この曲を聴け!
MOONCHILD (INCLUDING THE DREAM AND THE ILLUSION)
MyPage

MOONCHILD (INCLUDING THE DREAM AND THE ILLUSION)
モバイル向きページ 
解説 - MOONCHILD (INCLUDING THE DREAM AND THE ILLUSION)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. el ★★★ (2003-04-04 13:08:21)

泣く子も眠る超名曲MoonChild。
後半のインプロは自分はちょっと馴染めないけど
α波放散しまくりのこの孤高たる美しさ・・・。
妖しく、不気味でありながらも
優しい子守唄にも似た耽美と叙情のノクターンが織り成す美しい名曲です。
しかし・・・これ、本当に1969年なのだろうか・・信じられない。
特にこのバイオリンの様なギターの調べは今から35年も前の音だなんて信じられない。
何処を取っても後半以外は何も色褪せてないどころか
今も尚、斬新に眩い月光を輝かせている。
メインはとても短くシンプルかもしれないが延々繰り返して聴きながら眠りたくなる。
EPITAPHに並ぶ超傑作バラードです。
いつ聴いても、イントロのあのギターで月の世界に吹っ飛ばされます。




2. kotora ★★★ (2003-05-20 23:04:29)

切ないメロディーが心に染みます。
ああ、染みますとも。このモンスターアルバムに入っているのが
効果的なのか、この曲ありきで、モンスターとなったのか。




3. エストック ★★ (2003-07-29 22:50:04)

凄くもの悲しいく哀愁のメロディーと歌メロが感動的な前半に比べ後半はやっぱり退屈です。これがもうちっと退屈じゃなければ☆三つだった、余裕で。



4. ★★ (2003-09-03 14:01:56)

アルバム全体の収録時間が足りないため、後にインプロヴィゼイションを付け加えられたのが、この「Moonchild」。
童話の世界を垣間見るような雰囲気から即興性の重視されたメロトロンの波による動と静の美しさが緊張感と安らぎを醸し出す。



5. コカコーラ600 ★★★ (2003-09-24 20:03:23)

序盤の叙情的なヴォーカルパートから幻想的なインプロヴィゼイションへ。幻想的な世界が広がる。幻想の世界に浸りきっていると次の曲が始まった時に"ビクッ"としてしまう。



6. Kamiko ★★★ (2003-09-24 20:21:31)

メロトロンっていいなあ・・。
温かいぬくもり感じます。




7. スナカケ ★★ (2003-10-05 12:31:33)

懐かしくなるような、絵が浮んでくる曲。KIngCrimsonで今でも歌えるのはこの曲だけ。美しいメロディー。



8. Bob ★★ (2003-10-10 13:23:40)

この曲の後半が退屈という人もいますが、私はそうは思いません。
私には宇宙のイメージ。
この曲の後半から宮殿につながるから良いのだと思います。



9. ターヴォ ★★★ (2004-01-17 21:06:02)

この世のものとは思えない雰囲気。
名曲。




10. senasis ★★★ (2004-02-04 00:46:47)

ちょっと前映画のワンシーンでも流れてましたね。
儚くて懐かしく、目を閉じると王宮の情景が浮かぶような感じ。
永遠に色褪せることなく聴き継がれていくであろう名曲。まあこのアルバムは全曲そういえるけど・・・。




11. やまねこ ★★ (2004-05-05 15:10:43)

前半の幻想的な歌の部分は、あまりの美しさに最初かなり
衝撃的な印象をもったが、どうも聴き飽きてしまった...。
が、ほとんど飛ばしていた後半の幻想のインストを
今は聴くのが楽しみだ。あの微音と間合いは、心地よいです。




12. nepenthes ★★★ (2004-05-31 12:23:21)

勝手な意見ですけど宮殿の曲はそれぞれ対になったテーマが存在するとおもう。21世紀の精神異常者は静と動。風に語りては空間における有限と無限が。エピタフは光と影。ムーンチャイルドは不安と安心。そしてクリムゾンキングの宮殿には躁と鬱が。 どれも好きですがムーンチャイルドが一番好きです。



