この曲を聴け!
最近の発言
Show Don't Tell / Presto / RUSH (名無し)
Afterglow / Wind & Wuthering / GENESIS (ikoba)
Counterparts / RUSH (名無し)
Exogenesis: Symphony, Part 3: Redemption / The Resistance / MUSE (C-GA)
Ring of Roses / SHADOWLAND (cri0841)
Wheel in the Sky / Infinity / JOURNEY (正直者)
Infinity / JOURNEY (正直者)
Heat of the Moment / Asia / ASIA (名無し)
ASIA (名無し)
The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA (名無し)
Alpha / ASIA (正直者)
Asia / ASIA (正直者)
The Whistler / Songs From the Wood / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Jack-in-the-Green / Songs From the Wood / JETHRO TULL (めたる慶昭)
YES (究極の精神異常者による悪の教典」)
Two for the Show / KANSAS (正直者)
Rescue You / JOE LYNN TURNER (正直者)
Overture / VIENNA (失恋船長)
Step Into… / VIENNA (失恋船長)
Wanna Be an Angel / 空の森 / 新居昭乃 (kuroiyuki)
Lhasa / ソラノスフィア / 新居昭乃 (kuroiyuki)
羽よ背中に / リトルピアノ・プラス / 新居昭乃 (kuroiyuki)
鳥かごの夢 / Blue Planet / 新居昭乃 (kuroiyuki)
SADNESS / SIAM SHADE Ⅱ / SIAM SHADE (名無し)
Cross-Eyed Mary / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Conundrum / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Thick as a Brick / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Sweet Dream / Bursting Out / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Lost on the Road to Eternity / Lost on the Road to Eternity / MAGNUM (火薬バカ一代)
Lost on the Road to Eternity / MAGNUM (火薬バカ一代)
Goodnight L.A. / MAGNUM (失恋船長)
Sleepwalking / MAGNUM (失恋船長)
Escape From the Shadow Garden / MAGNUM (失恋船長)
The Sheltering Sky / Discipline / KING CRIMSON (名無し)
Lost on the Road to Eternity / MAGNUM (失恋船長)
Vapor Trails / RUSH (Feanor)
Of A Lifetime / Journey / JOURNEY (名無し)
Journey / JOURNEY (名無し)
Journey / JOURNEY (名無し)
Ball and Chain / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Blood Money / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Rest of My Life / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Jack Knife / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Excess / JLT / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Dirty Deal / JLT / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Jump Start / JLT / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
In Cold Blood / JLT / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Hiro Yanagida / 柳田ヒロ (夢想家・I)
Show Yourself / Slam / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Slam / Slam / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Deliver Me / Slam / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Bloodsucker / Slam / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Babylon / Holy Man / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Anything / Holy Man / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
No Salvation / Holy Man / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Fading Lights / We Can't Dance / GENESIS (名無し)
恋せよ乙女-Love story of ZIPANG- / 月下の一群 / ALI PROJECT (kuroiyuki)
LABYRINTH / Noblerot / ALI PROJECT (kuroiyuki)
Attahk / MAGMA (名無し)
JOE LYNN TURNER (名無し)
Can't Face Another Night / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
No Room For Love / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Days Of Rage / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Guilty Heart / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Lost in Hollywood / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Mississippi Queen / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Wishing Well / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Lady Double Dealer / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD (名無し)
Number the Brave / WISHBONE ASH (失恋船長)
Don't You Mess / Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Cell of Fame / Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Illuminations / WISHBONE ASH (失恋船長)
Raw to the Bone / WISHBONE ASH (失恋船長)
Karn Evil 9 / Brain Salad Surgery / EMERSON, LAKE & PALMER (干し柿)
Valley of the Dolls / Awaken the Guardian / FATES WARNING (干し柿)
PERIPHERY (Reb)
Chained / Under Cover / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Vehicle / Under Cover / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Street of Dreams / Under Cover / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
We're an American Band / Under Cover / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Under Cover / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Knock Knock / Nothing's Changed / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Baby's Got A Habit / Nothing's Changed / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Promise Of Love / Nothing's Changed / JOE LYNN TURNER (めたる慶昭)
Seconds Out / GENESIS (GC8改)
Troubled Child / Frontiers / JOURNEY (ash-ra)
Starless / Red / KING CRIMSON (干し柿)
A Change of Horses / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON (めたる慶昭)
Wootton Bassett Town / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON (めたる慶昭)
Adrift and Dumfounded / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON (めたる慶昭)
Banker Bets, Banker Wins / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON (めたる慶昭)
Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON (めたる慶昭)
First Snow in Brooklyn / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Last Man at the Party / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Jack Frost and the Hooded Crow / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
A Christmas Song / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Holly Herald / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Larks' Tongues in Aspic / KING CRIMSON (名無し)
Larks' Tongues in Aspic / KING CRIMSON (名無し)
Don't Cry / Alpha / ASIA (名無し)
Valley / Roots to Branches / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Roots to Branches / Roots to Branches / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Spiral / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL (めたる慶昭)
AWOL / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Crew Nights / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Paradise Steakhouse / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Post Last / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Law of the Bungle / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Occasional Demons / Catfish Rising / JETHRO TULL (めたる慶昭)
This Is Not Love / Catfish Rising / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Owner of a Lonely Heart / 90125 / YES (生レバ食いて~)
90125 / YES (生レバ食いて~)
The Whaler's Dues / Rock Island / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Rock Island / Rock Island / JETHRO TULL (めたる慶昭)
We Used to Know / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Look Into the Sun / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Back to the Family / Stand Up / JETHRO TULL (めたる慶昭)
To Cry You a Song / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
My God / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Wind‐Up / Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Crosseyed Mary / Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Aqualung Live / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Some Day the Sun Won’t Shine for You / Living With the Past / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Living With the Past / JETHRO TULL (めたる慶昭)
A Little Light Music / JETHRO TULL (めたる慶昭)
My God / Cross Eyed Mary / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Heavy Horses / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL (めたる慶昭)
Troubled Child / Frontiers / JOURNEY (失恋船長)
Zombi / Zombi(colonna Sonora Originale Del Film) / GOBLIN (火薬バカ一代)
Zombi(colonna Sonora Originale Del Film) / GOBLIN (火薬バカ一代)


MyPage

プログレッシブロック - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Show Don't Tell / Presto / RUSH
イントロが大好きです

名無し ★★★ (2018-05-14 17:53:38)


Afterglow / Wind & Wuthering / GENESIS
〈Supper's Ready〉はジェネシスにしか創れないとてつもない楽曲だが、ただ1曲だけ挙げるなら《Wind & Wuthering》(1976)のトニー・バンクス作〈Afterglow〉しかない。スタジオ録音も悪くはないが、ライヴ《Seconds Out》の1分半近い長いアウトロ(歌いおわったフィル・コリンズがチェスター・トンプソンとのツインドラムを決める)でマイク・ラザフォードが繰りひろげるベースラインは感涙ものだ。

ikoba ★★★ (2018-05-12 02:08:06)


Counterparts / RUSH


最高傑作の一つなんだが…
聴けば解る。
ハードエッヂで実にメロディアス。
プレストは突出部はpassくらいしか無いし、
ロールザボーンスもタイトル曲やインスト等は素晴らしいがうねりが足りない。
このアルバムは完璧だ。
絶対聴かねばならぬ。

名無し ★★★ (2018-05-09 21:30:51)


Exogenesis: Symphony, Part 3: Redemption / The Resistance / MUSE
きっかけはYou Tubeの「振り子」だけど、こういう徐々に盛り上がる曲は良いですね。
ドラマチックです。

C-GA ★★★ (2018-04-30 22:15:47)


Ring of Roses / SHADOWLAND

1992年発表の1st。Pendragonのキーボード、クライブ・ノーラン率いる
ポンプ・ロックバンド。THRESHOLDのギター、カール・グルームがかつて
在籍したバンドでもある。日本盤はゼロ・コーポレーションから出てた。

U.K.プログレッシブロックって感じ。マリリオンみたい。キーボード主体の
陰鬱で美しい音世界。THRESHOLDみたいなメタルでは無く、完全なプログレ。
これはこれで良いが、やっぱり地味かなぁ。

cri0841 ★★ (2018-04-22 10:13:59)


Wheel in the Sky / Infinity / JOURNEY
哀愁のメロディが映えるバラードタイプの名曲。スティーブ・ペリーの歌のうまさは常人じゃないよ。

正直者 ★★★ (2018-04-12 22:09:21)


Infinity / JOURNEY

コマーシャル性を高め売れる為に専任ボーカルを迎えたのが成功の第一歩。しっとりとしたムードと緻密な構成が実を結んだ歴史的なアルバム。メロディアスなWheel in the Skyは名曲ですね。

正直者 ★★★ (2018-04-12 22:06:51)


Heat of the Moment / Asia / ASIA
大好きな曲!

名無し ★★★ (2018-04-03 02:43:44)


ASIA


ケチな私がお金を出して初めて買ったアルバムはエイジアでした。
素晴らしいバンド。ジョンウェットンの声!

名無し ★★★ (2018-04-03 02:23:01)


The Smile Has Left Your Eyes / Alpha / ASIA
初めて買ったアルバムがエイジアの時へのロマン。大好きなバンドです。
変なところが気になったのですが、PVのドラマの意味が分かりません。
始めのシーンでお母さんが娘を電車の引っ張って乗せて去って、パパは独りぼっち。
そのあと、母が無理やり娘を車に乗せて、娘は川に落ちて亡くなった。
電車でパリを去ったんじゃなかったの?よく分からない。母は自分が浮気をしておいて旦那に逆切れして娘を連れだしてしまう。
プロデューサーのせい?

