この曲を聴け!
最近の発言
MyPage

音楽以外(漫画/車/映画等) - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


メタルリスナーが読むマンガ(らくがき帳)

『弟の夫』を読むか読むまいか検討中。
いや、作風自体はセクマイ教育として素晴らしいのはわかってますよ?
田亀源五郎先生の貴重な全年齢向けですし。
ただ、ガチムチ趣味がない私にはヒロイン(?)のゲイとロリに抵抗が…。
JKならまだ耐えること出来たのですが…。

Ray-I (2018-04-19 00:42:58)


IQOS

大ヒットした加熱式タバコ。
結構愛用されている方がいらっしゃいますが、
まさか禁煙目的で買ってる人はいらっしゃらないでしょうねぇ?

Ray-I (2018-04-15 17:20:14)


アルミホイール

で、今は再び16インチに戻っている。SSRの年代物メッシュだが、今まで試してきた16インチ鋳造の中では最も軽い7.3kgなので取り敢えず満足かな。
16インチなら鋳造でも6kg台、鍛造になれば5kg台のものがざらにあるじゃないかと言うかも知れない。
しかし、穴数・P.C.D.が合わない、ハブ径が小さい(HONDA用無限、BBS)、リム幅が太すぎて195タイヤだと引っ張りになる(7J以上ばっかり)、オフセットが小さすぎる(6.5Jで+43、7Jなら+45未満だとアウト)といった理由で指くわえて見送るしかないのだ。
斯くして15インチは当然として17インチのインパルよりも、16インチホイールが一番重いという泣くに泣けない現状である。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-04-11 20:27:12)


ポプテピピック

>>アクセルブルーさん
実は他にも中村氏によればマフィア梶田が確認した先の2つ以外にも
「何箇所も変わっていた」とラジオで発言。
後にオーディオコメンタリーでの会話
マフィア梶田(以下梶田)「僕が見るぶんには2箇所差し替えられているんですよねぇ〜。」
中村悠一(以下中村)「+俺...。確認したらもう...。」
梶田「え!?まだある!?現場で見た分にはまだあった?」
中村「完全に消えてるとこがあったな」
中村「リハVを見た時から。あぁ、なんか許されるんだこれと思ってたら許されなかったっぽい」
とのこと。おそらく金田嬢も同様の事態に陥ったと思われます。
とはいえ、蒸気船ウィリーネタは音声とSEはまんまなので原作使った無駄にクオリティの高いFlashアニメが…w

Ray-I (2018-04-10 23:52:39)


クルマ好き全員集合!

直近1年間ずっと履いてるのは SSR GP-θ(シータ)type Bというホイールに、タイヤはエコピアPZ-Xの195/55R16。
ホイールは90年代のブツで今やレア物らしいが、自分にとっては初メッシュ・初2ピースでコンディションも良好である。16×6.5JJのオフセット+43は以前付けてたOZ F-1と同じで、重量は0.3kg軽い7.3kg。ただ4穴5穴マルチでセンターキャップがナットを覆い隠すタイプなんだね。
タイヤは上述のサイズで7.4kgだからセットで14.7kgとまずまずの軽さだ。この期に及んで超軽量ホイールなんぞ探す気もなく、15kg切ってりゃいいやって感じ。
後には180SX用の日産純正15インチ(やはりメッシュでティーダ純正より0.5kg軽い6.9kg)が控えている。来年の車検までには交換する予定だよん。

MK-OVERDRIVE (2018-04-09 20:16:39)


ポプテピピック

>>Ray-Iさん
既に知っているようでしたらすみません。ディズニーの日本法人は本国よりも寛容らしいそうですが、アウトとなる具体的な基準がわからないため映像のみ差し替えられたらしいです。
ちなみにその回(解説にある第5話)見ましたが、内容は前半後半ともに強烈で、後半はアドリブだらけともうやりたい放題でした。

アクセルブルー ★★★ (2018-04-07 16:57:51)