13. 野崎 ★★★ (2004-08-22 20:29:15)

脆く優しい音が心地いい名曲
後半は僕の中で「クリムゾン=プログレ界一」を決定付けた




14. 猿葱 ★★★ (2004-09-06 20:04:31)

今アルバムの曲を全て発言していたつもりだったので、
完全に忘れていた。。。いやいや、不覚。
これまたぶっ飛んだ世界観なんだわ。
A面の流れから良い意味で引き継がれ、
また、良い意味で断ち切られた感覚…。
この世に存在しないような無の世界が広がっている感じだ!
メロトロンという楽器の味わい深いメロディは
この曲でも活躍します☆☆☆
そして、シンバルなど金物系の音も印象的で
こんなに気持ち良く響くものなのかと再認識!!!




15. ギターの国から2002.遺言 ★★★ (2004-10-29 01:03:11)

これは雰囲気があって大好きです。
部屋の電気を暗くして、目を瞑って聞くとなんだか別次元の空間にいるような気にさせてくれます。
メロディアスな前半と即興的な後半に分かれますが、どちらも秀逸。一音たりとも聞き逃せない、というか曲がそうさせない。
そしてこの曲が次に導くのは「In The Court Of The Crimson King」!!!・・・こりゃ痺れるぜぃ!。




16. 鷲沢 ★★★ (2005-01-16 02:50:03)

なんとも不思議な曲だ。



17. sizuku ★★★ (2005-02-07 20:27:22)

泣かせてもらいました・・・



18. 中曽根栄作 ★★★ (2005-02-07 22:04:16)

無茶苦茶いいメロディ。
ボロディンのダッタン人の踊りと混同してしまった。
あのCMで。




19. 春日部(2005-10-02 21:39:59)

後半はやっぱりいらない。
でも前半はやっぱり大好きで。
でも後半のインプロは、やっぱりないといかんのだろうかと思う、
複雑な感情を抱かせる。聴くたびに。



20. クーカイ ★★★ (2005-10-17 23:34:12)

このバンドは初期に作詞専門のメンバーが居たからねえ。
なんつーか、このリリカルさ加減にもほどがあるっつーの!!
と叫びたくなるぐらいウェットな超名曲。
神秘的だし、寂しげだし、哀しげだし、可憐だし。
後半の存在は当為。
後半で宇宙の彼方に行ってしまうところに、この楽曲の本当の美しさを見いだしたい。




21. ミミモ ★★ (2005-11-10 06:46:13)

後半部がすごく好き。いかにも幻想。
寝るときに聴いたら心地よく寝れそう。




22. Dr.Strangelove ★★ (2006-01-27 19:52:12)

えぴたふに続いてまたも演歌。
インプロ部分も良い。




23. ELTUPA ★★★ (2006-03-22 17:28:24)

これは美しすぎる!!!
赤ん坊の子守唄には最適




24. エンジェルフォール ★★★ (2006-04-21 04:07:49)

美しくも退廃的でなんとも哀愁の似合う名曲。
前半の秩序と後半の混沌という対照的な状態が一つの体系を成すと美となる。
聴き始めた頃は後半部分のインプロヴィゼーションに戸惑いと抵抗があったものの、今では感性がその混沌を美とみなす感性を身につけた。今ではもちろんクリムゾンでも好きな曲です。




25. 10倍太陽拳 ★★★ (2006-09-01 23:41:27)

後半のインストはいったい何なのだろうか・・・?
とにかく前半パートの妖精の世界の様な妖しい空間が
なんとも言えない神聖さがあります。




26. 鮪男 ★★★ (2006-09-17 20:09:09)

とあるグラビアイドルのイメージDVDのBGMに使われてて
ぶったまげた。



27. さいたまの仙人 ★★★ (2006-09-22 15:44:34)

うーん、かなりトリップ……
本当に頽廃的ですね。凄いよもう……




28. サンクス ★★★ (2006-10-01 14:23:50)

現実から遊離した感覚。トリップしそう。



29. 松戸帆船 ★★ (2007-04-01 16:45:06)

眠りを誘う闇の前半部。
インプロ合戦の後半部。
ちょっとだれますがいい曲です。




30. 山口 弘 ★★★ (2007-06-10 13:30:23)


前半の展開も素晴しいが後半の不穏なメロディが素晴しい .