最近、TVでヒートオブザモーメント誕生の番組やっていてみました。録画して10回は見てしまった。
スティーブハウって今見るとモデル張りにかっこよかったんだなぁと。イェフリーダウンズいいひとだなぁとか

スーパーグループでした。武道館の日本初来日コンサート?ワクワクして行ったら
ボーカルがジョンウェットンじゃなくてとてもがっかりだった思い出が

名無し ★★★ (2018-04-03 02:20:39)


Alpha / ASIA

最初のアルバムも凄いけど、これも凄かった。ASIAはポップな産業ロックみたいに語られるけど、そんな安っちい音ではないわさ。IQは高いが嫌みじゃない天才。クラス一の人気者みたいなバンドだったね。何度聞いてもワクワクするんだよ、YES時代とは違うタッチのギターもフレッシュです。

正直者 ★★★ (2018-04-02 22:31:17)


Asia / ASIA

このアルバムが全米で売れまくり年間ナンバーワンに、その豊かな国民性が羨ましいわさ。日本じゃ、他人のアイデアを盗みまくりの金で名誉を買い漁るロックデュオだもん。悲しくなるわ、ホント溜息しか出ません。
親しみやすいがIQの高いロックでもある。スリリングなジェフ・タウンズのキーボードに前のめりになるよ。

正直者 ★★★ (2018-04-02 22:26:59)


The Whistler / Songs From the Wood / JETHRO TULL
アップテンポですが、ドラムはあまり目立たず、アコースティックギターのストロークが目立つ曲。
アルバムジャケットに写っている森の中でイアンがフルートを吹きながらくるくると踊る姿が目に浮かびます。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-31 17:34:31)


Jack-in-the-Green / Songs From the Wood / JETHRO TULL
2分半の短いアコースティックナンバー。
普通この程度の尺の曲だと一般のバンドは埋め草というか捨て曲が多いのですが、タルの場合はこの曲も含めて佳曲が多い。
この時期イアンが接近していたブリティッシュトラッドの香りが漂う良い曲です。

めたる慶昭 ★★ (2018-03-31 17:31:25)


YES

最近はプログレ界の巨匠が次々といなくなってさみしいですね、、、2006年のキング・クリムゾンのボズ・バレル、2008年のピンクフロイドのリチャード・ライト、2015年のyesのクリス・スクワイアとルネッサンスのジョン・タウト、2016年のELPやキングクリムゾンのグレッグ・レイクとELPのキース・エマーソン(キースは自殺!?)、2017年のキング・クリムゾンやU.K.のジョン・ウェットン等、、、合掌。R.I.P.

究極の精神異常者による悪の教典」 (2018-03-30 19:33:53)


Two for the Show / KANSAS

異なるタイプの音楽性ブルースやロックがベースにあるリッチ・ウィリアムスと、ケリー・リブグレンのプログレエッセンスの融合。二人のコントラストがハッキリとした主張による音楽の創造。それが他のプログレ系のバンドとの明確に違いだ。壮大な世界観と叙情性、カンサスにしか表現できない空間が、このライブ盤にある。

正直者 ★★★ (2018-03-28 16:39:10)


Rescue You / JOE LYNN TURNER

なんだかんだでソロアルバムいっぱい出しているけど、このアルバムがベストじゃないかと思う。
甘く切ないメロディとジョーの相性は最強の組み合わせだ。

正直者 ★★★ (2018-03-27 21:30:08)


Overture / VIENNA

EARTHSHAKERに参加する永川敏郎とGERARDを結成したデビューを果たした藤村幸宏。その藤村が中心となり、名だたるプログレバンドに参加したメンバー集め新たに結成されたのがVIENNAです。
そのバックボーンから国産プログレ界のスーパーグループと話題を呼んだのですが短命に終わった彼ら、そんな貴重なバンドの1stがNEXUS ROCK LEGEND ARCHIVE COLLECTIONとして復活です。
並々ならぬテクニカル集団と言う事で最初は身構えていたのですが、思いのほか、テクニカルなプレイを封印。優美な叙情性を醸し出す演出はあれど、藤村の歌を前に出した作風をとっており、キャッチーなメロディと、飛翔感溢れるキーボードを武器に、幻想的な世界観を築き上げている。クラシカルなキーボードの合間にクールなリフも飛び出すが、塚本の比重は大きい作りだ。その辺りにハードなものを好む方には少々物足りないと映るかもです。
しかし、このバンドの音には、型にハマったロックの様式など微塵もとっておらず、そのイマジネーションに溢れた自由空間は、やはりプログレ系のバンドとしての魅力に溢れているだろう。日本のASIAでも目指したのだろうか?そんな推察をしつつも、この手のプログレ系に蘊蓄をたれる程の知識も教養も持ち合わせていないので、これ以上の戯言は辞めておきます。

優れたミュージシャンとして知られる藤村ですが、このバンド解散後、LOUDNESSをクビになった二井原実先輩と合流、ソロアルバムやLIVEに参加後、DED CHAPLINを結成。バカテク集団だったが、活動は尻すぼみ、その後X-JAPANのTOSHIのアルバムに参加、楽曲も提供、他にもEARTHSHAKER解散後、西田昌史とGirl U Needを結成するも上手くいかず解散。90年の後半にはVIENNA復活も話題にならず、その後はGACKTと活動していたはずです。

失恋船長 ★★★ (2018-03-25 15:05:09)


Step Into… / VIENNA

後に二井原実とDed Chaplinを組む事になる、VO.Gの藤村幸宏、Bの永井敏己とOuter Limitsの塚本周成、Novelaの西田竜一による前作同様のラインナップが参加した2nd。
重厚感のあるサウンドでありながらも幻想的な美しさを漂わせる、所謂プログレな世界観も持ちつつもハードな設えを損なわないダイナミズムもあり、ロックな魅力と鮮烈なる美意識を両立させた名盤だ。
キーボードプレイヤー塚本の優美で叙情的なフレージングの構成は、藤村の幅広いジャンルを網羅した芳醇なギタープレイとも合致しており、テクニックに優れたリズム隊を従え、複雑でテクニカルな要素も構築している。その反面、大げさなプログレサウンドの中に、親しみやすいメロディを放り込み、聴きやすく纏めているのが素晴らしい。少々耳に引っ掛かる藤村のハイトーンの、国産プログレバンドの系譜としてはありだろうが、個人的にはチョイと苦手だ。そんな不満を抑え込む程の、技量と楽曲の完成度があるので、さしたる不満にはなりません。
テクニックに埋没することなく、聴かせるという場面と、超絶技巧で黙らせるという高度なテクニックを惜しげもなく披露しているというバランス感覚もやはり魅力だろう。やはり藤村のトーンは苦手だったりするのだが、独自性の高いタッチのギターは、ギターキッズならずとも耳を捉えては離さないでしょうね。

優れたバンドではあったが、1989年にライブアルバムを残しバンドは解散。藤村と永井はDed Chaplin。ドラムの西田はACTIONに参加。その西田は急病で倒れたLoudnessの鈴木の代役としてステージに立つのだから何が起こるか分かりませんね。西田にとっては過去在籍したバンドの中で一番へヴィなドラムを要求されるでしょう。実力はあっても日の目を中々浴びれなかった西田竜一、個人的にはGACKTの後ろで叩いている姿を見たときの残念感はハンパなかったもんね。チャンスを掴んで欲しいッス。

失恋船長 ★★★ (2018-03-25 14:30:45)


Wanna Be an Angel / 空の森 / 新居昭乃
クリアなハイトーンボイスと美しい旋律からは思わず涙が出てしまう。
新居さんの楽曲の中でも最高峰の美しさと言っても過言ではない。
勝手ながら新居さん流の讃美歌と解釈している。

kuroiyuki ★★★ (2018-03-22 22:54:38)


Lhasa / ソラノスフィア / 新居昭乃
二胡の音色とクリアトーンボイスによる幻想的かつ非現実的な雰囲気がいい。雰囲気で酔える。

kuroiyuki ★★★ (2018-03-22 22:54:00)


羽よ背中に / リトルピアノ・プラス / 新居昭乃
新居さんの楽曲には珍しいアコギのアップテンポものだが、クリアトーンボイスにマッチしており、サビに行くにつれて高揚感が上がってくる。

kuroiyuki ★★★ (2018-03-22 22:53:12)


鳥かごの夢 / Blue Planet / 新居昭乃
アコギのメロディー、幾つも重ねた新居さんのクリアトーンボイスは鳥肌ものです。

kuroiyuki ★★★ (2018-03-22 22:52:12)


SADNESS / SIAM SHADE Ⅱ / SIAM SHADE
シャムの中でも5本の指に入るくらい個人的に好きな曲。特にサビが切ない。失恋ソングでもなかなかこういうリフ、メロディのサビは珍しい。そこにボーカルの切なさあふれる声と歌詞がのっかってる。
「さよならさえ言えなかった君は誰と眠るのだろう」

名無し ★★★ (2018-03-22 00:44:32)


Cross-Eyed Mary / Bursting Out / JETHRO TULL
スタジオバージョンより少し短めにまとめられた、あのアイアン メイデンもカバーしたという初期の「アクアラング」アルバムに収められていたヘヴィなナンバー。
イアンのボーカルはメタルボーカルには全然当てはまりませんが、その野性味溢れる声は、別の意味での凄みが有ります‼

