この曲を聴け!
最近の発言
姫神 (kuroiyuki)
B'z (名無し)
Loose / 斉藤さおり (失恋船長)
Brotherhood / B'z (名無し)
Brotherhood / B'z (名無し)
Raging Out / OUTRAGE (帰ってきたクーカイ)
Siam Shade XI Complete Best ~Heart Of Rock~ / SIAM SHADE (アクセルブルー)
Acid Black Cherry (アクセルブルー)
SIAM SHADE (アクセルブルー)
Lady / 斉藤さおり (失恋船長)
MR.CHILDREN (名無し)
MOTHER / LUNA SEA (名無し)
空飛ぶマジンガーz / 水木一郎 (デルモンテ古呉)
歌うたい15: SINGLES BEST 1993-2007 / 斉藤和義 (ずなきち)
SEX MACHINEGUNS (名無し)
百鬼繚乱 / 陰陽座 (原田)
MAGIC / B'z (名無し)
宇多田ヒカル (ファディ)
白光乱舞(dvd) / 陰陽座 (ちくまるのあがけ)
LA'CRYMA CHRISTI (名無し)
LUNA SEA (名無し)
マキシマムザホルモン (アクセルブルー)
LUNA SEA (名無し)
X JAPAN (名無し)
LUNA SEA (名無し)
Ultimate Sacrifice / GALNERYUS (アクセルブルー)
ONE OK ROCK (名無し)
UVERWORLD (名無し)
CORKSCREW / 黒夢 (名無し)
中絶 / 黒夢 (名無し)
VOW WOW (をざき)
B'z (1573)
B'z (名無し)
聖域 / 福山雅治 (銘菓ひよこ)
BEAGLE HAT (ゴン太)
BEAGLE HAT (名無し)
眩めく廃人 / LAPUTA (名無し)
Missa / DIR EN GREY (名無し)
Jealous / DIR EN GREY (名無し)
MADETH GRAY'LL (名無し)
愛のWAVE (single) / 松任谷由実 (MK-OVERDRIVE)
シングル 『BLAST!』 / ももいろクローバーZ (夢想家・I)
あぶらだこ(月盤) / あぶらだこ (名無し)
HOUND DOG (名無し)
SUPERFLY (名無し)
Beautiful World / Kiss & Cry / 宇多田ヒカル (ファディ)
シンドローム / 鬼束ちひろ (銘菓ひよこ)
BIG MACHINE / B'z (名無し)
Expression / DA PUMP (1573)
Cocolo1st / 沢田研二 (名無し)
架空のオペラ / 沢田研二 (名無し)
ONE OK ROCK (名無し)
B'z (名無し)
Brotherhood / B'z (名無し)
Phantasmagoria / 植松伸夫 (Ray-I)
Electric Island, Acoustic Sea / TAK MATSUMOTO (1573)
GRANRODEO (アクセルブルー)
Hard Rock Night / VOW WOW (火薬バカ一代)
B'z (1573)
LEO / 家入レオ (魔理沙)
LUNA SEA (アクセルブルー)
DEF.MASTER (名無し)
LUNA SEA (名無し)
LUNA SEA (枯林)
LUNA SEA (アクセルブルー)
水樹奈々 (名無し)
The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Yukari Telepath / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Newave / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
No Thank You / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS (Sliver)
B'z (名無し)
THE YELLOW MONKEY (名無し)


MyPage

国内ミュージシャン - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


姫神

岩手県の姫神山を由来とするアーティスト。
ジャンル的にはヒーリングミュージックに該当。
個人的にこの方の曲を聴いて、日本人として生まれて良かったと思える。
シンセでここまで日本の原風景を表現できることに驚きと音楽の素晴らしさを再認識させられた。

kuroiyuki ★★★ (2017-11-19 23:25:26)


B'z


DINOSAUR、アルバム一曲目ではDEEPKISSと並んで衝撃受けました。
久々のアーミングもそうだし、何よりオープニングからのあの高揚感。
EXTREMEのDecadence Danceのような感じだよね。
そして、TAKのギターの音はやっぱり存在感がすごい。どんなギターを使ってもTAKの音なんですよね(これはとても素晴らしいこと)。
見方によってはこれをマンネリと取るのか意見の分かれるところかなとは思いますが、前作辺りからとても大人の余裕を感じています。やりたい音楽をやれてる感じ。
ブラフやイレブンとは違った意味でゴリゴリのハードロックですね。
お二人は実はあの頃のヘヴィロック的な音楽よりもこのような路線が似合っていると思います(あの二枚はもちろん大好きですが)。
ライブでの演奏が非常に楽しみです。
今年のシングルの完成度(特に個人的な趣味も含めて言うと、声明が)が素晴らしかったために、今回もかなり期待大。
King Of The Streetも公式サイトで聴けたけど、予想以上にゴリゴリしているしこれまでよりもさらにバンドの生々しい感触がまだ発売前とはいえ伝わってきている。
ドラムは音源ではシェーンが叩いているのか気になる。
in your town参戦できなかったので、CHAMPがどんな感じになっているのか非常に楽しみです!

