この曲を聴け!
最近の発言
Siberian Khatru / Close to the Edge / YES (名無し)
Careful With That Axe, Eugene / Ummagumma / PINK FLOYD (名無し)
Uroboric Forms / CYNIC (ローランDEATH)
Metal Fatigue / Metal Fatigue / ALLAN HOLDSWORTH (ANBICION 11)
THE MOODY BLUES (名無し)
LUNA SEA (アクセルブルー)
LUNA SEA (名無し)
Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER (名無し)
More / PINK FLOYD (名無し)
LUNA SEA (枯林)
“The Ancient”: Giants Under the Sun / Tales From Topographic Oceans / YES (名無し)
LUNA SEA (アクセルブルー)
Panic Station / Metal Fatigue / ALLAN HOLDSWORTH (ANBICION 11)
From Genesis to Revelation / GENESIS (さっちゃん)
Wishbone Four / WISHBONE ASH (名無し)
gravity / LUNACY / LUNA SEA (名無し)
Riding Higher / Kiss of Life / RX (kuroiyuki)
MjOllhir / Kiss of Life / RX (kuroiyuki)
Yggdrasil / Kiss of Life / RX (kuroiyuki)
Avalon Hill / Kiss of Life / RX (kuroiyuki)
Epitaph / The Spectre Within / FATES WARNING (火薬バカ一代)
Nothing Left to Say / Perfect Symmetry / FATES WARNING (火薬バカ一代)
Perfect Symmetry / FATES WARNING (火薬バカ一代)
Kraftwerk / KRAFTWERK (うにぶ)
Stratovarius / Kraftwerk / KRAFTWERK (うにぶ)
The Apparition / The Spectre Within / FATES WARNING (火薬バカ一代)
The Spectre Within / FATES WARNING (火薬バカ一代)
Damnation / Night on Bröcken / FATES WARNING (火薬バカ一代)
Night on Bröcken / FATES WARNING (火薬バカ一代)
Lunatic Gate / D・N・A / JANNE DA ARC (kuroiyuki)
TIME’S / SIAM SHADE Ⅱ / SIAM SHADE (kuroiyuki)
TIME’S / SIAM SHADE Ⅱ / SIAM SHADE (kuroiyuki)
ファスナー / It's a wonderful world / MR.CHILDREN (名無し)
hypnosis / [(an imitation) blood orange] / MR.CHILDREN (名無し)
It’s a Feeling / Toto IV / TOTO (名無し)
Octavarium / DREAM THEATER (名無し)
Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Open Your Eyes / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Midnight Sun / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
True Colors / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Last to Know / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Eye to Eye / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Heat Goes On / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
My Own Time (I'll Do What I Want) / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Never in a Million Years / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Sugar Mice / Clutching at Straws / MARILLION (NaoQ)
Splintering Heart / Holidays in Eden / MARILLION (NaoQ)
Ask the Lonely / Greatest Hits / JOURNEY (名無し)
Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
/ D・N・A / JANNE DA ARC (名無し)
Awaken / Going for the One / YES (名無し)
Home of the Brave / The Seventh One / TOTO (名無し)
Mandalaband / MANDALABAND (GC8改)
SANDY TIME / LUNA SEA (2011) / LUNA SEA (名無し)
Forest / Dwellers of a Sandcastle / La'cryma Christi (名無し)
Back on the Streets / GARY MOORE (失恋船長)
Parisienne Walkways / Back on the Streets / GARY MOORE (失恋船長)
Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
Be Good to Yourself / Raised on Radio / JOURNEY (名無し)
Wait for Sleep / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
Smokin' / Boston / BOSTON (火薬バカ一代)
A Man I'll Never Be / Don't Look Back / BOSTON (火薬バカ一代)
Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Don't Be Afraid / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Used to Bad News / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Feelin' Satisfied / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
The Dark Eternal Night / Systematic Chaos / DREAM THEATER (干し柿)
It's Easy / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
The Journey / Don't Look Back / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Let Me Take You Home Tonight / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Something About You / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Hitch a Ride / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Smokin' / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Start of Something Beautiful / Deadwing / PORCUPINE TREE (名無し)
Rock & Roll Band / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
Awake / DREAM THEATER (干し柿)
Lie / Awake / DREAM THEATER (干し柿)
Peace of Mind / Boston / BOSTON (MK-OVERDRIVE)
ASIA (MK-OVERDRIVE)
Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
The Count of Tuscany / Black Clouds & Silver Linings / DREAM THEATER (干し柿)
Here Comes the Feeling / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Cutting It Fine / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Roundabout / Fragile / YES (MK-OVERDRIVE)
Without You / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Wildest Dreams / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Time Again / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Animate / Counterparts / RUSH (ハルディン)
Stick It Out / Counterparts / RUSH (ハルディン)
Flight of the Snow Moose / Back on the Streets / GARY MOORE (Major Tom)
One Step Closer / Asia / ASIA (MK-OVERDRIVE)
Send Her My Love / Frontiers / JOURNEY (名無し)
Go / Astra / ASIA (名無し)
SYMPTOM / IMAGE / LUNA SEA (名無し)
Love Flight / CHEMICAL REACTION / RX (黄金屑)
Rock and Roll Dream / Astra / ASIA (ANBICION 11)
Go / Astra / ASIA (ANBICION 11)
Hard on Me / Astra / ASIA (ANBICION 11)
After the War / Astra / ASIA (ANBICION 11)
Mantra / STYX (帰ってきたクーカイ)
LOVELESS / MOTHER / LUNA SEA (緋虜鬼)
The Last to Know / Alpha / ASIA (ANBICION 11)
Midnight Sun / Alpha / ASIA (ANBICION 11)
What Do You Want From Me / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Supertwister / Mirage / CAMEL (スーパーラスカル)
Alpha / ASIA (ANBICION 11)
KING CRIMSON (夢想家・I)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (火薬バカ一代)
Don't Cry / Alpha / ASIA (火薬バカ一代)
Alpha / ASIA (火薬バカ一代)
Alpha / ASIA (名無し)
ASIA (GC8改)
Play in Time / Benefit / JETHRO TULL (名無し)
Wond'ring Aloud / Aqualung / JETHRO TULL (名無し)
Ladies / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Requiem / Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL (名無し)
Big Dipper / Too Old to Rock 'n' Roll: Too Young to Die! / JETHRO TULL (名無し)
Ring Out, Solstice Bells / Songs From the Wood / JETHRO TULL (名無し)
Moths / Heavy Horses / JETHRO TULL (名無し)
Something's on the Move / Stormwatch / JETHRO TULL (名無し)
PAIN OF SALVATION (BLACKWATER)
The End of the Dream / A WILL / LUNA SEA (名無し)
Fire Ball / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit (火薬バカ一代)
Journey to Utopia / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit (火薬バカ一代)
Live-journey to Utopia / Eastern Orbit (火薬バカ一代)
Every Little Thing / Yes / YES (名無し)
Order of the Universe / Anderson, Bruford, Wakeman, Howe / YES (名無し)
Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
DREAM THEATER (名無し)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (名無し)


MyPage

プログレッシブロック - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Siberian Khatru / Close to the Edge / YES
KHATRUって結局なんなんだよ!名曲だけどモヤモヤするわ!

名無し ★★★ (2017-06-20 00:13:06)


Careful With That Axe, Eugene / Ummagumma / PINK FLOYD
知らなかった、こんな曲があったとは。
Travel Sequence と同じくすばらしい。

名無し ★★★ (2017-06-17 16:30:29)


Uroboric Forms / CYNIC

初期のデモ4作品の音源集。リマスター。
DeathやPestilence辺りに通じるテクニカルなデスラッシュが聴ける。
そう言えば、ポールとショーンはDeathのアルバムに参加してましたな!