めたる慶昭 ★★ (2018-03-17 12:47:32)


Conundrum / Bursting Out / JETHRO TULL
タイトル通り、後半にバリーモア バローのエキサイティングなドラムソロがフィーチャーされているナンバー。
ツェッペリン解散後初めてのロバート プラントのソロアルバムでドラムを叩いていたバローですが、彼の緻密かつパワフルなプレイなればこそ、ジョン ボーナムを失った直後のドラマー役を務められたのでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-17 12:43:49)


Thick as a Brick / Bursting Out / JETHRO TULL
A,B面通して44分半の大作をここでは13分弱にまとめています。1/3以下の尺にしているのに、元からこの尺の曲じゃないか?って思わせるくらいに自然に無理無くダイジェストするTull の力は凄いとしか言いようが無い‼
何気にユニゾンしているイアンのフルートとマーティンのギターも素晴らしい。

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-17 12:38:41)


Sweet Dream / Bursting Out / JETHRO TULL
オリジナルは「Living in the past 」アルバムに収録されていますが、スタジオバージョンよりライブバージョンの方がキーボード二人時代のせいか洗練された印象を受けます。
逆に言うとスタジオバージョンの方が荒々しいんですね。
こういうケースは珍しいでしょう。

めたる慶昭 ★★★ (2018-03-17 12:32:24)


Lost on the Road to Eternity / Lost on the Road to Eternity / MAGNUM
Keyによる壮大且つシンフォニックなイントロを経て、
ボブ・カトレイとトビアス・サメットのツインVo体制のもと、
ブリティッシュHMならではの憂いとドラマ性を帯びた
サウンド絵巻が、力強く、ドラマティックに展開。
合唱を誘うコーラス等、ライブ映えするパートが
しっかりと組み込まれている曲作りの巧みさも
心ニクいアルバム表題曲。

火薬バカ一代 ★★★ (2018-03-13 23:37:15)


Lost on the Road to Eternity / MAGNUM

'18年発表の最新スタジオ・アルバム。前作『SACRED BLOOD“DIVINE”LINE』から2年足らず、リ・レコーディング曲を含むバラード集『THE VALLEY OF TEARS』からは僅か1年のブランクでリリースという、他のベテラン・バンドにも見習わせたいフットワークで活動を続けるMAGNUM。長らく三本柱の一柱だったマーク・スタンウェイ(Key)と、再結成以降のバンドの土台を支え続けたハリー・ジェイムズ(Ds)を失いながらも、本作の完成度の高さには全く揺るぎがないのですから、トニー・クラーキン(G)とボブ・カトレイ(Vo)の看板コンビの旺盛な創作意欲には脱帽ですよ。
音楽性に大きな変化は見受けられず、大英帝国産の貫禄と威厳をその身に纏わせつつも、周囲を睥睨するよりも聴き手に寄り添い、そのハートを芯からポカポカと温めるかのような「遠赤外線メタル」ぶりも健在。マンネリ?とんでもねぇ。比較的ハードな方向に振られていた前作に対し、今回はツアーで得た経験が曲作りに反映され、ノリ易いテンポといい、観客の合唱やバンドとの掛け合いが盛り上がりそうなパートを組み込んだ曲構成といい、全体的にライブ映え重視の楽曲が数多く並んでいるのが新鮮です。
勿論そのことでメロディのフックやドラマ性が薄まる下手を彼らが打つ筈もなく、特にアルバム表題曲である雄大なエピック・チューン⑤は本作の魅力が集約された逸品。この曲に限らず、サウンドの気品とファンタジックな抒情性を効果的に引き上げる、新加入のKey奏者の良い仕事ぶりが光っていますね(カトレイの人肌の温もりを伝えるVo、クラーキンの滋味溢れるGの素晴らしさい関しては今更言及するまでなく)

火薬バカ一代 ★★★ (2018-03-13 23:23:43)


Goodnight L.A. / MAGNUM

このアルバムタイトルを見せられて、嫌な予感に肝を冷やさないマグナムファンはいるのかいと言われる問題作。時代は1990年、仕方のない事でしたが、アメリカ進出と言うのはこういうことなんですね。かの国は他国のいいところを取り込んでも結局はアメリカ流だもんなぁ。美味いけどカルフォルニアロールは寿司と呼べるかね的な、アメリカ流儀に抗えず、多くのバンドが本質を見失い失速したのですが、ご多分にもれず、マグナムも歌を忘れたカナリア状態に陥る事に、どこかヨソ行きのバンドサウンドに、かつての彼らの姿を重ねると落胆するファンも続出だったようですが、駄作の烙印を押された事を真に受け、聴かないのはもったいないと言える品質の高さは誇示しており、名プロデューサー、キース・オルセンの元、装飾を省きシンプルなロックサウンドに舵を切ったメロディック路線も聴き応えは十分にあります。
⑧とか聴いて、こんなもんマグナムじゃないとはとても言えません、抑え気味でもストリングスアレンジも持ち込むキーボードは健在だし、収録曲も中盤から後半に向けて徐々に従来の魅力を完備した楽曲も目立ち、聴きようによっては実にバラエティに富んだ一枚として楽しめるでしょう。シンプルでライトになったのは外部ソングライターによる楽曲が半数近くあるのも起因しているでしょうし、レーベルも狙ったんでしょう。ちなみに提供者はジム・ヴァランスとラス・バラードです、だから質は低くないですよ。

失恋船長 ★★★ (2018-03-10 13:24:08)


Sleepwalking / MAGNUM

英国の重鎮だし、メロディックHM/HR界の重鎮と言っても良いでしょうね。前作でメジャーレーベルからGOODNIGHT L.A.されてしまったマグナム。そのあおりもあるだろし、時代の流れというのもある。そういった閉塞感の中でリリースされたのが今作でしょう。前作のような雰囲気も残しつつ英国的なニュアンスは復活、かなり大人しめの楽曲が大半を占め、ある意味ボブ・カトレイのソロでも作ったのかかいなぁと言いたくなるような歌モノ路線を敢行。AOR風味も強めの作風に、マグナムらしい優雅な展開美がなく、物足りなさも覚えるでしょうが、バンドの歴史を紐解くうえでも一度は耳にして欲しいアルバムです。

失恋船長 ★★ (2018-03-10 13:05:54)


Escape From the Shadow Garden / MAGNUM

ブリティッシュHM/HRの重鎮、マグナムが2014年にリリースしたアルバム。以前からそうだったが、再結集以降もコンスタントに作品をリリース、その勤勉ぶりには頭が下がるのですが、いずれもクオリティの高さを保持している事に驚かされる。前作でも聴けたストリングスアレンジを盛り込んだマーク・スタンウェイの手技も大フューチャーされた音楽性は、トニー・クラーキンのプロデュースの元、ツボを心得た安定のバンドサウンドで魅了。芳醇なメロディが叙情味溢れる質感を伴い優美だが力強く舞い踊ります。安定感が強すぎて、ややスリルに欠けるし、マークはとにかく我を出さない素晴らしいギタリストだ。
主役はバンドサウンドだし、もっと言えばボブ・カトレイの温かみのある高貴なムードを醸し出せる、あの歌声だろう。その尖り具合の丸さに、刺激を求める耳にはチョイと刺さらないかもしれないが、安定と言う名の色彩美豊かな曼荼羅模様に、このバンド最大の魅力を感じます。滋味深い主役不在とも言えるバンドサウンドは聴き応え十分ですよ。
それにしても昔から抱かせる彼らのイメージを守りながら、今聴いても古臭いと思わせないアレンジ力には目を見張るものがありますね。トニー・クラーキンの才能に改めて築かされました。当たり前のようで難しいですよ。昔のヴァイブを今の時代に通用させるのはね、単なる焼き回しじゃないからさぁ。

失恋船長 ★★★ (2018-03-10 12:57:22)


The Sheltering Sky / Discipline / KING CRIMSON
俺的KCの好きな曲10選には確実に入るんですが、思ったほど人気無いんすかね…

名無し ★★★ (2018-03-09 16:41:00)


Lost on the Road to Eternity / MAGNUM

長きに渡りバンドを支えてきたマーク・スタンウェイが脱退というニュースは、このバンドにとっては大きな損失だったろう。ソングライティングのみならず、LIVEにおける演出と言う観点からも由々しき問題だが、ボブ・カトレイとトニー・クラーキンの二人から生み出されるケミストリーは健在。深みのある歌声と、豊富なアイデアに彩られたリリシズム溢れるロマンティックなハードサウンドを披露。その練り上げられたメロディから醸し出される芳醇で高貴な香りに、このバンドの真骨頂を味わえるでしょう。
今回は老獪なテクニックを駆使しするも、やはり衰えを感じるボブをサポートをするように、リー・スモールやトビアス・サミットなどがゲスト参加、この世界観を押し上げてくれています。
あまりにも楽曲中心の作風ゆえに、ロックバンドとしての厳つさが足りないと、スピード感や目に見えたハードさを好み方には、少々大人しいサウンドとなるのでしょうが、この滋味深きマグナムサウンドが醸し出す圧倒的な存在感に、どこまでも引き寄せられます。いぶし銀のハードサウンドに酔いしれますね。テクニカルなプレイがなくともトーン一発で酔わせるギターも円熟味を増していますよ。

失恋船長 ★★★ (2018-03-09 13:53:36)


Vapor Trails / RUSH

本人達はミックスが気に食わなかったそうで Vapor Trails Remixedなんて初めてリミックスアルバム出している。
このサイトのリストに載ってないので追加しようとしたけど常連じゃないのでできなかった。

Feanor ★★ (2018-03-04 03:40:04)


Of A Lifetime / Journey / JOURNEY
アメリカンプログレサイケデリックハードスペーシーロック

静と動との振幅が異常

メロウでエロティックなプレイからあっちの世界へ逝っちゃたプレイを両立させてしまうニールは異常

名無し ★★★ (2018-02-27 13:16:38)


Journey / JOURNEY


ペリーファンのレベルを考えれば売れないのがわかるでしょw

名無し ★★★ (2018-02-27 12:58:33)


Journey / JOURNEY


ペリーファンのレベルを考えれば売れないのがわかるでしょw

名無し ★★★ (2018-02-27 12:57:42)


Ball and Chain / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER
こちらはもう少しアップテンポなアメリカンメタルで、若干ファンキーな味付けもされています。
ジョーのボーカルが凄く伸び伸びイキイキとしていて、ノリノリで歌っており、かなりお気にのナンバーなのかなと想像しちゃいますね。
彼のライブは未体験ですが、この曲ってセットリストに入れてます?

