この曲を聴け!
最近の発言
Spiral Static / Showbiz / MUSE (名無し)
VACUUM DREAM / HURRY UP MODE / BUCK-TICK (名無し)
The Hell Song / Does This Look Infected? / SUM 41 (YOSHIX)
No Reason / Chuck / SUM 41 (YOSHIX)
What You Need / That’s the Spirit / BRING ME THE HORIZON (名無し)
Off the Heezay / Count Your Blessings / BRING ME THE HORIZON (名無し)
MARILYN MANSON (アクセルブルー)
Feed the Machine / NICKELBACK (アクセルブルー)
太陽ニ殺サレタ / 狂った太陽 / BUCK-TICK (名無し)
Chandler / Cruel / 黒夢 (名無し)
Alkaloid / 絵~エマダラ~斑 / Laputa (名無し)
Heart-Shaped Box / In Utero / NIRVANA (名無し)
All Apologies / In Utero / NIRVANA (名無し)
Concrete and Gold / FOO FIGHTERS (帰ってきたクーカイ)
I Want You So Hard (Boy's Bad News) / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
Complexity / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL (帰ってきたクーカイ)
Villains / QUEENS OF THE STONE AGE (帰ってきたクーカイ)
MOTHER / LUNA SEA (名無し)
La'cryma Christi (名無し)
MARILYN MANSON (名無し)
Scar Tissue / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
Sweet Dreams / Smells Like Children / MARILYN MANSON (名無し)
LUNA SEA (名無し)
gravity / LUNACY / LUNA SEA (アクセルブルー)
LUNA SEA (名無し)
LUNA SEA (名無し)
ONE OK ROCK (名無し)
CORKSCREW / 黒夢 (名無し)
中絶 / 黒夢 (名無し)
Chandler / Cruel / 黒夢 (名無し)
YELLOWCARD (めたる慶昭)
Numb / Meteora / LINKIN PARK (名無し)
snow drop [ray mix] / ray / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
浸食 -lose control- / ray / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Stockholm Syndrome / Absolution / MUSE (ココココココココココ)
forbidden lover / ark / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Resistance / The Resistance / MUSE (名無し)
Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
CALL FOR LOVE / IMAGE / LUNA SEA (かまいたち)
Numb / Meteora / LINKIN PARK (アクセルブルー)
Everlong / The Colour and the Shape / FOO FIGHTERS (グッチョ)
眩めく廃人 / Laputa (名無し)
LINKIN PARK (BLACKWATER)
街の灯 / jaguar hard pain 1944〜1994 / THE YELLOW MONKEY (ふぇむどむ)
SUCK OF LIFE / EXPERIENCE MOVIE: 未公開のエクスペリエンス・ムービー / THE YELLOW MONKEY (ふぇむどむ)
4th of July / Superunknown / SOUNDGARDEN (名無し)
太陽ニ殺サレタ / 狂った太陽 / BUCK-TICK (名無し)
In the End / Hybrid Theory / LINKIN PARK (名無し)
Living Things / LINKIN PARK (枯林)
Powerless / Living Things / LINKIN PARK (枯林)
Leave Out All the Rest / Minutes To Midnight / LINKIN PARK (枯林)
LINKIN PARK (枯林)
LINKIN PARK (名無し)
flower / True / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Walkabout / One Hot Minute / RED HOT CHILI PEPPERS (名無し)
LINKIN PARK (名無し)
LINKIN PARK (名無し)
Crawling / Hybrid Theory / LINKIN PARK (こ~いち)
Numb / Meteora / LINKIN PARK (こ~いち)
LINKIN PARK (名無し)
Shame in You / Alice in Chains / ALICE IN CHAINS (名無し)
LINKIN PARK (名無し)
LINKIN PARK (鉄ゴリラ)
LINKIN PARK (名無し)
LINKIN PARK (アクセルブルー)
LINKIN PARK (名無し)
GREEN DAY (名無し)
Every Time We’re Together / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
The Betrayal (Act III) / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Home / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
After the Rain / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Feed the Machine / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Smells Like Teen Spirit / Nevermind / NIRVANA (名無し)
鬼と桜 / CELLULOID / PIERROT (名無し)
Live on I-5 / SOUNDGARDEN (帰ってきたクーカイ)
As if in a dream / DUNE / L'Arc〜en〜Ciel (名無し)
Feed the Machine / NICKELBACK (ヤングラジオ)
Garlands / Garlands / COCTEAU TWINS (名無し)
ONE OK ROCK (名無し)
EVOL / SONIC YOUTH (名無し)
Silent Majority / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Song on Fire / Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
Feed the Machine / NICKELBACK (帰ってきたクーカイ)
さわって・変わって / 三日月ロック / スピッツ (MK-OVERDRIVE)
AUDIOSLAVE (アクセルブルー)
DAMAGE / PSYENCE / HIDE (ポインコ)
Basket Case / Dookie / GREEN DAY (MK-OVERDRIVE)
LUNA SEA (アクセルブルー)
LUNA SEA (名無し)
Stay Away / Nevermind / NIRVANA (名無し)
追憶のマーメイド (Album Version) / FOUR SEASONS / THE YELLOW MONKEY (名無し)
LUNA SEA (枯林)
LUNA SEA (アクセルブルー)
Black Hole Sun / Superunknown / SOUNDGARDEN (アクセルブルー)
Unlimber / Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Mars Attacks! / Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Lifeblood / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Submerge (The Theme From Red Anger) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Fuyunogyouninzaka / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Tim (pleasure → despair) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Dl++ [Delatetei] (Sadesper Record mix) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Sazabi / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Silver World / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Receive Assimilation (Get in There Mix 1-2Size) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Breastroke (Edo Techno/Surf Thrash) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Snow / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Visitors / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Summer Days / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Earth Thing / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Your Melody / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Amethyst / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Killing an Arab / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Sarah's Living for a Moment / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Mummylover / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Charming Sister,kiss Me Dead!! / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Deepers're Scheming / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Lightbed / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Blink / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
My Speedy Sarah / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Yukari Telepath / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Newave / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
No Thank You / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)


MyPage

オルタナティブ/グランジ - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Spiral Static / Showbiz / MUSE
日本だけのやつ。赤ちゃんに関係する歌詞からして変態。

名無し ★★ (2017-11-18 22:12:54)


VACUUM DREAM / HURRY UP MODE / BUCK-TICK
イントロがBOØWY のWORKING MAN に似ている

名無し ★★★ (2017-11-16 20:25:45)


The Hell Song / Does This Look Infected? / SUM 41
キャッチーなイントロとハードなサビ、
問いかけてくる歌詞、聞けば聞くほど様々な感情が
沸いてくる、自分にとってはスルメ曲ですねw
ギターでのコピーもしやすいし、ノれますw
アルバムのオープニング曲として、
本当に素晴らしい1曲と言えるのではないでしょうか?

