この曲を聴け!
最近の発言
The End of the Dream / A WILL / LUNA SEA (名無し)
Fire Ball / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit (火薬バカ一代)
Journey to Utopia / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit (火薬バカ一代)
Live-journey to Utopia / Eastern Orbit (火薬バカ一代)
Every Little Thing / Yes / YES (名無し)
Order of the Universe / Anderson, Bruford, Wakeman, Howe / YES (名無し)
Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
DREAM THEATER (名無し)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (名無し)
二月の丘 / 遠い音楽 / ZABADAK (うにぶ)
My God / Aqualung / JETHRO TULL (うにぶ)
LUNA SEA / LUNA SEA (アクセルブルー)
JOE LYNN TURNER (名無し)
Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Just Get Through This Night / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
TOTO (名無し)
IN SILENCE / STYLE / LUNA SEA (アクセルブルー)
Lunatic Gate / D・N・A / JANNE DA ARC (アクセルブルー)
EMERSON, LAKE & PALMER (夢想家・I)
High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD (名無し)
Lay Down Your Arms / Aqua / ASIA (N男)
Wildest Dreams / Asia / ASIA (N男)
Be Good to Yourself / Raised on Radio / JOURNEY (名無し)
終わりなき旅 / DISCOVERY / MR.CHILDREN (レオン)
Fragile / YES (Ray-I)
Fragile / YES (名無し)
Don't Let It End / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Apocalypse / MAHAVISHNU ORCHESTRA (うにぶ)
Mr. Roboto / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
知りたがり症候群 / SIAM SHADE Ⅴ / SIAM SHADE (N男)
A Secret Love / Hydra / TOTO (Rockmaker)
Three of a Perfect Pair / Three of a Perfect Pair / KING CRIMSON (N男)
Guts on My Side / Starless and Bible Black / KING CRIMSON (N男)
The Great Deceiver / Starless and Bible Black / KING CRIMSON (N男)
Running Out of Time / Toto XIV / TOTO (名無し)
Cold War / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
Summer ’68 / Atom Heart Mother / PINK FLOYD (名無し)
More Than a Feeling / Boston / BOSTON (名無し)
Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER (名無し)
Heavy Metal Poisoning / Kilroy Was Here / STYX (ANBICION 11)
All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE (名無し)
War Child / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Toto XIV / TOTO (名無し)
Fahrenheit / TOTO (名無し)
She Cares / Paradise Theatre / STYX (N男)
War Child / War Child / JETHRO TULL (名無し)
Heat / Under Wraps / JETHRO TULL (名無し)
TONIGHT / LUNACY / LUNA SEA (名無し)
Man in the Wilderness / The Grand Illusion / STYX (N男)
What Has Come Between Us / Styx / STYX (N男)
Thoughts of a Dying Atheist / Absolution / MUSE (bakamura)
Pamela / The Seventh One / TOTO (名無し)
feel the wind / GAIA / JANNE DA ARC (名無し)
The Dark Eternal Night / Systematic Chaos / DREAM THEATER (N男)
Act II: Scene Six: Home / Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER (干し柿)
Stand Beside Me / In the Spirit of Things / KANSAS (N男)
Escape / JOURNEY (蔵人)
Boston / BOSTON (蔵人)
SHADE / LUNA SEA / LUNA SEA (gill)
Icarus - Borne on the Wings of Steel / Masque / KANSAS (N男)
The Prelude Implicit / KANSAS (帰ってきたクーカイ)
Peter Gabriel Ⅳ / PETER GABRIEL (うにぶ)
LUNACY / LUNA SEA (雪雛)
覚醒都市 / sora no uta / 新居昭乃 (名無し)
MECHANICAL DANCE / IMAGE / LUNA SEA (名無し)
CAN (黄金屑)
Six Degrees of Inner Turbulence: V. Goodnight Kiss / Six Degrees of Inner Turbulence / DREAM THEATER (名無し)
Act I: Scene Three: II. Fatal Tragedy / Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER (名無し)
Someday Soon / Departure / JOURNEY (名無し)
Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER (名無し)
GARY MOORE (たまきりふう)
Make Believe / Toto IV / TOTO (名無し)
Rouge / A WILL / LUNA SEA (名無し)
Mad About You / Mindfields / TOTO (名無し)
Get 'Em Out by Friday / Foxtrot / GENESIS (N男)
Build Me Up, Break Me Down / A Dramatic Turn of Events / DREAM THEATER (sd2398)
III. Machinageddon: Vocari Dei / BE / PAIN OF SALVATION (名無し)
Road Salt One / PAIN OF SALVATION (名無し)
Fly From Here / Fly From Here / YES (N男)
Octavarium / DREAM THEATER (名無し)
Innocence Faded / Awake / DREAM THEATER (sd2398)
Time and a Word / Time and a Word / YES (N男)
Mystic Rhythms / Power Windows / RUSH (N男)
Darkness in a Different Light / FATES WARNING (名無し)
Eulogy / Ænima / TOOL (N男)
La'cryma Christi (名無し)
Amanda / Third Stage / BOSTON (名無し)
Amanda / Third Stage / BOSTON (名無し)
Yoo Doo Right / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
Outside My Door / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
Mary, Mary So Contrary / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
Father Cannot Yell / Monster Movie / CAN (夢想家・I)
MOTHER / MOTHER / LUNA SEA (kai21223)
The Gift of Music / The Astonishing / DREAM THEATER (sd2398)
The Mission / 30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS (N男)
30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS (N男)
Are You Ready Eddy? / Tarkus / EMERSON, LAKE & PALMER (はっちゃん)
Jeremy Bender / Tarkus / EMERSON, LAKE & PALMER (はっちゃん)
Tarkus / Tarkus / EMERSON, LAKE & PALMER (はっちゃん)
A Mind Beside Itself: II. Voices / Awake / DREAM THEATER (怜竜)
A New Beginning / The Astonishing / DREAM THEATER (グッチョ)
Act of Faythe / The Astonishing / DREAM THEATER (グッチョ)
What Has Come Between Us / Styx / STYX (火薬バカ一代)
Tender Surrender / Alien Love Secrets / STEVE VAI (名無し)
Train of Thought / DREAM THEATER (sd2398)
Breaking All Illusions / A Dramatic Turn of Events / DREAM THEATER (名無し)
Styx / STYX (火薬バカ一代)
I'll Be Alright Without You / Raised on Radio / JOURNEY (名無し)
More Than a Feeling / Boston / BOSTON (名無し)
ナイフ / ANOTHER SINGLES / JANNE DA ARC (kuroiyuki)
LOSE MY REASON / SIAM SHADE / SIAM SHADE (kuroiyuki)
Z-HARD / JANNE DA ARC (名無し)
Stare / Resist / JANNE DA ARC (名無し)
WISH / IMAGE / LUNA SEA (名無し)
Awake / DREAM THEATER (TechMetal)
False Awakening Suite / Dream Theater / DREAM THEATER (名無し)
Plug In Baby / Origin of Symmetry / MUSE (名無し)
Rattle That Lock / DAVID GILMOUR (H・W)
Train of Thought / DREAM THEATER (TechMetal)
Systematic Chaos / DREAM THEATER (TechMetal)
CAN (夢想家・I)
Monster Movie / CAN (夢想家・I)
KANSAS (名無し)
A Change of Seasons / A Change of Seasons / DREAM THEATER (N男)
The Mirror / Awake / DREAM THEATER (N男)
Mortar Grind / Road Salt Two / PAIN OF SALVATION (BLACKWATER)
Frances the Mute / THE MARS VOLTA (うにぶ)
Matching Mole / MATCHING MOLE (うにぶ)
The Killing Hand / When Dream and Day Unite / DREAM THEATER (名無し)
JANNE DA ARC (アクセルブルー)
JANNE DA ARC (名無し)
Falling Satellites / Frost* (cri0841)



MyPage

プログレッシブロック - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


The End of the Dream / A WILL / LUNA SEA
>LUNA SEA流KICKSTART MYHEART

さすがにないわ

名無し(2017-01-16 13:50:16)


