この曲を聴け!
HEY JOE
MyPage

HEY JOE
モバイル向きページ 
解説 - HEY JOE
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. Hiro ★★★ (2002-09-29 10:44:23)

チャス・チャンドラーに発掘されて英国に渡ったジミの運命のデビュー曲。
トラディショナルのブルースであり、妻の浮気に狂った夫(ジョー)が妻を射殺して南のメキシコへ逃げようとする曲。



2. ターヴォ ★★★ (2002-11-11 18:11:54)

うおー!渋い!



3. 8402 ★★ (2003-03-13 15:49:38)

HEY JOE------!



4. SCARECROW ★★★ (2003-07-10 15:51:11)

ブルース&ロック。
こういうのを本当の哀愁と言うのだと思います。




5. ひーすくりふ ★★★ (2003-11-26 23:14:08)

これはぜひリアルタイムで聴きたかった。というよりも、同じ時代に生きていたかった。
ジミの曲のなかで一番好きな曲です。最高!!




6. はちべえ ★★★ (2004-03-06 01:55:33)

煙か幻覚か。何か見えてきそうな曲の展開である。しかし、ジミ・ヘンドリックスって良いね。声もディープだし。



7. ギルバート ★★★ (2004-07-22 03:39:24)

ウッドストックでのHEYJOEの演奏は最高だと思ってますが、なぜ映像がないんでしょうか・・・



8. 猿葱 ★★★ (2004-08-23 01:53:49)

あまりにも深い曲なんだ。
個人的には「恐ろしい」ともまで思えるくらいの哀愁。
ジミのギターを始めとして曲がだんだんと盛り上がって行く中、
女声のバックコーラスが「もう逃げられないんだ」と言わんばかりに
絡み付いてくる…。
こんな連想をするようになったらジミヘン浸透率も末期かも(笑)




9. おいたん ★★★ (2005-05-13 04:23:05)

染みるね・・・。何かを訴えるようなヴォーカルが凄く渋い。
ジミヘンはギターだけじゃないのを証明する名曲。




10. TKO ★★★ (2005-06-24 22:06:06)

ウッドストックのは、もう言いようがないほどすばらしい!
ギターソロがいつ聞いても心に響きます!



11. fairiady Z 432R ★★★ (2005-09-08 13:35:16)

一回聴いてみてください。良さがわかると思います。



12. メタル伝道師 ★★★ (2006-03-08 17:17:57)

この曲に関してはギターよりもジミヘンの歌いまわしの
印象が強い、この渋さはクセになる。




13. 190 ★★★ (2006-10-22 18:46:13)

これも代表的な名曲。
こんなにカッコ良く弾けて歌えたら本望・・・何もいらない。
渋すぎ!




14. 松戸帆船 ★★★ (2007-04-18 20:29:29)

渋い!哀愁漂うジミの歌にギターも冴える!



15. HIRO-SKYWALKER ★★★ (2009-04-16 17:25:01)

私にとって、ロックのかっこよさの象徴のような曲です。



16. kuroiyuki ★★★ (2013-01-16 22:17:14)

歌声、曲ともに渋みがあって凄くいい
とても10代、20代で奏でられる雰囲気の曲じゃない



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示