長年ファンを続けてきて本当によかった。アンチが何と言おうと、僕は日本が誇るハードロックバンドだと思っています。
これからも頑張ってください。
書きたいことだらけで雑多な文章になってしまいましたが、お許しください。

どなたか、発売したらアルバムの項目にDINOSAURを追加してください。お願いします。

名無し ★★★ (2017-11-17 13:57:12)


Loose / 斉藤さおり

ハードサウンド転向後1990年にリリースした第二弾アルバム。前作の流れを踏襲しつつも、より進化したスタイルを披露。挑発的なジャケット同様、攻めてはいますが、まだまだハードな歌モノロックとしては弱く、J-POP臭も当然キツメですが、前作にあった、やらせれている感のタドタドしさというか、窮屈な感じが薄まったので作品に統一感が出てきたのが最大の聴きどころでしょう。
主役たる斉藤さおりさんの歌の上手さに磨きがかかり、より逞しい印象を残しているも上々です。
日本語で歌うが故に、ストレートに耳に飛び込んでくるカッコ悪さが個人的には最大の肝で、とくに西田昌史作曲の④タイトルがカタカナで「サソリスト」…カッコ悪いわぁ。曲は良く出来た歌モノハードポップナンバーなだけに余計に残念ですね。
バックを支えるメンバーはセッションワークで鳴らしたプロ中のプロ集団ですからね。少々タイトなレコーディングスケジュールなんだろうなぁとは思いますが、ギターの鎌田ジョージは職人肌のプロですね。ドラムを叩く青山純の名前も懐かしいです。
アイドル風味がのこった前作と、次のアルバムを時系列で聴けば、彼女がどのような遍歴を行ったのかが如実に分かり興味深いものとなりました。丁度間をとった作風ですね。
男に媚を売らない歌というのは実に頼もしく聞こえます。売るんだったら舌ったらずで、媚を売りまくった可愛い歌い方があるのだからさ。そこが一番ロックしている部分でしょう。

失恋船長 ★★★ (2017-11-14 16:23:05)


放課後ティータイム


パクリ、オマージュというのはHR/HM界では当たり前なのになんでキレているのかわからないと3年前の書き込みに言ってみる

名無し (2017-11-12 02:54:29)


Brotherhood / B'z


ボンジョヴィをBon Jobiなんて書く奴いちいち相手にするな

名無し (2017-11-09 18:36:27)


Brotherhood / B'z


↑珍しいものを見つけたかのように言うけど、それが何か?
中身のないコメントはいらないよ

名無し (2017-11-09 11:31:30)


Raging Out / OUTRAGE

 やっと入手した。
 もう一曲目からシビれっぱなしである。
 冒頭からガンガンつっ走るし、ガラッパチなキレっぷりがもうたまらない。
 前作(企画盤じゃなくて『Outraged』の方)も前々作もそりゃあ大変良かったのだが、今作はそれらを上回ってきている。

 もの凄い格好良い。

 名盤。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-11-04 19:15:54)


Siam Shade XI Complete Best ~Heart Of Rock~ / SIAM SHADE

2007年に発売されたCD2枚組のベストアルバム。1曲を除き、ファンの人気投票で30位以内に入っている曲を収録しているため選曲は特に問題ないだろう。個人的には初心者入門編に最適のアルバムである。

アクセルブルー ★★★ (2017-10-27 20:18:40)


Acid Black Cherry

Janne Da Arc活動休止後にyasuが立ち上げたソロ・プロジェクト。Janne活動時と比べ、楽曲はよりバラエティに富んでいるが、エロティックな楽曲やハードな楽曲もある。こちらのほうも好きですね。ただ、心配なことにyasuが長年の音楽活動からによる頚椎損傷等で、今年の8月から無期限の活動休止に入ってしまいました…。

アクセルブルー ★★★ (2017-10-26 13:14:43)


SIAM SHADE

「1/3の純情な感情」があまりにも有名なため、一発屋ポップ・ロック・バンドと思われている。しかし、実際はハードで変拍子等を取り入れたテクニカルなバンドであり、ライブで真価を発揮するバンドでもある。何度か再結成しているけど、去年のライブで一連の再結成活動を「完結」してしまったのか…。一度は生で見に行きたかった。

アクセルブルー ★★★ (2017-10-26 12:53:25)