「DEMO 1991」
1. Uroboric Forms
2. The Eagle Nature
3. Pleading for Preservation

「DEMO 1990」
4. Lifeless Irony
5. Thinking Being
6. Cruel Gentility

「REFLECTIONS OF ADYINGWORLD」DEMO (1989)
7. Denaturalizing Leaders
8. Extremes
9. A Life Astray
10. Agitating Affliction

「DEMO 1988」
11. Once Misguided
12. Weak Reasoning
13. Dwellers of the Threshold
14. Uroboric Forms (Alternative version)
15. The Eagle Nature (Alternative version)

ローランDEATH ★★★ (2017-06-14 21:24:56)


Metal Fatigue / Metal Fatigue / ALLAN HOLDSWORTH
骨をガリガリ削られているような気分になるリフは凄まじい破壊力だし、ソロも実にメロディアス。

ANBICION 11 ★★★ (2017-06-13 01:22:10)


THE MOODY BLUES


私は、バンド名は知っていますが、曲は「Seventh sojerne」の中の「I'm a singer」という曲(確かシングル曲で中学生の時に友達の家でシングル盤を何回か聴いた記憶が有る)しか聴いた事が有りません。
因みに今、検索して再生してみたらメロディーに聞き覚えが有りました。
しかあーし❗私の言いたいのはここからであーる。
何故か私は、Gream Edge Bandの「Kick off your muddy boots」というアルバムを持っているのです‼
そう、Gream Edge と言えばMoody Blues ファンならお分かりと思いますが、バンドのドラマーですね。
彼がリーダーのプロジェクトで、ギターとベースはあのエイドリアンとポールのガービッツ兄弟(Three Man Armyでおなじみ?)が担当しています。
82年頃に中古レコード店でジャケ買いだった様な気がします。
サウンド的にはポップなプログレって感じで、本家のMoody Blues に近い感じなのかなという気がしますが、エイドリアンのギターが時にハードに、時に泣きも入れて主張が強いのがMoody Blues と違ってますかね。
今日、久しぶりに聴きましたが、結構良かったです。

名無し (2017-06-10 21:03:49)


LUNA SEA

>121 名無し さん
佐野隆一は河村隆一と同一人物です。
2006年に結婚した際、妻の名字である佐野姓を名乗った模様です。ただし、ソロでは旧姓の"河村隆一"のままです。

アクセルブルー ★★★ (2017-06-02 23:54:32)


LUNA SEA


佐野隆一って誰だ?

名無し (2017-05-31 21:38:15)


Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER


技術的には、もう、どうしようもないほど凄い。
楽器ってこんなに上手くなれるのだな〜って、本当に思う。
個々の能力はもちろん、バンドアンサンブルも超一流、凄過ぎる。
ヴォーカルを除いて。
これは個人的にあまり好きじゃないってのもあるし、単純に、この人歌上手くないな〜ってのもある。
アルバムとして、作品として、音楽としてはどうだろう?
発売当時、何度か一周聴いたが、本当に、耳に残らない。
インスト(部分的でも)の何曲かのメロディはとても気に入ったものがあるが、一曲だけでも記憶に残るかというと…
ギリギリ9曲目かな。それ以外は何とも思わない。だからアルバムとしても勿論つまらない。
当方のようなバンドマン、楽器をやっている人にとっては、大きな刺激を得ることの出来る作品ではあると思うが…
ロック史、音楽史の中では、特にどうでもいい作品だろう。
「個人的に」という人を除けば、バンド技量以外、全く評価する部分は無い。
従って、ロック史に残る名盤には、間違ってもならない。

名無し (2017-05-31 20:40:11)


More / PINK FLOYD


隠れた名盤です

名無し ★★★ (2017-05-30 17:03:34)


LUNA SEA

アクセルブルーさん

おお、ありがとうございます。四年て結構なスパンです。やっぱりSUGIZOがXで活動してるのが影響してるのか。

私はやはり、SUGIZOはLUNA SEAに専念してほしいと今でも思っております。

枯林 (2017-05-30 13:07:34)


“The Ancient”: Giants Under the Sun / Tales From Topographic Oceans / YES
13:00以降から始まるスティーヴ・ハウのギターソロや続いて入ってくるジョン・アンダーソンのボーカル、本当に綺麗でこのアルバム中一二を争う聴きどころだと思うんですが…誰も書いていない...?!

名無し ★★★ (2017-05-30 08:22:10)


LUNA SEA

どうやら年内に4年ぶりの新作アルバムが出るそうですよ。
http://natalie.mu/music/news/234615

アクセルブルー ★★★ (2017-05-30 08:17:32)


Panic Station / Metal Fatigue / ALLAN HOLDSWORTH
ちょっと休憩という感じのポップで短めのナンバー。Williamsの少しのっぺりとした歌が妙にクセになる。Gソロはかなり短いが、その分鮮烈な印象を残す。R.I.P. Allan

ANBICION 11 ★★★ (2017-05-18 00:47:08)


From Genesis to Revelation / GENESIS

40年前の頃によくきいてましたよ。
今62です。
あの頃、何もかもうまくいかず、自分の人生どうなるんだろうと心配のどん底でした。でもね、今、孫が3人です。

さっちゃん ★★★ (2017-05-17 21:02:36)


Wishbone Four / WISHBONE ASH


私は、捨て曲なしのWishbone Ashの名盤と思いますが、内容が散漫だとか言われて、評価が高くないです。どうしても「Argus」と比べられます。でもジャケットデザインは負けても、内容は負けていません。昔よく聴いた「EVERYBODY NEEDS A FRIEND」を、今聴いても感動します。5thの「There's the Rub」ともども、もっと評価が高くてもいいような、、、。

名無し ★★★ (2017-05-14 00:55:20)


gravity / LUNACY / LUNA SEA
シンプルながら素晴らしいです

名無し ★★★ (2017-05-10 11:53:03)


Riding Higher / Kiss of Life / RX

ご機嫌な縦ノリナンバー。
プログレ色の強い本アルバムですが、その中でもストレートで聴き易い楽曲ではないでしょうか。
ボーカルのブレンダ氏の歌声が力強く、本曲の要となっている。
ロック色の強いオルガンソロもなかなか聴き応えがあります。

kuroiyuki ★★★ (2017-05-06 14:25:33)


MjOllhir / Kiss of Life / RX

雷電氏作曲のオープニングナンバー。
シンセとオルガンのメロディーと力強いドラミングがいい具合にマッチしている。
緊張感あるプレイは雷電氏の曲ならでは。
曲名から雷電氏とのつながりが見えます。(MjOllhir=雷神トールがもつ鎚で、同じ雷神つながり)

kuroiyuki ★★★ (2017-05-06 14:20:30)


Yggdrasil / Kiss of Life / RX

フレットレスベースとギター、サックスから奏でられる物悲しい雰囲気が心に沁みます。
それとは対称的な力強いドラミングがまたいい味を出している。

kuroiyuki ★★★ (2017-05-06 14:12:27)


Avalon Hill / Kiss of Life / RX

スペーシーなシンセの音色とメロウなギターとサックスに耳がいきます。
変拍子のドラミングも聴き応えがあります。
プログレ色の強い雷電氏らしい一曲です。

kuroiyuki ★★★ (2017-05-06 14:08:52)


Epitaph / The Spectre Within / FATES WARNING
別にKING CRIMSONのカヴァーではありませんが
タイトルからして「今後はプログレ路線で行くぜ!」との
バンドの決意の程が伝わって来るかのようです(?)
11分以上に及ぶドラマティックな大作ナンバーではあるものの
ブルース・ディッキンソンへの憧憬が滲むシンガーの歌唱にしろ
勇壮且つアグレッシブな曲調&曲展開にしろ、この時点ではまだ曲作りの基盤は
正統派HMに据え置かれたまま。つか、むしろそこが良い!と。
タイトル負けしていない名曲ですよ。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-05-06 00:42:38)