31. 煉瓦 ★★★ (2007-12-12 12:33:49)

前半も良いのですがこの曲は後半が素晴らしい。何回聴いても飽きません。ココを聴けば「宮殿」が始まった時の感動が倍増しますよ。



32. ら~しょん ★★ (2009-02-08 12:33:58)

最初聴いた頃は後半はいらないと思っていたけど、今ではこの後半の幻想的なパートの方がお気に入りになってしまった。



33. がおり~ ★★★ (2009-08-25 21:58:57)

後半は賛否両論ですが、この曲があるが故、このアルバムの評価がより高まったのです。
だって、エピタフとクリムゾンキングの宮殿を連続で聴くのは胃が重いです。
酢豚と回鍋肉は連続して食べられません!
間に棒棒鶏が欲しいのです。



34. heavy3-XA ★★★ (2010-01-18 15:59:08)

後半怖っ
人が踏み込んではいけない聖なる領域だw



35. チャイチャイ ★★★ (2010-02-05 21:48:45)

妖しくもどこか優しい。
集中して聴いていると変な気分になります。
世界観が濃すぎてハマると抜け出せなくなりそうです。




36. ムッチー ★★ (2010-02-07 04:08:37)

幻想的な雰囲気の曲で,やはり前半の、"The Dream"に当たる部分かな,ここは文句なしに好きですね。
そして問題の、"The Illusion"に当たるインプロパートですが、
独特の緊張感があるし、この「間」がクセになる・・・時もある。
マイケル・ジャイルズのドラムプレイが特に面白いと思う。
でもさすがに長いかなぁ。もうちょっとコンパクトにまとめてほしいな。




37. 名無し ★★★ (2010-10-28 17:11:41)

また君~に~~恋してる~~~



38. 夢想家・I ★★★ (2013-02-02 15:15:54)

(a)Dream=幽玄なバラード、(b)Illusion=静謐なインプロヴィゼーションの二つのパートからなる楽曲。
前半のバラードも勿論素晴らしいですが私は後半のインプロヴィゼーション部分が好きで、再生する度にレコーディング時の空間が時空を超えて再現されるようなマジックを感じます。




39. netal ★★ (2014-05-30 17:28:03)

長いインプロヴィゼーションが印象的な曲。
2:20辺りまでの叙情的な歌で魅せ、以降約10分に亘る幻想的なインプロが楽しめる。




40. 帰ってきたクーカイ (2014-08-04 18:22:01)

 で、先ほどの「21st Century Schizoid Man」で、書き込みをひとまずやめようと思ったのですが、次男坊が、「このトゲニャンのメロンパン食べても良い?!」と持って来たので、コメントが続きます。で、この曲が背後で鳴っていると。
 ちなみにトゲニャンというのは、『妖怪ウォッチ』という漫画・アニメのキャラクターだそうです。正直、良く知りません。

 この「Moonchild」は、その昔SANYOとかいう会社のCMソングに使われていましたね。この抒情的なメロディは秀逸で、後半、宇宙の彼方に飛んで行ってしまうのは・・・。

 ここまで書いて思い出しましたが、なんか旧名義で似たようなことを書き込んだ気がしてきましたので、「コメントのみ」の書き込みで、星を付けないので許してください。
 自棄酒で、ちょっと酔いすぎたようです。失礼しました。

 あ、ちなみに子育て中のロック父ちゃんと母ちゃんに、あえてお伝えします。うちの次男坊のように、“肝心な時に風邪”も、小学校中学年以降は免疫力もついて、かなり減りますんで。
 でも、今回のはかなり、イラッときましたね。本人には内緒ですがね・・・。




41. ハルディン ★★ (2015-02-26 23:16:01)

前半部における幻想的な月夜の如き幽玄美に魂が抜けそうになる。後半は長めのインプロヴィゼーション的なインストが続き、それも悪くないがちょっとダレるのが難点。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示