Fire Ball / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit

このタイトルでこのバンドですから
DEEP PURPLEのカヴァーかな?と思ったのですが、違いました。
Charをゲストに招いてのステージ上でのジャム・セッションに
曲名を付けたものなのですが、これがまさしくタイトルを地で行く
火を噴くような楽器陣の掛け合いがスリリングな出来栄え。
疾走感溢れる曲調はテーマ・メロディも印象的で
ちゃんと「インスト曲」として成立しています。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-15 08:34:15)


Journey to Utopia / Live-journey to Utopia / Eastern Orbit

1stアルバムには収録されておらず、このライブ盤でしか
聴くことができない(多分)アルバム表題曲。
宮永英一の流れるようなドラムロールと、Charが奏でる
“星条旗よ永遠なれ”をイントロ代わりにスタート。
一度聴けば耳に残る印象的なリフレインを持った哀愁のHRナンバーで
熱く激しく咽び泣くGソロも強烈。
それまでバリバリ英語の楽曲とMCをこなしてきたJ.J.が
曲紹介で「Char、オ願イシマス」と
凄い丁寧に日本語を話しているのも微笑ましい。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-15 08:27:30)


Live-journey to Utopia / Eastern Orbit

‘83年11月に、EASTERN ORBITが米軍横田基地内の将校クラブ「NCO CLUB」で行ったライブの模様を収めた実況録音盤(前座は十二単だったという)。
メンバーはJ.J.(Vo)、中島優貴(Key)、宮永“CHIBI”英一(Ds)、多田勇(G)、デイヴ伊藤(B)、それに特別ゲストのCHAR(G)という布陣。英語のMCも流暢にこなせるJ.J.の熱唱を始め、手練れの面子が繰り出す熱く激しいパフォーマンスと、初っ端からテンションが振り切れている観客の熱狂とが相俟って、本作を聴いていると、何やら海外で(そも米軍基地内はアメリカの領土なんですけども)、海外のバンドのライブを見ているような錯覚に陥る瞬間もしばしば。中でも個人的には、イアン・ペイスばりのタイトで流れるようなドラミングのみならず、RAIBOWのカヴァー③ではリードVoも担当する(しかも巧い!)という多才ぶりを発揮している、宮永英一の存在に特に感銘を受けましたね。
HEAVY METAL ARMY時代の代表曲①に始まり、疾走ナンバーの名曲②が後に続く「掴み」や、CHARの独奏“星条旗よ永遠なれ”からスタートする印象的なリフレインを持った⑥、全楽器が火花を散らして衝突し合うインスト曲⑦といった楽曲からは、スタジオ・バージョンを軽く凌駕する迫力と熱量が迸ります。「Key奏者が創作面のイニシアチブを握るバンド」と聞くと、プログレ・ハード系の音を想像しがちですが、ここに詰まっているサウンドは完全にHR/HMの領域にダイブ・イン。もしかすると1st『FUTURE FORCE』よりもEASTERN ORBIT入門盤にお薦めできるかもしれません。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-01-14 10:23:17)


Every Little Thing / Yes / YES
原曲はもちろん大好きなのですが、このカヴァーも大のお気に入り
聞いていると何かがこみあがってきてワクワクします
デイトリッパーのリフを挟んでくるところもイイ

名無し ★★★ (2017-01-12 22:05:18)


Order of the Universe / Anderson, Bruford, Wakeman, Howe / YES
日本人にとっては「ザ・スクープ」ですね。土曜夕方6:00-6:55

後半はローカルスポンサーで「提供・青森トヨペット」でした。

名無し ★★★ (2017-01-10 18:09:59)


Us and Them / The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD
浮遊感があって霧のかかったようなサウンド
救いようのない悲劇を静観し脱力しているかのよう

名無し ★★★ (2017-01-07 01:15:23)


DREAM THEATER


2017/1下旬からのツアーで、
I&W の完全再現をするそうな。

名無し ★★★ (2016-12-31 09:55:45)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
前にも書いてますが、海賊盤(アルバムタイトルも「My God!」とそのまんまです)でのプレイが凄いですよ!うにぷさん。
メタルけいしょう娘のパソコンより

名無し ★★★ (2016-12-30 20:50:21)


二月の丘 / 遠い音楽 / ZABADAK
高校時代、周囲の友人にザバダックを聴かせまくってましたが、特に友人がはまっていたのがこの曲です。
ファンタジー色の強い歌詞には、ファンタジーがブームを巻き起こした後に育った今の若い人たちもはまりそうな気がします。

うにぶ ★★★ (2016-12-24 16:30:04)


My God / Aqualung / JETHRO TULL
最近のヘヴィ・ローテーションNo.1曲です。
風変わりな展開、フルートの妖しさ、荒々しさに、色々と興奮してしまいます。聴くたびに新鮮。

うにぶ ★★ (2016-12-24 16:19:11)


LUNA SEA / LUNA SEA

1stアルバム。かなり荒削りでスッカスカだが、1曲1曲の完成度が高い。RYUICHIのシャウトが最も攻撃的。

アクセルブルー ★★★ (2016-12-24 00:19:16)


JOE LYNN TURNER


私にとって彼は確かに上手いボーカリストですが、残念ながら深みに欠けます。
え?何処が?ってお思いでしょうが、私の耳では、デビッド バイロン、ロブ ハルフォード、ゲイリー バーデンより、下の位置付けになりますのね。
かといって嫌いなのではありません。
非常に心地良く響く声なのは間違い有りません。
まあ、比較の問題ですね。

名無し(2016-12-23 22:07:52)


Kilroy Was Here / STYX

傑作だが前作よりは落ちると言われがちだったり、良い曲ばかりだが、一曲目が超絶キラーチューンのせいで後続が霞みがちというところは、同じリリース年のJOURNEYのFRONTIERSを連想させる。個人的には前作よりずっと気に入っている。何はともあれ、この時期のSTYXとJOURNEYはとんでもない怪物バンドだったことは容易に想像できる。

ANBICION 11 ★★★ (2016-12-21 02:46:38)


Just Get Through This Night / Kilroy Was Here / STYX
イントロは何となく古代のムードを感じる。後半のハイライトと言える壮大なバラードで、凝ったアレンジも想像力を刺激してくれる。

ANBICION 11 ★★★ (2016-12-19 03:29:45)


TOTO


TOTOには何人かのVoがいたけれど、僕にはマリオ・・・いや失礼、ボビー金坊のほうが
ワイルドでパワフルでエネルギッシュな素晴らしいVoだと思いました。

名無し (2016-12-13 22:39:17)


IN SILENCE / STYLE / LUNA SEA
SUGIZOのギターのカッティング音とIRORANのアコギ音が絶妙に絡み合っていて哀愁感が漂う。そしてSUGIZOのギターソロも独特の雰囲気を醸し出していていい。

アクセルブルー ★★★ (2016-12-13 22:22:31)


Lunatic Gate / D・N・A / JANNE DA ARC
歌詞がエロい!けど、歌詞中にもあるとおりメロディアスで、印象に残りやすい。

アクセルブルー ★★★ (2016-12-13 22:10:36)


EMERSON, LAKE & PALMER

グレッグ・レイク氏 永眠
キース・エマーソンに続いてこの人も…。
英国プログレの声のイメージを形作ったという点では、ジョン・ウェットンと並び双璧ではないでしょうか。

故人のご冥福をお祈りいたします。

夢想家・I (2016-12-09 00:34:43)


High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD
この曲を始めて聞いたのは、確か1995年。浪人時代でした。当時、阪神大地震、オウム事件とか暗いニュースがやまなかった時代。この曲の、廃退的な美しさと時代感覚が妙にかぶさって、当時から印象的な曲だった。最近、久々聴きました。20年以上も経ってるのに、全然聴ける!かっこいい。皆さんがおっしゃる通りに、最後のギターソロと歌詞が感涙を誘う名曲。ここまで心が揺さぶられる名曲とは、そうそう出逢えない、気がする。

名無し ★★★ (2016-12-06 23:04:01)