Nothing Left to Say / Perfect Symmetry / FATES WARNING
歌に入る前の導入部の一捻りとか
濃淡の塗り分けられた曲展開等、
これぞプログレ・メタル!な逸品。
レイ・アルダーのシンガーとしての熟達から、
新加入のマーク・ゾンダーの柔軟なリズム・ワーク、
表現力を増したツインGの泣きっぷりまで
バンドの洗練具合がしかと刻み込まれた名曲です。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-05-06 00:35:57)


Perfect Symmetry / FATES WARNING

FATES WARNINGの日本デビュー作であり、個人的に初めて彼らの音に触れた作品でもある、’89年発表の5thアルバム。
ヘヴィ・メタリックな荒々しさや疾走感が影を潜め、哀愁のメロディ、凝ったアレンジに、派手さよりも「味わい深さ」で聴かせる曲展開等がいちいち洗練を感じさせる楽曲を始め、いかにもHM然としていたガビガビのバンド・ロゴがいつの間にかスマートなデザインに改められていたり、ついでにジャケットもモダン・アート風だったり…と、この頃には完全にバンドは「本格派プログレ・メタル路線」へと移行完了。当時は全く気にしていなかったのですが、今となってはDREAM THEATERの初代Key奏者ケヴィン・ムーアがゲスト参加している辺りもその表れと言えなくもなかったという。
益々扇情力を高めた2本のGのメロディアスな絡み、ジェフ・テイト型に分類されるレイ・アルダー(Vo)の表現力に富む歌唱、それに柔軟にボトムを支える元WARLORDの名手マーク・ゾンダー(Ds)の多彩なリズム・ワークを得たことで、サウンドは繊細な抒情面の魅力が大きく開花。バイオリンをフィーチュアした美しい前半を経て、中盤以降はケヴィン・ムーア(Key)も交えた楽器陣がスリリングに盛り上げていく⑤や、哀切に満ちたレイの歌声が胸打つバラード⑦、そして全メンバーの長所が存分に発揮された泣きの大作ナンバー⑧といった楽曲はその好例かと。
こちとら初期作を偏愛する身なれど、やはりFATES WARNING入門盤には、万人に受け入れられるであろう本作あたりをお薦めするのが適当なのでしょうか…。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-05-06 00:30:19)


Kraftwerk / KRAFTWERK

'70年発表の1stアルバムです。この頃はまだテクノ・ポップという感じではなく、クラウト・ロックとかジャーマン・ロックと言われるような、実験的ミニマル・ミュージックという印象。インダストリアル的でもあります。
メロディには期待しないでください。ノイズとリズムが支配する前衛音楽です。もっとも、どこかひょーきんにも感じます。グループ名やアートワーク、楽器編成も、どことなくギャグっぽいんですよねー。真面目そうでふざけてる。
歌はなしで、電子オルガンの音はギンギンに歪んで、ヴァイオリンやフルートも電子ノイズと同等に耳に突き刺さるリフを刻みます。ドラムも金属的で、荒々しいです。
たった4曲ですが、ダンサブルでちょっと楽しい(1)、ノイジーでたまに突っ走る(2)、アンビエント風な(3)、怪獣映画のサントラっぽいヘヴィな(4)と、ヴァラエティ豊かで楽しく聴けます。

うにぶ ★★ (2017-05-04 22:22:36)


Stratovarius / Kraftwerk / KRAFTWERK
どうしても某バンドを思い出してしまう曲名ですね。影響があったかどうかは不明ですが。
不気味な電子音の繰り返しから、変な話し声、滅茶苦茶なドラム連打へつながり、小ばかにしたようなリフから徐々にノイズを撒き散らかして突っ走っるなどと、わけのわからん展開を見せます。
キーキーギャンギャン刺々しいこの音に、まさか本当に超高価なストラディヴァリウスを使っていたりするんでしょーか。あとストラトキャスターはクレジットにないけれど、使われているのでしょーか。
インダストリアル(メタルではないやつ)や前衛音楽が好きな人にはおすすめできますが、一般的にはただの悪ふざけにしか聞こえない曲でしょうね。

うにぶ (2017-05-04 22:13:01)


The Apparition / The Spectre Within / FATES WARNING
FATES WARNINGのことを小難しいだけのプログレ・メタル・バンドと
思ってる奴はこれでも喰らえ!という劇的な構築美とスリリングな
緊張感に満ち溢れた名曲。引っ掛かり気味の曲進行やツインGの
ドラマティックなハーモニーはIRON MAIDENからの影響大。
勢い余りまくりながらもパワフルなジョン・アーチの歌いっぷりも良し。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-05-02 23:43:30)


The Spectre Within / FATES WARNING

FATES WARNINGの名を聞くと思い出すSFタッチのアートワークといい、いきなり7分越えのOPナンバー①で幕が上がり、10分以上に及ぶ⑦にて幕が下りる本編の攻めた構成といい、後のプログレ・メタル路線への息吹があちこちから感じられるようになった、’85年発表の2ndアルバム。
ツインGの劇的なハモりっぷりや、メリハリの効いた勇壮な曲展開が物語る通り、未だサウンドの基軸はIRON MAIDEN、JUDAS PRIEST由来のダークでアグレッシブな正統派HM路線に据え置かれています。その一方で、前作のパワフルな音痴ぶりから確かな成長を遂げ、歌声にブルース・ディッキンソンばりの雄々しさと力強さと心強さが宿った(一つ違う)ジョン・アーチの歌唱力や、ドラマ性及びスケール感の一層の増強が図られた曲展開etc.に下支えされた各収録曲は、1曲毎の中で多彩な表情を見せてくれるようになっています。その好例が前述の①や⑦であり、中盤に置かれたエピカルな④であると。
全体的にはまだまだ荒削りな出来栄えだったりするのですが、普段あまりプログレ物を嗜まないボンクラ・メタル野郎的には寧ろそれが丁度いいぐらいの塩梅でして。特にツインGの活用振りがIRON MAIDEN風の劇的な⑤から、疾走ナンバー⑥と来て、ドラマティックな大作ナンバー⑦へと至るクライマックスの流れは何度聴いてもグッときますよ。
…以上のような絶賛具合からもお察し頂けます通り、個人的には「FATES WARNINGと言えば本作が最高である!」と、今後も熱く推して行きたい1枚であります。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-05-01 23:43:13)


Damnation / Night on Bröcken / FATES WARNING
アルバムのクライマックスを盛り上げる大作ナンバー。
尺は7分近くありますが、影響源は明らかにプログレッシブ・ロックよりも
IRON MAIDENとかJUDAS PRIESTに求められる感じ。
ぶっちゃけマイナー・メタルではありますが、
勇壮な曲調といい、勢いがあり余ってるVoの熱演といい、
ボンクラ・メタラー的には後の知的路線以上にグッと来る場面多し。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-04-30 22:20:29)


Night on Bröcken / FATES WARNING

ブライアン・スラゲルに気に入られ、METAL BLADE RECORDSとの契約をゲットしたコネチカット出身の5人組が、名物コンピ盤『METAL MASSACRE』シリーズ第5弾に楽曲提供を行った後、'84年に放った1stアルバム。
アーティスティックな拘りを感じさせるアートワークから音楽性に至るまで、「洗練されたプログレ・メタル」の貫禄漂わす5th『PERFECT SYMMETORY』を先に聴いてから、遡って本作を購入したので、まず手書きの温もりに満ちた…つか温もりしか伝わってこねぇ(笑)ジャケット・イラストのいなたさに吃驚仰天した記憶あり。更に本編にはプログレ色がほぼ皆無だったもんで2度吃驚。じゃあここにはどんな音が託されているかといえば、パワフル且つ音痴なVoが醸し出すマイナー臭と、NWOBHMからの影響がモロ出しのダークでアグレッシブなHMサウンド。起伏に富んだ曲展開が素晴らしくドラマテックな④⑧といった楽曲もありますけど、それらに関してバンドが曲作りのお手本にしたのは、恐らくプログレ方面じゃなくてIRON MAIDENやJUDAS PRIESTじゃねえかなぁ?という。
いやでもそれが悪いかと言えば、断じてそんなことはない!と申し上げたい。圧の強いハイトーンVoと劇的に動き回るツインGを前面に押し立てたOPナンバー①、バンドの前身MISFIT時代のテーマ曲⑥、『METAL MASSACRE Ⅴ』にも提供されていた⑨という、ストレートに駆け抜ける正統派HMナンバーは本作でしか聴けぬタイプの名曲ではないかと。
万人にはお薦めし難い作品であることは事実なれど、個人的には聴き返す頻度がかなり高いFATES WARNINGのアルバムだったりします。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-04-29 09:30:14)


