この曲を聴け!
最近の発言
CAN (黄金屑)
Yoo Doo Right / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
Outside My Door / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
Mary, Mary So Contrary / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
Father Cannot Yell / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
CAN (夢想家・I)
Monster Movie / CAN (夢想家・I)



MyPage

ノイズ/アヴァンギャルド - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


CAN

最近聞き始めたけどこのバンド、プログレという感じは全く受けない。むしろテクノとかの質感に近いですね。リズム体が適度なグルーブを保ちながら延々と演奏しその上にギターやキーボード、歌が乗っかって好き放題やってる感じが嵌まると病みつきになります。

黄金屑 ★★★ (2016-10-27 13:22:20)


Yoo Doo Right / Monster Movie / CAN
12時間ものセッションの末、生み出されたという20分の大作、
大作と言っても英プログレのような大仰なドラマ性とかとは違い、無機質な反復を繰り返しながら、音の強弱でダイナミズムを作り出していく作風。
ドンドコ、ドンドコと呪術的なリズムと、「オレたちひょうきん族」のアダモちゃんを彷彿をさせる(笑)怪しさ爆発のマルコム・ムーニーのヴォーカルがインパクト大!

夢想家・I ★★★ (2016-09-06 00:02:35)


Outside My Door / Monster Movie / CAN
この曲はブルース・ハープが主役、
自由奔放なヴォーカルも聴き所です。

夢想家・I ★★ (2016-09-05 22:59:00)


Mary, Mary So Contrary / Monster Movie / CAN
ギターがストリングスのような儚げな音色を奏でています。
別段メロディアスという訳では無いけれど、淡々とした哀愁に心惹かれます。

夢想家・I ★★★ (2016-09-05 22:48:12)


Father Cannot Yell / Monster Movie / CAN
アルバム・オープニング・チューン、
いわゆる「パンク成立以前のパンク」な楽曲ですが、同時代のそれ系統の多くがサイケ/ガレージ的なのに対し、この曲は電子音やミニマルなフレーズを用いた現代音楽的アプローチなのが他と一線を画しています。
ロックらしい初期衝動を解放しつつも、ある意味で無機質でインテレクチュアルなサウンドは、パンクだけでなくテクノ方面にも多大な影響を与えたそうですが、そんな中、熱にうかされたうわ言のように繰り出されるマルコム・ムーニーのアナーキーなヴォーカリゼーションが一際異彩を放っています。

夢想家・I ★★★ (2016-09-05 00:11:16)


CAN

ジャーマン・プログレ/クラウト・ロックというのは個人的にはあまり深入りしたくないジャンルなのですが(どう考えても底無し沼な匂いがぷんぷんする 笑)、このCANの「Monster Movie」はジャケ買いの誘惑に勝てませんでした(笑)
カタログをコンプリートする気は全くありませんが、心情的にはダモ鈴木時代の物も幾つか聴いてみたい感はあって悩ましいところ…。

夢想家・I ★★★ (2016-08-06 00:12:12)


Monster Movie / CAN

ジャーマン・プログレ/クラウト・ロックの代表格バンドの一つ、CANの '69年発表のデビュー・アルバムです。
まず、アートワークが素晴らしいですね。天を突く巨大な大魔神のようなロボット?がインパクト抜群! まさに名盤の面構えといった所。
一般的に取っ付きづらいジャンルとされていますが、ロックの初期衝動が生々しい形で真空パックされた本作は今もって全く古臭さを感じさせず、分かり易いカッコ良さがあります。熱にうかされたようなヴォーカル、ノイジーに唸りを上げるギター、ひたすら一定のリズムを反復し続けるリズム隊が、叙情性を排して音そのものに没入していく感覚がとてもスリリング。
プリミティヴな衝動を解放しつつも、投げっ放しにならずに最後までバンドとしての統制が保たれている所に、ドイツ人らしいインテリジェンスと几帳面さが表れていると思います。
それ故に、均衡を破るアメリカ人の黒人ヴォーカリスト、マルコム・ムーニーの存在が大きい。
'69年デビュー同期はLED ZEPPELINにKING CRIMSONとなると、さすがに知名度では劣りますが、音楽的インパクトでは引けを取りません。

そして、本作が当時の日本のニュー・ロックに与えた影響がけっして小さいもので無かったという事も重要でしょう。SPEED, GLUE & SHINKIやFLOWER TRAVELLIN' BANDのアルバムに、その影響を顕著に感じる事が出来ます。

夢想家・I ★★★ (2016-08-05 23:55:21)