この曲を聴け!
Takin' It Back
MyPage

Takin' It Back
モバイル向きページ 
解説 - Takin' It Back
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ポール (2001-04-28 01:18:05)

このバラードも結構好きで、なんか落ち着きます。



2. 190 ★★ (2001-05-09 22:44:14)

結構好きだ。



3. 南部の唄 (2002-05-19 13:46:35)

メリハリがあって良い。最後のドラムとベースがかっこいい。



4. ろびん ★★★ (2003-04-20 22:01:10)

イントロのキーボードから他の楽器が重なっていって歌に入る瞬間は鳥肌もの!
バックの演奏は後半一気に頂点へと駆け上るけど特にベースとドラムは聴き応え十分!!改めてTOTOって巧いなぁって感心させられます。
・・・でも今のリズム隊とは別人。ジェフ・・・。ほんとに惜しまれますね。
サイモンには彼の、マイクには彼の良さがあって当時と遜色は無いですけど・・・やっぱり私には・・・。(私は個人的にマイク・ポーカロ大好きですけどね)



5. ギターの国から2002.遺言 (2004-10-29 15:46:23)

し~っとり♪。「ふりだしの恋」っていう邦題もいいじゃないですか。
もろにAORですが、キメの部分などでTOTOらしさが感じられるのはさすが。それからイントロは日本風に感じられる。
洒落た雰囲気の似合う佳曲。




6. どげだや (2005-07-12 00:43:50)

エキゾチックな一曲。
夜のワイキキの海岸で聴きたい!。
ベースのカッコよさが光る。



7. Kere ★★ (2006-12-19 18:38:27)

イントロが「リンスのいらないメリッ○」に聞こえる曲です(笑)
スティーヴ・ポーカロは作曲の天才ですね。
何ともいえない哀愁のある曲を書いてくれます。
「Lea」やMジャクソンの「Human Nature」も彼の作品。



8. MK-OVERDRIVE ★★ (2017-09-14 08:25:34)

2人の若きSTEVEのうちトンボ眼鏡PORCARO兄弟の末っ子による作品。華奢で繊細そうな外見そのままの、典型的な(日本で言う)AORバラードだ。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示