YOSHIX ★★★ (2017-11-16 09:57:36)


No Reason / Chuck / SUM 41
イントロから乗れる曲ですね!
サビのまるで視界が開けていくような爽やかさと
'なぜ理由がないと変われないんだ?'
そんな歌詞も相まって自分の心にストレートに
響く曲です。

音楽ジャンルにとらわれ、毛嫌いするのではなく
少しでもいいので歌詞の意味を理解して
より多くの人に聞いてもらいたい
そう思える1曲ですね。

YOSHIX ★★★ (2017-11-16 09:44:51)


What You Need / That’s the Spirit / BRING ME THE HORIZON
大人な雰囲気で曲展開も面白い名曲
本作で最も飽きなかった曲

名無し ★★★ (2017-11-10 10:05:30)


Off the Heezay / Count Your Blessings / BRING ME THE HORIZON
これは凄い
リフがキャッチーなデスメタルだわ
モビエンとかのオールドスクール好きな人でも気に入るかと

名無し ★★★ (2017-11-10 10:04:21)


MARILYN MANSON

マンソンが怪我から復帰し、ライブ活動再開したそうです。ただ、トゥイギーが元ガールフレンドに性的暴行したらしくバンドをクビにされました。
http://amass.jp/96929/

アクセルブルー ★★ (2017-11-07 11:51:18)


Feed the Machine / NICKELBACK

9thアルバム。CD帯に書かれていたようにヘヴィさとアグレッシブさは戻っている。ただ、キャッチーさでいえば前作のほうが上回るかな。

アクセルブルー ★★ (2017-11-07 11:40:49)


太陽ニ殺サレタ / 狂った太陽 / BUCK-TICK
ずいぶん前だけど雑誌でスギゾーがB-Tの中で一番好きな曲って言ってたな。

名無し ★★★ (2017-11-03 23:35:21)


Chandler / Cruel / 黒夢
ほぼDaisy ChainsawのYou Be My Friendなのは当時の臣の趣味らしい

名無し (2017-11-01 18:50:14)


Alkaloid / 絵~エマダラ~斑 / Laputa
カラオケで歌ったけど、サビ以外の歌詞がわけわかんなくてハミングっぽくなった。
しかしなんてカッコイイ曲なんだ。シャウト最高☆

名無し ★★★ (2017-10-30 19:36:54)


Heart-Shaped Box / In Utero / NIRVANA
どんだけ売れてもカートが嬉しそうな表情しないのが悲しいんですよね
それはもっと人として根本的なトコが満たされていないから

名無し (2017-10-27 23:57:35)


All Apologies / In Utero / NIRVANA
悲し過ぎる
子供にこんなことを言わせたら親として失格でしょう

名無し (2017-10-27 23:47:59)


Concrete and Gold / FOO FIGHTERS

 この前のEPが滅法良かったので、本作は期待していた。

 期待を裏切らない傑作である。デイヴは「MOTORHEADが『SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND』を作ったような作品にしたかった」みたいなことを言っていたらしい。そのとおりなのではないか。

 これさえあればとりあえず他はいらない、と思わせる名盤(と言いつつ他にも色々聴いちゃうけど)。
 

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:50:13)


I Want You So Hard (Boy's Bad News) / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL
 それでこれがこのバンドで最も好きな2曲のうちのもう1曲。

 PVが可笑しい。少しいやらしく思いっきりバカっぽい。こういうユーモアは嫌いではない。好きである。

 ライヴではアンコールでやっており、DURAN DURANのSAVE A PRAYERの後に演奏している。やっぱりこれ演らなきゃ盛り上がらないよね!っていう扱いの楽曲だ。

 ガレージパンクっぽいノリなのだが、やっぱりフォーマットはロック。終始明るく、憂い気だるさは皆無〔あくまでメロディだけの印象。何を唄っているのかは知らないので。どうせロクなこと唄っちゃあいねぇんだろう?(笑)〕。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:19:19)


Complexity / I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL
 このバンドで最も好きな2曲のうちの1曲である。
 PVも好きだ。
 なんか昔のテクノ・ポップ・デュオみたいな佇まいの二人。笑える。

 でもライヴ・ヴァージョンはしっかりロックの楽曲で、「ほほう・・・」と感心してしまった。
 普通にロックソングなのである。キャッチーなメロディを持つので惑わされてしまった。

 名曲。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 20:05:08)


I Love You All The Time / EAGLES OF DEATH METAL

 このバンドもQUEENS OF THE STONE AGEのジョシュ・オムがかんでいる。
 興味を持ったのはパリのバタクランで起こったテロの被害にあったからだが、バンド名が「?」だったからだ。
 「デス・メタルのイーグルス」って何だ?それでYoutubeでPVを見てみたら、これが結構良い楽曲があるではないか。そのようなわけで、えっちらおっちら遠出してCDなんぞを探すわけなのだが、「ここはあんだろ」というデカいCD屋にもない。Youtubeはチョロッと楽曲を試聴するにはいいが音が恐ろしく悪いので、やはりちゃんとした音源が欲しいなと思い早数年。
 ライヴアルバムが日本盤で発売された。

 日本盤で発売、ということはCD屋に行くと手に入るわけだ(音源をネットでポチることはしないので)。

 聴いてみたらこれが結構面白い。今時珍しいロックである。変にヒネていないし、やたらとガレージっぽくもないし。なんかノリ一発でバカっぽいところもあるのだが、これがロックだよな!という説得力にも満ちている。良い楽曲も数多く含んでいるし(結局PVを観た曲は代表曲ということで良いらしい)。

