この曲を聴け!
最近の発言
Back on the Streets / GARY MOORE (失恋船長)
Parisienne Walkways / Back on the Streets / GARY MOORE (失恋船長)
Flight of the Snow Moose / Back on the Streets / GARY MOORE (Major Tom)
Love Flight / CHEMICAL REACTION / RX (黄金屑)
Choro de Criança / No Gravity / KIKO LOUREIRO (Reb)
As It Is, Infinite / Full Blast / KIKO LOUREIRO (Reb)
All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE (名無し)
Richie Kotzen / RICHIE KOTZEN (名無し)
GARY MOORE (たまきりふう)
Animals as Leaders / ANIMALS AS LEADERS (TechMetal)
A Woman & A Man / Mother Head's Family Reunion / RICHIE KOTZEN (名無し)


MyPage

フュージョン - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Back on the Streets / GARY MOORE

THIN LIZZYのカヴァーもあったり、フィル・ライノットがB.Voのみならず作曲面でも深く関わっているゲイリー・ムーアのソロ作第一弾。全般的にポップーでキャッチーな陽性面が強く前に出てはいるが、十八番とも言える泣きのギターが堪能できるバラードもありと、広くバランスの取れた一枚として知られていますね。ギタリストとしての弾けっぷりも、この時点で確立されているのも面白く、ハードなリフワークと哀愁のメロディ、そこに濃厚に絡みつくエモーショナルは響き、ゲイリー渾身の一撃は多くのギタリストを魅了する事となったでしょう。またラストに収録される⑧はジェフ・ベックの『哀しみの恋人達』と共に、ギタリストの入門曲として広く知れ渡っていますかね。

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 15:43:10)


Parisienne Walkways / Back on the Streets / GARY MOORE
ゲイリーとフィル・ライノットの共作によるムーディーな一曲
ゲイリーのチョーキング一発の泣きのギターを堪能できますね
この曲は使い方を間違えると完全に
つのだひろがメリージェーンと歌いだしそうだし
場末のスナックのチークタイムである
昭和カラオケ喫茶である
その辺りが若い人には進めづらい要因かもですね
羽生君の時はハズかったわ
この曲はジェフ・ベックのCause We've Ended As Loversと双璧をなす
ギタリスト達の登竜門としても知られた名曲ですよ

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 15:30:15)


Flight of the Snow Moose / Back on the Streets / GARY MOORE
ジャズ・クロスオーヴァー風味のインストチューン。
ギターもさることながら、サイモン・フィリップスのDrumsが素晴らしい。
この曲を気に入った若い方は、COLOSSEUMⅡも是非聞いてみて欲しい。

Major Tom ★★ (2017-02-12 23:24:30)


Love Flight / CHEMICAL REACTION / RX

原曲はファンクなリズムにヘビーなリフを乗せるのがカッコよかったが、こちらはポップでファンキーな仕上がり。アレンジ次第でこうも変わるのかと驚かされた。

黄金屑 ★★ (2017-02-09 09:50:25)


Choro de Criança / No Gravity / KIKO LOUREIRO
素晴らしい曲だね。キコはこういうのがいいね。アコギのインストもっと
聴きたいな。

Reb ★★★ (2016-11-21 18:21:13)


As It Is, Infinite / Full Blast / KIKO LOUREIRO
実際コピーしてみたら、キコがいかに凄いギタリストであるか
よく解った。ショーロも好きだが、これもいいな。

Reb ★★★ (2016-11-21 18:17:01)


All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE
ブルースというよりアップテンポでご機嫌なロックンロールでげすな。

名無し(2016-11-15 22:35:16)


Richie Kotzen / RICHIE KOTZEN


ほんと、ギターは上手い!!ボーカルも良いけど、イケメンからは本人もそろそろ抜け出したいと思ってると思う。
ワザと汚い恰好をするようになってきた。もうすぐ、50歳だもんね。売れないのは性格のせいだろう。日本でも
昨今女性問題でヒステリックすぎるマスコミの対応とかがあるが、リッチーの場合、公式のGFと、そうでないGFSが、
worldwide にいるから、ネットなんかであっという間に広まってしまう。彼が建前にするのはいつもヒスパニックの女性ばかり。
この辺り、好感が持てない人も多いのかもね??? まあ、ともあれ、偉大なギタリストではあるな!

名無し (2016-11-10 15:08:25)


GARY MOORE

確かに。


私は43ですが、11歳の時にロッキンエブリナイト、エンドオブザワールド聴いて感動しました。

仕事とか、何か一区切りあるときにGARYのライブの(サンキュー)があたまに残っています。

たまきりふう ★★★ (2016-10-23 00:38:22)


Animals as Leaders / ANIMALS AS LEADERS

単なる複雑テクのプログレメタルではなく、
エレクトロニカ、ポストロック、フュージョン要素も強く、
なかなかにジャンルレスで面白い。
色々な要素があるにもかかわらず、しっかりまとまっていて
しかも楽曲の完成度もかなり高い。
テクニカル系ギタリストがこの手の打ち込みを取り入れたもの
って大体センスなくてダサいものが多いですけど、
これはむしろセンスの塊。
トシン・アバシってギタリストかなりの才能があると思う。

ぶっちゃけ、プログレメタルってカテで損してるかもw
その手のオタク以外にも全然いける要素は多いです。

TechMetal ★★ (2016-10-20 13:49:50)


A Woman & A Man / Mother Head's Family Reunion / RICHIE KOTZEN
すばらしい!!

名無し ★★★ (2016-10-10 10:48:35)