Lady / 斉藤さおり

第3回ミス・セブンティーンコンテスト準グランプリを受賞という華々しい経歴を持つ彼女が、大手レコード会社CBS/SONYと契約を絶ち、自分の進みたい方向性を目指しPLATZに移籍後リリースした。ハードサウンド転向第一弾のアルバムがこちら。リリースは1989年ですからね。まだまだバブルの風を吹いていますよ~。
サウンドプロデュース&アレンジャーに笹路正徳を迎え、キーボードとハードなギターを多用したビーイング系の歌モノ路線で勝負。ベースは坂井紀雄、ドラムは渡嘉敷祐一、ギターに土方 隆行という熟練のメンバー揃え脇をガッチリと固めています。タイトルも日本語でジャケットもパッと見では、完全にアイドルの作品となるのですが、出している音は本格的なロックサウンドを志向しており、①②③⑦ではEARTHSHAKERの西田昌史が楽曲提供。⑥ではZIGGYの森重樹一の名前もあったりと、アイドルポップスとは一線を画すメンツが参加しているので、彼女の出自となるアイドル出身に偏見が多少なりともある方のハードルは下げているかと思います。実際にプログレバンドMARIAH、NAZCAのメンバーがバックで参加しているんだから、ミックスの軽さはいかんともしがたいのですが、ハードサウンドを愛するマニアなら、その裏にある芯の太さを確認することは出来ますよ。

主役たる斉藤さおり嬢もキュートなルックスから想像もつかない中音域を生かした太いロックな歌声を披露。ハードサウンドに負けない堂々としたパフォーマンスで魅了してくれますよ。とはいいつつも楽曲的にはハード目の曲半分、J-POP半分なので、この辺りは所属事務所と、彼女のやりたい事の折衷案だったのかなぁと勝手に推察しますが、ハードなギターと豪快なグルーブが心地よい①、中期EARTHSHAKERな②、Vシネマなのかな?首都高トライアルに提供したハードポップな③、この曲で歌う彼女のハリと艶は一番ですかね。バックが張り切っています⑤なんですが、J-POPなんだけど、メンバーが大人しくしてられなかったんでしょうね(笑)スケールの大きいサウンドですよ。ZIGGYっぽい⑥、オシャレな叙情派ロックの⑦あたりは、ハード目の歌モノロックを愛する方ならイケるように思います。

失恋船長 ★★★ (2017-10-23 19:39:08)


MR.CHILDREN


昔は嫌ってたけど、やっぱり純粋に「歌」として良いものを作るバンドだと思う。

名無し ★★★ (2017-10-23 11:19:50)


MOTHER / LUNA SEA


Luna seaはメロディが弱い

名無し ★★ (2017-10-23 01:27:00)


空飛ぶマジンガーz / 水木一郎
平和の祈り~!!
アニキ渾身の一曲!

デルモンテ古呉 ★★★ (2017-10-22 22:45:24)


歌うたい15: SINGLES BEST 1993-2007 / 斉藤和義

斉藤和義の要素が詰まってるベストです。

ずなきち ★★★ (2017-10-21 13:20:06)


SEX MACHINEGUNS


>>256
ダスターは歌が残念過ぎて…
やっぱりそれなりに歌えないとダメだなってこういう歌詞を書くなら

名無し (2017-10-21 01:12:38)


百鬼繚乱 / 陰陽座

2作目アルバム。狩姦のギターソロが見どころの「式を駆る者」。蜘蛛をモチーフにした「桜花ノ理」。
9分に及ぶ大作の「塗り壁」「奇子」などといった、色々な曲を楽しめる。でもこれは個人的な好みですが
ヘドバンしたくなるような曲は少ないから星☆☆で

原田 ★★ (2017-10-17 19:16:20)


MAGIC / B'z


00年代ではトップクラスに聴きやすい
久々に聴きこんでみたら、やっぱり面白い曲が多い
ポップサイドのB'zの名盤だと思ってます

名無し ★★★ (2017-10-17 11:27:13)


宇多田ヒカル

人間活動を経て
曲が血の通ったものへと変質したような気がする
今後の活躍の期待をしつつも自分のペースで頑張ってほしい

ファディ ★★★ (2017-10-16 23:13:01)


白光乱舞(dvd) / 陰陽座

やっぱりこのライブで聴ける唯一の曲は「麒麟」「侵食輪廻」ですね。レア曲で自分も好きな曲だからこのライブは好きです。

ちくまるのあがけ ★★★ (2017-10-16 19:12:57)


LA'CRYMA CHRISTI


楽器隊が最高!スカルプチャーとマジシアは何度も聴いてる。

名無し ★★★ (2017-10-16 14:41:39)


LUNA SEA


12/20 9th New Album『LUV』発売。楽しみですね!

名無し ★★★ (2017-10-12 13:49:01)


マキシマムザホルモン

ハードコア系のバンドだが、楽曲が妙に癖になる。

アクセルブルー ★★★ (2017-10-02 18:49:51)


LUNA SEA


「IMAGE」の中の「image」という曲のイントロは3拍子→4拍子であってる?