ポプテピピック

>>アクセルブルーさん
流石にディズニーには勝てませんでした。
ギリギリ使えたのがミッキーのモノマネというデスレースぐらいで、
「蒸気船ウィリー」ネタや「くまのプーさんのホームランダービー!」ゆっくり実況ネタが
圧力により差し替えられてしまったようでした。
竹書房破壊ネタはOK出てるのに。

Ray-I (2018-04-07 01:13:57)


バツ&テリー

本作の前には少年サンデーで"おやこ刑事"を描いていた大島やすいち作。
ヤンキー且つ高校球児である2人が主人公という設定からしてイカしてるぜぃ!
MICHAEL JACKSONが大ブレイクした時は早速"Beat It"をネタにしてたなア。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-04-01 20:20:00)


ポプテピピック

何かと竹書房に喧嘩売ってる作品。パロディ自体も非常に多く、各方面から怒られないのかと思うほど。
アニメ化もされ、全話見ましたが、ほんとにひどい(そもそも「クソ4コマ」に沿った内容をほぼそのまま放送しているだけなのでひどいのは当然だが(※褒め言葉))。
ひどい出来なんだけど、なぜかハマってしまう。

アクセルブルー ★★★ (2018-03-27 19:01:11)


まねきねこ

全国チェーンのカラオケ店。
今日の午前中、嫁が映画を観に行っている隙に1時間一人カラオケへ。1時間さんざんメタル系の曲を歌ってもワンドリンク付きで400円いかない、何て安いんだ!
スタバやマックで金使うならこっちの方が僕的には全然有意義だった。こんどまた目を盗もっと♪

HIGASHI ★★★ (2018-03-11 22:11:59)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

ダーリンインザフランキスと言うアニメのOPが中々良い感じ。
ラルクのハイドが作詞・作曲で中島美嘉がヴォーカル。
私は元々いわゆるV系全盛期ではラルクよりグレイ派だったので、ラルクの曲は数えられるくらいしか知らないけど、この曲は全然ラルクらしさが無く、と言う事は当然ロック色は皆無で、打ち込みを用いたエレクトロポップな感じである。
まあ、ハイドがソロでこういう曲をやっていたのかも知れないけど、ちょっと最初にテロップでハイドの名前が出た時は意外だった。

1573 (2018-02-20 22:32:22)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!


ふとした切っ掛けで、ウルトラマンオーブを見るようになり、最近ウルトラマンのCDを買ってみました。The ALFEEや高見沢さんがボーカルを担当している曲は、ヘヴィーメタルにカテゴライズされてもいいくらいの良作でした。

名無し (2018-02-08 21:35:13)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

eufoniusを紹介。
とは言ったものの、実は殆どユニットとしての知識は殆ど無い…(楽曲が好きなだけ・汗)
一応アニソンやゲーソン界隈で活躍している(ようだ)。
しかし曲の質はオタッキーなものとはちょっと違う、独自の世界観を構築している。

まずユニット名の由来が「耳に心地良いサウンド」というコンセプトからきている。
その為、元気な曲からバラード調の曲まで耳に刺さるような不快な高音や過剰な低音が殆ど無い。
よく疲れた時ウォークマンで聴きながら横になったりするが、自然と眠りに落ちてしまう事が多い。(退屈というわけではない)

そしてヴォーカルだが、この人の声質がとにかく凄い!
特徴が無いのが特徴…とでも言うべきか…
あえて言うならクリアでいて、高音域や低音域のどっちよりでも無い、本当にサウンドの一部として溶け込んでしまう不思議で綺麗な声質なのだ。
と言うか、こんなナチュラルな声質のヴォーカル、今まで聞いた事無い。
これはユニットのコンセプトに非常にマッチしたものになっている。

ちなみに私は「ココロコネクト」と言う(いわく付きの)アニメの「パラダイム」と言う曲でこのユニットを知った。
作・編曲担当が問題発言をして物議を醸しだしたのだが、そんなのは知ったこっちゃない!
とにかく聴いていて心地良く、ヒーリング作用もある…そんな中々稀有なユニットである。
オタク界隈の1ユニットとして捉えるのではなく、「eufonius」と言う個性豊かなユニットとして、優しい歌・曲が好きな人には是非一度触れて欲しいものだ。

1573 (2018-02-04 03:03:39)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

更に今更感漂う、ラブライブサンシャインよりトリオユニットを軽く紹介!