Lunatic Gate / D・N・A / JANNE DA ARC
妖しいメロディーと暗く重厚なサウンドにエロチックな歌詞が載ったJanneの王道をゆくナンバー。
最近はよく聴きますね。

kuroiyuki ★★★ (2017-04-21 02:09:49)


TIME’S / SIAM SHADE Ⅱ / SIAM SHADE
疾走感あり、メロディアス、キャッチー、そして歌詞が切ないといいとこ取りな楽曲。
シングルカットされたのもある意味必然だったのかもしれない。
個人的にはオリジナルのアルバムVerの方が好き。(ドラムの音がいい)

kuroiyuki ★★★ (2017-04-21 02:00:46)


TIME’S / SIAM SHADE Ⅱ / SIAM SHADE
疾走感あり、メロディアス、キャッチー、そして歌詞が切ないといいとこ取りな楽曲。
シングルカットされたのもある意味必然だったのかもしれない。
個人的にはオリジナルのアルバムVerの方が好き。(ドラムの音がいい)

kuroiyuki ★★★ (2017-04-21 02:00:46)


ファスナー / It's a wonderful world / MR.CHILDREN
確か具体的にキャラクターの名称を用いていることが一時物議を醸しましたが、大人になって、成長するにつれて色んな事柄の裏側も見えてきただろうってことを表すのに、これ以上の表現はなかなか無いのではと思います。
やっぱりすごいな桜井和寿。

名無し ★★★ (2017-04-19 10:56:54)


hypnosis / [(an imitation) blood orange] / MR.CHILDREN
桜井さんの魂がこもった曲ですね。
間奏なんてあってないようなもの。
詞と歌メロディをこれでもかと全面に押し出したい意図を感じました。

名無し ★★★ (2017-04-19 09:30:34)


It’s a Feeling / Toto IV / TOTO
改めて聞くと、超かっこいいと思うんですが。。。

名無し ★★★ (2017-04-16 14:37:51)


Octavarium / DREAM THEATER


至高の芸術、天才にしか理解出来ない世界観。この絶妙な匙加減こそがDTが最強たる所以。

名無し ★★★ (2017-04-14 11:15:41)


Alpha / ASIA

83年7月、個人的にあまり思い出したくない時期にリリースされたこともあり、1.を聴き込んだだけでオーディオラックの肥しと化していたアルバム。久しぶりに聴き通してみたら2.以降の楽曲においても全体的にポップとプログレのバランスが向上している。前作で巻き起こしたブームも一段落して良い意味で落ち着いてきた結果だろう。それはチャートのランクにも表れており、全米では前作よりダウンしたのに全英では逆に上げてきた。自分の中でASIAは残念ながら1stと本作の2作だけで終わってしまうのだが、それで十分だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-14 08:02:17)


Open Your Eyes / Alpha / ASIA
メロディは6.に似ているが、こちらは歌詞の通り前向きなバラードで好感が持てる。ただ、やっぱエンディングはマイナー調の曲ではなく4.か7.辺りを持ってきたかったね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-13 08:09:26)


Midnight Sun / Alpha / ASIA
夜中に足元を照らす太陽と言うだけで幻想的ではないか。同時に霧が晴れたような爽やかさも感じさせる、意外性に富んだ名曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-12 08:07:09)


True Colors / Alpha / ASIA
個人的に3年後大ヒットしたCYNDI LAUPERの同名異曲の方が馴染み深いもので…。もちろんASIAのも悪くないけど、後ろ向きな内容だよね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-11 08:02:05)


The Last to Know / Alpha / ASIA
美しいバラードに乗せて歌われる歌詞は、彼女の浮気を責め倦ねて苦悩する男の立場だ。"時の旅人"なる邦題は曲調から勝手に付けられたものだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-10 08:11:11)


Eye to Eye / Alpha / ASIA
10.と同様eye(s)が付くAメロが特徴的なハードポップテューン。こっちは"目を合わせない"という歌詞らしく何かチグハグしてるね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-09 08:02:09)


The Heat Goes On / Alpha / ASIA
Heat of the Momentの続編みたいなカッコいいタイトルだけで名曲決定! もちろん曲自体もグローバルなキャッチーさを備えたプログレハードのお手本で、マイナー調も気にならない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-08 07:55:17)


My Own Time (I'll Do What I Want) / Alpha / ASIA
経緯は寂しいけどようやく自分の時間が持てて思い通りにやれる現在を歌う曲。忙しい人やガチメタラーには良さが分からないかも知れない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-07 08:07:16)


Never in a Million Years / Alpha / ASIA
日本人好みとも言えるキャッチーな曲。GRASS ROOTSのI'd Wait A MIillion Yearsにしても、100万年を歌う曲はなぜかマイナー調メロだったりする。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-04-06 08:05:30)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
最強の2曲目、最強の本作2ndシングル。微笑みが消え去った瞳を前にしてこの爽やかさは何なんだ?と思いきや、変幻自在のメロディパターンが戸惑いを表現している。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-04-05 08:02:09)


Sugar Mice / Clutching at Straws / MARILLION
曲そのものが素晴らしい!
構成も・・そして何よりロザリーのソロが素晴らしい
フィッシュ時代の総括的な意味でもベストと思います!

NaoQ ★★★ (2017-04-03 22:16:34)


Splintering Heart / Holidays in Eden / MARILLION
中間部のアルペジオですね!
ライブはホーガスが、特殊?器材で奏でております

NaoQ (2017-04-03 22:05:41)


Ask the Lonely / Greatest Hits / JOURNEY
彼らの曲はどうしてもきれいになるね

名無し ★★ (2017-03-31 14:59:47)


Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER
この異常な曲をライブでやっちゃうんだもんな…おかげでスッパリ楽器辞めました!

名無し ★★★ (2017-03-31 14:05:45)


Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER
この異常な曲をライブでやっちゃうんだもんな…おかげでスッパリ楽器辞めました!

名無し ★★★ (2017-03-31 14:05:45)


/ D・N・A / JANNE DA ARC
桜の歌でNo.1

名無し ★★★ (2017-03-30 23:13:15)


Awaken / Going for the One / YES
私は最高傑作だと思っている。keys to ascentionのバージョンが好き。

名無し ★★★ (2017-03-29 13:09:26)


Home of the Brave / The Seventh One / TOTO
さすがとしか言い様がない!