めたる慶昭 ★★ (2018-02-25 17:21:30)


Blood Money / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER
こちらもテンポは遅めですが、バラードではなくコクの有るへヴィーなナンバーです。
ギターはアル ピトレリではなく、カール コクラン。彼もusual suspectsの一人だそうですが、今まであまり印象が有りませんでしたが、此処では良い仕事をしていると思います。
作者としてもクレジットされているので、このナイスなリフは彼のリフですかね。

めたる慶昭 (2018-02-25 17:16:46)


Rest of My Life / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER
バラード系のナンバー。
歌メロはよく有りそうなパターンですが、ジョーのボーカルが曲を一段上のレベルに引き揚げています。
「rest of my life 」って繰り返しているところなんかジョー節炸裂ですね。

めたる慶昭 (2018-02-25 17:11:50)


Jack Knife / The Usual Suspects / JOE LYNN TURNER
レインボータイプの疾走ナンバー。
この歌メロはA級でしょう。
もし、カラオケに入っていて、メロディーを覚えていたら(おじさん、歌メロ覚えられたのは、80年代迄で、90年代から怪しく、今世紀はほぼ覚えていません‼)絶対歌いたくなるような格好良いメロディーです。
アル ピトレリのギターソロもリッチー風に格好良く決まっています。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-25 17:08:07)


Excess / JLT / JOE LYNN TURNER
ちょっとミステリアスな雰囲気のイントロから始まり、ジョーのボーカルメロディーもいつもと違って「Hurry up and wait 」やMother's Army の2nd.3rd辺りを思い出させます。
多くのジョーファンは否定するでしょうが、私はこういう曲調を歌うジョーが好きなんですね!

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-25 17:01:50)


Dirty Deal / JLT / JOE LYNN TURNER
汚い取引が好きなのさって歌う割りに、ジョーのボーカルはダーティーじゃなくクリーンでちょっと笑えます。
こうしたテーマだったら、やっぱりKrouks のマーク ストレイスが適任でしょう。
ジョー、弟子入りしなさい‼(笑)

めたる慶昭 (2018-02-25 16:56:45)


Jump Start / JLT / JOE LYNN TURNER
続く2曲目はレインボータイプというよりは王道アメリカンメタルかな。
テンポはミディアムでアル ピトレリの刻むギターリフが気持ち良く、ジョン オライリーとグレッグ スミスのリズムセクションが素晴らしいグルーヴを作り出しています。
ジョー ボナマッサのリードギターも格好良いですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-25 16:52:55)


In Cold Blood / JLT / JOE LYNN TURNER
アルバムオープニングナンバー。
ギターはアル ピトレリに戻っていますが、レインボータイプの疾走ナンバーで梶山と作った前作からの流れを感じさせますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-25 16:48:13)


Hiro Yanagida / 柳田ヒロ

日本のロック黎明期にザ・フローラル、APRIL FOOL、FOOD BRAINといったバンドで活躍した鍵盤奏者であり、作曲/編曲家でもある柳田ヒロ氏が '71年に発表した2ndソロ・アルバムです。
帯には「七才の老人天国」という邦題が記載されていますが、アートワークやインナーにはタイトルらしいものは無く、海外では「HIRO YANAGIDA」の名称で通っているようです。
このアルバムは昔「ニューロックの夜明け」というシリーズで見掛けた際、その邦題のインパクトからずっと気にはなっていたんですが、当時は他にも聴きたいものが沢山あったので後回しにしているうちについ購入しそびれてしまい、後悔していた一枚でした。
それが去年めでたく最新リマスターで再発されたので喜び勇んで購入、やっと聴く事が出来ました。
内容は期待に違わず素晴らしいの一言! けっしてテクニカルとかでは無いんですが、形式にとらわれずに、あふれるアイデアを全て形にして詰め込んだ感じの、紛れも無くあの時代のプログレの響きです。

'71年というと、日本ではロックの情報もまだまだ少なく暗中模索の状態だったと思いますが、本作も含めて総じて高水準なのには本当に驚かされます。やはりGS時代から蓄積されたノウハウも大きいのでしょう。
ニューロックからGSに遡ってみるのも面白いかも知れませんね。
改めて、そんな事を思った一枚でした。

夢想家・I ★★★ (2018-02-19 22:45:36)


Show Yourself / Slam / JOE LYNN TURNER
少し遅めのテンポのナンバー。
梶山とのコラボの曲の中では、前作の「Midnight in Tokyo 」と「Babylon 」と1.2を争う出来だと思います。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-18 17:06:43)


Slam / Slam / JOE LYNN TURNER
アルバムタイトルナンバー。
曲のテーマに合ったちょっとスペイシーな雰囲気を梶山のギターとポール モリスのキーボードが出しています。
ジョーのボーカルメロディーも良いし、間奏部分も工夫の跡が見えますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-18 17:03:36)


Deliver Me / Slam / JOE LYNN TURNER
ベースのリフのイントロから始まるコクの有るへヴィーなナンバー。
こっちをオープニングナンバーに持ってきた方が良かったんじゃないかなあ?
ギターソロもこっちの方が格好良いし、タイトに纏まっているしね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-18 17:00:14)


Bloodsucker / Slam / JOE LYNN TURNER
アルバムオープニングナンバー。
アップテンポのナンバーですが、歌メロ、ギターフレーズ共にこれがオープニングナンバー?と言いたくなるほど印象が薄いです。
キーボードソロはまあまあですが、ギターソロは類型的。

めたる慶昭 (2018-02-18 16:57:10)


Babylon / Holy Man / JOE LYNN TURNER
ちょっとオリエンタル風なイントロから始まる異国情緒溢れるナンバー。
この曲は歌メロが格好良く、ジョーの熱唱を堪能出来ます。
また、曲のアレンジ等も完成度が高く、短期間で制作したとは思えません。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-18 16:53:23)


Anything / Holy Man / JOE LYNN TURNER
こちらも梶山の曲ですが、リッチー調ではなく、しっとりめのナンバーに仕上げています。
バラードまではいきませんが、ジョーのボーカルも歌い上げ感を強めていますな。

めたる慶昭 (2018-02-18 16:49:55)


No Salvation / Holy Man / JOE LYNN TURNER
アルバムオープニングナンバー。
景気の良いハードロックナンバー。
パープルやレインボーファンが大喜びしそうなアップテンポでギターのリフが疾走していて、後ろにはハモンドオルガンが鳴っています。
で、ジョーが気持ち良くハイトーンを決めれば言うことないでしょう。
途中のブレイクからギターソロに入る流れが格好良い。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-18 16:46:04)


JOE LYNN TURNER

⬆What ? I can't understand.

めたる慶昭 (2018-02-18 16:40:26)


Fading Lights / We Can't Dance / GENESIS
4:15からKORG WAVESTATIONのシンセサイザーの宣伝のようなソロが堪能できまっせ!