High Hopes / The Division Bell / PINK FLOYD
この曲を始めて聞いたのは、確か1995年。浪人時代でした。当時、阪神大地震、オウム事件とか暗いニュースがやまなかった時代。この曲の、廃退的な美しさと時代感覚が妙にかぶさって、当時から印象的な曲だった。最近、久々聴きました。20年以上も経ってるのに、全然聴ける!かっこいい。皆さんがおっしゃる通りに、最後のギターソロと歌詞が感涙を誘う名曲。ここまで心が揺さぶられる名曲とは、そうそう出逢えない、気がする。

名無し ★★★ (2016-12-06 23:04:01)


Lay Down Your Arms / Aqua / ASIA
このアルバムでは一番いいな。

N男 ★★★ (2016-12-06 18:55:11)


Wildest Dreams / Asia / ASIA
毎回のようにライブでやってる曲。
ドラマティックな展開と次々と飛び出す自己主張の塊のようなフレーズがカッコいい。
渋谷陽一自体認めないけど、僕もこの曲も名曲と認めますね。

N男 ★★★ (2016-12-06 00:32:55)


Be Good to Yourself / Raised on Radio / JOURNEY
みなさんのおっしゃる通りメロディーが最高!それだけじゃなくても歌詞もいい!
元気でます

名無し ★★★ (2016-12-04 14:47:50)


終わりなき旅 / DISCOVERY / MR.CHILDREN
tomorrow never knowsと
同じくらい人気なのでは? スポーツやってる自分にとっては、高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな という歌詞には感動しましたよ。

レオン ★★★ (2016-12-02 18:37:20)


Fragile / YES

某声優が初めて買ったレコードだと聴いて、購入したっけな。
当時、私の中でプログレといえば某大作RPGのボス曲ってイメージでしたので、
この曲を聴いたときは別の意味でびっくりしましたね。
飽きることのないサウンドスケープといいますか。
『Ruundabout』は勿論ですが、すべての楽曲を聴き終えたときの満足感は今でも忘れません。
本当にプログレ入門編としてすすめるには最適かも。

Ray-I ★★★ (2016-11-28 06:04:47)


Fragile / YES


自分は17(高2)なのですが、ジョジョのEDに採用されたらしく、Roundaboutからイエスを知ってくれる子が多いみたいです。話の会う友人が増えて嬉しい!
Mood for a dayも好きです。

名無し ★★★ (2016-11-28 00:50:47)


Tales From Topographic Oceans / YES


イエスのアルバムから3つ選べと言われたら「Fragile」「Close to the edge」とコレを選びます。それくらい好き。特に1曲目の読経のようなボーカルから盛り上がっていく感じが好きです。
が、これだけ長いので4曲目の終り方はClose to the edgeのように壮大な締め方を~と期待していたらけっこう霧散していってしまったのでそこだけが残念(笑)

名無し ★★★ (2016-11-28 00:44:58)


Don't Let It End / Kilroy Was Here / STYX
ソフトな歌唱が光る王道的なバラード。DennisとTommyって声が似ているような気がする。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-27 06:38:43)


Apocalypse / MAHAVISHNU ORCHESTRA

こんなジャズ・ロックとオーケストラとの共演なんて、よく許されたなーというのが、正直な印象です。よくやってくれました、コロンビア!
しかもマイケル・ティルソン・トーマス(ジャズの素養あり)指揮のロンドン響(応用力のあるプロ集団でインド音楽との共演経験もあり)との組み合わせというところに、レコード会社の本気を感じます(プロデューサーのジョージ・マーティン人脈かもしれませんが)。
普通のオケと指揮者では、こういうアイディアの実現は難しそう。プログレ隆盛期の'70年代という時代も良かったんでしょうね。
第1期の激烈さには及びませんが、目指している方向性も違うので、問題ありません。ジャン=リュック・ポンティにナラダ・マイケル・ウォルデンなんていうメンバーに、文句などあろうはずもありません。
チック・コリアの奥さんのゲイル・モランの歌声が聴けるのも貴重です。
基本的にはマハヴィシュヌ・オーケストラらしさ満載の雰囲気たっぷりかつ激熱なジャズ・ロックを、オケがドラマティックに盛り上げるという内容。
せーらさんのおっしゃるように、特に2、5曲目はオーケストラとの共演の旨味が出ていて、素晴らしい。

うにぶ ★★ (2016-11-26 23:27:59)


Mr. Roboto / Kilroy Was Here / STYX
煌びやかなシンセのイントロは未だにワクワクする。Dennisの卓越したメロディセンスや抜群のコーラスワークが光るキラーチューン。重く機械的なドラムも上手くはまっている。

ANBICION 11 ★★★ (2016-11-23 22:18:52)


知りたがり症候群 / SIAM SHADE Ⅴ / SIAM SHADE
歌詞の内容の人種が最近増えすぎて呆れを通り越してる。

「多分そのうちね社会的問題」

マジだったよ。

N男 ★★ (2016-11-22 23:57:30)


A Secret Love / Hydra / TOTO
前半だけ聞いて飛ばしてませんか?後半珠玉のメロディーが隠れてますよ

Rockmaker ★★ (2016-11-22 23:39:02)


Three of a Perfect Pair / Three of a Perfect Pair / KING CRIMSON
独特のブリュー節が堪能できる。
みんなそんな嫌うなよ。

N男 ★★★ (2016-11-22 22:41:31)


Guts on My Side / Starless and Bible Black / KING CRIMSON

40th anniversary editionにライブ音源が収録されている幻曲。
ホンマに幻のような曲、キャリア史上演奏回数はたったの1回きりだとか。
リフがとてもカッコいいし、かなりキャッチーさもある。
埋もれるには惜しい。

N男 ★★★ (2016-11-21 20:03:39)


The Great Deceiver / Starless and Bible Black / KING CRIMSON
普通のバンドのご機嫌系の曲とは全くテイストが違うのがキンクリらしいなと感じる。
なんという気持ち悪さ(笑)
聴き手を平気で騙す独特の存在感。

N男 ★★★ (2016-11-21 18:58:37)


Running Out of Time / Toto XIV / TOTO
1曲目をライヴでやったときこのアルバム買おうと思った。

名無し ★★★ (2016-11-21 15:28:08)


Lizard: a) Prince Rupert Awakes - b) Bolero: The Peacock's Tale - c) The Battle of Glass Tears (including I. Dawn Song - II. Last Skirmish - III. Prince Rupert's Lament) - d) Big Top / Lizard / KING CRIMSON

ジョン・アンダースンの出張仕事の中でも特に気に入ってる曲。
取っつきやすくきれいに始まったかと思ってると、キンクリらしいどんどんラリッた曲調になる。
聴き終わったころには例にもれず“何とも言えない”気分になる。
もはやアルバムの最後以外に居場所はあるまい。

N男 ★★★ (2016-11-20 21:13:01)


Cold War / Kilroy Was Here / STYX
爽やかなシンセとTommyの親しみやすいvo.が心地よい。いまいち突き抜けていない感じが逆に良い味を出している。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-20 20:28:55)


Summer ’68 / Atom Heart Mother / PINK FLOYD
オーケストラアレンジが良いね❗

名無し(2016-11-19 11:57:26)


More Than a Feeling / Boston / BOSTON
リアルタイムでヒット曲として聞いていましたが、文句のつけようがない名曲でしょう。

名無し ★★★ (2016-11-19 10:20:54)


Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER
とても壮大でよくこれ程の曲を創れるなぁ、と非常に感動しました。何回聴いても飽きない、聴き始めるとあっと言う間に時間が過ぎてしまう、、、本当に他の方の言う通りで圧倒されます。
やはり音楽に対する知識が幅広くあるからこそ完成した伝説的一曲だと思います。

名無し ★★★ (2016-11-18 21:04:48)


Metropolis, Part I: The Miracle and the Sleeper / Images and Words / DREAM THEATER
とても壮大でよくこれ程の曲を創れるなぁ、と非常に感動しました。何回聴いても飽きない、聴き始めるとあっと言う間に時間が過ぎてしまう、、、本当に他の方の言う通りで圧倒されます。
やはり音楽に対する知識が幅広くあるからこそ完成した伝説的一曲だと思います。