名無し (2017-10-02 17:35:01)


X JAPAN


アルバムが出ない限りYOSHIKIの金儲けプロジェクトとしか思えない。

名無し (2017-10-01 13:01:56)


LUNA SEA


INORANが出す音の良さが分かるようになってからが本番だと思ってる。

異論は大いに結構

名無し ★★★ (2017-10-01 12:53:26)


Ultimate Sacrifice / GALNERYUS

ドラムがJun-ichiからFUMIYAに変わり、レコード会社もバップからワーナーに移籍して初めてリリースされた11枚目のアルバム。
今作もコンセプト・アルバムで、SYU書き下ろしオリジナルストーリーのもと、曲が進行していく。ストーリーは前作の続きに当たる。アルバムの世界観に浸りたい人は前作同様ブックレットを見ながら聴くことをお勧めする。
どの楽曲も質が高く、最後に10分以上の楽曲が2曲並ぶが、ダルさはあまり感じられなかった。

アクセルブルー ★★★ (2017-09-28 21:19:46)


ONE OK ROCK


skyfallフェスでやるかと思ったら国内フェス自体今年は出演がなかったね
ファンとしては来年に期待したいですが、しばらくアルバムも出る感じはないですね

名無し ★★★ (2017-09-26 22:02:59)


UVERWORLD


音楽性はLINKIN PARKのようなバンド+マニュピレーターのオルタナティヴロックで、ポップだが歌謡曲らしさをは感じない。
1番の強みは、ミックスボイスとミドルボイスを行き来する独特なメロディーラインをそつなくこなすTAKUYA∞の歌唱力に尽きる。

昔で言うGLAYやL'Arc〜en〜Cielのような立ち位置にいるかな。
HR/HM的なインパクトはないが、テクニカルな歌と歌詞世界に浸ると邦楽も捨てたもんじゃないなって思うよ。

名無し ★★★ (2017-09-25 02:07:37)


CORKSCREW / 黒夢


人生で初めて買ったCD。
このとき知っていた黒夢の曲は自閉症と十字架との戯れだったので、違うバンドのCDを買ったかと思ってびっくりした。
全体を通して疾走感があり、最高にカッコいい!!
インディーズの曲が一番だけど、こっちのパンクもいいね!!
後遺症が一番好き☆

名無し ★★★ (2017-09-24 21:09:39)


中絶 / 黒夢


オレが死んだら棺桶に入れてほしい。

名無し ★★★ (2017-09-24 20:13:41)


VOW WOW

人見元基さんと山本恭司さんのソロライブに行ったのですが とても素晴らしかったです! ここまで来ると平成生まれの私はリユニオンを期待してしまいますね〜 ドラムの新見さんがどうかとBURRN JAPANで仰っていましたが是非とも戻って来ていただきたいです…

をざき ★★★ (2017-09-23 23:30:24)


B'z

ニューアルバム「DINOSAUR」…いよいよオリアルきましたね~。
最初タイトル見た時モンスターがパッと思い浮かんだ。
エピデイから一転ハードなサウンドになるか!?

ちなみに私の現時点でのオリアルランキングトップ3
1位ブラフ
2位イレブン
3位エピデイ
同率3位7thブルース

果たしてここに食い込んでくるか?
超期待!

1573 ★★ (2017-09-22 04:39:46)


B'z


20枚目のアルバム「DINOSAUR」発売決定!
いよいよ30周年イヤーに突入ですね。

名無し ★★★ (2017-09-21 06:50:32)


聖域 / 福山雅治

この人の歌って、毒にも薬にもならん、上手くもない、ほんと、しょーもないレベルなんだけど、
この歌は、曲がいいね。歌はお世辞にも巧いとは言えないけどさ。
曲調には歌い方は合ってるかな、一応プロだからね。

銘菓ひよこ ★★ (2017-09-17 00:01:41)


BEAGLE HAT

クラフトニー聴きました。
A Routine Dayこれは名盤だと思います!
バンドのサイトがありました。
http://craftney.paraiso-kikaku.com/

ゴン太 ★★★ (2017-09-15 16:32:11)


BEAGLE HAT


Beagle Hatの解散は残念です。その後、元Beagle HatメンバーがCraftneyというバンド結成し、アルバムリリースしたのを聞きましたが、Beagle Hatそのものでした。すごく良かったですよ。

名無し ★★★ (2017-09-08 21:39:30)


眩めく廃人 / LAPUTA


文句なしでLaputaナンバーワンのアルバム☆
初期の黒夢好きなら絶対におすすめできる。
akiのシャウトは本当にカッコよくて好きだわ~。

名無し ★★★ (2017-08-22 17:24:28)


Missa / DIR EN GREY


音が軽いな~(笑)
メイクと曲の世界観はド真ん中です☆
霧と繭、garden、秒「」深が大好きです!!
惨劇の夜もいれてほしかった・・・無理だね、うん。

名無し ★★★ (2017-08-19 13:52:51)


Jealous / DIR EN GREY


この時のメイクといい、曲の世界観といいド真ん中です☆
2曲とも最高で何度聴いても飽きがこない。
カラオケでもよく歌います!!

