この曲を聴け!
最近の発言
Merumo / Cruising Attitude / DIMITRI FROM PARIS (Ray-I)
Bokura No Mazinger Z (Black version) / Cruising Attitude / DIMITRI FROM PARIS (Ray-I)
Funkin' for Jamaica / Last Century Modern / テイ・トウワ (Ray-I)
Stretch Building Bamboo / Last Century Modern / テイ・トウワ (Ray-I)
Amai Seikatsu (La Douce Vie) / Future Listening! / テイ・トウワ (Ray-I)
Different Nu Nu / Flash / テイ・トウワ (1573)
Time After Time / Sound Museum / テイ・トウワ (1573)
Luv Connection / Future Listening! / テイ・トウワ (1573)
Cars / The Pleasure Principle / GARY NUMAN (めたる慶昭)
Conversation / The Pleasure Principle / GARY NUMAN (めたる慶昭)
M.E. / The Pleasure Principle / GARY NUMAN (めたる慶昭)
Airlane / The Pleasure Principle / GARY NUMAN (めたる慶昭)
The Pleasure Principle / GARY NUMAN (めたる慶昭)
Compassion / FOREST SWORDS (極太うどん野郎)
GIRL FRIEND / Naoto Kine Presents Tmn Blue / TM NETWORK (デルモンテ古呉)


MyPage

- 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Merumo / Cruising Attitude / DIMITRI FROM PARIS
…まぁ、コレのカバーならまだわかる。
原曲がジャジーというかシャンソンに近いし。
水木一郎に比べたらまだ馴染んでくれてるから。
そして、ボーカルに野宮真貴さんを起用したのはさすが。

Ray-I ★★★ (2018-04-14 22:45:46)


Bokura No Mazinger Z (Black version) / Cruising Attitude / DIMITRI FROM PARIS
何も知らないハウスファンが聞いていたらそりゃビックリするに決まってる。
だって、オシャレなハウスの中に水木一郎だよ!?
本当に何考えてるんだ、このパリジャンはw
しかも無駄にスタイリッシュ。フロアも踊ればいいのか燃え上がればいいのか…。

Ray-I ★★ (2018-04-14 22:44:07)


Funkin' for Jamaica / Last Century Modern / テイ・トウワ
Tom Browneのカバー。
比較的オリジナルに近いカバーに仕上がっています。
すっごくノリノリなのでドライブのお供にいいかもしれません。
よりグルーヴ感が欲しい人はオリジナルを是非。

Ray-I ★★ (2018-04-14 22:28:12)


Stretch Building Bamboo / Last Century Modern / テイ・トウワ
メインフレーズがすごく不思議な音なので
「あれ、これって現代?過去?」と混乱した記憶があります。
本当は音構成自体はシンプルですが、
ものすごく沢山音が鳴っているシンセに惑わされました。

Ray-I ★★ (2018-04-14 22:21:20)


Amai Seikatsu (La Douce Vie) / Future Listening! / テイ・トウワ
ボーカルはex.ピチカート・ファイヴの野宮真貴さん。
なのでタイトル通り、とても甘ったるいナンバーに仕上がっております。
ラウンジで語らいながらいちゃつくのにピッタリな、マカロンのようなボッサ。
このタイプのサウンドって日本で流行りそうで流行らないのがもどかしい。

Ray-I ★★ (2018-04-14 22:05:57)


Different Nu Nu / Flash / テイ・トウワ

これはもう天才の仕事としか言いようが無い!
曲の展開と言いノリの良いサウンド作りと言い…とにかく最高。

ちなみに私はCMで流れたこの曲でこの人を知りました。(もう10年以上前かな…)

1573 ★★★ (2018-02-03 20:37:53)


Time After Time / Sound Museum / テイ・トウワ
こちらもハイセンスなオシャレナンバー。
ヴォーカルの声質が良いね!

1573 ★★★ (2018-02-03 20:34:13)


Luv Connection / Future Listening! / テイ・トウワ
中々ハイセンス。
オシャレだしノリやグルーブ感も良いしとにかくサウンドメイキングがこの人は巧いと思う。
シタール(風?)の音色が心地良い…

1573 ★★★ (2018-02-03 20:32:35)


Cars / The Pleasure Principle / GARY NUMAN

このアルバムからのシングルナンバーで確かかなりヒットしたはずですね。
ホニャホニャホニャホニャというシンセのイントロから始まり、「Here in my car」って必殺の歌い出しメロディーで「やったねニューマン」って感じですね‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 15:54:44)


Conversation / The Pleasure Principle / GARY NUMAN

7分半以上のかなり長尺なナンバー。
そんなに展開が有るわけではないのでともすれば単調に聴こえ勝ちなのですが、微妙にボーカルメロディーを変えたり、ベースの動きやドラムスのタイミング良いフィルインの入れ方、そしてキーボードでの様々な音色とメロディーに途中で入るブラス風な音(ヴィオラ?)が飽きさせることなく聴かせてくれます。(ヴィオラのクレジットは有るのですがアウトロで使われているだけなのか、ブラス風な音も実はヴィオラなのか不明です)

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 15:50:25)


M.E. / The Pleasure Principle / GARY NUMAN

Gary Numan 関連2作の中では、この曲が一番のお気に入りです。
ゲイリーのボーカルは感情表現を一切拒否し、まるでロボットが歌っているようですが、それでもこの曲のキャッチーな歌メロは、凄く耳を惹き付けます‼
ちょっとオリエンタル入っているのも良いですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-08 15:41:57)


Airlane / The Pleasure Principle / GARY NUMAN

アルバムオープニングを飾るインストナンバー。
浮遊感溢れるシンセ音にギターリフの様な低音のシンセリフ?(ギターのクレジットはライナーにもジャケットにも有りません)が絡む。
テクノポップなのにドラムスが打ち込みでない為、生々しいリズムセクションとシンセサウンドの絡みが面白いですね。

めたる慶昭 (2018-01-08 15:36:39)


The Pleasure Principle / GARY NUMAN

Gary Numan 名義では1stアルバム。
前作の「幻想アンドロイド」までTubeway Army 名義でしたが、ソロ名義になってからはギターを排してキーボードに特化したサウンドになっています。 
当時、テクノポップの象徴的存在として、クローズアップされていましたが、私は寧ろBe - Bop Deluxe のビル ネルソンが最終作「プラスチック幻想」でテクノっぽさを入れ初め、次のRed Noise で全面展開していた流れから、これはどうかな?と聴いてみて、2枚でお腹いっぱいになりました(笑)。
でも、今のトランスミュージック辺りと決定的に違うのが、生ドラムでベースとのコンビネーションが素晴らしいところです。
時々、引っ張り出して聴くと楽しめますよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 15:31:25)


Compassion / FOREST SWORDS

男は黙って我慢、忍耐。
「石の上にも三年」ってね。
ってバカヤロー!何が「石の上にも三年」だバカヤロー!
漢なら「石の下にも三年」だバカヤロー!

というステキすぎるジャケがこちら。
FOREST SWORDSの2ndフル、COMPASSIONであります。

呪術的なビートに、何か悲痛さを感じさせるボーカルが絡んで胸に刺さってくる。
幽玄な、儀式的なムードを湛えた瞑想エレクトロニカ。

極太うどん野郎 ★★★ (2018-01-01 22:13:15)


GIRL FRIEND / Naoto Kine Presents Tmn Blue / TM NETWORK
少しずつでも 今を変えていきたいと 幼げな瞳で 夢を抱きしめてた

デルモンテ古呉 ★★★ (2017-10-22 23:11:00)