名無し ★★★ (2016-11-18 21:04:48)


Heavy Metal Poisoning / Kilroy Was Here / STYX
アルバムは全体的にエッジが少ないので、そこそこハードなこの曲が新鮮で引き立っている印象。賑やかで楽しいし、曲名の響きも良い。

ANBICION 11 ★★ (2016-11-17 00:04:25)


All Your Love / Still Got the Blues / GARY MOORE
ブルースというよりアップテンポでご機嫌なロックンロールでげすな。

名無し(2016-11-15 22:35:16)


War Child / War Child / JETHRO TULL
↑すみません。クラリネットではなくサックスでした。
「ストレンジデイズ」の記事を見て確認しました。

名無し (2016-11-15 19:10:17)


Toto XIV / TOTO


1曲目の始まりかたが好きです。毎日聴きたいです。

名無し ★★★ (2016-11-15 15:22:00)


Fahrenheit / TOTO


このアルバムは、いい曲いっぱいあるからもっと売れてほしい。

名無し ★★★ (2016-11-15 15:19:06)


She Cares / Paradise Theatre / STYX
今聴いてもあまり古さを感じない。
埋もれてる感あるけど、名曲だと思う。

N男 ★★★ (2016-11-15 14:34:56)


War Child / War Child / JETHRO TULL
オープニングナンバーですね。
そんなに良い曲とは思っていませんが、この頃(前作のパッション プレイも含む)イアンは、何故かフルート以外にもクラリネットも演奏しており、この曲でも聴かれます。
以前「ストレンジデイズ」のインタビューで「クラリネットを吹くのが嫌なのでパッションプレイの再現ライヴはやる気にならない。」と発言していました。

名無し(2016-11-15 09:11:53)


Heat / Under Wraps / JETHRO TULL
このアルバムでのマーティン バレのギターはかなり他の作品とは異質なプレイです。
キーボードのビッテッセに呼応したプレイなのでしょうが、この曲によく表れていますね。

名無し(2016-11-15 08:58:16)


TONIGHT / LUNACY / LUNA SEA
後期LUNA SEAの名曲。rosierのような疾走感あふれるナンバーです。

名無し ★★★ (2016-11-14 22:32:29)


Man in the Wilderness / The Grand Illusion / STYX
これぞStyxの名曲の一つだと思うのだが、人気ないのねぇ。
力こもってる後半は、アルバムのハイライト。

N男 ★★★ (2016-11-14 20:41:03)


What Has Come Between Us / Styx / STYX
1stに思い入れはほとんどないのだけれども、この曲は好き。

N男 ★★★ (2016-11-14 11:58:40)


Thoughts of a Dying Atheist / Absolution / MUSE
超キャッチー

bakamura ★★★ (2016-11-13 22:02:31)


Pamela / The Seventh One / TOTO
ビデオのアジア系の女性が気になる~

名無し ★★★ (2016-11-13 11:11:41)


feel the wind / GAIA / JANNE DA ARC
個人的ジャンヌNO1曲!
めちゃ爽やかな演奏から泣きの歌詞がたまらん!
「だけどこれ以上は悔しいから綺麗にならないで」
「ただ会いたくて 会えなくて 君の幸せだけ願うよ」なんて失恋後の微妙な男心を
絶妙に表現してて、失恋した僕の心をがっしりと掴みしたね!
最高に共感できる歌詞ですわ!

名無し ★★★ (2016-11-11 00:44:18)


The Dark Eternal Night / Systematic Chaos / DREAM THEATER
歌メロとか展開の整合性とか、聴きやすさあたりを重視してる人には、かなりとっつきにくい曲(要は大体の人に嫌われやすい)なのだが、Dream Theaterコンスタントに聴いてる人なら今回もやってくれたなって歓喜するだろうね。
メインのリフにもう少し旨みがあればもっととっつきやすくはやったと思う。これでは最初の20秒で集中して効く気をなくす人が多そう。

N男 ★★ (2016-11-10 19:11:47)


Act II: Scene Six: Home / Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER

アルバム全体にいえることですが、ギターの音色がとても心地よいのです。イントロのリフはヘヴィで気持ちいいし、サビでは壮大さを醸し出しています。なにげにこのアルバムで1,2を争うぐらい好きです。

干し柿 ★★★ (2016-11-09 21:26:28)


Stand Beside Me / In the Spirit of Things / KANSAS
このアルバムはいい印象の曲が少ないが、この曲はかなりの名曲だと思う。

N男 ★★★ (2016-11-09 20:58:34)


Escape / JOURNEY

ボンジョヴィの手本になったメロディ重視ロックバンドのあり方 ここにあり!!ロックバラードの帝王「open arms」を含んだこの一品は歌ものロックのすべてを語ってくれるのじゃ。

蔵人 ★★ (2016-11-08 19:23:45)


Boston / BOSTON

1970年代では前代未聞だったこの音は、今となって正統派になりおった。それがこのボストンの1stだ。クイーンとジャーニーの中間みたいな感じじゃないのか?

蔵人 ★★ (2016-11-08 19:19:07)


SHADE / LUNA SEA / LUNA SEA
LUNA SEAで一番好きな曲です.あのギターソロが醸し出す病んだ雰囲気が素晴らしいです.キレのいいリフも最高.

gill ★★★ (2016-11-07 21:32:39)


Icarus - Borne on the Wings of Steel / Masque / KANSAS
Kansasらしい各パートの自己主張が出た本作の目玉。
アルバムの中でも特に凝った展開が聴ける。
ライブでも結構頻繁にやってるね。

N男 ★★★ (2016-11-07 02:42:27)


The Prelude Implicit / KANSAS

 前スタジオ作から約16年ぶり。前作〔『DEVICE-VOICE-DRUM』(ライヴ)〕から勘定しても約14年ぶり。
 今、ここでまっさらな新作を聴けるとは思いもよらなかったね。

 メンバーは結構変わっている。Vo.が違うし。しかし、そっくり同じ声の人物を加入させたわけではないのだが(声がかすれない)、全く違和感なし。

 音楽性はまさしく「これぞKANSAS。これがKANSAS」

 やっぱり「ここぞ」というところで奏でられるヴァイオリンのメロディが肝だし、それを必然的なものとしている楽曲構成や、絡んでくるギター・キーボードのメロディがKANSAS以外の何物でもない。’70年代のプログレ・ハード期のKANSASが元気一杯に21世紀にニュー・アルバムをリリースするとこうなる、というのを余すところなく体現している。

 6曲目以降、徐々に高まっていく緊張感がたまらない。
 本編最後の10曲目「Section 60」もラストの曲として本編をピシリと締め、本作は楽曲単位で聴くのではなくアルバム単位で聴き評価すべき作品だと痛切に感じる。

 久しぶりにリリースされたからだとか、どこかで(以前のKANSASで)聴いたようなメロディが聴けるからとかは関係なく、ある一世を風靡したバンドが、往年のスタイルのままに充実した作品をい作り上げたという意味においても名盤。

帰ってきたクーカイ ★★★ (2016-11-06 00:42:27)


Peter Gabriel Ⅳ / PETER GABRIEL

1~4枚目までは同じ『PETER GABRIEL』というタイトルで出されているソロ作のうち、'82年発表の4thアルバムです。ちなみに私は、番号のないセルフタイトルのCDだから1stだろうと勘違いして買いました。
それまでジェネシスの諸作品や『SO』や『US』といったアルバムを聴いて、ピーター・ゲイブリエルはあんまりピンと来ないなーと思っていました。しかしこのアルバムが中古で安かったのでダメもとで聴いてみたところ、ガツンとやられました。
(1)「The Rhythm of the Heat」のトライバル・リズムの躍動感や緊迫感あふれるアレンジ、(2)「San Jacinto」の効果的なシンセや感動的な歌メロには初聴時からノックアウトされました。
ワールドミュージックへの傾倒や当時最先端のシンセサイザーの導入という要素が強く表れた実験的作風でありながらも、メロディとのバランスが絶妙で、聴いていて引き込まれます。
躍動感のある曲が半数を占めながらも、全体的なトーンは暗く、内省的な空気が支配的なところに、独自性を感じます。美しくも強靭な、芯の強い音楽です。

うにぶ ★★ (2016-11-05 00:13:06)


LUNACY / LUNA SEA

いい

雪雛 ★★★ (2016-11-04 15:34:01)


覚醒都市 / sora no uta / 新居昭乃
名曲!!