名無し ★★★ (2017-08-19 13:44:32)


Lucifer~魔鏡に映る呪われた罪人達と生命の終焉~ / MADETH GRAY'LL


名曲 Luciferがはいっているアルバムです。
追憶~Luciferへの流れが個人的に大好きです!!

名無し ★★★ (2017-08-18 21:55:00)


MADETH GRAY'LL


歌は・・・うん。演奏も・・・。
だけど本当に好きなバンドです。
出会ってから一年しか経ってないけど飽きずに聴いてます。
黒夢好きな私にはど真ん中でした。
ゴシックな見た目。猟奇的な歌詞。発狂とメロディックな曲の両立。
一般人には理解されない音楽性ですが、私は大好きです!!
好きな曲は、missantroop(十字架の結末ver)、オペラ座ノ悲劇、白昼夢の惨劇、
血染めの喜劇、entith de marge、空中都市など挙げたらキリがありません。
カラオケにいれてくれねーかなー。

名無し ★★★ (2017-08-18 21:49:39)


愛のWAVE (single) / 松任谷由実
92年。かのバブル時代カリスマでいることに少々疲れていたというユーミンにとって"Aiversary"以来実に3年振りのシングルは、"君がいるだけで"のヒットでピークを迎えるカールスモーキー石井との共作&デュエットだった。結果コレが?度目・最後の転機になったんだろうね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-08-14 11:59:24)


シングル 『BLAST!』 / ももいろクローバーZ

'17年8月2日リリースの17thシングルです。
アスリートの日常から試合に臨むまでのプロセスを表現しています。
通常盤は5曲入りで、ほぼミニ・アルバム並みのヴォリューム。

"Yum-Yum!" はゴスペル調、
"Survival of the Fittest -interlude-" はポエトリー・リーディング、
"BLAST!" は超パワフルな闘魂注入歌、
"何時だって挑戦者" はキャッチーなHR、
"境界のペンデュラム" はシリアスなシンフォニック・メロディック・メタル調の曲、

こういう昭和のスポ根漫画みたいなテーマは、まさにももクロの十八番!
特に、表題曲の "BLAST!" は彼女達の「新必殺技」となりうる名曲だと思います。

夢想家・I ★★★ (2017-08-13 16:33:18)


あぶらだこ(月盤) / あぶらだこ


個人的にかなり冬枯れ花火が好み。

名無し ★★★ (2017-08-13 00:27:19)


HOUND DOG


恥ずかしながら中学時代はよく聴いていた。
でもしばらくしてBOOWYにハマってからは「あんなのダセ~よな。ロックじゃねーよ」と流行りに敏感な学生だった自分は早くもハウンドドッグは時代遅れのアーティストって感じで聴かなくなってしまった。個人的にはデビューしたばかりの頃のロカビリー路線が好きだったんだけどね。でも結構、ffは職場の人とカラオケ行くと歌う人は多い。CMでもよく流れるしハウンドドッグ知らなくてもffは知ってる人は意外といるんだよね。

ていうかこのバンドってff以外に代表曲って呼べるのあったっけ?
ff以外にこれといったヒット曲がなかったのが痛かったと思う。

名無し(2017-08-05 01:23:11)


SUPERFLY


最近久しぶりに彼女のアルバムを聴いてます。
WHITEは正直駄作、これでちょっとガッカリでした。一時期離れた原因です。
まずこのアルバムから本人による作詞すらほとんどなくなってしまったのが残念。
それに加えてせっかくの持ち前の越智さんの歌唱力を活かせていない曲もいくつかありました。
無理に路線変更しないでソウルフルなブルースロックを続けてほしいです。
次のアルバムはいつになるのかわからないですが、巻き返しに期待してます。
でもやはり個人的には1stとMind Travelがあまりにも良すぎた。
あれだけ力強く歌えるのだから、守りに入らず普通のJ-POP歌手になり下がらないでほしいな。
マニフェスト、Free Planet、Get High!! ~アドレナリン~みたいなロックンロールをまた作ってほしい。

名無し ★★★ (2017-08-01 11:00:13)


Beautiful World / Kiss & Cry / 宇多田ヒカル

メロディとリズム感が素晴らしい。

ファディ ★★★ (2017-07-29 19:09:09)


シンドローム / 鬼束ちひろ

最大公約数の鬼束ファンが納得する作品を作りました、って感じかな。
確かに、いいんだけどさ、ちょっと毒気が抜けちゃったかなぁ。
でも、普通のファンは、こういうのを待ってたんだよね。
未だに「月光」のイメージを求められてて、可哀想な面も有るかと思うけど、
悪戯ピエロで、それも吹っ切れたかと思ったんだけどな。
まぁ、皆がこれで納得してるなら、それも良し。
ファンなので、何だかんだ言っても愛聴してますよ。