・CYaRon!~高海千歌、渡辺曜、黒澤ルビィ from Aqours
元気印満点な、最もアニソンチックなユニット。
でも「夜空はなんでも知ってるの?」みたいな哀愁セツナキラーチューンがあったりと中々侮れない。
好き嫌いはかなり分かれるだろう。

・AZALEA~松浦果南、黒澤ダイヤ、国木田花丸 from Aqours
いわゆる渋谷系・原宿系(中田ヤスタカとか)っぽいEDMの今風都会的サウンドが特徴的。
シャレオツ的なのが好きな人にはストライクかと。

・Guilty Kiss~桜内梨子、津島善子、小原鞠莉 from Aqours
恐らく一番人気のあるユニットであろう。
テーマは「クールビューティー」(先代のBiBi的)であり、サウンドは低音の効いたロック&クラブ系。
とにかくかっこいい&ノレる曲ばかりなので、お勧め!

個人的にはこのトリオユニットの出来はどれも格別のもので、先代を遥かに凌ぐと思われる。
特にアゼリアとギルキスはアニメ的キャラ声という点を除けば、普通にJPOPとしてチャートにランクインしていてもおかしくないものばかりだ。

1573 (2018-02-01 20:31:53)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

ポプテピピック…このクソアニメ、音楽だけは油断なりません。
たまにフェルト作品を使った音楽コーナーを設けるのですが、
これが元ネタ知ってるとニヤリとする内容だったり、
無駄に元ネタに寄せすぎて怒られるべき作品だったりと
クソアニメらしい無駄なクオリティを発揮しているようです。

最新回ではまさかのEarth, Wind & Fireの「Let's Groove」を
MVごとパロディにするとは予想だにしませんでした。
(歌詞はいつもの下劣なヲタクDisでしたが)

Ray-I (2018-01-30 01:39:34)


週刊少年マガジン

社用車を冬用タイヤに変えてもらう時にたまたま置いてあった少年マガジンを15年ぶりにめくってみたけど、随分本のコンセプトが変わったね。
僕が読んでいたころは、どちらかというとスポーツ系の漫画が多く、さわやかな印象を持っていたけど、今回のは油断すると下着姿の少女が何度も出てくる。何だか情けなかったな。
読者の意見とか売り上げとかに心を奪われて、肝心の漫画としてのポリシーがお留守になっている。陳腐な週刊漫画に成り下がってしまったなぁ。「はじめの一歩」が泣いてるぞ!

HIGASHI (2018-01-28 23:33:47)


西郷どん

薩長同盟150周年で、満を持して西郷隆盛登場!
昨年の「女城主直虎」は案の定終盤は迷走を繰り返し、誰が主人公かわからないような展開になったが、今回は歴史上でも高名な西郷隆盛なだけにその辺は大丈夫でしょう。序盤は超名優がひしめきあっており、重厚な画面が何とも大河らしい香りをプンプンとまき散らしている。
もちろん主人公も実力派俳優なので、安心して観ていられる。そもそも大河ファンって視聴率なんかまったく気にしていない。それよりもクオリティが高ければ満足度が高いわけで、今回は期待できそうだぞ♪

HIGASHI ★★★ (2018-01-28 23:19:11)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

続いて今度は、バンドリよりハローハッピーワールドを全力レビュー!
このバンドはゲームのストーリーを見ないと分かりませんが、ハッキリ言って変人・奇人の集団です(しかも1人は熊の被り物姿でDJ役という訳の分からなさ)!常識が通じるのが5人の内2人だけ(笑)
実際に曲もバンドと言ってもマーチングバンドで、今のところオリジナル曲は2曲だけですが、どちらも「バンドサウンド」と言うより「N○K教育TVで良い子の歌で流れてそうな曲」です。
同・バンドリのグループであるロゼリアやアフターグロウに比べると能天気そのものとしか言いようがありません。
さてここでその2曲を紹介!