名無し ★★ (2018-02-17 22:07:48)


恋せよ乙女-Love story of ZIPANG- / 月下の一群 / ALI PROJECT
芸術性とオリエンタルさと妙な艶っぽさが絶妙に融合した楽曲です。
ALI PROJECTの初期の楽曲ということで納得いきますし、この楽曲を元に数々の独特な世界観を持つ楽曲が生まれてきているんですね。
曲名を『ZIPANG』としているところにらしさが窺えます。

kuroiyuki ★★★ (2018-02-12 22:59:18)


LABYRINTH / Noblerot / ALI PROJECT
ALI PROJECTの唯一無二の存在感を放つ楽曲。
J-POPを感じさせる爽やかさと妙にキャッチーなサビは初聴でALI PROJECTの楽曲とは誰も判断することはできないでしょう。

kuroiyuki ★★★ (2018-02-12 22:57:47)


Attahk / MAGMA


                  *  * おめでとう *  *
 あなたは、さまざまなおんがくのゆうわくをふりきったあげくリクシチャン・ヴァンデによってとらわれた
 こんごいっぱんてきなおんがくに、こころうばわれることはなくなるが
 ほこりをもって、かいきゅうしょう(主に彼女及び嫁に音楽の趣味を説明しにくい人生)をつけなさい。

日本に普通に生きていて、ここまでたどり着くのは非常に困難かと思います。
このページを見ている貴方と、一度バーでグラスでもかたむけながらお話したいところですよね。

名無し ★★★ (2018-02-11 20:12:58)


JOE LYNN TURNER


めたる慶昭さんが、ジョーのアルバムについてレビューを書いているのが、私がジョーを否定したのが問題でしたら申し訳ないです。済みませんでした。

名無し (2018-02-11 16:49:01)


Can't Face Another Night / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER
典型的なバラードタイプのナンバー。
失った愛について歌われていますが、ジョーのよく伸びるボーカルが曲を劇的なものに仕上げており、盆百のバラードから頭一つ抜け出させています。
同郷の後輩のあの人よりは数段上でしょ。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-11 16:27:53)


No Room For Love / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER
ジョン ロードっぽいオルガンから始まるナンバー。
それも元々Deep Purple 用に書かれたナンバーという前田の解説で納得です。
サウンドもブリティッシュっぽくなっており、アルのギターもリッチー ブラックモアを意識しているようですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-11 16:22:57)


Days Of Rage / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER
ちょっとテンポが遅めのナンバーで、同時期に活動していたMothers Army に入っていてもおかしくない雰囲気の少しプログレ入ったナンバー。
アルのギターソロもエキセントリックなフレーズでゾクッとさせられます。
ジョーのボーカルがまた、上手く嵌まってます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-11 16:18:18)


Guilty Heart / Hurry Up And Wait / JOE LYNN TURNER
甘いギターの調べから始まるミディアムテンポながらポジティブな空気のナンバー。
アル ピトレリのギターソロは速くはないものの、坪を押さえたナイスなフレーズを披露しています。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-11 16:14:21)


Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER

この2枚目のカバーアルバムは、前作の選曲がポップなものが多すぎるということで、ハードな曲に絞ったという事ですが、「Rock bottom 」や「Misisipy queen 」の様に❓って思う曲が有り、前作の方がジョーの歌唱力を堪能出来ましたね。

めたる慶昭 (2018-02-11 16:10:51)


Lost in Hollywood / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER
Rainbow (グラハム ボネット在籍時)のカバー。
これも原曲は知りません。
しかし、ジョーのボーカルは素晴らしいので、名曲は誰が歌ってもOKということですな。(おっと歌唱力のあるという条件は付きますがね)

めたる慶昭 ★★ (2018-02-11 16:04:47)


Mississippi Queen / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER
Mountain のカバー。
これは原曲聴いたこと有りません。
Mountain は「暗黒への旅路」という曲をアナログシングル盤で持っていますが、そちらをカバーした方が嬉しかったなあ。
有名曲らしいが、つまんないぞ。

めたる慶昭 (2018-02-11 16:01:02)


Wishing Well / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER
Free のカバー。
こちらは原曲も知っていますが、正直原曲は超えていないでしょう。
ただ、じゃあつまらないかというとそうでもなく、ポール ロジャースとは違った華やかさが有り、そこを楽しめば良いカバーだと思います。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-11 15:57:22)


Lady Double Dealer / Under Cover 2 / JOE LYNN TURNER
Deep Purple のカバー。
原曲では、カヴァーディルとヒューズのツインボーカルだそうですが、聴いたこと無いので知りません。
ジョーのボーカルはこういうタイプの曲には本当に嵌まっていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-11 15:53:33)


The Dark Side of the Moon / PINK FLOYD


ストレートなロックやメタルが好きだった自分が初めて聴いたピンクフロイドのアルバムがこれ。名盤との評価に手を出した物の、プログレッシブロックのアルバムとしてはこれが初。初めて聴いた時ははっきり言って聴いてられませんでした。退屈に感じました。ですが色々な音楽に触れ、プログレにも慣れた頃にこれを聴き直した時は正直感動しました。素晴らしいアルバムです。最近はダウンロード主体でヒットシングルだけ買う人が多いと思います。ですがアルバムと言う1つの作品の素晴らしいさを感じずにいられないアルバムです。買って見て気に入らなくても手放さずにいて欲しいですね。そしていつか良さに気付いて欲しい!

名無し ★★★ (2018-02-10 22:24:56)


Number the Brave / WISHBONE ASH

バンドの創始者とも言えるマーティン・ターナーが脱退、代わりに迎えられたのが英国ロック界の貴公子ジョン・ウェットンが参加したのがコチラになります。高貴な声の持ち主として知られるジョンが、フォーキーな叙情派ロックサウンドとどのように絡むのかと思ったら、オシャレでファンキーなアメリカンロックの『Loaded 』で幕開けと、随分と肩透かしを食らうのですが、そのノリは結構な勢いで続き③曲目に収録された『Underground』で持ち直すも、オシャレなアメリカン志向のロックサウンドが多く収録されイケそうでイケない気まずい雰囲気になるのですが、だからマーティン・ターナーやめたんかぁとなりましたね。
またジョン・ウェットンよりも他のメンバーも活躍も目立ち、彼が俄然色めき立ったのが自身が提供した『That's That』くらいという仕様にバンドの迷走ぶりを感じずにはいられません。
そういう方向性や立ち位置に嫌気がさしたのか今作リリース後、早々とジョンは脱退。後任にトレバー・ボルダーが迎えられえるとは驚きました。アグレッションやハードさがウリのバンドではないので、ソフトでオシャレなロックサウンドである事に嫌悪感は抱かせないが、英国的な叙情性が薄まると求心力の低下に繋がるのは否めないかと思います。
それでも随所に拘りのプレイも持ってくる辺りには、このバンドの出自が英国である事を誇示していると思いますよ。80年代初頭のニューウェーブな波を意識した作風に時代を感じますが、それ系も気にならない守備範囲の広いロックファンなら楽しめる要素も大きいのではないでしょうか?ハードなモノを好む方にとっては、シャラシャラしたギターが活躍する大半の楽曲に怒りを覚えるでしょう。でも合間にねじ込まれる英国風味が滲み出たロックナンバーに、気分も持ち直すんですけどね。

失恋船長 ★★ (2018-02-10 18:33:52)


Don't You Mess / Raw to the Bone / WISHBONE ASH
WISHBONE ASHか否かは別として
エモーショナルかつ躍動感のあるマーヴィンの歌声に良いしてます

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:48:00)


Cell of Fame / Raw to the Bone / WISHBONE ASH
英国的叙情味満点のメロディが華麗に躍動します
オライアンことマーヴィン・スペンスの歌声もバッチリハマっていますね
透明感とハードなロックサウンドが見事に結実しています
ノリのよいグルーブはこのラインナップならではの旨味かね

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:42:53)


Illuminations / WISHBONE ASH

80年代に一旦活動を停止するも復活を果たした英国の老舗バンドが1996年にリリースしたアルバム。メンバーはアンディ・パウエルのみと言う事で、ある意味ソロアルバム的なニュアンスもありますが、彼が居ればWISHBONE ASHといっても過言ではないので問題はないでしょう。
英国風味満点、トラディショナルな響きには、あの望郷心をくすぐる哀愁美が満載。湿り気を帯びた叙情性の高いメロディを軸に、芳醇なメロディを紡ぐ二本のギター、アコギを織り交ぜ多彩なギターワークで聴き手を魅了。往年の空気を再現しつつも古臭さを一掃したサウンドプロダクションは聴きやすさを誘発。メロディ派のマニアならグッとくること間違いなしでしょう。割と長めの曲もあるのですが、難解な要素など微塵もなく、優美な叙情性と言う看板を掲げ、あくまでもムードで酔わせるスタイルをとっているので、AOR系のソフトロックなどが好きな人が聴いても満足出来るでしょうね。
ロックの持つ有機的なエモーション、彼らは熱さよりもクールさなのだが、その往年のブリティシュトラッドロックを極めたアーティスティックな面と、ソフトな歌モノ路線とのバランス感覚と巧みに保つ事で、自らも金看板を守っていますね。

失恋船長 ★★★ (2018-02-10 15:39:23)


Raw to the Bone / WISHBONE ASH

個人的にWISHBONE ASHの音源に初めて触れたのが今作。事前に聞かされていたイメージとは異なるサウンドではあったが、今作が他のカタログと比べると異質な方向性であった事を後に知る事になります。WISHBONE ASHと言えば、トリプルヴォーカルに、湿り気を帯びた哀愁のメロディを奏でるツインリードの調べ、英国風味満点のトラディショナルなフレージングの旨味、それらが幾重にも折り重なり美しくハモるのだが、今作には、そんな要素は皆無。
勿論、英国的なムードも満点だし、ちょいブルージーな要素もあるが湿り気という点も全然違う、またマイルドな感触と明るいポップセンスが前に出た作風に、かつての面影もない、でもこれもWISHBONE ASHという魅力には富んでおり、アンディ・パウエルを中心としたバンドサウンドの新たなる可能性を示唆している。
これも1985年と言う時代の波だったんでしょう、と理解できますが、かつての姿を知る筋金入りのファンからはすこぶる評判が悪かったと言われる一枚ではあります。ワタクシのようなライトリスナーにとっては、ポップな明るさの中にある、英国的な響きに琴線がチョコチョコと触れられる瞬間があり、質の違う湿り気を楽しんでいます。
そして最大の主役は、今アルバムを残してバンドをさる事になったオライアンこと、マーヴィン・スペンスの透明感のあるエモーショナルな歌声を堪能できる一枚として、歌モノロックを愛する方には強く勧めたい一枚ですね。
1985年と言う空気を思いっきり吸い込んだ、ポップでストレートな作風に舵を切った意欲作。バンドの活動に一旦、区切りをつける事にもなりましたが、2枚組で再発も決まった今作。丸ごとアメリカンになった分けではないので(英国的な叙情性のある曲も収録されている)、是非ともトライして欲しい一品です。