 バカ上手いことは全くないのだが、恐ろしく下手でもない。なんかテンポが怪しい場面もあるのだが、押さえ所はきちんと押さえている。
 
 要するにいかにもロックなのである。
 ロックを聴きたい人には本作を力一杯お勧めしたい(真面目すぎる人は聴かない方が良いかもだけれど)。
 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-10-24 19:55:42)


Villains / QUEENS OF THE STONE AGE

 長らくバンド名は「石器時代の女王」だと思っていた。
 それはそれで興味深く、階層未分化の石器時代に女王が存在することはあり得ないわけで(だってそもそも国という概念がないわけだし、国が無い以上王権もないわけなので)、なかなかクールなバンド名だな、と。
 実は「石器時代のオカマ」という意味だったようだ。
 それもクールだ。石器時代にも男性・女性という二分にとまどいを感じていた人は居たろうから。もちろん現在の“クイーン”のように自らの存在をしっかり認識し、他者に開示するということはしなかったろうけれど。

 で、本作である。
 一聴して「デヴィッド・ボウイみたいだ」と感じた。
 声もそうなのだが、何より音楽性がひねくれポップ・(ハード)ロックだ。ボウイが遺した楽曲には、ハード・ロック寄りにエッジの立ったキレている曲が存在するが、それらを想起させる。

 ジョシュ・オムという人物はなかなかの切れ者である。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-10-24 19:12:38)


MOTHER / LUNA SEA


Luna seaはメロディが弱い

名無し ★★ (2017-10-23 01:27:00)


La'cryma Christi


楽器隊が最高!スカルプチャーとマジシアは何度も聴いてる。

名無し ★★★ (2017-10-16 14:41:39)


MARILYN MANSON


セットに潰された事故で初めてマリリンマンソンを知りました
洋楽は英語が苦手で避けていたので…
私、人生初の一目惚れを人間に対してしました
英語勉強します
日本に来て頂ける機会があれば、絶対伺いたい
お逢いしたい

名無し ★★★ (2017-10-16 07:18:51)


Scar Tissue / Californication / RED HOT CHILI PEPPERS
ジョンの才能がいかに桁外れだったかわかる曲
とにかくギターフレーズがヤバい。
もっとこういう曲やって欲しかった。。。

名無し ★★★ (2017-10-14 00:58:23)


Sweet Dreams / Smells Like Children / MARILYN MANSON
オリジナルのPV見てるとリスペクトしてるのが伝わる
っていうかマンソンカバーもいいけどオリジナルの壊れっぷりがなかなか・・・

名無し ★★★ (2017-10-12 19:20:40)


LUNA SEA


12/20 9th New Album『LUV』発売。楽しみですね!

名無し ★★★ (2017-10-12 13:49:01)


gravity / LUNACY / LUNA SEA
切なさと哀愁が漂うミディアム・バラード。LUNA SEAのバラード曲で一番好きな曲だ。フェードアウトで終わるというのもGJ。

アクセルブルー ★★★ (2017-10-04 11:58:45)


LUNA SEA


「IMAGE」の中の「image」という曲のイントロは3拍子→4拍子であってる?

名無し (2017-10-02 17:35:01)


LUNA SEA


INORANが出す音の良さが分かるようになってからが本番だと思ってる。

異論は大いに結構

名無し ★★★ (2017-10-01 12:53:26)


ONE OK ROCK


skyfallフェスでやるかと思ったら国内フェス自体今年は出演がなかったね
ファンとしては来年に期待したいですが、しばらくアルバムも出る感じはないですね

名無し ★★★ (2017-09-26 22:02:59)


CORKSCREW / 黒夢


人生で初めて買ったCD。
このとき知っていた黒夢の曲は自閉症と十字架との戯れだったので、違うバンドのCDを買ったかと思ってびっくりした。
全体を通して疾走感があり、最高にカッコいい!!
インディーズの曲が一番だけど、こっちのパンクもいいね!!
後遺症が一番好き☆

名無し ★★★ (2017-09-24 21:09:39)


中絶 / 黒夢


オレが死んだら棺桶に入れてほしい。

名無し ★★★ (2017-09-24 20:13:41)


Chandler / Cruel / 黒夢
超絶カッコイイ!
清春のシャウトはオレの中ではナンバー1。

名無し ★★★ (2017-09-24 20:10:07)


YELLOWCARD

最終アルバム「Yellowcard」が未登録なので2曲程紹介させてください。
①What appears
非常に今のオーソドックスなアメリカンロック。
ライアン キーのボーカルは爽やかなハイトーンで聴くものの心を軽やかにしてくれます。
②Leave a light on
ピアノから始まるアコースティカルなナンバー。
中盤からピアノに絡むショーンのバイオリンが美しい。
こんな良い曲を書けるバンドに解散なんかして欲しくないものです。

めたる慶昭 ★★ (2017-09-23 10:37:13)


Numb / Meteora / LINKIN PARK
Linkin Park至上最高傑作。
これを聴いてから洋楽にハマった
永遠に聴き続けていきます

名無し ★★★ (2017-09-17 20:02:34)


snow drop [ray mix] / ray / L'Arc〜en〜Ciel


当時の小室は明らかに枯れてきていたのに調子こいていたので
globeの4作連続一位を阻止してくれたのは今でも「ありがとうラルク!」って思ってます。

曲の良さもシングルの中で5本指に入る名曲だと思います。

名無し ★★★ (2017-09-17 03:47:20)


浸食 -lose control- / ray / L'Arc〜en〜Ciel
この曲が一位なん!?