名無し ★★★ (2017-03-29 11:23:58)


Mandalaband / MANDALABAND

David Rohl率いる英プログレッシブロックプロジェクトの75年リリースの1st。
キーボードとテクニカルなドラムが主体のシンフォニックロックだが、何といっても
聴きどころはアナログレコードA面全て占めている20分越えの「曼陀羅組曲」だろう。

中国によるチベット侵攻がテーマでチベット語で歌われている為歌詞は分からない
が、4つの楽曲で構成された組曲で、途中ジャズロックの様なテクニカルなパートは
あるもののシンフォニックなアレンジのキーボードやギター、適度な疾走感を生み出して
いる手数の多いドラム、オペラチックなヴォーカルや混声コーラスが見事に調和し、
圧倒的な完成度を誇る。

後半4曲(アナログB面)も曼陀羅組曲程のインパクトは無いものの完成度の高い
シンフォニックロックとなっている。

GC8改 ★★★ (2017-03-26 09:27:03)


SANDY TIME / LUNA SEA (2011) / LUNA SEA
東京の歌。

名無し ★★★ (2017-03-25 08:51:19)


Forest / Dwellers of a Sandcastle / La'cryma Christi
これぞヴィジュアル系バンド!と言えるようなお手本的名曲
LUNA SEAのROSIER
LAPUTAのMONOCHROME
そしてラクリマのFOREST
僕はそう思っています

名無し ★★★ (2017-03-21 11:42:48)


Back on the Streets / GARY MOORE

THIN LIZZYのカヴァーもあったり、フィル・ライノットがB.Voのみならず作曲面でも深く関わっているゲイリー・ムーアのソロ作第一弾。全般的にポップーでキャッチーな陽性面が強く前に出てはいるが、十八番とも言える泣きのギターが堪能できるバラードもありと、広くバランスの取れた一枚として知られていますね。ギタリストとしての弾けっぷりも、この時点で確立されているのも面白く、ハードなリフワークと哀愁のメロディ、そこに濃厚に絡みつくエモーショナルは響き、ゲイリー渾身の一撃は多くのギタリストを魅了する事となったでしょう。またラストに収録される⑧はジェフ・ベックの『哀しみの恋人達』と共に、ギタリストの入門曲として広く知れ渡っていますかね。

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 15:43:10)


Parisienne Walkways / Back on the Streets / GARY MOORE
ゲイリーとフィル・ライノットの共作によるムーディーな一曲
ゲイリーのチョーキング一発の泣きのギターを堪能できますね
この曲は使い方を間違えると完全に
つのだひろがメリージェーンと歌いだしそうだし
場末のスナックのチークタイムである
昭和カラオケ喫茶である
その辺りが若い人には進めづらい要因かもですね
羽生君の時はハズかったわ
この曲はジェフ・ベックのCause We've Ended As Loversと双璧をなす
ギタリスト達の登竜門としても知られた名曲ですよ

失恋船長 ★★★ (2017-03-12 15:30:15)


Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER
ショパンのエチュードは単なる「練習曲」という概念を超えて芸術性を深く追求することに成功しているが、DTはこの曲でそれをやってのけている。

名無し ★★★ (2017-03-11 22:06:57)


Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER
ショパンのエチュードは単なる「練習曲」という概念を超えて芸術性を深く追求することに成功しているが、DTはこの曲でそれをやってのけている。

名無し ★★★ (2017-03-11 22:06:57)


Be Good to Yourself / Raised on Radio / JOURNEY
うーん、ギターソロでそのまま終わらずに再度コーラス持って来てくれれば言う事ナシなんだけどなあ。少数派かな。

名無し ★★ (2017-03-07 11:57:44)


Wait for Sleep / Images and Words / DREAM THEATER
「Disappear」はサティ、こちらはラヴェルといったところか。

名無し ★★ (2017-02-28 21:02:52)


Smokin' / Boston / BOSTON
“A Man I'll Never Be”がBOSTON屈指の名バラードなら
こちらはBOSTON屈指のロック・チューン。
ゴキゲンに弾む曲調と、一緒に叫びたくなるシンプルなコーラスに
体が勝手にタテノリを始めます。
そして本曲の肝たるハモンド・オルガン!
プログレ風味のドラマ性と緊迫感を煽る
縦横無尽の仕事っぷりに拍手喝采ですよ。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-27 23:06:00)


A Man I'll Never Be / Don't Look Back / BOSTON
イントロはVoとピアノだけ。歌うGのメロディアスな切り込みと、
ブラッド・デルプの伸びやかな熱唱、ハモンド・オルガンの絶妙な
援護射撃による涙ちょちょ切れる終盤の劇的な盛り上げを経て、
再びVoとピアノによるエピローグで静かに締め括られる曲展開は
まるで名作映画の脚本を読むかの如き、起承転結の決まりっぷり。
猛烈にノスタルジーを喚起する、感傷的な哀メロ大盤振る舞いの
名バラードです。卒業式シーズンにはピッタリか?

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-26 21:59:24)


Don't Look Back / BOSTON

私ごとで恐縮だが、リリースが進学のため上京した年の夏ということもあり、別に故郷を捨てた訳ではないけど新しい環境で暮らす当時の心境と被った思い出の1枚である。また、自分が今でもテクノや小室某みたいなコンピューター音楽が嫌いなのはBOSTON、特に本作の影響が大きいと思われる。
本当に目覚まし代わりに聴いてたほど、1.のブッ飛び具合があの時の自分にとって新鮮だった。一番人気の4.はリアルタイムでは何かクラいなぁと思ってて、今でもその印象は変わらないなりに良さが分かったつもりでいる。アコースティックなアレンジが目立った1stに比べて静と動のメリハリがついたのはやはり進化と捉えるべきだろう。
後半はミディアムテンポのハードポップが続く割にテンションが明らかに下がる。とは言えアメリカンなりのメロディ重視である点は一貫して維持しているから最後まですんなり聴き通せる。たったの8曲・34分、中身は濃い。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-25 06:37:06)


Don't Be Afraid / Don't Look Back / BOSTON
BOSTONなのにウェストコーストが似合いそうな歌メロ、サザンロック風のG.ソロ。好きだけど欲張り過ぎた感のあるエンディングテューンだね。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-25 06:07:05)


Used to Bad News / Don't Look Back / BOSTON
B.DELP一人というクレジットからSCHOLZとは違う彼の作曲センスが窺える1曲だ。現実のbad newsから今年(2017年)3月で早や10年…。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-24 08:14:01)


Feelin' Satisfied / Don't Look Back / BOSTON
本作は静と動のバランスが非常に良い。感動的な名バラード4.の前後をひたすらポジティヴな曲で固める最強の布陣だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-24 08:04:23)


Close to the Edge: I. The Solid Time of Change / II. Total Mass Retain / III. I Get Up I Get Down / IV. Seasons of Man / Close to the Edge / YES
こういう曲を聴いてしまうとそんじょそこらの楽曲では満足できなくなってしまう。彼らには反省していただかなければ

干し柿 ★★★ (2017-02-23 22:03:06)


The Dark Eternal Night / Systematic Chaos / DREAM THEATER
このアルバムでも取っつきやすい曲。まさにプログレメタルを体現ししています。

イントロから歌メロ、インストパートとヘヴィで好きなんだけど、最後はフェードアウトで終わって欲しくなかった...