名無し ★★★ (2016-10-29 23:49:07)


MECHANICAL DANCE / IMAGE / LUNA SEA
ギターが悪の華っぽい。

名無し ★★★ (2016-10-29 10:02:42)


CAN

最近聞き始めたけどこのバンド、プログレという感じは全く受けない。むしろテクノとかの質感に近いですね。リズム体が適度なグルーブを保ちながら延々と演奏しその上にギターやキーボード、歌が乗っかって好き放題やってる感じが嵌まると病みつきになります。

黄金屑 ★★★ (2016-10-27 13:22:20)


Six Degrees of Inner Turbulence: V. Goodnight Kiss / Six Degrees of Inner Turbulence / DREAM THEATER
なぜこんなに評価が低いの?
子どもへの愛情と、それが上手くいかないもどかしさをギターソロで表現したペトルッチ。
技巧だけではない、彼の懐の深さが再確認できる名曲だと思います。
できれば次の曲とセットで評価したい...

名無し ★★★ (2016-10-26 02:09:11)


Act I: Scene Three: II. Fatal Tragedy / Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER
メタルを毛嫌いするうちのオカンも、思わず唸るこの曲。ジャンルをも越える魅力があるんでしょう。
そんな僕もこの曲のおかげでこのアルバムが好きになりました。(もちろん今では他の曲も大好きですよ!!)

名無し ★★★ (2016-10-26 01:53:48)


Someday Soon / Departure / JOURNEY
途中エフェクトのせいで妙に深淵な音像で「さぁーむでぇーい(すぅーん)」となるところで思わず笑ってしまう。
良い曲ですけど、そんなに神々しくしなくても…と

名無し ★★ (2016-10-25 15:12:19)


Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory / DREAM THEATER


10代の頃に購入したのだが、当時はジャーマンメタルが主食だったせいかほとんど理解できなかった(泣)
田舎に逃げてきた記念にオーディオを新調し、名盤を聴き漁っていたところ、10年ぶりに押し入れからサルベージに成功した(笑)
早速、新品同様のCDをプレイヤーにセットし聴いてみた。
まず音がいい、ずっと聴いていたい、ミニコンポやヘッドホンで聴くのはもったいないソフトだと思う。20年近く昔の作品とは思えない。
10代の頃は安物のヘッドホンで聴いていた為、魅力の半分以上を失っていただろう。ああもったいない。
聴けば聴くほど魅力が増す、そんなアルバムです。ほんとうにありがとうございました

名無し ★★★ (2016-10-23 03:01:53)


GARY MOORE

確かに。


私は43ですが、11歳の時にロッキンエブリナイト、エンドオブザワールド聴いて感動しました。

仕事とか、何か一区切りあるときにGARYのライブの(サンキュー)があたまに残っています。

たまきりふう ★★★ (2016-10-23 00:38:22)


Make Believe / Toto IV / TOTO
聖なる剣には素晴らしい曲がたくさん入っていますが、最終的にこの曲が一番好きになりました。

名無し ★★★ (2016-10-22 23:46:42)


Rouge / A WILL / LUNA SEA
> これはこれで良い?こんな良曲を前になんてことを!
本当にその通り。間違いなく超良曲。

名無し ★★★ (2016-10-15 16:34:45)


Mad About You / Mindfields / TOTO
totoでキンボールが歌っているなかではいい

名無し ★★★ (2016-10-13 18:19:51)


Get 'Em Out by Friday / Foxtrot / GENESIS
初期Genesisならではの奇抜な曲。
両端に配置された名曲に埋もれがちな扱いをされるが、実はこっちの方が好きだったりする。

N男 ★★★ (2016-10-12 00:27:19)


Build Me Up, Break Me Down / A Dramatic Turn of Events / DREAM THEATER
転調とかが少なくて個人的には地味だと思うけど、
コーラスが何より素晴らしい!

sd2398 ★★★ (2016-10-07 19:02:58)


III. Machinageddon: Vocari Dei / BE / PAIN OF SALVATION


留守番電話に残された、神への伝言。
疑問、悲しみ、切望、人々の切なる言葉、言葉・・・


「I need you now.

I need you.」

名無し ★★★ (2016-10-03 22:44:32)


Road Salt One / PAIN OF SALVATION


このアルバムがThe Perfect Elementの続編というのは全く持って誤りですよ...海外ファンの間でもそういった通説はありませんし、本人たちも『いくつかの物語が断片的に進むアルバム』だと語っています。アルバムに関して言えば私は彼らをメタルバンドだと思ったことは一度もないので特に今作での作風の変化に違和感は感じませんが、個人的にはBEに並ぶ彼らの最高傑作だと思います

名無し ★★★ (2016-10-02 17:14:59)


Fly From Here / Fly From Here / YES
いちいち分けるのもめんどくさいので、1曲として。
大体23分くらいになっているが、元ネタから引っ張ってきた部分以外もかなり素晴らしい。
自分の中では過去20年では一番好きなYesの曲。
次作にはがっかりした、クリスは逝ってしまったが、またこういう曲でわくわくさせてほしい。

N男 ★★★ (2016-09-28 12:43:35)


Octavarium / DREAM THEATER


これまでの彼らのアルバムを俯瞰で見てみた上で、
これからDream Theaterを聴いてみたい、という方に、オススメするアルバム。

I&Wも悪くないんですが、最初におすすめして、いいねー、なんて言おうものなら、
次にその流れでMetropolis pt.2をすすめられることが予想されます。
まあこれは曲の文脈的にも、アルバムの知名度や人気的にも、よくありがちな流れだと思います。

すると、恐らく高確率で、Dream Theaterってわけわからん、という烙印を押されます。
Metropolis pt.2も超名盤なんですが、あれは長尺の曲で織りなされる
音世界に浸れることに慣れてる方こそが最大限に堪能できる類の名盤なので、
最大級のお楽しみ、としてとっておくのが個人的には正解かと。

ファン的には全然違うものと言いたいですが、曲が繋がっててそれなりに集中力が要るという意味では、
Metropolis pt.2や6DOIT Disc2はベクトル的には同じもの扱いされるので。

その点、このアルバムだと、歌メロも多いし、インストバトルもほどほどだし、
(個人的には、彼らはもうちょっと引き算の美学を覚えるべきだと思う。
出突っ張りは魅力でもあり、うんざりもされる諸刃の剣なので。特にジョーダンルーデス。)
あんまり他のどのアルバムとも似てない分、これが気に入ったら?で派生できるアルバムが多い。
前半が気に入ればI&WやFIIに派生できるし、後半が気に入ればAwake、6DOIT Disc1に派生できる。
ギターやキーボードやドラムやベースがかっこいいね!って評価なら次はTOT、
歌メロが素敵だね、って評価なら次はA Dramatic Turn of Eventsあたりも悪くない。
そして2〜3枚聴いてもらって慣れてもらったところで、満を持してMetropolis pt.2が登場、と。

そんなわけで、どっぷり浸かってない私のような不届き者にとっては、
最高傑作とは言わないまでも、一番好きなアルバムであり、一番オススメできるアルバムでもあります。

名無し ★★★ (2016-09-28 07:04:58)


Innocence Faded / Awake / DREAM THEATER
歌い方が「6:00」とは大きく変わってます。
次の曲にもいい感じにつながっているのがいいですね

sd2398 ★★★ (2016-09-27 20:55:56)


Cans and Brahms (Extracts From Brahms' 4th Symphony in E minor, Third Movement) / Fragile / YES
原曲の辛気臭さ(ブラームスの加齢臭)が良い感じに消えてていい。

