この曲を聴け!
THE ASTONISHING (2016年)
MyPage

THE ASTONISHING
モバイル向きページ 
解説 - THE ASTONISHING

2016年1月29日、Roadrunner Recordsよりリリースされた13thアルバム。
130分にも及びバンド史上最大の規模で、スタジオアルバムとしては2002年の6thアルバム『Six Degrees of Inner Turbulence』以来の2枚組でのリリースとなる。
コンセプト、及び全編の歌詞は全てJohn Petrucciによって書かれており、楽曲は全曲John PetrucciとJordan Rudessによって作られている。


Recorded:January–June, August–September 2015, Cove City Sound Studios, Glen Cove, New York
Producer:John Petrucci
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. N男 (2016-01-30 12:30:28)

曲云々の前に、コンセプトが微妙すぎる新作にして、2016年早々最大の問題作。
ライナーの人物相関図を見ただけで、全力投球して全力でこけたのではないかと不安になったが・・・やはり話を読んでもあまり共感できません、文化の違いを見せつけられました。
おいペト、おめーの頭はどーなってんだ!(笑)
Disc.1が始まった時のワクワク感は、Disc.2が始まるころには半分と残っていない。
曲の尺は短く細切れになっているが、曲の立ち上がりの遅さはいつものままなので、ワンコーラスで毎回ぶつ切りにされる感じであまり印象がよくない。
やっぱり今のドリムシには、この流れは厳しい気がします。
マイキーが脱退時に言い残したコメントが嫌でも頭をよぎってくるのは、私だけではないはず。でも挑戦意欲は評価します。
Pink Floydの「Tha Wall」にRushあたりを足したようなテイストもあり、彼らの作品の中でも最もメタル色の少ない作品だと感じた。
でも、全く聴きどころはないわけでは決してないと思う、Disc.1の前半から中盤にかけてとDisc.2の終盤あたりはいいメロディがかなり詰まってる、だからこそ曲の短さが不満に感じられて残念。
Disc.2は個人的には苦手だが、Moment of Betrayalなんかは非常にかっこいいというか、今作で一番ドリムシな曲だと思う。
やはりメディアがしっかりしていないサントラの域なんだよなぁ・・・




2. 名無し (2016-02-04 04:02:47)

飽和状態をさらに過飽和にする、新たなアプローチ。
専用ページ見たとき、曲とサンプリングはそのままLuca turilli's Rhapsodyに
お願いすれば?と、思ったくらい。
賛否両論あるようなので、ある意味ホッとした。
今度ばかりは否しか出ない気もしたので。
1-4までは完璧(多分この手が嫌いな人でも何とか耐えてもらえると)。
おそらくはその後でしょうね。
ファンタジーなイメージとしてとらえた場合、SCのIn the Presence of Enemiesに近い。
(引用は全アルバムからあるので、それでニンマリもする。)
周知のとおり、当時この曲は1曲を二つに分けた。
その視点で行くと、今回は、本来は2曲で、それを20曲と14曲に分けた。
(ビジネス上Tuneとするため、分けざるを得なかった?)
そして、リスナーにはそれを一続きでも、
好きなように曲だけをチョイスしてもよい、ということを暗に示す、
恐るべき提示がされている。、、ような気がする。
よって、余裕がある時は、全曲(3回チャレンジして成功したのは1回・・・。)
余裕がないときは、
1,2,3,5,12,19,で、一端止めて、次の日に
21,22,25,27,28,30,31,32,33で、みたいな。
そんな感じ。



3. ヤングラジオ (2016-02-06 19:37:39)

まあ数回は聞いてみたけど、例えばB!誌のレヴューを参考にすると、僕の意見は広瀬さんの言葉でほぼ語りつくされる。
ラッシュは、彼らと多くの共通点を持ちながら、日本でいまいちブレイクできなかったけど、結局その要因はこういうことでしょと、ひねくれた自分にはそう表現したくなる作風である。
この作品の良さが全く分からないわけではないけれど、HR/HM色が薄く強弱に乏しいこの新作には、全く熱くなれない自分がいる。

また、重さや激しさを望まないファンも居るにはいるだろうけど、多くのファンはそうではないと思うので、そういう意味でも評価に難しい作品である。
分かりやすさ......それは、決して=単純という事ではないけれど、彼らにはもっとシンプルな所で勝負してもらいたい。
複雑だけど分かりやすいという、彼らのひとつの長所が殺されているように僕には感じる。




4. こ~いち (2016-02-14 23:38:40)

深く考えず、サントラとして聴けば、結構楽しめる。ところどころ良い曲が配置されているし。メタルとしてのカタルシスを求めるべき作品ではない。
でも、全34曲は多すぎ。聴いてる最中に「この曲さっき流れなかったっけ?」と既聴感がする。




5. 帰ってきたクーカイ ★★ (2016-02-20 15:48:50)

