァロ嬢が脱退してしまい、デビューして早々に行く手に立ち込めた暗雲を、しかし見事に雲散霧消させてみせた気迫漲る2ndアルバム。
やたら眼ぢからのあるニュー・シンガー、ノーラ・ロウヒモの艶と光沢を湛えた歌唱は、前任者のそれと比べても何ら遜色ない堂々たるもので、特に声を張り上げた際のビブラートを伴ってシャープに切れ上がるハイトーンが痺れる程イカしています。
リーダーのアントン・カバネンがウド・ダークシュナイダーばりの金切声でコーラス・パートを担当するパワフルな①、再び漫画『ベルセルク』を題材に取り上げた、エピカルな重厚感とキャッチーなノリの良さが同居した②⑨、それにシャウト一閃、殺気を撒き散らかしながら突進する⑪等、煌びやかなKeyを適宜取り入れたストロング且つしなやかな曲調と、彼女の歌いっぷりの良さが化学反応を起こした楽曲には事欠かない本作ですが、白眉はやはりPVも作られた⑫(タイトルからして“BLACK NINJA”ですからね)で決まりでしょう。
和風メロディから琴の旋律、果ては刀身の風斬音のSEまで詰め込まれた、好事家(俺)垂涎のエキゾチック・ジャパ~ンな逸品・・・と書くと珍曲の類と誤解されそうですが、これが真面目に正統派HMの名曲なんで舐められません。蠱惑的なヴァースから一転、アグレッシブな本性を剥き出しにするサビのシャウトまで、まるでクノイチが憑依したかのようなノーラ嬢の振れ幅の大きな歌唱がグレイト。
デビュー作がまぐれ当たりでなかったことを証明するに十分な力作です。




2. てかぷりお ★★★ (2014-10-18 20:00:44)

2013年発表の2ndアルバム
若手正統派バンドということで、聴けば間違いなく好きになれるのですが、個人的に女性Voがあまり好きではないので手は出していませんでした でも去年に初来日したりと、本作やそのライヴの好評ぶりは耳に入っていました
そんな中ただ今絶賛開催中のLOUD PARK14で来日することが決定 メインディッシュのMANOWARだけでは物足りないので、ついにこのBATTLE BEASTに手を出すことに んで本作を聴き当然にハマってしまいました
期待が昂ぶる中、まのうぉ~(笑)まさかのキング 失意のうちにラウパに行くことはやめました 
正統派ヘヴィメタルってことですが、キラキラしたキーボードが結構主張が強いので、若干メロパワ寄りのサウンドをしてます ネット上では大人気、紅一点Voノーラたんことノーラ・ロウヒモの男顔負けの力強い歌には一本取られました 女性らしい綺麗なパートも中々です
強靭な音を出す楽器隊は緻密な印象で隙がなく、最近のヘヴィメタルらしい音
楽曲はキャッチーでとても分かり易いですね ライヴ見てみたかったですよ
本日大将無きフェスの先鋒を見事に務めたようですが、最高のパフォーマンスだったもよう また来てくれよなー 次は絶対行くからよ…




3. 夢想家・I ★★★ (2016-05-07 00:40:50)

'13年発表の2ndアルバムです。
二枚目にしてセルフ・タイトルの本作、本来ならもっと早く入手しているはずだったんですが、ネット注文で「これはセルフ・タイトルだから1st? だったらこっちか」と適当な感じで見事に1st「STEEL」の方を購入、で荷物を開けたら「これ持ってるやん…」 みたいな流れで一気に脱力。歳を取る毎に、忘れっぽくなるのと行動が雑になっていくのがヤバい…。
2nd以降にセルフ・タイトル付けるのは私みたいなマヌケが間違って買うのを期待してなんでしょうか (いや、ちゃんと確認してなかっただけです 笑)
しばらくは購入意欲もテンションダダ下がりだったんですが、最近になってやっとこさ購入、
で、聴けばそんなモヤモヤも一気に吹き飛ばしてくれるような正統派HMの傑作アルバムです。

前作からVoが替わっていますが、新Voのノーラ・ロウヒモがこれまたすごい!
実力もさることながら、声のトーン的にもニッテ・ヴァロと似た感じで、Vo交代の違和感がほとんど無いのが良かったです。厳密には声の張りやハイ・ノートの伸びはニッテの方に軍配が上がりますが、ノーラはハスキーでよりしなやかな歌い回しが出来る印象です。
しかし、こんな女傑Voを二人続けて引き当てるバンドが幸運なのか、それともメタル大国フィンランドがすごいのか。

楽曲の質もこの手の若手バンドとしては圧倒的、
例えばDIOやACCEPTを引き合いに出しても、もはやフォロワーとしてではなく同列で比肩しうるレヴェルだと言ってもけっして過言では無いでしょう。
他とは完全に格の違いを見せつける内容です。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示