干し柿 ★★ (2017-02-23 21:36:54)


It's Easy / Don't Look Back / BOSTON
新たな体験もゲームだと言い切ってしまう楽観的な歌詞もイイね。本作中のミディアムテンポで躍動する曲の中でも1.とコレは秀逸の出来だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-23 07:58:07)


The Journey / Don't Look Back / BOSTON
1.とも3.とも切れ目無しで繋がる1分49秒のインスト。はるばる来ぬる旅への感慨と間近に見る新惑星への衝撃的な感動が表現されていて侮れない。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-22 08:10:54)


Boston / BOSTON

More Than a Feeling…曲レビューでも述べたが、同じ1976年でもEAGLESのHotel Californiaより早い夏頃にリリースされ、当時スネっかじりだったガキんちょのハートを鷲掴みにした曲である。もっとも自分の場合は最初この曲しか知らず、英単語の記憶力では敵わなかった同級生から"アルバム全部いい曲だよ!"と言われてようやく聴き通した。
奴は正しかった。基本は70sアメリカンロックであり初期EAGLESのようなカントリーテイストまで混じっているけど音が違うよ音が。そしてどこまでもクリーンなDELPの歌声。ホテカルといいDEBBIE BOONEのYou Light Up My Lifeといい比較的ネクラな曲が目立った76~77年にあって、1.ひいては本作こそが一縷の光明だったと言っても過言ではなかろう。
当時盤のライナーノーツにある通り、エレクトロニクスを駆使しての奥行き深いサウンド作りという新しい要素をもって登場したBOSTON。以来40余年、本作は売れに売れて今やダイヤモンドディスク認定だとか。もう十分元は取ったよねSCHOLZさん。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-21 10:40:47)


Let Me Take You Home Tonight / Boston / BOSTON
Tonightどころか朝でも昼間でも似合いそうなエンディングテューンは再び70sど真ん中のカントリーロックだ。本サイトで評価が低いのはHRではないからだろう。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-21 09:57:34)


Something About You / Boston / BOSTON
哀愁のイントロから一転メジャー調でグイグイ進むメロディアスロック。朗々と弾けるDELPの声が心地良い。I got to got to have you!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-20 08:06:20)


Hitch a Ride / Boston / BOSTON
プログレ風味のBOSTON流カントリーロック。当時のそれを代表したEAGLESや後年のNELSONよりも、この1曲に関しては上を行ってるかも。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-19 10:28:42)


Smokin' / Boston / BOSTON
前曲よりこっちの方がロックンロールしていて、更にプログレ風味のオルガンが加わるのだから無敵。BOSTON流パーティソングの決定版だと思う。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-19 05:33:42)


Start of Something Beautiful / Deadwing / PORCUPINE TREE
静かに始まり、中間部での盛り上がりが尋常でなくかっこ良い!
ボーカルがハイトーンではないのだが、この曲にはこのボーカルがマッチしていますね。

名無し ★★ (2017-02-18 23:23:28)


Rock & Roll Band / Boston / BOSTON
ロックンロールである。但し革ジャンではなく紺ブレを着て演ってる雰囲気がある。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-18 07:59:43)


Awake / DREAM THEATER

アルバムジャケットが曲の雰囲気を如実に表していますね。全体的にダークだが、それ一辺倒ではない...

Erotomaniaはインストで最強だと思っているし、The Mirror以降なんて少しの隙をも与えない完成度でしょう。特に7,8,11が好き。

干し柿 ★★★ (2017-02-17 22:05:21)


Lie / Awake / DREAM THEATER
低音かつヘヴィなリフが大好物です。ここまで低音を響かせている曲は数曲しかないかと。
Awakeの中では1番好き(The Mirrorとセットで!)

干し柿 ★★★ (2017-02-17 21:57:54)


Peace of Mind / Boston / BOSTON
アコースティックなイントロ、メジャー調の歌メロにマイナー調のG.ソロ&アウトロと至ってまともなロック。前曲との落差は否めないが、これが心の安寧なのだと納得しよう。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-17 08:13:06)


ASIA

本サイトの掲示板で歌えるベーシストを賛美したことがあったっけ。
GLENN HUGHESとJACK BLADESの名前を出したと思うが大事な人を忘れてたよ。
JOHN WETTON! 彼もまた尊敬に値するベーシストだった。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-17 07:59:51)


Asia / ASIA

当時同好の士がしきりにイチ押ししていて、個人的には82年の春を呼んだ1枚だね。おかげでHeat of the Momentのレビューでも言った通り、自分の他に若干1名、プログレやHRなんぞ縁もゆかりもない奴までどっぷりハマってた。
で、よ~く聴き込んでみるとシングル1.2.3.はあくまでも挨拶代わりであって、彼らがプログレ職人の本領を発揮するのは非シングル曲、特にアナログ時代のB面つまり6.以降だということがわかる。手法はやや異なるが日本のTULIPも初期にはシングル曲とアルバム曲を分けていたことを思い出した。
基本はプログレでありながらも本作は人間臭く親しみやすい。覚束なさの中にも深み暖かみのあるJ.WETTONの歌唱、テクは確かなんだろうけど曲によっては段々テンポアップしてしまうC.Palmerのドラミング、ツボを押さえたG.にキラキラKey.と全てが聴き所だ。コレでヒットしない訳がないよ~。
改めてJOHN WETTONにR.I.P.、そして本作と共にあれから35年後の春を迎えるとしようかな。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-16 20:59:53)


The Count of Tuscany / Black Clouds & Silver Linings / DREAM THEATER
音楽を聴いてきて良かった。そう思えた曲です。
「心を鷲掴みされる」といった形容が適当でしょうか? 
この感動を味わえる曲はDream Theater内でもそうありません。

干し柿 ★★★ (2017-02-16 12:04:54)


Here Comes the Feeling / Asia / ASIA
4.7.と同様J.WETTON-S.HOWEの共作による本作最長のエンディングテューン。"ときめきの面影"との再開を喜ぶ歌詞で、終わり良ければすべて良し。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-16 08:05:13)


Cutting It Fine / Asia / ASIA
ジェットコースター的な歌メロと演奏によりギリギリ切り詰めたと言うより張り詰めた前半と、邦題"流れのままに"の如く締めくくる後半の落差が楽しめる大曲。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-15 07:57:48)


Roundabout / Fragile / YES
自分の趣味としてYESもこの曲も圏外だったが、80年代前半ASIAの活躍と~Lonely Heartでの復活で知るところとなった。そして2010年代、OVERDRIVE的には"環状交差点"絡みで再びこの曲を連想している。事ある毎に巡り来るのは名曲である証拠だね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-14 10:47:07)


Without You / Asia / ASIA
基本的にマイナー調や同じ歌メロの繰り返しが嫌いな自分でも、この曲には引き込まれ耳に残る。知る限りの同名異曲にも引けを取らない名曲だ。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-14 09:58:49)


Wildest Dreams / Asia / ASIA
3.と似たAメロで始まり本家プログレらしい怒涛の展開を見せる"この夢の果てまで"。野望…と歌う肝心のサビがダレる気がするので減点。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-14 09:37:28)


Time Again / Asia / ASIA
Timeが単数だけどtime and (time) againと同義で"(悪いことが)繰り返し何度も"と歌っている曲。しかしこんなにカッコいいプログレ・ハードなら何度でも聴きたくなるよね。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-02-13 08:04:01)


Animate / Counterparts / RUSH
カウントから迫力のフィルインという流れだけで最高にテンションがアガる、パワフルでヘヴィなOPナンバー。スピーカー越しに生々しくオーガニックな演奏が直に伝わってきそうな音作りがまた最高だ。

ハルディン ★★★ (2017-02-13 00:23:17)


Stick It Out / Counterparts / RUSH
メロディラインが埋もれそうになるほどの荒々しく歪んだGリフが醸すやや澱んだ空気と、当時のグランジブームの影響が強く感じられる曲。それでもRUSHならではの変幻自在なロックの一種のスパイスとなって活きている点が凄いところ。

ハルディン ★★ (2017-02-13 00:19:28)


Flight of the Snow Moose / Back on the Streets / GARY MOORE
ジャズ・クロスオーヴァー風味のインストチューン。
ギターもさることながら、サイモン・フィリップスのDrumsが素晴らしい。
この曲を気に入った若い方は、COLOSSEUMⅡも是非聞いてみて欲しい。

Major Tom ★★ (2017-02-12 23:24:30)


One Step Closer / Asia / ASIA
ドラマティックな前3曲からの流れで聞くと微妙だが、単体では解放感のある佳曲だ。プログレからポップへ更に一歩擦り寄った感じ?

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-02-12 09:12:24)


Send Her My Love / Frontiers / JOURNEY
不思議な曲

名無し ★★ (2017-02-10 18:30:52)


Go / Astra / ASIA
亡くなられ悲しい…
Goカッコイイ!
マンディーメイヤーも良いね!