N男 ★★ (2016-09-25 13:36:29)


Time and a Word / Time and a Word / YES
この頃では一番メロディアスな曲。
1stと2ndから1曲選ぶならこれかな。

N男 ★★★ (2016-09-24 13:38:35)


Mystic Rhythms / Power Windows / RUSH
これは名曲。
名曲の多い80年代の彼らを凝縮させたような曲。
このバンド特有の気難しさが幻想的で深淵なサウンドに反映されてる。

N男 ★★★ (2016-09-22 20:18:19)


By-Tor & The Snow Dog: I. At the Tobes of Hades / II. Across the Styx / III. Of the Battle / IV. Epilogue / Fly by Night / RUSH

頻繁に演奏してるわりには、地味な扱いをされてる曲。
この曲の出現はバンドの歴史が動いた瞬間だと思う。
中盤から後半にかけての展開が特に好き、確かに後の長尺曲に比べたらインパクトはないかもしれないが・・・

N男 ★★ (2016-09-21 12:37:35)


Darkness in a Different Light / FATES WARNING


復活のアルバム。来日求む。

名無し ★★★ (2016-09-19 19:13:10)


Eulogy / Ænima / TOOL
こんなヘンテコなイントロは彼らにしか無理。
そこからの立ち上がり具合は絶妙。
終盤のロングシャウトは流石。

N男 ★★★ (2016-09-18 21:37:18)


La'cryma Christi


La'cryma Christiは、HIROさんのギターの音色が耳に焼き付いていて、KOJIさんとのツインギターが素敵です(^^)スカルプチャーオブタイムなんて、神曲が詰まってます。ギターが好きな人には一度で良いので聴いてみて欲しい!ブルーベリーレインの美しく幻想的な音色と切ない歌詞。
リブライアンでは、摩天楼の雨のギターが最高!ボイトレしてるけど、ギターとのユニットのカバーとかしたくなります。

名無し ★★★ (2016-09-17 23:00:59)


Amanda / Third Stage / BOSTON
完璧主義者トム・シュルツのなせる技。
涙が出るほど美しいバラード。

名無し ★★ (2016-09-15 20:18:57)


Amanda / Third Stage / BOSTON
完璧主義者トム・シュルツのなせる技。
涙が出るほど美しいバラード。

名無し ★★ (2016-09-15 20:18:57)


Yoo Doo Right / Monster Movie / CAN
12時間ものセッションの末、生み出されたという20分の大作、
大作と言っても英プログレのような大仰なドラマ性とかとは違い、無機質な反復を繰り返しながら、音の強弱でダイナミズムを作り出していく作風。
ドンドコ、ドンドコと呪術的なリズムと、「オレたちひょうきん族」のアダモちゃんを彷彿をさせる(笑)怪しさ爆発のマルコム・ムーニーのヴォーカルがインパクト大!

夢想家・I ★★★ (2016-09-06 00:02:35)


Outside My Door / Monster Movie / CAN
この曲はブルース・ハープが主役、
自由奔放なヴォーカルも聴き所です。

夢想家・I ★★ (2016-09-05 22:59:00)


Mary, Mary So Contrary / Monster Movie / CAN
ギターがストリングスのような儚げな音色を奏でています。
別段メロディアスという訳では無いけれど、淡々とした哀愁に心惹かれます。

夢想家・I ★★★ (2016-09-05 22:48:12)


Father Cannot Yell / Monster Movie / CAN
アルバム・オープニング・チューン、
いわゆる「パンク成立以前のパンク」な楽曲ですが、同時代のそれ系統の多くがサイケ/ガレージ的なのに対し、この曲は電子音やミニマルなフレーズを用いた現代音楽的アプローチなのが他と一線を画しています。
ロックらしい初期衝動を解放しつつも、ある意味で無機質でインテレクチュアルなサウンドは、パンクだけでなくテクノ方面にも多大な影響を与えたそうですが、そんな中、熱にうかされたうわ言のように繰り出されるマルコム・ムーニーのアナーキーなヴォーカリゼーションが一際異彩を放っています。

夢想家・I ★★★ (2016-09-05 00:11:16)


MOTHER / MOTHER / LUNA SEA
命を持つものは暗闇さまよい救いを求めている
その救いを求める存在が"MOTHER"
全てを包み込む愛
全てを癒してくれる愛
その存在を"MOTHER"といっている

夜明けよ今 僕を救え Moter of love
何処へ行けば 何をすれば Mother of love
夜明けよ今 僕を誘え Mother of love
愛が欲しい 愛して欲しい

この曲は生命の姿をよく現している
そして我々がどれだけ小さくちっぽけでそして儚いか・・・
素晴らしい

kai21223 ★★★ (2016-09-04 20:43:42)


The Gift of Music / The Astonishing / DREAM THEATER
転調して雰囲気が変わるところが印象的です。
メロディラインとギターソロもなかなかです。

sd2398 ★★★ (2016-09-03 21:19:29)


The Mission / 30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS
彼らの曲の中では珍しいアップテンポの曲。
重厚なサウンドと兄ちゃんのドラムがカッコいい。
曲が速かろうが、全く軽くならない。

N男 ★★★ (2016-09-01 23:23:07)


30 Seconds to Mars / THIRTY SECONDS TO MARS

1stにして最高傑作。
サウンドがヘヴィだけど、あんまりメタルではない、オルタナティブメタルよりまだポストグランジとかの方が近い。
まぁ、そんなのはどーでもいい、ChevelleやBreaking Benjamin、Disturbedのどの作品よりも本作は気に入っている。
サウンドの緊張感はかなりのもの、ホントに1stかよ?
インダストリアル系っぽいアレンジもあれば、シンフォニック系要素もあって、何よりどの曲もキャッチーで粒ぞろい。、
顔もサウンドも声もイケメンな彼ら、ハッキリ言って映画見るよりこれ聴く方が良い時間だった。(『レクイエム・フォー・ドリーム』とか頑張ってたねぇ、最近のはよく知らないけど。)
オススメは①、②、④、⑤、⑥、⑧。
この手の音楽ではかなりの傑作。2ndも良いし、3rdも別の意味で傑作だけど、4thはちょっとねぇ・・・初心に帰った方がいい
[★★★★☆]

N男 ★★★ (2016-09-01 23:15:21)


Are You Ready Eddy? / Tarkus / EMERSON, LAKE & PALMER
ふつうの8ビートからスタートするんだけど、いつの間にかシャッフルで終わっているぞ?
いつの間に変わったんだろう?

はっちゃん ★★★ (2016-08-31 21:53:15)


Jeremy Bender / Tarkus / EMERSON, LAKE & PALMER
アナログでいうB面はこの曲からスタート。超大作の後にこれですよ。まさに緊張と緩和の典型。

はっちゃん ★★★ (2016-08-31 21:48:43)


Tarkus / Tarkus / EMERSON, LAKE & PALMER
コンセプト、楽曲、サウンド、プレイが怒涛の如く押し寄せてくる。この衝撃は半端なものではない。
↑ 豚千代さんの意見にもうなずける。

はっちゃん ★★★ (2016-08-31 21:38:20)


A Mind Beside Itself: II. Voices / Awake / DREAM THEATER
多くの人に聞いてほしい曲。これほど世界観に引き込まれる曲はそうそうないです。勿論メロディー、演奏もそうですし、ラブリエの歌声も最高です。全てが絶妙にマッチした、個人的にはドリムシの象徴(であってほしい)曲。SIX……以降のへヴィな多くの曲も好きだけどね。

怜竜 ★★★ (2016-08-31 04:02:05)


A New Beginning / The Astonishing / DREAM THEATER
爽やかでいい!
サビがクセになりそう。

グッチョ ★★ (2016-08-30 17:17:51)


Act of Faythe / The Astonishing / DREAM THEATER
やさしい歌声にすごく癒されます。

グッチョ ★★★ (2016-08-30 13:43:32)