ラルクファンすげえな

名無し (2017-09-17 03:38:36)


Stockholm Syndrome / Absolution / MUSE
↑あんまりロック聴かない人なのかな?
それは置いといて、MUSE史上最高にダークでヘヴィな曲。
レディへのフォロワーと言われてたのが懐かしいね…。
すげーダウナーなリフなんだけどサビの飛翔感が…素晴らしい。

ココココココココココ ★★★ (2017-09-09 16:17:18)


forbidden lover / ark / L'Arc〜en〜Ciel
25周年ライブで改めて聴いて感動した。戦争によって引き裂かれた、禁じられた恋人。

名無し ★★★ (2017-09-04 16:05:32)


Resistance / The Resistance / MUSE
2017年の時点で、この曲を推す人が誰もいないことに驚きです。発表されてからもう何年もたつというのに、、。Youtubeの再生回数は、数あるmuseの曲の中で2番目に多いです。museの名曲の中でも最も美しい曲の1つではないでしょうか。荘厳さを備えた美しさとでもいうのでしょうか。ヨーロッパ人でないと書けない曲という感じでmuseらしさの詰まった唯一無二の曲だと思います。

名無し ★★★ (2017-08-31 23:19:46)


Strip My Mind / Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS
何故気づかないんだ......?
ほんと、マジもんの名曲ですよ
ギターも泣きまくり

名無し ★★★ (2017-08-26 16:14:07)


CALL FOR LOVE / IMAGE / LUNA SEA
これはインストじゃなくて、SE。

かまいたち (2017-08-26 03:51:18)


Numb / Meteora / LINKIN PARK
Linkin Parkの楽曲の中では最も好き。サビでシャウト交じりに歌うチェスターの声がいい。

アクセルブルー ★★★ (2017-08-24 22:02:25)


Everlong / The Colour and the Shape / FOO FIGHTERS
今まで聴いてなかったことに事に後悔、そして
こんなすばらしい曲に出会えたことに感謝。

グッチョ ★★★ (2017-08-22 22:38:56)


眩めく廃人 / Laputa


文句なしでLaputaナンバーワンのアルバム☆
初期の黒夢好きなら絶対におすすめできる。
akiのシャウトは本当にカッコよくて好きだわ~。

名無し ★★★ (2017-08-22 17:24:28)


LINKIN PARK

最後のアルバム、ONE MORE LIGHTを改めて何回か聴きましたが、このアルバムが最高傑作だと思いました

BLACKWATER ★★★ (2017-08-20 15:11:43)


街の灯 / jaguar hard pain 1944〜1994 / THE YELLOW MONKEY
退廃的ながらも人間味溢れるミドルテンポの名曲

ふぇむどむ ★★★ (2017-08-17 05:35:27)


SUCK OF LIFE / EXPERIENCE MOVIE: 未公開のエクスペリエンス・ムービー / THE YELLOW MONKEY
ライブでは定番の曲
イエローモンキー流にグラムロックを解釈するとこうなる

ふぇむどむ ★★★ (2017-08-17 05:28:27)


4th of July / Superunknown / SOUNDGARDEN
病んでいく気持ちよさ

名無し ★★★ (2017-08-16 15:17:13)


太陽ニ殺サレタ / 狂った太陽 / BUCK-TICK
イントロの静けさ重々しさよ。
そして歌詞の濃さよ。声の良さよ…芸術だよ。

名無し ★★★ (2017-08-12 13:12:18)


In the End / Hybrid Theory / LINKIN PARK
アメリカ英語がかっこよすぎる!

名無し ★★★ (2017-08-10 12:12:36)


Living Things / LINKIN PARK

2012年発売の5th。

チェスター氏の追悼も兼ねて聴き直しまくっています。原点回帰的な作風にラウドギターではなくシンセ等の電子音をメインに据えて作られた本作は、色んなタイプの曲がありメリハリがあるためかランニングタイム以上の早さで終わってしまう印象があります。

裏を返すと、一曲一曲のパワーが弱め。別に1st2nd信者ではありませんが、単純に楽曲群の破壊力はちょっと落ちているかなぁ...。

ただ1. carryさんの仰る通り、全編を覆う叙情性は捨て難く、なんだかんだで好きです。

枯林 ★★ (2017-08-06 00:59:38)


Powerless / Living Things / LINKIN PARK
このアルバムではこれが一番。
肩の力を抜いた歌い方がタイトルにちょっと想起させたりもします。チェスター氏の声がとても麗しい。そしてサビ後の悲しげなシンセメロが最も美味しいです。

ライブではマイク氏がキーボードを演奏したりするのか。

枯林 ★★ (2017-08-04 19:52:43)


Leave Out All the Rest / Minutes To Midnight / LINKIN PARK
最近聴き直していて、Minutes to Midnightは名曲が沢山あると再確認。星夜が似合いそうなバラード。

チェスターもこれまでの歌唱法とは異なった柔らかな歌い方が素晴らしい。バンド自体からもリラックスした雰囲気を感じます。前作までとはまるで違いますが、やり方が変わっただけでクオリティは全く引けを取りません。

マイクシノダがレコーディング中に何をしていたかがちょっと気になります。

枯林 ★★ (2017-08-03 07:40:15)


LINKIN PARK

久しぶりにリンキン聴いています。良いバンドだなぁ。
RIPです。

枯林 (2017-08-01 19:56:14)


LINKIN PARK


R.I.P

名無し ★★★ (2017-07-27 01:42:33)


flower / True / L'Arc〜en〜Ciel
さいこーだよこれ

名無し ★★★ (2017-07-24 22:36:03)


Walkabout / One Hot Minute / RED HOT CHILI PEPPERS
なぜ全然コメントがないのか!?不思議です。
アンソニーの声がめちゃくちゃかっこいいです!
カラオケで歌いたいけど無いんだよなぁ…。

名無し ★★★ (2017-07-23 22:09:39)


LINKIN PARK


最近再度聞き直してマイブーム真っ最中でした
チェスターのボーカル大好きです
本当に残念でなりません

ご冥福をお祈りいたします

名無し ★★★ (2017-07-23 21:55:18)


LINKIN PARK


チェスター…悲しい

R.I.P

名無し ★★★ (2017-07-23 20:02:08)


Crawling / Hybrid Theory / LINKIN PARK
ガナっている部分のメロディが良いね。

こ~いち (2017-07-23 11:56:39)


Numb / Meteora / LINKIN PARK
歌メロがすごく良いね。
ささやくような低音のラップもカッコいい。

こ~いち ★★ (2017-07-23 11:52:34)


LINKIN PARK


今日初めてリンキンを聴きました。
しばらくリタイアしていたので存在も知りませんでした。
もうしわけありません。
聴いた感想は、メチャクチャカッコイイ!
もっとはやく知っておくべきでした。
そして、残念でしかたありません。
ご冥福をお祈り致します。
これからも聴き続けて行きたいと思います。

名無し ★★★ (2017-07-23 02:33:50)


Shame in You / Alice in Chains / ALICE IN CHAINS
退廃美

名無し ★★★ (2017-07-22 16:16:23)


LINKIN PARK


一番好きなバンドでした。
もう二度とあの美声を聴けないなんて...
R.I.P Chester

名無し ★★★ (2017-07-21 19:01:12)


LINKIN PARK

クリスコーネルに続いてチェスターまで...
本当に悲しい... R.I.P

鉄ゴリラ ★★★ (2017-07-21 13:38:45)


LINKIN PARK


R.I.P.