名無し ★★★ (2017-02-10 16:50:26)


SYMPTOM / IMAGE / LUNA SEA
シャウトもいいけど、イントロの静けさからあの激しさにいくのがすき。誰かつべに音源あげてくれー!

名無し ★★★ (2017-02-10 07:16:42)


Love Flight / CHEMICAL REACTION / RX

原曲はファンクなリズムにヘビーなリフを乗せるのがカッコよかったが、こちらはポップでファンキーな仕上がり。アレンジ次第でこうも変わるのかと驚かされた。

黄金屑 ★★ (2017-02-09 09:50:25)


Rock and Roll Dream / Astra / ASIA
生オーケストラも起用した壮大なシンフォニックロック。基本的に素晴らしい曲だが、サビを繰り返してそのままfade-outという流れが個人的にはWettonの悪癖に感じる。

ANBICION 11 ★★ (2017-02-08 18:06:49)


Go / Astra / ASIA
前2作の1曲目と比べて少し弱いのは否めないが、クラシカルなkeyは相変わらず素晴しい冴えを見せる。

ANBICION 11 ★★ (2017-02-08 17:57:42)


Hard on Me / Astra / ASIA
ASTRAでは一番好きな曲。半ば辺りの優美な展開には痺れた。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-08 00:09:44)


After the War / Astra / ASIA
大仰なラストナンバーで、すこしELPっぽい感じがする。Carlのドラムも一段と気合が入っている印象。

ANBICION 11 ★★ (2017-02-08 00:07:26)


Mantra / STYX

 Great American Broadcast Companyから2015年にリリースされた。
 内容はシカゴのラジオ局であるWKQXが放送した、1977年9月22日のマントラスタジオでのライヴ。

 ①The Grand Illusion
 ②Lorelei
 ③Mademoiselle
 ④Fooling Yourself(The Angry Young Man)
 ⑤Suite Madame Blue
 ⑥Light Up
 ⑦Come Sail Away
 ⑧Lady
 ⑨Midnight Ride
 ⑩Miss America

 以上10曲を収録。
 内容的には本音を吐くと星を二つ付けたいところなのだが、音があまり良くない。
 ライヴ盤は音質が悪いと聴く気が失せるので、購入にあたっては注意を要する。本作も'77年の録音が21世紀になって出てくることが、“お宝発掘”なのか“Styx好きな奴が買うだろ。出しちゃえ”なのかは微妙なところ。
 だが、個人的見解を申せば、私はStyxのファンなので多少の音の悪さは目をつぶる。
 ステレオ録音なのに全体的に右に偏移して聴こえることとか、ベースとドラムの音がこもっており音量も小さいこととか、所々録音の保存状態が悪かったのか音がよれていることとか、瑕疵を挙げだすときりがない。だが、“まぁ雰囲気だろ”と聴いてしまう。
 ぶっちゃけ、他のバンドだがもっと音が悪いライヴ盤もっているし。好きなバンドだとなんだかんだ良い所を見つけて聴いてしまう。

 皆、声が出ているし、ギターもハードだし、演奏が溌剌としている。そりゃあそうだ。アメリカン・プログレッシヴ・ロックの頂点へと到達しようとしている、ノリにノった時期のライヴなんだから。結構楽しい。
 繰り返すが、内容だけなら「良い!」なのだが、「“良い!”んだ。聴いてみようかな」と購入し、「なんだよこれ!聴けたもんじゃねぇ!」という被害者が出ないとも限らないので、「まあまあ」。

帰ってきたクーカイ (2017-02-06 20:49:22)


LOVELESS / MOTHER / LUNA SEA
宇宙的世界観とは正にこの事だな

緋虜鬼 ★★★ (2017-02-05 15:28:53)


The Last to Know / Alpha / ASIA
聴き込むほどに感動が増してくる絶品のバラードで間奏も歌も文句なし。
即効性では①の方が上だが、これは少し地味だが長く楽しめる。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-05 00:11:13)


Midnight Sun / Alpha / ASIA
様々なASIAマジックが炸裂する壮麗なバラード。クリアにゆっくりと歌い上げる、From the horizon to infinity~の箇所が堪らない。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-04 22:59:27)


What Do You Want From Me / The Division Bell / PINK FLOYD
あまり注目されない曲ですが、個人的にはものすごくツボにはまる曲。
やるせない気分の時にはとりあえずこの曲を聴くくらい大事な一曲です。

名無し ★★★ (2017-02-04 19:46:37)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


僕はピンクフロイドをプログレなどと思ったことはいまだかつて一度もありません。
そしてこのアルバムは音楽史に刻まれるべき大傑作です。

名無し ★★★ (2017-02-04 19:42:51)


Supertwister / Mirage / CAMEL
とにかくフルートが最高過ぎて癒されます
これより良いフルート曲があったら教えてください!

スーパーラスカル ★★★ (2017-02-04 08:58:39)


Alpha / ASIA

確かにこれがASIAの最高傑作かもしれません。⑦~⑨の流れは特に絶品中の絶品で、本作は後半の方が上回っていると思う。

ONLY TIME WILL TELLがASIA史上NO.1の名曲だと未だに思っているけど。

ANBICION 11 ★★★ (2017-02-04 02:01:02)


KING CRIMSON

ジョン・ウェットン氏死去、
享年67
グレッグ・レイクの死去から間を置かずの事で、ちょっとショックでした。
"Epitaph" と "Starless"
どちらも、あの歌声あってこその名曲であると思います。

故人の冥福をお祈りいたします。

夢想家・I (2017-02-02 22:35:12)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
1曲目が“DON'T CRY”で、2曲目がこの珠玉のバラード。
一体『ALPHA』はどんだけ名盤なんだよ!?と。
美しく神々しい曲調には、ジョン・ウェットンの麗しくも
ジェントリーな歌声が実に良く映えます。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-02 21:58:46)


Don't Cry / Alpha / ASIA
イントロ数秒聴いただけでもう勝負あり。
Voが伸びやかに歌うメロディや軽快に弾むリズムは
ハードポップ調ですが、琴線を震わすGに、煌びやかなKey等
アレンジは綿密にしてドラマティック。
ASIAが標榜した「3分間プログレ」の理想形を
体現したかのような名曲ではないでしょうか。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-02 21:55:33)


Alpha / ASIA

ジョン・ウェットン死去の報に触れ、急きょ引っ張り出してきたASIAの2nd。様々なバンドに籍を置いてきた氏ですが、当方が彼の名を聞いて真っ先に思い浮かべるのは、やはりASIA。特に’83年発表の本作はいつ何時聴いても感動を新たにさせられるプログレ・ハードの大傑作であります。セールス面では前作に及ばなくとも、内容的には一歩も引けを取らない素晴らしさ…というか、個人的にはASIAの最高傑作と言えば断トツでこれですよ。
アルバムのキーマンは、流麗且つカラフルなKeyワークでサウンドをドラマティックに彩るジェフリー・タウンズなれど、軽やかに弾むカール・パーマーのDs、押しと引きを心得たスティーヴ・ハウのG、何よりジョン・ウェットンの包み込むようにジェントリーなVoも、唯一無二の音世界確立に欠かさざる重要な要素であったと。
中でもOPナンバー①は「3分間プログレ」と評されたASIAの神髄が頭から尻まで堪能できる名曲中の名曲。これ1曲でアルバム数枚分の価値があると断言したいぐらいなのですが、本編はこの後も、ウェットンの暖かみに溢れた歌唱が神々しく響き渡るバラード②、劇的なイントロだけで掴まれる⑤。盤を裏返したB面には、ジェフの技ありなKeyワークが冴える⑦、キビキビとハード&キャッチーな⑧、アルバムを大団円で締め括る⑩…といった具合に、マイク・ストーンの的確なプロデューシングの下、アーティスティックな拘りと、親しみ易いポップな大衆性をスムーズに同居させた名曲の大盤振る舞い。
ロジャー・ディーンの手掛けた美しいアートワークを眺めながらめくるめくASIAワールドに浸れば、聴く度に幻想の世界へと連れ去られてしまうような感覚に陥るという、全く以て脱法ドラッグいらずの1枚。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-02-01 21:07:37)


Alpha / ASIA


RIP

名無し ★★★ (2017-02-01 01:41:47)


ASIA

また1人プログレ界の巨匠が逝ってしまった。
ジョン・ウェットン、R.I.P・・・。

GC8改 (2017-01-31 22:27:42)


Play in Time / Benefit / JETHRO TULL
なかなかハードな曲です。
イアンのフルートも奇声を上げながら勢いよく鳴っており(笑)テープの逆回転なんかも使って、3分半くらいの曲なのに一筋縄ではいかないナンバーです。

名無し(2017-01-28 16:45:13)


Wond'ring Aloud / Aqualung / JETHRO TULL
これの別バージョンが「Living in the past」に「Wondering again」という曲名で収録されていますね。
確か元々はシングルとして、発表されたのかな?