What Has Come Between Us / Styx / STYX
ピアノの速弾きイントロだけで、ハッとしてGOOD!と。
本編突入後も、おセンチなメロディから美しいハーモニーまで
STYXの後の飛躍を予感させるに十分な魅力に溢れていますよ。

火薬バカ一代 ★★★ (2016-08-27 23:35:51)


Tender Surrender / Alien Love Secrets / STEVE VAI
細かなボリューム切り替え、ピックアップの切り替え、アームの活用、ギターテクが詰まった名曲

名無し ★★★ (2016-08-27 08:02:36)


Train of Thought / DREAM THEATER

へヴィなアルバムなので、
Amazonのレビューには「単なるHMバンドになり下がった」といった意見が多い。
こういう音が苦手だという人がこのアルバムを良く思わないのはわかる。
でもレベルが下がったというのは間違いだと思う。

曲構成やドラマティック性に関してはよく考えられているし、激しさのなかには繊細さもある。Train Of Thoughtという題からもなんとなくわかるけど、いい意味で知的なアルバムだと感じた。こういうのけっこう好きですよ。
ギターソロは速弾きばかりに見えるが、スケール、コード進行もしっかりしているので、しっかり聴けば良さがわかるはず。
ラブリエの声がフィットしてないと言われればそれまでだけど、演奏は極悪ってわけでもないのでそれほど違和感はないと思います。

目立っている点を挙げるなら、4曲目のHonor Thy Fatherです。この曲 実はヘイトソングらしい。

sd2398 ★★★ (2016-08-26 20:06:57)


Breaking All Illusions / A Dramatic Turn of Events / DREAM THEATER
非常に良い曲なんだけど、
ドリーム・シアターにはやっぱジョーダンルーデスよりケヴィン・ムーアなんだなと感じさせられた一曲
彼が脱退して以後のドリーム・シアターは何かが足りない
全ての面でラーリングトゥリブやスカードが上だと感じた
良い曲なんだけど、過ぎ去った時は戻らない寂しさを感じさせられた一曲

名無し ★★★ (2016-08-26 17:01:28)


Styx / STYX

STYXの記念すべきデビュー作なのにCD化はドン尻で、長らく入手困難な状態が続いていた’72年発表の1stアルバムが遂にリマスター再発。先んじて数年前に発売されていた輸入盤を買うべきか否か延々悩んでいた身には福音とも言うべき今回の国内盤CD化で、これでようやくSTYXの全スタジオ・アルバムをコンプリートすることが出来ましたよ。
JOURNEY、BOSTON、KANSASら、アメリカン・プログレ・ハード勢の中では最も早いデビュー&本邦初登場(当時は「スタイクス」表記だった)となった本作は、サイケなアートワークが物語る通り、WOODEN NICKEL時代の諸作同様に産業ロック色はほぼゼロ。そのサウンドは泥臭いロックンロール風味とプログレ風味が支配的で、いきなり13分越えの①で幕が上がる構成、しかもその大作がメジャー移籍以降の華麗なドラマ性よりも、曲中に会話劇や、コープランドの“市民のためのファンファーレ”を組み込んでみたりと、実験色を強く帯びている辺りが時代を感じさせます。
一般的にSTYXの名を聞いて思い浮かべる音楽性とはかなり開きがあるものの、個人的にはこれはこれで非常に興味深く楽しめた次第。アーシー且つハードな⑤は聴いてるだけで身体を揺すられますし、流麗なピアノのイントロからスタートする抒情HRナンバー③、既に見事なコーラス・ワークがフィーチュアされている(日本でもシングルカットもされた)④みたいな、後の飛躍を予感させるメロディアスな名曲/佳曲も収められていますしね。
真っ先に聴くべき作品ではありませんが、STYXに興味を持たれたならば避けては通れぬ1枚かと。

火薬バカ一代 ★★ (2016-08-25 00:17:16)


I'll Be Alright Without You / Raised on Radio / JOURNEY
後半のニールショーンのギターソロは、しっかり前を見て歩いて行こうって気持ちが熱く強く伝わって来て聴くたびに泣けてくる。間違いなく自分が世界一好きなギターソロ。ランディジャクソンのベースも密かに大きな役割を果たしているのではないかと思う。
取り敢えずjourneyで1番好きだ!╰(‘ω’ )╯三

名無し ★★★ (2016-08-22 19:31:19)


More Than a Feeling / Boston / BOSTON
Rocksmithに収録されてるので結構練習した。一発目のハーモニクスを決めると気持ちいし、何より例のリフがパワーコードで意外と簡単。
スローテンポ且つテクニックも一通りそろっているから、初心者から中級への登竜門としてもちょうどいいと思う。

名無し ★★★ (2016-08-14 00:00:20)


ナイフ / ANOTHER SINGLES / JANNE DA ARC
今でいう『ヤンデレ』をテーマに扱った楽曲。
kiyo作曲ということもあり、暗い雰囲気を醸し出しており、ハモンドオルガンの音色が不気味さを際立たせている。(特にイントロ)それでいても曲がメロディアスなのは流石です。

kuroiyuki ★★★ (2016-08-13 01:01:22)


LOSE MY REASON / SIAM SHADE / SIAM SHADE
インディーズ時代って感じで、いい意味で荒くてV系っぽい感じがする。
跳ねるようなリズムとAメロの早口部分が好き。

kuroiyuki ★★ (2016-08-13 00:46:35)


Z-HARD / JANNE DA ARC


はじめて聞いたジャンヌのオリアルがこれ
印象的にはバラエティに富んでるな、と
いろんな曲調でも自分の色に染めれるのがジャンヌの魅力でもあり、武器でもあると思う

キラーチューンの「メシア」、エロティックな世界観で目まぐるしく展開が変わる「Dry?」、
ポップで涼しげなイントロが印象的な「NEO VENUS」、壮大なバラード曲「WILL」、
激しい目の「SEVEN」「WARNING」もあるかと思えば、アコースティックで優しい「Dear my」もあり・・・
連続して似たような曲が来ないようにした曲順が飽きさせない構図となっている。
最後に疾走感あふれる「ミステリアス」で締めるのがGOOD!

名無し ★★★ (2016-08-12 00:38:21)


Stare / Resist / JANNE DA ARC
先に言われてるけど、LUNA SEAでいうWISHがこれ
STAREのほうがより「願い」がこめられてる感じ
元々、客があまりついてなかった頃に作られた曲で、
絶対成功するぞ!という思いがつまってる曲
歌詞も、演奏も歌も本気がひしひしと伝わってくる

惜しむべきは、ライブになるとイマイチになるところかな
ライブになるとテンポが遅くなるし、そうなるとヤスの歌唱が微妙に聞こえる
この曲は走ってなんぼじゃないかな

名無し ★★★ (2016-08-12 00:30:14)


WISH / IMAGE / LUNA SEA
今となってはピリオド版のほうが今のWISHに近い気がする
デジャブもそうだけど
プレシャスはオリジナル版のほうが圧倒的にいいけどね

名無し (2016-08-12 00:26:55)


Awake / DREAM THEATER

このアルバムかなり好きです。
良い曲揃いです。
7~10の流れが最高。
特に9,10は名曲ですね。

欠点は1~2が地味すぎるくらいかな?

TechMetal ★★★ (2016-08-11 19:10:05)


False Awakening Suite / Dream Theater / DREAM THEATER
ポケモン?

名無し ★★ (2016-08-10 02:38:12)


Plug In Baby / Origin of Symmetry / MUSE
犬の遠吠え的に、無意味に号泣します(涙)

名無し ★★★ (2016-08-10 00:08:45)


Rattle That Lock / DAVID GILMOUR

デヴィッド・ギルモアより上手いギタリストはたくさんいるが、
デヴィッド・ギルモアより上手いギタリストは一人もいない。

自分で何を言っているのか意味不明ではあるが、実はこの感想が、自分の中で一番しっくりくる。

そんな彼の現状最新作。
個人的には最高傑作だと思う。
全曲まったく隙なし。
適度にキャッチーさを維持ながら、どの曲も工夫を重ねて様々な色で味付けされており、通しで聴いても全く長さを感じない。

齢を重ねるごとに深みを増している彼のギターの音については、もはや完全に芸術と言っていいレベル。
音符で表記すると何ということもないのだが、抑揚、トーン、揺れ、そういうのが他の追随を許さない。
端的に言うと、心がこもっている。

最近は、動画投稿サイトをちょっと探せば大道芸的テクニシャンがわんさかヒットする世の中なので、余計に彼のような上手さが際立つ。
ギターソロが始まって心の底から震えたのは本当に久しぶりだった。

本当に素晴らしいアルバムなので、多くの人に聴いてもらいたい!!