銘菓ひよこ ★★ (2017-07-26 00:56:18)


BIG MACHINE / B'z


非常にポップでかつハード、バランスが取れてますよね
ブラフやELEVENからのGREENで戸惑った人でもこのアルバムなら聴けるのでは
シングル曲は良い配置ですね、あまり好きではなかったIT'S SHOWTIME!!はアルバムバージョンで印象が変わりました
前半はライブ感満載で後半は聞かせる曲が並んでいます

特におすすめなのはアラクレ、儚いダイヤモンド、ブルージーな朝、眩しいサイン、ROOTS
シングルカットしてもおかしくない完成度の曲が非常に多いですね
00~10年まででは一番好きな作品です

名無し ★★★ (2017-07-18 10:39:40)


Expression / DA PUMP

このアルバムはまだ自分が高校生だった頃はまって聴きまくってましたね。
今聴くと当然彼らも若かった訳で、歌詞は青臭いんだけどどの曲もメロディやグルーヴ感が秀逸でとても一枚目とは思えないほど充実したサウンドになっています。
梅雨もそろそろ終わり、夏が本格的に近づいてきたのでこいつを聴きながら散歩するとやっぱりいつ聴いてもシックリ来る、サマータイムにぴったりなアルバムです。

1573 ★★★ (2017-07-14 14:07:42)


Cocolo1st / 沢田研二


コメントした2曲以外にも良い曲を更に2曲程簡単に紹介します。
「どしゃ降り,抜けて・・・」も歌詞だけ見ればかなりロケンロールな男女の一夜を描いた感じで、バックの演奏もこのアルバムの中では比較的アッパーでテンポも早めなのですが、何故かジュリーは淡々と歌っています。
「あの女」は、バラードですが、
「あの女が解らない、陽炎の様なあの女」という歌詞をリフレインするときに、1回目と2回目で言葉の伸ばし方を変えています。
ジュリーの繊細な面が良く現れている曲ですね。

名無し (2017-07-08 15:49:47)


架空のオペラ / 沢田研二


レビューした2曲以外にも「そして君が泣くのを見た」「影-ルーマニアンナイト」「私生活の無い女」等の名曲が目白押しです。
特に「そして君が泣くのを見た」は「灰とダイアモンド」同様号泣必至の大名曲です‼

名無し ★★★ (2017-06-30 23:49:35)


ONE OK ROCK


ツアー参加してきました
CDで聴いただけでもtomoyaのドラムの迫力にやられましたが、生で聴くと本当に違いますね
人気が出ていろいろ言われるバンドですが、このメンバーでずっと頑張ってほしいです
応援してますよ

名無し ★★★ (2017-06-20 11:20:48)


B'z


さすがにこのタイミングでアルバムなしでツアーは悲しすぎる。
カウントダウン期待してます。
ツアー絶対行きます。

名無し ★★★ (2017-06-20 10:44:40)


Brotherhood / B'z


アルバムタイトルが、Doobie brothersのBrotherhoodと同じですな。
しかも、B'zのロゴがザック・ワイルドのBlack label societyと似ているし、ジャケット裏がBon JobiのKeep the Faithの表ジャケっぽいと思います。

名無し ★★★ (2017-06-17 13:47:35)


Phantasmagoria / 植松伸夫

あったんかい!w
実は原盤、いまだに持ってます。
当時はゲーム作曲家がソロアルバムを出すなんて珍しかったので
(あの当時は桜庭統さんや葉山兄貴くらい?)
どんな内容かと見てみたらイージーリスニングでした。
植松さんは御存知の通り、ロック畑出身ですが、
こういう曲調というのはゲームじゃないと作らないと思ったので意外でした。
ただ、ポエトリー・リーディングはそれこそプロに…。

Ray-I ★★ (2017-06-13 10:30:35)


Electric Island, Acoustic Sea / TAK MATSUMOTO

私も上の方同様、聴く前はハワイアンでニューホラの様にヒーリング系のサウンドなのかと思ってました。
だけど想像以上に松ちゃんはアグレッシブに弾きまくってる。
ホー氏の多彩な楽器によるアレンジも中々に素晴らしく、松ちゃんのギターをメインにホー氏がそのサウンドを彩る、正にアルバムタイトル通りの音作りになってます。

ただ…ただこのアルバム、確かに星3つつけましたが…正直、前作のエニグマが余りに凄すぎて、フューチャリングしているとは言え松ちゃんのソロ活動として捉え・比較してしまうと、どうしても前作に軍配が上がりこの作品が少し霞んでしまいます…
誤解無きように言っておきますが、このアルバムもソロ作では個人的にはトップ3に入れてもおかしくない出来です。
うーん、エニグマが凄すぎるんですよ!エニグマが!