失恋船長 ★★★ (2018-02-07 19:13:38)


Karn Evil 9 / Brain Salad Surgery / EMERSON, LAKE & PALMER
これほどの長尺曲でこの疾走感はなかなかないのでは
次々と湧き出るメロディで30分があっという間。

干し柿 ★★★ (2018-02-07 09:36:33)


Valley of the Dolls / Awaken the Guardian / FATES WARNING
ヘヴィで変則的なリフが癖になる

干し柿 ★★★ (2018-02-07 09:33:43)


Periphery II: This Time It's Personal / PERIPHERY

Tr2とTr5いいですね。ギター好きなんでこういうの最高です。
ドリームシアターより全然いいと思います。プログレなのに楽曲と
してよくまとまっているというか、凄い才能だと思いました。

Reb ★★★ (2018-02-05 22:03:30)


PERIPHERY

メタルコアにプログレとフュージョンが入ってきたような感じの
斬新な音像で、しかもプログレにありがちな訳がわからない展開
にはならずに曲がしっかりまとまっている。メロディも良くこれ
を聴いたら普通のメタルコアを聴く気がしなくなりましたね。Ⅱ
とⅢが特に気に入りました。

Reb ★★★ (2018-02-05 21:44:42)


Chained / Under Cover / JOE LYNN TURNER
マーヴィン ゲイのカバーだそうです。
ジョーが歌うからブルーアイドソウルですな。
女性コーラスをバックに入れたりして、ファンキーに決めていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 17:02:23)


Vehicle / Under Cover / JOE LYNN TURNER
ブラスから入ってくるファンキーなナンバー。
アメリカのブラスロックバンド(知ってますか?シカゴもデビュー当時カテゴライズされていました)のカバー。
3分足らずの短い曲ですが、心地よいハードポップですね。
ジョーって結局こうした傾向の曲が一番合っていると思うのは私だけ?

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 17:00:00)


Street of Dreams / Under Cover / JOE LYNN TURNER
解説の廣瀬や⬆のラーションさんによれば原曲よりメローな仕上がりだそうですが、私はRainbow バージョンを知らないので、ただ、Journy 辺りに似ているなあと感じるだけですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 16:55:21)


We're an American Band / Under Cover / JOE LYNN TURNER
私の年なら言わずと知れたGFRの大ヒットナンバー。
確か73年にキーボードが加わって初めての同名アルバムからの曲です。
ジョーはマーク ファーナー程の野性味やパワーは有りませんが、彼の声質を活かして、若干ファンキーな味に仕上げていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 16:52:06)


Under Cover / JOE LYNN TURNER

これと後もう一枚ジョーはカバーアルバムを出していますが、こちらの方が好きですかね。
ハードポップな曲が一番ジョーの声にはフィットしますよ。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 16:47:18)


Knock Knock / Nothing's Changed / JOE LYNN TURNER
アルバムラストナンバーでこれもノリノリなロックンロールナンバー。
ここでは、ホンキートンク調のピアノが大活躍ですね。
途中で入る女性の声がイヤらしいですな、イッヒッヒ❗

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 16:44:16)


Baby's Got A Habit / Nothing's Changed / JOE LYNN TURNER
これも景気の良いロックンロールナンバー。
アルバム購入時からアルバムタイトルナンバーの次にお気に入りで、お好みテープにも入れているのに、今までコメントしておらず、悪かったなあとこの曲に対して謝りましょう。
アル ピトレリのギターソロもテクニックよりノリ重視で、それが格好良いフレーズを生んでいます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-02-04 16:40:42)


Promise Of Love / Nothing's Changed / JOE LYNN TURNER
アルバムオープニングナンバー。
ラフなロックンロールで勢いつけるにはうってつけですね。
テンポはアップテンポ1歩手前で決して速くはないのですが、ポジティブな曲調と元気一杯なジョーのボーカルが思わず頬をニヤツカせてしまいます。

めたる慶昭 ★★ (2018-02-04 16:35:22)


Seconds Out / GENESIS

プログレッシブロックのライヴアルバムとしてはこれ以上無い位完璧。
既に上の方々がおっしゃっている通り、Cinema Showでのツインドラムとバンクスのソロは凄い。
とにかくスタジオ盤よりも躍動感が感じられる。若い方々にも是非聴いてもらいたい。

GC8改 ★★★ (2018-02-04 09:39:51)


Troubled Child / Frontiers / JOURNEY
Journeyの中では一番好き。
なぜこんなに人気がないのか不思議に思う。
俺にとっては墓場まで持っていきたい曲。

ash-ra ★★★ (2018-02-04 02:25:47)


Starless / Red / KING CRIMSON
プログレとは「聴き手に感動を与え、圧倒し、うならせ得る曲」と私が勝手に定義しましたが、まさに三拍子揃った曲! この定義に沿う曲を探し求めていろいろ聴きあさるのだが... 一度上がったハードルはなかなか下げられない

干し柿 ★★★ (2018-02-03 23:15:17)


A Change of Horses / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON
8分超えのアルバム中一番長い曲。
基本アコースティックな曲でイギリスの深い森を馬に乗ってさ迷うロビンフッドが出てくるサウンドトラックで流れると良いんじゃない?って感じ。
エレクトリックギターは悪天候かはたまた敵の襲来か?
色々と想像が膨らみますなあ。(笑)

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 17:27:00)


Wootton Bassett Town / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON
今度は軍人になったジェラルドですか。
荘厳なキーボードの調べが悲惨な状態を想起させますし、イアンのボーカルもなんだか愚痴っぽく聴こえるのは私だけ?
後半のボーカルはアディショナルメンバーのライアンかな?
声を似せているので聞き分けづらいです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 17:21:58)


Adrift and Dumfounded / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON
タイトルからするとジェラルドがホームレスになっていたらという設定の曲ですね。
アコースティックギターがそこはかとなく哀れさを醸し出し、イアンのボーカルも何か落ちぶれ感❓を漂わせています。
途中からアップテンポになるところは警官かなんかから「そんなところに居るな‼」とホームレスのジェラルドが追いたてられている様な気がします。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 17:16:54)


Banker Bets, Banker Wins / Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON
安い輸入盤で買っているので歌詞も無く内容は解りませんが、曲のタイトルからしてジェラルドがもし銀行員になっていたらという設定の曲の様ですね。
途中に入るギターソロはフローリアンが弾いているわけですが、基本タルサウンドにマッチさせていますが、やはりマーティンとは音色、フレージングに違いが有り、受け入れるのに少し時間が必要でした。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 17:11:09)


Thick as a Brick 2 / IAN ANDERSON

Tull 、否Jethro Tull's Ian Anderson として、彼の100%ソロアルバムを除けば、「Dot com 」以来約13年振りとなる久々のアルバム。
しかも、あの歴史的な超名作「ジェラルドの汚れなき世界」の続編ということじゃないですか。
購入前から、こりゃどんな作品かと期待大でしたが、それを裏切らない新たな名盤の誕生と言えるのではないでしょうか。
唯一、マーティンと袂を分かったのが余りにも残念な事ですが。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 17:04:57)


First Snow in Brooklyn / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
この曲ではバイオリン2人、ヴィオラ、チェロ各1人ずつの計4人の弦楽隊が優雅にタルサウンドに彩を添え、その上にのるイアンの語りかける様なボーカルは心をほっこりとさせてくれます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:55:01)


Last Man at the Party / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
イアンのボーカルメロディーが非常に魅力的なナンバー。
他の曲のレビューでも書いたと思いますが、彼の声は知性に溢れて、ウィットに富み、彼にしか出せないものが有るのです‼
(時にイヤらしくもなりますがね)
歌詞にフランク シナトラが出てきます。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-28 16:50:16)


Jack Frost and the Hooded Crow / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
この曲もこのアルバムに収録されるに相応しい、なんか目出度い雰囲気の漂うナンバー。
中間部のイアンの一人多重コーラスが効果を挙げています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:45:44)


A Christmas Song / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
「Living in the past 」に収録されていた曲(私はブートの「My God !」で初聴き)ですが、若干アレンジが違うので、新たにリレコーディングしたものと思われます。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:42:25)


Holly Herald / The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL
軽快なインストナンバー。
イアンのフルートが小気味良く冴え渡ります。
イギリスの小さな子供たちがクリスマスの朝に喜んで跳ね回る姿が目に浮かびますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:38:26)


The Jethro Tull Christmas Album / JETHRO TULL

03年のクリスマス時期に合わせて発表されたアルバム。
新曲と既発曲が混じっていますが、録り直した曲もあるようです。
5曲程、レビューしましたが「Christmas song 」以外はどれも私はこのアルバムで初めて耳にする曲で、こんな上出来の曲達をさらりと企画アルバムで初披露するなんて、やっぱりタルは凄い‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-28 16:35:54)


Larks' Tongues in Aspic / KING CRIMSON


管理者の方にお願いして、星をすべてのレビューに付けていただきました。管理者の方ありがとうございます。

名無し (2018-01-24 20:35:21)