 感想としては上のこ~いちさんとほぼ同じものを持つ。
 聴いていて気持ちが良い。しかし長いね。2枚連続は難しいので、1枚目と2枚目を個別に聴いている。

 “ときにヘヴィ。ときにダーク。テクニカルかつフックのあるメロディを持つのがDREAM THEATER”との定義を前提に聴くと、「これはDREAM THEATERではない」となると思う。
 だが私自身は、2ndの世界観を明るく壮大に(恐ろしく広大な風呂敷を広げっぱなしにした、とも言える)した作品という受け止め方。
 結構良い(少なくとも嫌いではない)、というのが結論。

 ただ、次作も同じようだとかなり引く。




6. 失恋船長 ★★★ (2016-02-22 13:35:55)

ヘヴィメタルにさほど興味のない人間が手にしたものがただでワタクシの元に転がってきました。個人的にドリームシアターはアーティスティック過ぎて苦手な部類に入るので真面目に聴いた事がない。過去に1st、2ndを聴いた事はあるが上手過ぎて笑った、それが素直な感想だ。フックに富んだメロディ、躍動感のある多彩なリズムプレイ、バカテクという死語を引用したくなる緻密さに10代の若造には難解に映りスルー、もっとシンプルで分かりやすいものがイイと今なら恥ずかしい感覚だが、当時はそれでお終い。ヘヴィメタルとはスピード・パワー・メロディ、そして即効性のある分かり易さ、それが大切な人にとってドリームシアターは取っつき易いバンドではないと思っているし、上記のアルバム以外聴いた事のない門外漢も甚だしいワタクシですが、今作の持つバンドとしての力量には驚かされました。

まずペトルーシのギターが凄い、以前まで感じていた、わしゃ弾けまっせと言わんばかりに延々と技巧を駆使した弾きまくりを押さえ、メロディ最優先の姿勢が強く感じられる。ロック、メタル、フュージョン、多彩な音楽性に裏打ちされた盤石のテクニックを駆使しつつ高揚感のあるメロディを随所に導入、その心地よさを解放する技術力の高さは、ここまで分かりやすくまとめても、さりげなくテクニカルなプレイを盛り込み、ギターを弾いていたものとしてはワクワクとさせられます。各曲で存在感を発揮しているのはペトルーシに限らず、ソリッドかつ軽快なドラミングを軸に自由奔放に打ち鳴らされているような錯覚するら覚える躍動感溢れるマイク・マンジーニのドラム、シンフォニックなオーケストレーションを生かしたサウンドの生命線となるキーボード、クリアな音像の中で伸び伸びと各自がプレイし、限られた枠組みの中でメンバー全員がイマジネーションの限りと尽くしたとも思える技に唸りましたね。

ジョーダン・ルーデス&ペトルーシが絡む辺りなんてゾクゾクするもんね、超高速ユニゾンは勿論、スリリングなソロパートからオーケストラパートへの移行なんてRUSH辺りがやるお得意のアレンジだし彼等もそれらを踏襲してきた、そう言ったアレンジセンスがバンドの肝で、かつてバンド仲間の先輩から「ドリームシアターの凄さは『インプロと思わせるパートにも徹底した構築美がある』そんな事を言われたなぁと思いだしました。

2時間10分、フワッとした優美なメロディ、唄が中心と言える作風、激烈な重さも即効性も薄い、一曲における抑揚や深みはあるが、アルバムを通して聴くとダレる。ましてやそれがプレイヤーでなければ顕著に感じるでしょう。普段ぺシャンぺシャンに音の悪いNWOBHMやマイナー様式美サウンドばかり聴いているワタクシには高尚すぎるサウンドなんですが実は聴きこむほどに音楽的な深みと、進むにつれてテンションが高まる作風を前にスゲェバンドだなぁと改めて気付かせてもらった一枚でしたね。全然興味の無かったドリームシアターにここまで引き寄せられるとは、くだらない先入観を持たずフラットな気分で向き合うと見えてくる景色も違うもの、いくつになっても勉強ですね。目からウロコやったなぁ。ドリームシアターが苦手な理由には、本当は凄い事が出来るのに、敢えて分かりやすい曲を演じるというのが少々鼻につくなぁとね、でも今作はそのあざとさを感じさせないのが一番のポイントでした。誰でも出来ないもんね、この作風わ。
それに売る気ないもん、2時間10分で3000円超え、売る為ならもっとシンプルにやるもんね。その姿勢が一番のメタルだ(笑)





7. 名無し(2016-04-02 02:19:14)

発売前にあった人気投票みたいなのはなんだったんだ?
てっきり1枚目がスラッシュメタル風で2枚目がシンフォニックメタル風になると思ってたんだけど、
まさか6DOITを二枚に薄めたものになるとは・・・
物語を丁寧に描こうとしすぎて音楽CDとして退屈なものになってる印象。
それだったらお話を飛ばし飛ばしにしてでも1枚の中だるみしないアルバムにしたほうが良かったんじゃないかなあ
なんなら時系列をシャッフルしたりしたら考察が盛り上がって楽しかったかも。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示