名無し ★★★ (2017-07-21 08:44:30)


LINKIN PARK

チェスターが自宅で首吊り自殺ですか…。5月に亡くなったクリス・コーネルとは生前仲が良かったらしいけど…、まさかクリスと同じ末路を辿るとは…。41歳って…。
お悔やみ申し上げます。

アクセルブルー ★★ (2017-07-21 07:11:38)


LINKIN PARK


朝からびっくりした
そこまでファンってわけでは無いけど

R.I.P

名無し (2017-07-21 04:51:34)


GREEN DAY


本当にグリーン・デイは素晴らしい

ランクにはないけどlong view もおすすめです。
Bullet In A Bible というライブアルバムのCD の曲はどれも素晴らしいですよ

名無し ★★★ (2017-07-19 00:24:52)


Every Time We’re Together / Feed the Machine / NICKELBACK
 ハードでダークな色調の曲だけだとアルバムが単調な印象となってしまうのだが、この曲のように明るめでやや軽快な曲が挿入されると、アルバムの印象がグッと違ってくる。色彩は豊かになり、より多面性が増す。

 いつも僕たちは一緒。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:49:27)


The Betrayal (Act III) / Feed the Machine / NICKELBACK
 ギターリフのリズムとドラムのリズムが絡み合って徐々に緊張感を高めていく展開が好きだ。
 冒頭のアコースティックな始まりから一転、ベースのビートが聴き手をダークでタフな世界観にグイッと引き込むあたりが上手い。格好良いと思う。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:26:58)


Home / Feed the Machine / NICKELBACK
 実はイントロだけ取り上げると、この曲がアルバム冒頭にあっても良いように思う。ただ、その後の展開がどちらかというと攻撃的にいくより、ややスローテンポでドラマティックな方向に流れていくので、やはりアルバム中盤のこの位置にあるのが正解。
 今回のアルバムは個人的には捨て曲が無いのだが、収録曲の中でもこの曲を含めバラード系の曲が成功しているように思う。それぞれ曲の個性がはっきりとしているし、似たような王道パターンに堕していかず、良いメロディをいかに有効に作用させるかということに細心の注意が払われているように感じる。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:17:47)


After the Rain / Feed the Machine / NICKELBACK
 始まりのメロディやリズムの使い方は、(前に似たような曲があったような・・・)と思わせるのだが、サビのメロディは明るくやや翳りをみせつつ展開していく。クライマックスの「ウェイエイエイエエーイ」の部分が好きだ。
 こういうコンパクトなのだが少しばかり複雑な色遣いを見せる曲を聴くと、「このバンドは本当、職人だなぁ」と感心する。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 06:08:35)


Feed the Machine / Feed the Machine / NICKELBACK
 実はアルバムリリース前にYoutubeで流しているプロモーションビデオで聴いた(視た)時には、あまり良さがわからなかった。
 しかし、実際にCDで聴いてみるとなかなか良い曲だと思った。少しダークでリフが格好良い。アルバムの世界観を冒頭で表現(紹介)するのに最も適した曲である。もちろんタイトルトラックなわけだし。
 今では曲が始まるとワクワクするし、リフはゾクッとくる。ライヴの開幕にもってこいであろう。

 あまり関係のない話だが、プロモーションビデオの話の筋が今でもよく分かっていない。
 あのマスクをしたガタイの良い男性は人々を支配している悪役(親玉)っちゅうことで良いのだろうか。最初に観た時に(敵の本拠地に忍び込んだヒーローかな)と思い、いつまでたっても活躍しないでボーッと同じところで仁王立ちしている(たまに両腕を広げてみせる)だけなので、「?」と頭の上に疑問符が浮いた。
 何度か観ているうちに、(あぁ、もしかして悪役?)と思ったのだが、今でも自信が持てない。
 いや、本当に曲の評価には関係ないのでどうでも良いのだが、なんか気になって。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-15 05:59:55)


Smells Like Teen Spirit / Nevermind / NIRVANA
曲は好きですが、聴いてて精神が不安定になる要素を含んだ旋律ですね。
そこが、Nirvanaの特徴でもありますが。

名無し ★★ (2017-07-13 06:30:06)


鬼と桜 / CELLULOID / PIERROT
Pierrotのバラード曲では一番好きな曲。
CELLULOIDバージョンはイマイチメロディーが弱いが後のセルフカバーアルバムのDICTATORS CIRCUSではイントロにアレンジが加わったことによりオリジナルよりも壮大な曲になっているのでPierrot初心者が聴くならDICTATORS CIRCUS版がお勧め。
歌詞はゲームっぽいというよりも坂口安吾の短編「桜の森の満開の下」を思わせるような内容。
この話とこの曲を合わせて聴くと結構雰囲気がでる。

名無し ★★★ (2017-07-09 21:52:26)


Live on I-5 / SOUNDGARDEN

 作品の(評価の)良し悪しとは全く無関係ではあるが、ここにきてこのタイミングでクリス・コーネルを失うことになるとは、予想だにしなかった(ニュースを目にした時、正直とても驚いたし残念であった。衝撃を受けたという表現が物足りないほどであった)。彼の魂がどのような深淵を覗き、いかなる風に吹かれ、波のうねりに身を任せたのかは知る由もない。
 ただただ、ご冥福を祈るばかりである。

