この曲を聴け!
最近の発言
MyPage

音楽以外(漫画/車/映画等) - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


読書とは即ち、書を読むことなりよ(らくがき帳)


最近、パーネルホールのスタンリーヘイスティングスシリーズの1作目を読み返したのですが、5~6回は読んでいるのに変わらずに面白く読めるという点でジルチャーチル、ジェイニーボライソー、コリンホルトソーヤー等の他の作家達を大きく引き離していると思いました‼
なんでかよく判りませんが、ギャグのセンスが良いのと、テンポの良さなんですかねえ。
これも、好きなバンドが何かって自分の感性にぴったり来るかどうかっていうことと結局は一緒なんですねえ。
スタンリーヘイスティングスシリーズは「休暇は欲しくない」以降訳書が出ておらず(3~4作はまだあるらしい)つまり、人気が下降し
て、ハヤカワミステリーから見離されたのでしょうが、マイナーを好きで居るのは、こうしたところが辛いなあ‼

名無し (2017-07-04 20:21:43)


暗峠
37%という坂がどれほどのものかピンとこない人のために補足しておこう。
法令が定める最大勾配は一般道路で12%、林道でも18%。いずれも特例だ。
立体駐車場などのスロープは1/6以内とするとあるから、換算すると16.7%。
それらのざっと2倍以上の急坂になる訳で、もはや殺人的とも言えるだろう。
と言いつつ地元の人は普通に行き来してるし、犬の散歩してる女性もいたよ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-06-25 07:56:43)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

たまたま耳にした「アニサマフレンズ2017/Playing The World」という曲が最高に良い!
アニソン界隈の錚々たるメンツによる、正に「さあ、音楽の祭典の始まりだ!!!」って感じのワクワクする楽し過ぎるフェスティバル・ソングとなっている。
やっぱり音楽はこうでなくては!

1573 (2017-06-20 22:13:59)


ミニストップ

東京にいる頃は結構お世話になりました。
…もっと北海道に出店しろコノヤロー。
あそこのハロハロ大好きなのに。

Ray-I ★★ (2017-06-13 09:56:53)


エンジェル伝説

クレイモアの作者初連載がこの作品。
主人公の誠一郎は本当にいい子なんですよ。
見た目がクレイモアの妖魔みたいですけど。
でも、その見た目と奇っ怪な叫び声のせいで
要らない誤解を必要以上に生んでしまうのが
この作品の基本コンセプトだったりしますw

後に「はよくっつけ!」と思わせる恋愛や
暖かい友情話があったりと
学園コメディとしては名作だと断言できます。
…単行本表紙がヤンキー漫画かホラー漫画なのがネックですがね。
これのせいで中身が学園コメディだと気づく人が少ないとか。

Ray-I ★★★ (2017-06-13 09:41:41)


スタイルフィット

リフィルボールペンですが、この手のゲルインキタイプで一番ありがたいのは
軽い(物理的な意味で)軸タイプと重い(物理的な意味で)軸、両方あることですね。
しかもゲルタイプだとにじみにくいですし、リフィルケースも携帯しやすいので便利。
色も組み合わせ次第では非常に便利といえます。
私はブラック+レッド+バイオレッドにしてますが、
状況に応じてダークブルーやローズピンクに切り替えていますね。
ちなみに回転式タイプは普通のビジネス用ボールペンと見た目が変わらないので
既製品と勘違いする人、結構いますよ。

Ray-I ★★ (2017-06-13 09:28:46)


暗峠
クルマ好きとして是非一度は見ておこうと思い、梅雨入り前に行ってきたR308暗峠(くらがりとうげ)のレポ。ただし今回はあくまでも下見のためクルマではなく徒歩である。平均斜度20%、最大斜度37%(41%説もあり)=角度にして約20°。しかもほぼ全区間に亘って道幅は2m未満、所によりヘアピンカーブという"酷道"なのだ。山道と言えば普通つづら折りでクネクネ曲がりながら登るのに対し、この道はほぼ直線的に山を越えるためにこんな急勾配路となった。
近鉄の南生駒からR168を渡ってお目当てのルートに入ると、小学校を過ぎ左手に川が沿う辺りから上り坂が徐々にキツくなる。奈良県側の途中3箇所だけ2車線またはそれ相当の幅がある以外は延々1車線、というか0.8車線だろ!と言いたくなる狭い道だ。舗装も摩擦係数の高い(?)コンクリート舗装が大半。奈良県側を半分ぐらい登った所で足がしんどくなってきた。後は意地と執念で踏破するのみである。
標高455mという暗峠の部分だけ石畳なのも珍しい。小休止の後大阪府側の下りにかかる…が明らかにこっちの方が急坂だ! 大阪平野の眺望を楽しむ余裕も無い。クルマそれも軽から3ナンバーのSUVまで、おまけにバイク、スクーターの通行量も多くなり、察知したら速やかに道端へ避けないと危険極まりない。勢いをつけて登ってくるクルマをこんな所で絶対に止めてはならないからだ。もう1つ徒歩で気をつけなければいけないのは、水抜きのため所々蓋の無い20cm位の溝が横切っていること。ハマって蹴躓かないように。徐々に民家が密集してきて近鉄の枚岡・額田の間にあるガードが見えれば山越えの終点だ。この間およそ6km余り、自分の足でゆっくり進んで1時間50分だった。
なるほど酷道と呼ばれるだけのことはある。マジで初心者ドライバーは危険だから通らないように。たかが20°と侮るなかれ、自分でもたじろぐ程の勾配だよ。一番キツいのは自転車だろうが、さすがにこの日は1台も見なかった。
山も越えるが常識も超えてる日本一の急坂国道308号。やはり百聞は一見に如かずだったね。地元の人は慣れてるから平っちゃらでも、他所者がいきなりクルマでトライするには辛い正真正銘の難所だ。
次回は竜飛岬の階段国道339号を予定。いつのことになるやら。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-06-09 21:02:14)