1573 ★★★ (2017-06-12 22:57:33)


Misty Eyes パーフェクト・ベスト / Misty Eyes

90年代中盤から後半にかけて活躍したJPOPグループの全曲シングルのベスト盤。

当時のJPOPの主流からか、楽曲はほとんど打ち込みがメインで、SE等もふんだんに使われている。
メロディは実に多彩で、ともすれば退屈になりがちな打ち込みサウンドだが、そのレベルは極めて高く捨て曲は全く存在せず、聴いていてとても楽しいものである。
さらに専任のギタリストがいるので、打ち込みメインにも拘らず、その楽曲郡は決して無機質なものではない。
特に後半の方の曲はハードロックやメタルばりに弾き倒しており、耳の肥えたリスナーも十分に満足できるものである。
そしてメインの女性ヴォーカルは、とてもパワフルで楽曲に更なる説得力を持たせいる。

当時は小室全盛期であったが、このアルバムを聴けばこのグループが決して彼に劣っていない事が分かるだろう。
幸いこのアルバムは洋盤並みの安い値段で手に入るので(レンタルでも良いけど)、90年代のJPOPに理解のある人は是非一度聴いてみて欲しい!

1573 ★★★ (2017-06-10 23:16:59)


GRANRODEO

アニソン枠に括られる音楽ユニットですが、音楽性はHR/HMを軸としている。聴きやすく、単にロックユニットとしても楽曲の質は高いと思います。

アクセルブルー ★★★ (2017-06-09 21:07:11)


Hard Rock Night / VOW WOW

VOW WOWが唯一残した公式実況録音盤。3rd『Ⅲ』発表後に行われた国内ツアーの中から、中野サンプラザ公演の模様を収録。レコード、カセット、CD、VHS、いずれの媒体でも収録曲が異なるというファン泣かせの仕様でも知られる1枚。この後、B時代からバンドの屋台骨を支え続けたオリジナル・メンバーの佐野賢二(B)が脱退し、VOW WOWは拠点をイギリスへ移して活動していくこととなったため、初期の彼らを総括するベスト盤的役割も果たしています。
内容については、そりゃ名曲を山ほど抱えているバンドゆえ、選曲についての不満はどうしたって付いて回ります。特にVHS版には入っていた名曲中の名曲“SHOCK WAVE”がこっちではオミットされてしまっているのは悲し過ぎる…。MCや観客との掛け合いが殆どフィーチュアされていない等、個人的な好みで言えば、余り積極的に聴くタイプのライブ盤ではないのですが。それでも、矢継ぎ早に繰り出される名曲・代表曲の数々が放つカッコ良さには痺れざるを得ないわけで。何より人見元基の魂を燃焼させるかの如き絶唱、山本恭司入魂のGプレイ、厚見玲衣の壮麗なKeyワーク、重厚且つドラマティックにボトムを支える佐野賢二&新美俊宏のリズム隊…と、スタジオ・バージョンを軽く凌駕する迫力とエモーションの迸りでそれら名曲の数々を再構築してみせるバンドのミュージシャン・シップの高さ、プロフェッショナリズムには聴く度に敬服を新たにさせられる次第。
いつの日か、VHSやCDの音源を合体させた「完全版」がリリースされることを願って止みません。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-06-06 23:38:02)


B'z

LIVE-GYM開催決定!!!!!!!!!!!
絶対行くぜー!

しかしこれプレツアーじゃないから、ひょっとしたら秋辺りにニューアルバム発売も期待出来るかも…

1573 ★★ (2017-06-05 13:34:12)


LEO / 家入レオ

一言、声質が素晴らしい。天才的😍

魔理沙 ★★★ (2017-06-04 17:32:04)


LUNA SEA

>121 名無し さん
佐野隆一は河村隆一と同一人物です。
2006年に結婚した際、妻の名字である佐野姓を名乗った模様です。ただし、ソロでは旧姓の"河村隆一"のままです。

アクセルブルー ★★★ (2017-06-02 23:54:32)


DEF.MASTER


カッコいいバンドなんで一回聴いてほしいと思うだけどいかんせん、CDにプレミアついて今、とんでもない値段がついている。

名無し ★★ (2017-06-01 23:08:21)


LUNA SEA


佐野隆一って誰だ?