H・W ★★★ (2016-08-08 02:23:04)


Train of Thought / DREAM THEATER

最高です。
個人的にこのヘビィ路線は大好きです。
インストパートも全然クドくなく、
ひたすらタイトでアグレッシブ。

歌メロもなかなか良いです。

TechMetal ★★★ (2016-08-07 02:20:55)


Systematic Chaos / DREAM THEATER

致命的に曲がつまらないです。
しかもアレンジもダサい・・・。
歌メロも微妙すぎ。
この路線なら、ボーカルいらないと思う。

Dream Theaterは好きなアルバムも多いですけど、
これだけはダメ。

TechMetal (2016-08-07 02:07:04)


CAN

ジャーマン・プログレ/クラウト・ロックというのは個人的にはあまり深入りしたくないジャンルなのですが(どう考えても底無し沼な匂いがぷんぷんする 笑)、このCANの「Monster Movie」はジャケ買いの誘惑に勝てませんでした(笑)
カタログをコンプリートする気は全くありませんが、心情的にはダモ鈴木時代の物も幾つか聴いてみたい感はあって悩ましいところ…。

夢想家・I ★★★ (2016-08-06 00:12:12)


Monster Movie / CAN

ジャーマン・プログレ/クラウト・ロックの代表格バンドの一つ、CANの '69年発表のデビュー・アルバムです。
まず、アートワークが素晴らしいですね。天を突く巨大な大魔神のようなロボット?がインパクト抜群! まさに名盤の面構えといった所。
一般的に取っ付きづらいジャンルとされていますが、ロックの初期衝動が生々しい形で真空パックされた本作は今もって全く古臭さを感じさせず、分かり易いカッコ良さがあります。熱にうかされたようなヴォーカル、ノイジーに唸りを上げるギター、ひたすら一定のリズムを反復し続けるリズム隊が、叙情性を排して音そのものに没入していく感覚がとてもスリリング。
プリミティヴな衝動を解放しつつも、投げっ放しにならずに最後までバンドとしての統制が保たれている所に、ドイツ人らしいインテリジェンスと几帳面さが表れていると思います。
それ故に、均衡を破るアメリカ人の黒人ヴォーカリスト、マルコム・ムーニーの存在が大きい。
'69年デビュー同期はLED ZEPPELINにKING CRIMSONとなると、さすがに知名度では劣りますが、音楽的インパクトでは引けを取りません。

そして、本作が当時の日本のニュー・ロックに与えた影響がけっして小さいもので無かったという事も重要でしょう。SPEED, GLUE & SHINKIやFLOWER TRAVELLIN' BANDのアルバムに、その影響を顕著に感じる事が出来ます。

夢想家・I ★★★ (2016-08-05 23:55:21)


KANSAS


ロビースタインハートさんの病気が早くよくなりますように。

名無し ★★★ (2016-07-29 22:45:04)


A Change of Seasons / A Change of Seasons / DREAM THEATER
やっぱり15分以上の曲はポンポン作るもんじゃない。これはプログレだろうがポストロックだろうがそう思う。
ここぞってときにだけ、こういう風にガチって決めてもらいたい。
ドリムシの15分超えの曲の中では1曲としての必然性を一番強く感じる曲。
彼らの最近の長尺曲を聴くと途中から集中力が持たないことがよくある。(これが歳のせいだけならなぜにこの曲はちゃんと聴ける)
組曲形式だろうが、なんだろうが1曲として出すならもう少し何とかなるのではないかなぁ。
曲の展開もスリリングだけど、別世界行き過ぎない感じでまとまりがある。
歌詞も感動もの。この曲がどことなく渋く感じるのはこの歌詞のせいかも?

N男 ★★★ (2016-07-29 00:33:09)


The Mirror / Awake / DREAM THEATER
アルバム聴いてから10年以上経って、ふとこの曲が好きになった。
当時のドリムシの中でも格別の重さだったけど、長々とセトリに居座るだけのクオリティ。
ケヴィン、あんたのキーボード良過ぎ・・・

N男 ★★★ (2016-07-28 23:08:16)


Mortar Grind / Road Salt Two / PAIN OF SALVATION
この曲が一番好きです。メロとサビが気に入ってます。

BLACKWATER ★★★ (2016-07-27 19:17:11)


Frances the Mute / THE MARS VOLTA

刺激の強さはたぶん、このアルバムが1番という感じがします。ほかのアルバムは抒情性や面白みも感じられるんだけれど、これは最後まで刺々しい。
1枚通して聴けば疲労困憊するし、歌詞もサウンドも怖い。ほどほどを求める人には向かず、過剰を希求するロック・リスナーには名盤。
私はこれを年に何度も聴きたいとは思えない軟弱なリスナーですが、これほどの熱量を放射する音楽を無視することもできません。
似たような印象を受ける音楽は、凛として時雨やBLANKEY JET CITYかな。声質の印象や歌詞の刺々しさで同じように感じるのですが、あれらも普段は聴きたくないです。でもたまには必要。
実験性や複雑さ、ジャンルの融合具合をプログレとして楽しむこともできると思いますが、「エモーショナル」という要素こそが彼らを聴く上で常に中心に感じられます。情念の濃さに辟易する、苛烈極まりない一枚です。

うにぶ ★★ (2016-07-23 23:45:00)


Matching Mole / MATCHING MOLE

ジャケがかわいらしく、序盤がポップな歌ものなので安心して聴いていると、徐々にうねうねぐにょぐにょしてきて、やはり前衛/プログレなのですね、と納得します。
全体的にひねくれたユーモアを感じさせ、独特のゆらぎ感が癖になるアルバムです。あまり突き刺さる激しさはなく、酔っぱらって聴くと気持ちいーです。

うにぶ ★★ (2016-07-23 22:43:44)


The Killing Hand / When Dream and Day Unite / DREAM THEATER
この曲のペトルーシのギターは泣いて叫んで素晴らしい!!
実はドリムシ1番の名曲かもしれない!

名無し ★★★ (2016-07-21 15:04:27)


JANNE DA ARC

切ない曲、エロティックな曲、社会情勢について歌った曲など、楽曲はバラエティに富んでいて好きですね。演奏技術も高いし。活動再開してほしいけど、yasuがAcid Black Cherryで成功させているうえ、一定のファンが根付いてしまっているらしいから厳しいのかな…。

アクセルブルー ★★★ (2016-07-19 19:29:31)


JANNE DA ARC


活動休止して10年もうすぐ経つけど、何か動きないかな

名無し ★★★ (2016-07-18 21:20:54)


Falling Satellites / Frost*

2016年発表の3rd。英国のネオ・プログレッシブ・ロックの旗手の前作より8年ぶり!となる作品。
このバンドは1stが余りにも傑作すぎて、今回も大いに期待してた人が多いと思いますが、まずは
期待に充分応える出来に満足しております!70年代の形骸化したプログレッシブロックの概念を
打ち破る存在!ダブステップやEDM等、現代的な要素をも備えた音楽で、最早プログレッシブ・
ロックと言っていいのか・・・。ドリムシFANにはまず勧めないが、IT BITES好きな人は絶対に必聴!
非常に爽やかな音像で、1stの様なゲームミュージック的感覚が大幅に復活してる。キーボードの音の
洪水ですよ!捨て曲なんてありません!日本盤は例によって流通少なそうだから、興味ある方は
見つけ次第確保して下さい!たくさん売れて何とか来日してくれないかな~無理なのかな~?

cri0841 ★★★ (2016-07-18 10:03:33)