 このライヴアルバムは確かとうとう日本盤が出なかったと記憶しているのだが、1996年の北米ツアーでレコーディングされたものを編集しまとめたものだ。①~③⑤⑧⑨⑮がカリフォルニア州のデル・マー(11月30日)で、④⑩⑭がワシントン州シアトル(12月18日)、⑥がカナダのヴァンクーヴァー(12月7日)、⑦がオレゴン州セーラム(12月8日)、⑪~⑬⑰がカリフォルニア州オークランド(12月5日)、⑯がワシントン州シアトル(12月17日)となる。
 曲間はフェイドアウトなしで編集されているので、一つのライヴを疑似体験出来る。おそらくはライヴにおけるベストテイクで構成されていると思われ、1996年と言えば5th発表に伴うツアーであり、ある意味全盛期におけるライヴベストという趣きであろう(ちなみに①③④⑪⑬⑯が4th『Superunknown』、②⑤⑥⑰が3rd『Badmotorfinger』、⑦⑨⑫⑮が5th『Down on the Upside』、⑧がThe Beatlesのカヴァー。⑩が1st発表前の『Screaming Life EP』収録曲。⑭がThe Stoogesのカヴァー)。

 言うまでもないことだが、クリス・コーネルの熱唱が本作で聴ける。

 これも言うまでもないことだが、クリスがいなくなってとても寂しい。
 もうSOUNDGARDENの新作が聴けなくなったことも、非常に残念だ。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-07-09 19:16:24)


As if in a dream / DUNE / L'Arc〜en〜Ciel
とても好きな曲、美しいと思った
でも高速道路はなんか自分のイメージとは違った...

名無し ★★★ (2017-07-06 22:17:58)


Feed the Machine / NICKELBACK

前作は、実験的な要素が若干強かったので、本来の姿に戻ったと分析するのは間違いではない。
だけど、変化を恐れずチャレンジする事は、決して悪いことではない。
結局は、結果がイマイチというか、楽曲の出来自体がよくなかったのが問題であって、チャレンジそのものはむしろ僕は好意的に受け止めていた。

僕が思う最高傑作は5thであり、それ以降では「ヒア・アンド・ナウ」が一番好きであるが、大きな流れで言えば出来自体は緩やかな下降線をたどっている気がする。
彼らのやっている音楽性はごまかしが効かないし、輝かしい実績がある以上、求めるハードルはあまり下られない事情がある。
音楽性がほどんど変わらないバンドの苦しさは、楽曲の出来を常に高く保ち続けなければならない点にある。
だからこそ、その打開策がチャレンジなのである。
チャレンジしたけど結果変わらなかったのと、無意識で変わらないというのは、見た目は同じでも大きな違いがある。

前作よりはいいと思うけど、前々作やその前の作品は超えていない気がする。
何か、変化が必要である。
元々ソングライティング力はあるのだから、きっかけさえあれば何とでもなるハズである。
もったいない。

ヤングラジオ (2017-07-05 21:31:29)


Garlands / Garlands / COCTEAU TWINS
この曲はさすがにアルバムタイトルナンバーだけに、結構良い出来ですね。
ノイジーだけど、淡々としているサウンドは他の曲と変わらないのですが、メロディーが一番魅力的です。
今、未購入の3枚目以降のアルバムの曲を何曲か少しずつ聴いてみましたが、メタル色が薄れてきたThe Gathelingと似たような感じになっていったようです。
2枚目で見切らないで、追いかけていれば結構好きなバンドになっていたかもしれません。
まあ、今更3枚目以降を集めるのはパスしますがね。(笑)

名無し(2017-06-24 17:57:03)


ONE OK ROCK


ツアー参加してきました
CDで聴いただけでもtomoyaのドラムの迫力にやられましたが、生で聴くと本当に違いますね
人気が出ていろいろ言われるバンドですが、このメンバーでずっと頑張ってほしいです
応援してますよ

名無し ★★★ (2017-06-20 11:20:48)


EVOL / SONIC YOUTH


星空を思わせる広がりに満ちたメロディーと、
縦横無尽に駆け抜けるノイズの嵐、
キム姉の歌う、ぶっきらぼうながらも乙女チックな詞
完璧です。
私の青春の曲の一つです。

名無し ★★★ (2017-06-18 21:06:33)


Silent Majority / Feed the Machine / NICKELBACK
 アルバム後半(レコードで言うとB面)は個人的には⑥から始まり、徐々に盛り上がっていきこの曲あたりでクライマックスになるような気がする。あくまでも個人的な感想だけれど。
 劇的な曲調、高まっていく緊張感がたまらない一曲。ハードボイルドな刑事(探偵)ドラマか、展開に予断を許さない社会派のサスペンスドラマなんかで(歌詞の内容は全く考慮の外にして)山場に使ったら良いかと思う。
 ドラマティック。
 

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-06-17 22:07:37)


Song on Fire / Feed the Machine / NICKELBACK
 NICKELBACKは非常に優れたバラードを多数持っているのだが、この曲はその中でも上位に入ると思う。
 切なく、諦観を感じさせながらも明るく展開していくサビのメロディ。涙を堪えながら笑って見せるというか。

 この歌は燃やしてしまってもいい
 煙にしてしまえ
 川に流してもいい
 ゆっくり沈むのを見る
 紙飛行機に折ってしまい
 月まで飛ばしてしまえ

 世界のために奏でても意味はない
 僕は君に歌っているんだ

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-06-17 21:53:00)


Feed the Machine / NICKELBACK

 前作はソフトというかポップな曲も交えつつ、バラエティ豊かな作風だった。
 今作はというと、一本芯が通っており硬質な感じ。一曲目のFeed the Machineがゴリッとした質感をもつ曲で、本アルバムが硬派であることを宣言している。
 とは言っても、そこはNICKELBACK。③の「Song on Fire」は久々にキタコレ。バラードの名曲。問答無用の出来だろうこれは。④はリズミカルなヴォーカルが一聴ポップな風なのだが、楽曲のトータルイメージはハードだ。アルバムの流れにアクセントをつけており、配置も絶妙と言えよう。⑤はバラード調の曲。③より少しだけヘヴィか。毛色は明らかに異なり佳曲。⑥はミッドテンポの曲でリフのグルーヴが気持ち良い。⑦は再びバラード調の曲。③・⑤よりややダーク。これまでにみるように、③以降はバラード(“調”の曲も含む)とロックしている曲を交互に配置しており、アルバムの流れについてとても気が遣われている。そしてバラード(調)の曲は、似たような曲は収録されていない。何気に凄いことだと思う。
 ⑧はダークでハード。なにか漢っぽくて格好良い。⑨は歌メロのサビの部分に哀感が滲む、どこかハードボイルドな良曲。⑩は一転始まりがアコースティックで口直し。アルバム終盤において雰囲気を変えている。明るくなりきれない切なさが後を引く。⑪は⑩の流れをしっとりと引き継ぐ、アコースティックギターのメロディが印象的なインストゥルメンタル。
 前作も悪くないと思ったけれど、作風でいうなら本作が好み。ハードとヘヴィとダークが3割増し。でも前作あってこその本作なのだろう。
 とても気に入りました。名盤。