・えがおのオーケストラっ!
…全力レビューと言ったものの何と評価したら良いのか…
とにかく先にも述べたとおり歌詞は能天気です。
曲は行進曲でありコーラスを多用したアレンジは子供向けそのもの!(言っておきますが、私はバンドリでこのバンドが一番好きです・(笑))
とにかく、普通なら「何だ?この子供向けな能天気な曲は?」と一刀両断されても何も言えません。(汗)
ただ妙に中毒性があるんですよね…
You Tubeに一番だけ動画付きで上がっているので是非一度聴いてみて欲しいです。

・ハピネスっ!ハピィーマジカルっ♪
この曲も前曲通りやはり軽快で能天気です。
…なのですが、この曲、歌詞がゲームのストーリを全て見た後聴くと泣けるんですよねぇ…
基本的には落ち込んでる人を励ます、まあ行ってしまえばありきたりな歌詞なんですが、こころ(メインヴォーカルでありこのバンドを「楽しいから」と言う理由だけで結成した諸悪の根源・笑)の純真な想いが満ち満ちているんですよ。
コーラスもパッと聴きだと子供をあやしてるように聞こえる(まあ実際ストーリーは…ゲフンゲフン)んだけど、これも疲れてる時に聴いたりするとやっぱり泣けてしまいます。
こちらは公式の動画はあがってませんが、HR/HM以外も聴くよ~って人は一度聴いて欲しいですね。
そして暇ならストーリーを動画で見て欲しいです。

以上です。
2月には新譜が出るので、今から楽しみでしょうがないです!

1573 (2018-01-20 12:54:03)


アニソン/ゲーソンこの曲を聴け!

メチャクチャ今更感漂うけど、ラブライブサンシャイン・アクアより第1期の楽曲を全体的にかる~くレビュー…
先代のミューズの楽曲はどれもエンタメに特化した、「聴いていて楽しい曲」が多かったのに対し、アクアは「物語に沿った歌詞、聴かせる曲」が殆どです。
ぶっちゃけた事を言うと、私的には全体的なコンテンツはミューズ推しですが、こと楽曲の質に関してはアクアの方が上のように思えます。
それはやはりアニメを見てライブビューイングにも行って、その歌を体感したからに他ありません。
もし、「先代命!」って人じゃなければ一聴の価値はあります。
ただ先にも述べたとおり、アニメを見ていないと感動(特に未熟ドリーマー・想いよひとつになれ・ミライチケット)は得られないと思います。

…などと言いつつ私は2期は見ていません…(汗)

1573 (2018-01-20 12:18:00)


読書とは即ち、書を読むことなりよ(らくがき帳)

ジョン J ラムという作家のテディベアーシリーズ(と言っても3作目まで創元推理文庫で訳されたところで打ち切られたみたいですが)が中々良いですね。
元サンフランシスコの殺人課の刑事が足を撃たれて引退して、奥さんの故郷に引っ越しして、夫婦でテディベアーを集めたり、作ったりして楽しみだしたところ、色々事件が起こって夫婦に友人でもある保安官やレストランの経営者(何故か元ソ連のKGB?だっけ要はスパイ組織みたいなやつ)と一緒に解決するという設定ですが、駄洒落を沢山散りばめながら、テンポ良く話が進み、推理の要素もキチンと有って、良いですよ❗

めたる慶昭 (2018-01-17 21:59:02)