読書とは即ち、書を読むことなりよ(らくがき帳)


ロバート アスプリンって知ってますか?
ウィラード フールが主人公の銀河おさわがせシリーズとスキーブが主人公の魔法シリーズになんかもう一つのシリーズを始めたところで、残念ながら10年程前に60代前半でお亡くなりになりましたが、翻訳者が上手なことも有り、何れの作品も気軽に楽しく読めるSF 作品です。

名無し (2017-04-22 18:44:01)


緑山高校

全員一年生のチームの快進撃を描いた高校野球漫画。甲子園準決勝(南国高校戦)までは滅茶苦茶面白い。作者は長年温めていたネタをこの辺で使い果たしたんじゃと思ってしまう程に。その後の話は引き伸ばしている感じが強くてつまらないです。
この漫画で特に好きな点は、主人公の二階堂が剛速球投手なのに最後まで怪我や故障とは無縁だったこと。個人的にスポーツ漫画のネタに詰まると怪我というパターンが苦手なので。でも代わりにキャッチャーや相手チームが酷い目に合っていた。
後半はグダグダも目立つけど、総じてひたすら爽快感を追及した作品だと思いますね。

ANBICION 11 ★★★ (2017-04-09 04:52:39)


タイヤ選びでお悩み中?

ECOPIA PZ-Xは3種類のサイズを一通り装着してみて、とにかく軽さが際立つ銘柄だと只々感心するばかりであった。CP-035が世界一軽いホイールなら、ブリヂストンがそう謳ってた訳ではないがひょっとしたら世界一軽いタイヤだったのではなかろうか。
まず、コンパクトカー用で名称がPZ-XCになる185/65R15サイズが驚異の6.4kg! 純正のトーヨーが7.7kg、軽いと評判のミシュラン・エナジーセイバーが7.4kg、ダンロップ・エナセーブでも7.3kgだから、それらよりざっと1kgも軽いのだ。
扁平サイズになると195/55R16が7.4kg、これでやっとミシュランの185サイズ並みの重量だ。そして215/45R17が前回申した通り8.0kg。従来通常考えられていた重量よりおよそ10~20%も軽い。
もちろん、ただ軽ければ何でも良いという訳ではなくて、転がり抵抗を低減したパターンのせいかウェットグリップと乗り心地がやや劣り、飛び抜けて燃費が良くなったとも言えない。後継のPlayz PXではその辺りが改善されてるはずだから、恐らく多少は重くなっているに違いない。タイヤ交換がますます楽しみになってきた。

MK-OVERDRIVE (2017-04-04 09:46:01)


読書とは即ち、書を読むことなりよ(らくがき帳)


昔は、ヴァン ダイン、エラリー クイーン(国名シリーズ)
E C タブのデュマレストシリーズ、作家も忘れたけど火星シリーズ等ミステリー、SFの古典シリーズを読んだけど筋も犯人も忘れているから、読み直してみたいなあ!
けどCDと違って全部売っちゃって手元に無いから面倒だなあ。

名無し (2017-03-28 23:46:21)