帰ってきたクーカイ ★★ (2017-06-17 21:35:47)


さわって・変わって / 三日月ロック / スピッツ
もうそんなに前の曲か…いきなり福岡の天神駅で始まることからお判りの通り草野ワールド全開。それと引き換えに全国的ヒットは諦めたのかな。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-06-12 20:09:40)


AUDIOSLAVE

SoundgardenのボーカルとRage Against The Machineの楽器隊のメンバー3人が集まってできたバンド。どちらかというと、サウンド面はSoundgardenに近い印象を受けた。Soundgardenが好きならこのバンドもたぶんはまるのではないか…と思います。
そういえば、つい先日のクリスの訃報で知りましたが、今年再結成していた模様ですよ。トランプ大統領に抗議するため再結成したらしいです。
http://nme-jp.com/news/38063/

アクセルブルー ★★★ (2017-06-09 21:50:40)


DAMAGE / PSYENCE / HIDE
HIDEにしか似合わない唯一無二の神曲

ポインコ ★★★ (2017-06-04 22:26:43)


Basket Case / Dookie / GREEN DAY
"虫のこえ"似のメロディ(?)で日本人にもお馴染みのUSパンク随一の名曲。ラリってる云々はともかく歌詞に自らを重ね合わせた向きも多いことだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-06-03 08:22:23)


LUNA SEA

>121 名無し さん
佐野隆一は河村隆一と同一人物です。
2006年に結婚した際、妻の名字である佐野姓を名乗った模様です。ただし、ソロでは旧姓の"河村隆一"のままです。

アクセルブルー ★★★ (2017-06-02 23:54:32)


LUNA SEA


佐野隆一って誰だ?

名無し (2017-05-31 21:38:15)


Stay Away / Nevermind / NIRVANA
なんかCMで聴いた気がす

名無し ★★★ (2017-05-31 19:39:48)


追憶のマーメイド (Album Version) / FOUR SEASONS / THE YELLOW MONKEY
再録版でより歌謡曲テイストが強くなって艶やかなロビンの声が聴けます
最高!

名無し ★★★ (2017-05-30 13:25:20)


LUNA SEA

アクセルブルーさん

おお、ありがとうございます。四年て結構なスパンです。やっぱりSUGIZOがXで活動してるのが影響してるのか。

私はやはり、SUGIZOはLUNA SEAに専念してほしいと今でも思っております。

枯林 (2017-05-30 13:07:34)


LUNA SEA

どうやら年内に4年ぶりの新作アルバムが出るそうですよ。
http://natalie.mu/music/news/234615

アクセルブルー ★★★ (2017-05-30 08:17:32)


Black Hole Sun / Superunknown / SOUNDGARDEN
Soundgarden屈指の名曲といっても過言ではない名バラード。この渋さがたまらない。クリス・コーネル、52歳で亡くなるなんて…。早すぎるだろ…。

アクセルブルー ★★★ (2017-05-29 18:24:39)


Unlimber / Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS
どこか悲しげなサウンドが涙を誘う。PVと合わせて聴くと尚更。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:58:36)


Mars Attacks! / Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS
のっけからゴリゴリのデスメタル。デスボイスもシャウトも絶好調である。

Sliver (2017-05-28 22:57:29)


The Lifeblood / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
ラストをしっとりと締めくくる優しいシューゲバラード。「Submerge」からこの曲への流れが完璧。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:56:54)


Submerge (The Theme From Red Anger) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
ドラマティックでスピーディーな問答無用の名曲。ミサトさんの「ここに来るわ!」からの猛烈なカッティングが堪らん。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:55:49)


Fuyunogyouninzaka / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
「行人坂」シリーズで唯一のインスト曲。良い感じに吹雪のイメージを表現出来ている。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:54:33)


Tim (pleasure → despair) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
ちょっと暗めで長め。『newave』とかにありそうな感じ。

Sliver (2017-05-28 22:53:21)


Dl++ [Delatetei] (Sadesper Record mix) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
『Cat EP』収録曲のアレンジバージョン。ドラムンベースが聴いていて気持ちいい。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:52:33)


Sazabi / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
大人しいようでどこか情熱的な曲。『COME OVER TO THE DEEPEND』によくあるタイプのギター中心の哀愁ポップな感じ。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:51:41)


Silver World / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
ボサノヴァ風インスト。非常に心地いい。「ラ~ラララ~♪」というコーラスも良い。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:50:08)


Receive Assimilation (Get in There Mix 1-2Size) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS

近未来的な空気の漂うシューゲな曲。13分ほどある曲のハーフサイズバージョン。(余談だがDEEPERSの大ファンであるXJAPANのHideはこの曲のフルサイズバージョンをラジオでノンカットで流したとか。)

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:49:00)


The Breastroke (Edo Techno/Surf Thrash) / Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS
名盤の開幕を荒々しく告げるインスト。(edo techno/surf thrash)という副題がこの曲の全てを表してる気がする。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:47:24)


Snow / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
美しいシューゲ。キラーチューンの多いこのアルバムにおいては良い緩衝剤になる。夏に聴くとちょっと涼しくなります(笑)

Sliver ★★ (2017-05-28 22:45:49)


The Visitors / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS
いやーカオス。ギターもドラムもベースもシャウトもやりたい放題。こういう曲をラストに持ってくるのが如何にもDEEPERSらしい。