Larks' Tongues in Aspic / KING CRIMSON


最近プログレを聞き始めた者でキング・クリムゾンのアルバムのうち9割くらい聞いてからの感想ですが、
このアルバムの良さがわかるのはかなり遅かったですね。自分には前衛的過ぎたのでしょうか。
他のクリムゾンのアルバムは、即興以外には難解な曲があまりないと感じたので、一曲目の難解さは最初理解が出来ませんでした。
今ではクリムゾンのアルバムの中でも上位に入るくらい好きです。2・3曲目の美しさと、5・6曲目の最高の繋ぎ方にほれぼれします。

ところで、クリムゾンのアルバムでこのアルバムだけ評価が不自然に低くありませんか?レビュー数は多いのに。
絶賛しているレビューがあっても星が入っていなかったりしています(ほとんど絶賛ですが)。
星1つのようなレビューは一つもないので、管理者様の方で、大絶賛に星3つ、絶賛に星2つの評価を勝手につけても問題なさそうです。
よろしくお願いします。

名無し ★★★ (2018-01-23 12:22:43)


Don't Cry / Alpha / ASIA
大好きです!エイジアと言えばこの曲!中学生の時に転校してきた子が口ずさんでた。英語の歌をこれ見よがしに歌って嫌味な感じだったけど、今思えば、転校してきて心細かったんだね。

名無し ★★★ (2018-01-22 23:23:20)


Valley / Roots to Branches / JETHRO TULL
イアンのフルートソロとリズムブレイクから始まる6分超えのナンバー。
その後、アコースティックギターに導かれてイアンのボーカルが入ってきます。
中盤以降はマーティンのギター、アンディのキーボードもバックを盛り上げ、かなり次々に展開していく構成なのですが、全然散漫な感じがしないのは、70年代にアルバム1枚で1曲を纏め上げていたタルならではですね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 16:09:12)


Roots to Branches / Roots to Branches / JETHRO TULL
オープニングかつアルバムタイトルナンバー。
かなり不穏な雰囲気のイントロから始まりますが、イアンのボーカルもちょっと呪文でも唱える様な感じでいつもと様子が違うかも。
発表後は良くライブでも演奏されており、05年の来日時もセトリに有った記憶があるし、「Living with the past 」アルバムでもライブバージョンが収録されています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 16:03:35)


Spiral / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL
アルバムオープニングナンバー。
マーティンのギターリフが主導しているタルとしてはちょっと珍しいタイプの曲です。
スピード感はそんなに有りませんが、流石にタルのリズムセクションを担うだけあってジョナサン、ドーンのコンビも然り気無く変拍子に対応しています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-21 15:57:41)


AWOL / J-Tull Dot Com / JETHRO TULL
イアンの印象的なフルートのフレーズから始まる曲。
非常に抑制の利いたサウンドでイアンのボーカルも端正な佇まいです。
アンディのキーボードが効果的にアクセントをつけていますね。
こういう懐の深い曲を作るからこそタルから目が離せないのです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-21 15:53:29)


Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL

93年末にリリースされたCD 2枚組でCD 1はあの「A passion play 」製作前に行ったフランスでの幻の「シャトー ディザスター セッション」を全面的にフィーチャー。CD 2は70年代半ば~90年代初めまでの様々な時期のアウトテイク集です。
どれもアウトテイクには勿体無い出来の良い曲ばかりで、如何にタルが凄いバンドなのか分かるでしょう‼
特に「シャトー ディザスター セッション」は凡百のバンドなら最高傑作レベルの曲群をそのままあっさりお蔵入りにしていたのだから、唖然とするしか有りません‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:42:11)


Crew Nights / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
81年とあるので、「A」のアウトテイクと思いましたが、ドラムスはジェリー コンウェイだし、エディ ジョブソンではなくピーター ヴィッテッセがキーボードでクレジットされているということは、寧ろ「Broadsword & beast」のアウトテイクか?
何となく曲調もそっちに近似性を感じます。
前半は端正な曲調ですが、途中からイアンのフルートに導かれてアップテンポになり、激しいインタープレイが繰り広げられ、また元の曲調に戻るイアンお得意のパターンで出来も非常に良いですね。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:33:13)


Paradise Steakhouse / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
CD2のオープニングナンバー。
74年とあるので「War child 」のアウトテイクと思われます。
この曲に限らず、何故こんなに出来の良い曲が没となっていたのか理解に苦しみますが、それだけ本編に入っている曲は更に良い曲だったと思い出させられますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:24:09)


Post Last / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
これも「シャトー ディザスター セッション」の中の曲ですが、これは「A passion play 」の中の一部を切り取った様な曲で、恐らく殆どが転用されたと思います。
「A passion play 」ではイアンの歌っているパートを全部フルートの演奏に置き換えており、演奏は非常にアグレッシヴです‼

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:19:49)


Law of the Bungle / Nightcap: The Unreleased Masters 1973–1991 / JETHRO TULL
タイトルから「War child 」収録の「Bungle in the jungle 」絡みか?と思わせるが、特に関連は無さそうです。
「シャトー ディザスター セッション」の中の曲なのですがあの「A passion play 」との繋がりを感じさせるメロディーも全然出てきません。
当時のタル、いやイアンがどれだけクリエイティブだったのか❗空恐ろしくなります。
約、5分半のインストナンバー仕立てですが、イアンのフルートはかなりクラシカルなメロディーなのにバックのリズムセクションはかなりアグレッシヴなのが対称的なのですが、それをキチッと纏め上げているのだから、凄い‼の一言です。

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-14 16:15:23)


Occasional Demons / Catfish Rising / JETHRO TULL
続く2曲目も中々ハードなナンバー。
「世の中は油断ならないよ」ということをイアンらしい皮肉っぽい言い回しで歌っているようです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:03:44)


This Is Not Love / Catfish Rising / JETHRO TULL
アルバムオープニングナンバー。
4分弱のアップテンポ(タルにしては)ナンバーで、掴みはOKってところか。
タルとしては凡曲ですが、マーティンのギターソロが渋いトーンで格好良いフレーズを決めています。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-14 16:01:08)


Owner of a Lonely Heart / 90125 / YES
史上最高の名曲です。
今までに腐るほどHMやHRを聴いてきたがこれが1位です。これ本当に本当。
聴けば聴くほど味が出て惚れ込んでしまいます。
強いて言えば、GUN`N ROSESの1stアルバム  これ聴けば聴くほど細部の良さに気づいて長らく愛好版だったと思いますが、これに近いですね。
すべての音楽愛好家、最高の必須です★★★

生レバ食いて~ ★★★ (2018-01-10 13:21:42)


90125 / YES

このアルバムは紛れもなく史上最高の音楽です。
今までに腐るほどHMやHRを聴いてきたがこれが1位です。これ本当に本当。
聴けば聴くほど味が出て惚れ込んでしまいます。
強いて言えば、GUN`N ROSESの1stアルバム  これ聴けば聴くほど細部の良さに気づいて長らく愛好版だったと思いますが、これに近いですね。
すべての音楽愛好家に最高の必須です★★★

生レバ食いて~ ★★★ (2018-01-10 13:15:48)


The Whaler's Dues / Rock Island / JETHRO TULL
8分近いアルバム中で最長のナンバー。
かなり大袈裟なイントロからイアンのフルートが哀愁を帯びて壮大な叙事詩へと曲を導いていきます。
曲の内容は捕鯨禁止運動に対して疑問を呈しているようで、トピカルな内容ですが、それ故にか曲調もかなりヘヴィです。(普通にヘヴィメタルとして聴ける訳でもないですがね)

めたる慶昭 ★★★ (2018-01-08 16:24:06)


Rock Island / Rock Island / JETHRO TULL
「Stand up 」アルバムから続けて聴いても、何も違和感を感じずにタルワールドに浸る事が出来ます。
それだけイアンの作る曲は不変の個性と魅力を備えているわけです。
グラミー賞ヘヴィメタル部門でMetalicaを差し置いて真っ先に表彰されても「ドウモネー」っと軽く微笑みながら活動を続けている彼等が居るのです‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:18:20)


We Used to Know / Stand Up / JETHRO TULL
Eaglesの「Hotel California 」に似ているとタルファンの間では有名なナンバー。
確かに最初のボーカルメロディー等かなり似ていますが、ブリティッシュサウンドとアメリカンウェストコーストサウンドとで全体的な印象はさほど似ておらず、Eagles にケチをつける気なんてまったく感じませんね。
それにしてもこれだけワウワウで攻めるバレも珍しいです。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:11:39)


Look Into the Sun / Stand Up / JETHRO TULL
これは終始アコースティックな曲。
イアンの語りかける様なボーカルが格調高く響きます。
途中から入るバレのサイケなギターが微妙にアコースティックサウンドを壊さずにマッチングしていますね。

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:05:46)


Back to the Family / Stand Up / JETHRO TULL
牧歌的な味わいの有るスローテンポな曲として、始まりますが、展開部ではかなりハードになり、その2つを繰り返します。
しかし、唐突感が少しもなく、繋ぎ方が自然で素晴らしい‼
4分足らずとは思えない聴き応えのある曲です。
こうした曲作りがさらっと出来るからこそ、後にアルバム1枚で1曲なんて、プログレの大作を作成しても、全然飽きずに一気に聴かせてくれたのでしょう‼

めたる慶昭 ★★ (2018-01-08 16:02:51)