アルミホイール

ある狙いがあって純正サイズに戻すことになりティーダ純正15インチを探したが1件も見当たらず。やむなくゲットできたのが初代ブルーバードシルフィ用と思しき10本スポークだ。日産純正オプションのESTILOだがセンターキャップは何故かNISSANロゴ。リム幅はティーダ用より0.5インチ太い6JJ、インセットは同じ40なのでタイヤサイドが約2.5mm張り出すが、車検基準には余裕で収まる。
それにしても驚いた! ティーダ用より太いのに重量は6.8kgで0.6kg軽いのだ。これにECOPIA PZ-XCの185/65R15(純正TOYOの7.7kgに対して6.4kg!)を付けたら13.2kg、純正より1.9kgの軽量化。自分が今まで試してきた中では最軽量の組合せと相成った。何せCP-035+S.drive(16インチ)の14kgより軽いのだから。
今のところCE28の16インチを付けた時みたいに燃費が逆に悪化するようなこともなく、走りも軽い。これは…手放すのが惜しくなってきたぞ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-03-21 13:07:28)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

アニメ『クラシカロイド』はNHKが本気出した良い例だと思います。
アレンジャーに関してはベテランから新鋭までよく揃えたな、と。
クラシックはメタル関係なく幅広く親しまれているので
それをどう調理してくれるのかという楽しみができたのはうれしいですね。

問題は藤田節のせいで音楽以上にネタが…w
多分、『銀魂』『おそ松さん』が嫌いな人にはヤブ蚊のごとく嫌われるだろうな。
まさかEテレで自主規制音とかモザイクを見る日が来るとは…

Ray-I (2017-02-06 06:37:21)


NEXCO中日本の衝撃映像
久しぶりに東名高速を利用したらSAで堂々と流してた映像。
前から故障車、ロードサービス、1BOXパトカーの順だろう。これだけ煌々と警光灯やハザードが点いてても突っ込まれるという凄まじい実例だ。
4tトラック?が衝突後右へ逸れたのが不幸中の幸いか。死者はいなかったと言ってるけど怪我人ぐらいは出ただろうに。

MK-OVERDRIVE (2017-02-03 20:22:52)


読書とは即ち、書を読むことなりよ(らくがき帳)


最近、金子 成人の「付き添い屋六平太 龍の巻 留め女」を読みました。初めての作家でしたが、鬼平や後家人斬九郎のドラマの脚本家が満を持しての時代小説デビュー作ということで流石な作品でした。シリーズ作なので2作目以降も読むのが楽しみです。
それにしても70歳間近での作家デビューってのは、まあ時代小説の作家はデビューは遅い人が多いですが、一番遅いのでは?

名無し (2016-11-23 18:46:04)


メタルリスナーが読むマンガ(らくがき帳)

ヴィンランド・サガが最近1番楽しみなマンガ。

あと、ベルセルクの完結をまだ諦めてない極少数派です。

改悪妖愚瑠斗 (2016-10-26 12:16:00)


天使な小生意気

「ヒロインは元々は男だけど、魔法で女にされてしまった」という設定がいまいち気に入らなかったけど、ネタバレ読んだりアニメ版をざっと観たりしたら結構はまってしまった。原作とアニメはラスト近くから全く違うと聞いて19・20巻だけ買ったけど、小林が主人公二人を食うほどカッコよかった。読み返す度に自分の中でキャラのセリフの解釈が変化したり、伏線など再発見したり、ストーリーもかなり練られていて奥が深いと思う。個人的には作者の代表作っぽい「今日から俺は!!」より好き。

ANBICION 11 ★★★ (2016-09-21 02:10:03)


読書とは即ち、書を読むことなりよ(らくがき帳)


今、昔読んだ「次郎物語」by下村湖人を読み返していますが、昭和初期に少年から青年へ成長していく物語として、今と時代は違いますが、全5巻中の4巻目まで来たところで中学5年生の次郎が恩師朝倉先生や父俊亮から学ぶ人生哲学(特に日中戦争に突入後も戦争反対を唱えることは非常に勇気が要ったはずですが、2人の賢人は信念を持って戦争反対の立場を次郎や彼を取り巻く若人達に説いています)は、素直に感銘を受けます。

名無し (2016-09-11 21:28:04)


タイヤ選びでお悩み中?

1本当り8.0kgという軽さが忘れられず、結局17インチ化当初に付けたECOPIA PZ-Xに戻した。今度は生産終了直前の2015年製だから安心して長く使えそう。
やっぱり軽い! 残暑厳しい中エアコン全開で街乗りしてリッター12キロ、R23バイパスを名古屋まで走れば燃費計は20キロを超える。さすがエコピア。
RE003アドレナリン(8.8kg)はハイグリップ、LM704ルマン(9.3kg)は静音と、それぞれ捨て難い持ち味があるものの、目下の自分にとってニーズは軽さ、それのみ。
先述の通り現在ECOPIA PZ-Xは絶版で、直接の後継モデルは名称復活のPlayz PX。こちらも楽しみだが試すのは早くても3年後になりそうだ。

MK-OVERDRIVE (2016-09-11 07:19:06)


メタルリスナーが読むマンガ(らくがき帳)


こち亀がついに終わる。

名無し (2016-09-10 15:59:48)