名無し (2017-01-28 16:39:48)


Ladies / War Child / JETHRO TULL
これまた、アコースティックナンバーですが、この曲ではデビッド パーマーのオーケストラアレンジが効果を上げています。しかし、パーマーさん性転換して、ディー パーマーになっていたんですねぇ。3年くらい前に彼(彼女か?)名義の「A classic case(タルのカバーアルバムでクラシックアレンジが施されている)」を購入して、ファンサイト見てたら気づきました。

名無し ★★ (2017-01-28 16:35:11)


Requiem / Minstrel in the Gallery / JETHRO TULL
タルお得意のアコースティックナンバーですね。
メタルバンドのバラードには間違っても出てこない曲調ですが、こういうブリティッシュトラッドの良さが判るのは、まあオーバー30かな?

名無し(2017-01-28 16:25:57)


Big Dipper / Too Old to Rock 'n' Roll: Too Young to Die! / JETHRO TULL
女に振られたレイ(このアルバムの主人公)が地元に戻って愛車に跨がってぶっ飛ばして、憂さ晴らしするBGMなのでハードなナンバーですが、テンポが今一速くないので、今の若い人にはハァ?って思われるかもしれないな。

名無し(2017-01-28 16:21:04)


Ring Out, Solstice Bells / Songs From the Wood / JETHRO TULL
和やかな曲調で、クリスマスの時期に聞こえてきたらぴったりなムードでしょう。
後に彼等が「The christmas album 」に再録するのも当然か。

名無し(2017-01-28 16:13:20)


Moths / Heavy Horses / JETHRO TULL
タル(というよりイアン)お得意のアコースティックギターが活躍するナンバーです。
こういう曲調は、本当に聴くものの気持ちを温かにしてくれる。ちょっと失敗して落ち込んだ時に癒してもらえる曲ですよ。

名無し ★★ (2017-01-28 16:07:06)


Something's on the Move / Stormwatch / JETHRO TULL
タルの中でも1,2を争うハードなナンバーですね。
この曲に於けるマーティンのギタープレイはメタルバンドのギターと言って全く差し支えないものです。
バリーモアのドラミングも手数の多い攻撃的なプレイですが、イアンのボーカルがシャウトじゃないので、ハードロックまでは名乗れても、ヘビーメタルとは名乗れない(笑)

名無し ★★ (2017-01-28 15:59:45)


PAIN OF SALVATION

新譜、良いですね。MEANINGLESSが特徴的なイントロからサビのメロディと非常に良い曲だと思いました。

BLACKWATER ★★★ (2017-01-25 14:55:51)


The End of the Dream / A WILL / LUNA SEA
>LUNA SEA流KICKSTART MYHEART

さすがにないわ

名無し(2017-01-16 13:50:16)


Fire Ball / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit

このタイトルでこのバンドですから
DEEP PURPLEのカヴァーかな?と思ったのですが、違いました。
Charをゲストに招いてのステージ上でのジャム・セッションに
曲名を付けたものなのですが、これがまさしくタイトルを地で行く
火を噴くような楽器陣の掛け合いがスリリングな出来栄え。
疾走感溢れる曲調はテーマ・メロディも印象的で
ちゃんと「インスト曲」として成立しています。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-15 08:34:15)


Journey to Utopia / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit

1stアルバムには収録されておらず、このライブ盤でしか
聴くことができない(多分)アルバム表題曲。
宮永英一の流れるようなドラムロールと、Charが奏でる
“星条旗よ永遠なれ”をイントロ代わりにスタート。
一度聴けば耳に残る印象的なリフレインを持った哀愁のHRナンバーで
熱く激しく咽び泣くGソロも強烈。
それまでバリバリ英語の楽曲とMCをこなしてきたJ.J.が
曲紹介で「Char、オ願イシマス」と
凄い丁寧に日本語を話しているのも微笑ましい。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-15 08:27:30)


Live-journey to Utopia / Eastern Orbit

‘83年11月に、EASTERN ORBITが米軍横田基地内の将校クラブ「NCO CLUB」で行ったライブの模様を収めた実況録音盤(前座は十二単だったという)。
メンバーはJ.J.(Vo)、中島優貴(Key)、宮永“CHIBI”英一(Ds)、多田勇(G)、デイヴ伊藤(B)、それに特別ゲストのCHAR(G)という布陣。英語のMCも流暢にこなせるJ.J.の熱唱を始め、手練れの面子が繰り出す熱く激しいパフォーマンスと、初っ端からテンションが振り切れている観客の熱狂とが相俟って、本作を聴いていると、何やら海外で(そも米軍基地内はアメリカの領土なんですけども)、海外のバンドのライブを見ているような錯覚に陥る瞬間もしばしば。中でも個人的には、イアン・ペイスばりのタイトで流れるようなドラミングのみならず、RAIBOWのカヴァー③ではリードVoも担当する(しかも巧い!)という多才ぶりを発揮している、宮永英一の存在に特に感銘を受けましたね。
HEAVY METAL ARMY時代の代表曲①に始まり、疾走ナンバーの名曲②が後に続く「掴み」や、CHARの独奏“星条旗よ永遠なれ”からスタートする印象的なリフレインを持った⑥、全楽器が火花を散らして衝突し合うインスト曲⑦といった楽曲からは、スタジオ・バージョンを軽く凌駕する迫力と熱量が迸ります。「Key奏者が創作面のイニシアチブを握るバンド」と聞くと、プログレ・ハード系の音を想像しがちですが、ここに詰まっているサウンドは完全にHR/HMの領域にダイブ・イン。もしかすると1st『FUTURE FORCE』よりもEASTERN ORBIT入門盤にお薦めできるかもしれません。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-14 10:23:17)


Every Little Thing / Yes / YES
原曲はもちろん大好きなのですが、このカヴァーも大のお気に入り
聞いていると何かがこみあがってきてワクワクします
デイトリッパーのリフを挟んでくるところもイイ

名無し ★★★ (2017-01-12 22:05:18)


Order of the Universe / Anderson, Bruford, Wakeman, Howe / YES
日本人にとっては「ザ・スクープ」ですね。土曜夕方6:00-6:55

後半はローカルスポンサーで「提供・青森トヨペット」でした。

名無し ★★★ (2017-01-10 18:09:59)


Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
浮遊感があって霧のかかったようなサウンド
救いようのない悲劇を静観し脱力しているかのよう

名無し ★★★ (2017-01-07 01:15:23)


DREAM THEATER


2017/1下旬からのツアーで、
I&W の完全再現をするそうな。

名無し ★★★ (2016-12-31 09:55:45)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
前にも書いてますが、海賊盤(アルバムタイトルも「My God!」とそのまんまです)でのプレイが凄いですよ!うにぷさん。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★★ (2016-12-30 20:50:21)