To Cry You a Song / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL
とにかくハードにロックしています。
個人的にタル最強のリズムセクションはグラスコック&バローなのですが、この時のコーニック&バンカーも凄い‼
特にバンカーのアタックの強さはコージー パウエルにも匹敵するのではないでしょうか。バンカーは過少評価されています。
スタジオバージョンではキーボードは入っていませんがこのライブバージョンでは、ジョン エヴァンが強烈なオルガンプレイを聴かせてくれています。
テンポも速くて、基本スタジオバージョンと一緒の構成なのに1分以上早くエンディング‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:52:40)


My God / Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL
曲前のMCでニューソングとイアンが紹介しています。
この曲を最初に知ったのは、何故かアナログ海賊盤のそのタイトルも「My God !」でだったのですが、そのバージョンの印象が余りに強烈すぎて、このワイト島のバージョンだって十分すぎるほど、アグレッシブで凄い演奏なのにそれでも霞んでしまうのです。
とにかくイアンのフルートソロの自由度が比較になりません‼
これは御披露目バージョンなので控え目なのかな?と解釈するしかないですね。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:45:21)


Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970 / JETHRO TULL

70年はワイト島フェスティバルでの伝説のライブ‼
まだ、20代前半のイアン&マーティンにグレン コーニック、クライブ バンカーにこの時点でジョン エヴァンも加入済で、とにかく演奏がアグレッシブの一言❗
本当にそこらの今のナヨッチイメタルバンドじゃ敵いませんぜ‼
セットリストも3rd迄の曲に、スタジオバージョンは4thの「Aqualung 」収録ながらライブでは、早くから披露していた「My God !」と完璧でしょう‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:37:35)


Wind‐Up / Aqualung Live / JETHRO TULL
前半のイアンの語りかける様なボーカルは、これぞ英国人のインテリジェンス❗と言いたくなるような気品に溢れています。
中盤からマーティンのエレクトリックギターがハードに曲を引っ張りますが、それでもイアンのボーカルはあくまでジェントリーでしかもバックのサウンドにフィットしているこのアレンジの妙‼
まるで、次作の「Thick as a brick 」のプロトタイプの様ですな‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-28 21:29:23)


Crosseyed Mary / Aqualung Live / JETHRO TULL
Iron Maiden もカバーしたタル屈指のハードロックナンバー。
ドーン ペリーのドラミングはオリジナルのクライブ バンカーに負けないほどアグレッシブですが、ジョナサン ノイスのベースがボトムに撤しているだけで、ジェフリー ハモンドのプレイと比較すると物足りないと言わざるを得ません。
イアンのボーカル&フルートとマーティンのギターは冴えていると思います。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:23:10)


Aqualung Live / JETHRO TULL

05年発表のライブ盤。
元々ラジオ局絡みの企画ライブの為、オーディエンスも少ないこじんまりした会場の様で、全体的に演奏はリラックスした印象ですね。
この頃イアン&マーティンは50代後半ですが、イアンのボーカルの衰えは感じさせるものの(彼の場合80年代終盤から声は出にくくなっているらしい➡ファンサイトで管理人さんがコメントしています)フルートとギタープレイには衰えは微塵も感じさせません‼
アンディのピアノプレイにジョン エヴァンの様な華やかさが無いのだけちょっち不満かな?

めたる慶昭 ★★ (2017-12-28 21:17:30)


Some Day the Sun Won’t Shine for You / Living With the Past / JETHRO TULL
初期メンバーがバックを務める1stアルバムからのナンバー。
イアンが珍しくハーモニカを演奏しています。
非常にブルージーで、そうかスタート時はこんな音だったんだなあと目が遠くなります。(73年からの後追いファン歴44年の若輩者ですがね)

めたる慶昭 ★★ (2017-12-24 17:15:44)


Living With the Past / JETHRO TULL

02年発表のライブアルバム。
01年11月25日のロンドンはハマースミスアポロの音源を中心に、後は89~02年の様々な時期の音源が少しずつ使われており、1曲だけ、初期メンバーであるグレン コーニック、ミック エイブラハムス、クライブ バンカーがバックを務める曲が収められています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-24 17:11:41)


A Little Light Music / JETHRO TULL

92年に結成24年目にして2枚目のオフィシャルライブアルバム。
当時の会場としては、まだ珍しいと思われるトルコやイスラエルがクレジットされており、タルの全世界的な人気が窺えますね。
アコースティックツアーとライナーで紹介されていますがマーティンはしっかりエレクトリックギターを弾いていますし、ベースのペグもエレクトリックです。
また、70年前後から色々なところに顔を出している敏腕ドラマーであるデイブ マタックスがこのツアーでドラムを叩いているのも嬉しいサプライズですね。(ペグとはFairport Conventionでバンドメイト)
イアン&マーティンは当時40代半ばでキャリア十分でしたが、演奏には余裕が有り、曲によってはアレンジを大胆に変え、80分近くを全く飽きることなく聴くことが出来る好盤です‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-24 16:58:01)


My God / Cross Eyed Mary / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL
My God !はワンコーラスだけのショートバージョンでCross eyed Maryはフルバージョンですね。
両方とも「Aqualung 」収録曲なので、スタジオバージョンはベースがジェフリー ハモンドでドラムがクライブ バンカーですが、特にドラミングがスタジオバージョンとはかなり違うプレイなのですが、私はこのバリーモア バローが叩いているライブバージョンの方が好きですね。

めたる慶昭 ★★ (2017-12-17 17:04:18)


Heavy Horses / Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL
スタジオバージョンでは、ダリル ウェイがゲストでヴァイオリンを弾いていますが、このライブバージョンでは、デビッド パーマーがシンセサイザーで上手くアレンジして穴を見事に埋めてくれています。

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-17 16:57:59)


Live at Madison Square Garden 1978 / JETHRO TULL

78年のライブということは、初めての公式ライブアルバムと同じく「Heavy horses」発表後のツアーの時期で(「Live !bursting out」のライナーでこの後マディソンスクエアガーデンのライブの予定が有り、日本は入らないが全世界に衛星中継される予定である‼と紹介されています)セットリストもかなり重なっていますが一部がDVD にもなっていて視覚的にも楽しめます。
例えば終盤では互いに楽器の交換をしたりして(イアンが楽しそうにピアノを弾いています!)中の悪さ等微塵も感じさせません。
演奏は勿論タイトで文句のつけようが有りません‼
しかも、ジョン グラスコックは既に体調を崩していたらしく、ベースはトニー ウィリアムスがサポートメンバーとしてクレジットされているのですが、全然違和感がなく、クレジットを見なければジョンでしょって思うくらい似せているとんでもないサポート振りです‼
お奨めします‼

めたる慶昭 ★★★ (2017-12-17 16:52:41)


Troubled Child / Frontiers / JOURNEY
透明感のある扇情的なメロディ
アメリカンなマイルドさ
絶妙なさじ加減で酔わせます
初期のプログレ路線的な魅力もまたイイ

失恋船長 ★★★ (2017-12-10 15:46:11)


Zombi / Zombi(colonna Sonora Originale Del Film) / GOBLIN

タイトルそのまんまですね。
映画開巻から間もなく、警察が包囲するアパートを舞台に、
不法移民とSWATが繰り広げる銃撃戦に、ゾンビ軍団が乱入する
カオスな名場面を彩るアゲアゲな名曲です。
シーンの緊迫感を高めるだけでなく、
ダリオ・アルジェント監修版が持つ「サバイバル・アクション映画」
としての雰囲気も大いに盛り上げてくれているという。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-12-10 01:29:49)


Zombi(colonna Sonora Originale Del Film) / GOBLIN

ホラー映画史に燦然と輝く金字塔、故ジョージ・A・ロメロ監督作『ゾンビ』(原題『DAWN OF THE DEAD』)と言えば、米国劇場公開版、ディレクターズ・カット版、そしてダリオ・アルジェント監修版の3パターンを基本に、派生型である日本TV初公開版やら、ドイツのマニアが勝手に作ってしまった最長版やら、無数のバージョン違いが存在していることで知られています。で、お前はどのバージョン派?と問われたならば、コンマ数秒たりとも躊躇うことなく「アルジェント版!」と即答する準備は万端。ロメロが作品に込めた消費社会・文明に対する批評性が薄められているとしてマニア受けはイマイチなれど、カット割りがスピーディ且つアップテンポで、『ゾンビ』のサバイバル・アクション物としての側面がより強調された同バージョンの味付けが、個人的に一番グッときましてね。それに何より、ここにはGOBLINが手掛けた最高にイカした劇伴がある!と。特に映画序盤、警察/不法移民/ゾンビが三つ巴の地獄絵図を繰り広げるアパートの場面で、名曲②が流れないなんてちょっと考えられないですよ。この勇ましく緊迫感に満ちた名曲を聴く度に、ウーリー大暴れの図が脳裏に浮かんでほっこりするという(それはどうか)。
そんなアルジェント版の劇中使用曲をまとめて収録したサントラ盤たる本作ですが、『ゾンビ』を見たことがない方が、単純にプログレッシブ・ロック作品として触れると、唐突に陽気なピアノ曲やカントリー、更には民族音楽風コーラスが挿入されたりと、ロック色の薄い、少々アバンギャルドな作りに戸惑う危険性あり。映画を見てからだと、聴く度に劇中の名場面の数々が瞼の裏に蘇って感動に浸れる名盤なのですが…。

火薬バカ一代 ★★★ (2017-12-10 01:17:07)