名無し (2017-05-31 21:38:15)


LUNA SEA

アクセルブルーさん

おお、ありがとうございます。四年て結構なスパンです。やっぱりSUGIZOがXで活動してるのが影響してるのか。

私はやはり、SUGIZOはLUNA SEAに専念してほしいと今でも思っております。

枯林 (2017-05-30 13:07:34)


LUNA SEA

どうやら年内に4年ぶりの新作アルバムが出るそうですよ。
http://natalie.mu/music/news/234615

アクセルブルー ★★★ (2017-05-30 08:17:32)


水樹奈々


なか卯でしか知らないアラフォ

名無し (2017-05-27 20:05:35)


COALTAR OF THE DEEPERS

これだけ好きになってずぶずぶとハマったバンドは他に居ない、というぐらい大好きなバンド。シューゲイザー、メタル、ハードコア、ネオアコ、ボサノヴァ、ニューウェーヴ、エレクトロニカなどなど、本来なら絶対に共存しえないジャンルたちを、その逸脱した才能とセンス、そして轟音ギターとか弱い少年ボイス(+殺人級のデスボイス)で見事に融合してしまったNARASAKIには驚くばかりである。どのアルバムも、どの曲も大好き。いつまで経ってもヘヴィロテから抜け出せないでいる(笑)
『Sinking Slowly』のEPが一番お気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-27 00:08:51)


The Breastroke / COALTAR OF THE DEEPERS

ベスト盤第1弾。ベスト盤とは言っても、殆どが入手困難なEP盤からの選曲となっている上に、曲の繋ぎを編集し直しているため、実質オリジナルアルバム同然の出来となっている。『WHITE EP』収録の2曲はこのアルバム用に録りなおされたもの。
「My Speedy Sarah」と「Deepers're Scheming」と「Sinking Slowly」は必聴。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:26:46)


Yukari Telepath / COALTAR OF THE DEEPERS

前作以来5年ぶりに出された(現時点では最新アルバムでもある)6th。前作にも増して電子音楽的なアプローチが強くなっており、SFのようなスペーシーな世界観が全体を通して漂っている。
個人的には、「Wipe Out」「Water Bird」「Carnival」「EVIL LINE」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:18:58)


Newave / COALTAR OF THE DEEPERS

1st以来実に8年ぶりにメジャーレーベルから出された5th。全体的に大人しく暗い。今までの作品に比べて電子音楽的だったり民族音楽的なアプローチが強くなっている。
個人的には「hyper velocity」「entreaty」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:17:09)


No Thank You / COALTAR OF THE DEEPERS

本人たちも最高傑作だと自負する4th。「LOVE&DEATH」がテーマとなっており、ICHIMAKIの優しい声を活かした甘いポップから、絶望感の漂う重苦しい曲まで混在している。15曲中4曲がインスト。(曲数が多いので箸休め的に沢山挟んだのだろうか?)
個人的には「STAR LOVE」「Giant」「JET SET」「The systems made of greed」「NO THANK YOU」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:15:31)


Come Over to the Deepend / COALTAR OF THE DEEPERS

初めて女性メンバー(ICHIMAKI)を加えて発表された3rd。今作は従来とは音楽の方向性がやや異なっており、ギターメイン、メロディアス、そして哀愁漂うポップな曲が目立つ。曲調は全体的にはやや大人しめだが、「Unlimber」と「C/O/T/D」の二大キラーチューンが入っているので勢いは十分にある。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:12:36)


Submerge / COALTAR OF THE DEEPERS

前作『The Visitors From Deepspace』から4年の時を経て、インディーズレーベルから出された2nd。従来通りのシューゲやメタル、ボサノヴァなどに加え、エレクトロニカ要素が加わっている。前作と比べると完成度が全体的に上がっており、アルバムの流れも完璧に近い仕上がりとなっている。タイトルチューン兼キラーチューンの「Submerge」は、エヴァンゲリオンのCMでも使用されており知ってる人は知ってるかもしれない。
個人的には「Cell」「Silver World」「Sazabi」「Submerge」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:09:28)


The Visitors From Deepspace / COALTAR OF THE DEEPERS

『SINKING SLOWLY』など数枚のEPを世に放っていたDEEPERSが満を持してメジャーレーベルから出した1stアルバム。曲数・再生時間共にやや少なめだが、その分1曲1曲が極めて濃厚になっている。初期DEEPERSの全てがここに詰まっている。
個人的には「Amethyst」「Summer Days」「Blink」がお気に入り。

Sliver ★★ (2017-05-26 23:05:40)


B'z


賛否はあると思うけど、まさかのロッキン出演おめでとうございます!
これは歴史的事件ではないのかな?^^;
編集長はB'zアンチと昔から聞いてるので。
言ってしまえば「なんでもあり」なタイムテーブルですが、正直いろんな意味で楽しみです。

・・・その前にいよいよもうすぐ新曲が出ますね。
正直長らくソロばかりでかなり鬱憤がたまっていたので、とても楽しみです。
30周年プレジャーツアー行けますように。

名無し ★★★ (2017-05-26 07:04:24)


THE YELLOW MONKEY


今年はツアーやるんでしょうか?
25周年なんで楽しみにしています。

名無し ★★★ (2017-05-21 15:38:17)