Sliver (2017-05-28 22:44:52)


Summer Days / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS
夏にぴったりのちょっぴり爽やかな曲。アルペジオと「フッフゥ~!」と盛り上がるサビの対比が秀逸。ギターソロもめちゃくちゃかっこいい。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:43:55)


Earth Thing / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS
こちらもカヴァー曲。重々しいベースから始まり、NARASAKIの声も「誰だお前!?」と思うほど低くなっている。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:42:43)


Your Melody / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS
「Amethyst」の流れを引き継ぐスピード感のあるナンバー。メタリックなギターが良い。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:41:48)


Amethyst / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS
『Visitors From~』はキラーチューン級の曲が多いが、これは間違いなくその頂点に君臨する。スピード感とサウンドのヘヴィーさがあまりに絶妙。これを聴けば魅了されること間違いなし。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:40:52)


Killing an Arab / The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS
The Cureのカヴァーだが、原曲からはかけ離れた曲になっている。1曲目からカオスの極み。初めて聴く人は正直とっつきにくいかも。

Sliver (2017-05-28 22:39:01)


Sarah's Living for a Moment / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
「My Speedy Sarah」でおなじみSARAHリフも登場するSARAHシリーズ曲の1つ。『Queen's Park All You Change』での「Thrash Up Disturbance #4」からの流れが個人的に好みだったり。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:38:01)


Mummylover / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
『White EP』からのリテイク。スピード感のあるネオアコ。シンプルにかっこいい。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:35:36)


Charming Sister,kiss Me Dead!! / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
ひたすらカオスな曲。カオスな中にもDEEPERSらしさは多数散りばめられている。タイトルの訳は「チャーミングなあの娘が死んだ僕にキス!」みたいな感じ?

Sliver ★★ (2017-05-28 22:34:50)


Deepers're Scheming / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
轟音の中にも美しさがある初期の名曲。劇的な展開に涙すること間違いなし。(特に最後の鬼高速カッティングからのボサノヴァへの転換)

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:33:10)


The Lightbed / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
『White EP』収録曲のリテイクヴァージョン。ワウギターのポワポワ感が堪らん。

Sliver ★★ (2017-05-28 22:31:34)


Blink / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS
鬼のようなカッティング、中間のメタルパート、サビで挟まるラッパの音。全てが完璧である。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:30:39)


My Speedy Sarah / The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS

DEEPERSの必殺・キラーチューン。1992年の、しかも日本で作られたとは到底思えないスピード感と演奏力にこれを聴いた当時の人々は恐らく漏れなく魅了されたことだろう。

Sliver ★★★ (2017-05-28 22:29:07)


COALTAR OF THE DEEPERS

これだけ好きになってずぶずぶとハマったバンドは他に居ない、というぐらい大好きなバンド。シューゲイザー、メタル、ハードコア、ネオアコ、ボサノヴァ、ニューウェーヴ、エレクトロニカなどなど、本来なら絶対に共存しえないジャンルたちを、その逸脱した才能とセンス、そして轟音ギターとか弱い少年ボイス(+殺人級のデスボイス)で見事に融合してしまったNARASAKIには驚くばかりである。どのアルバムも、どの曲も大好き。いつまで経ってもヘヴィロテから抜け出せないでいる(笑)
『Sinking Slowly』のEPが一番お気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-27 00:08:51)


The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS

ベスト盤第1弾。ベスト盤とは言っても、殆どが入手困難なEP盤からの選曲となっている上に、曲の繋ぎを編集し直しているため、実質オリジナルアルバム同然の出来となっている。『WHITE EP』収録の2曲はこのアルバム用に録りなおされたもの。
「My Speedy Sarah」と「Deepers're Scheming」と「Sinking Slowly」は必聴。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:26:46)


Yukari Telepath / COALTAR OF THE DEEPERS

前作以来5年ぶりに出された(現時点では最新アルバムでもある)6th。前作にも増して電子音楽的なアプローチが強くなっており、SFのようなスペーシーな世界観が全体を通して漂っている。
個人的には、「Wipe Out」「Water Bird」「Carnival」「EVIL LINE」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:18:58)


Newave / COALTAR OF THE DEEPERS

1st以来実に8年ぶりにメジャーレーベルから出された5th。全体的に大人しく暗い。今までの作品に比べて電子音楽的だったり民族音楽的なアプローチが強くなっている。
個人的には「hyper velocity」「entreaty」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:17:09)


No Thank You / COALTAR OF THE DEEPERS

本人たちも最高傑作だと自負する4th。「LOVE&DEATH」がテーマとなっており、ICHIMAKIの優しい声を活かした甘いポップから、絶望感の漂う重苦しい曲まで混在している。15曲中4曲がインスト。(曲数が多いので箸休め的に沢山挟んだのだろうか?)
個人的には「STAR LOVE」「Giant」「JET SET」「The systems made of greed」「NO THANK YOU」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:15:31)


Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS

初めて女性メンバー(ICHIMAKI)を加えて発表された3rd。今作は従来とは音楽の方向性がやや異なっており、ギターメイン、メロディアス、そして哀愁漂うポップな曲が目立つ。曲調は全体的にはやや大人しめだが、「Unlimber」と「C/O/T/D」の二大キラーチューンが入っているので勢いは十分にある。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:12:36)


Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS

前作『The Visitors From Deepspace』から4年の時を経て、インディーズレーベルから出された2nd。従来通りのシューゲやメタル、ボサノヴァなどに加え、エレクトロニカ要素が加わっている。前作と比べると完成度が全体的に上がっており、アルバムの流れも完璧に近い仕上がりとなっている。タイトルチューン兼キラーチューンの「Submerge」は、エヴァンゲリオンのCMでも使用されており知ってる人は知ってるかもしれない。
個人的には「Cell」「Silver World」「Sazabi」「Submerge」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:09:28)


The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS

『SINKING SLOWLY』など数枚のEPを世に放っていたDEEPERSが満を持してメジャーレーベルから出した1stアルバム。曲数・再生時間共にやや少なめだが、その分1曲1曲が極めて濃厚になっている。初期DEEPERSの全てがここに詰まっている。
個人的には「Amethyst」「Summer Days」「Blink」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:05:40)