この曲を聴け!
CHUBBY GROOVE (2017年)
MyPage

CHUBBY GROOVE
モバイル向きページ 
解説 - CHUBBY GROOVE
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. arizona (2017-01-31 10:37:51)

稲葉浩志のアルバムとして聴いてはいけません。全然違う作品です。
最初は駄作かと思いましたが、繰り返し聴くと何故か曲が癖になっていきます。
しかし、稲葉さんの歌詞が私にとってはあまり共感できなかったので、そこだけが少し残念です。
おすすめは「SAYONARA RIVER」「AISHI-AISARE」の2曲ですが、「ERROR MESSAGE」もお気に入りの楽曲です。



2. 名無し ★★ (2017-02-14 09:54:45)

同じく、別物として聴いてる
正直B'zを放棄しているような今の状況に辟易している中でこの流れ出来たから心底ガッカリしていた
いざ聞いてみると、これも新境地といえばいいのだろうか
「B'zとして成長していくため」に稲葉の良さをサラスが引き出してみた感じ?
そういう意味での試みなら応援したくなる
全体的にガレージロック的なビート感とファンクのグルーヴを融合させたような曲が多くを占めている
WABISABIとBLINKは良かった
マグマのころにやや雰囲気が似ている(暗さはないが)

でもやっぱり本家をやってほしいな



3. アクセルブルー ★★ (2017-03-13 20:34:32)

「INABA/SALAS」名義で出したアルバムで、「稲葉浩志」名義のアルバムではない。そのため、別物として聴くのが自然である。ファンキーなアップテンポの楽曲もあれば、子守歌のように静かなバラードもあるなど、バラエティに富んでいる。個人的には「OVERDRIVE」「AISHI-AISARE」「苦悩の果てのそれも答えのひとつ」が気に入った。



4. 1573 ★★★ (2017-05-18 18:13:00)

正直、このプロジェクトは全然期待していなかったが聴いてみたらことの他良かった!
歌詞はちゃんと稲葉節だし、何よりもグルーブ感が今までのソロと比べても抜群に良く(と言うか、「同じ人の作品?」って思うくらいホント別物)、聴いていて非常に楽しく又心地よさも感じられる。
サラスのギターも不必要に主張し過ぎず、他の楽器郡に自然に溶け込んでいる。(聴く前はもっとロックな感じかと思ってたが、良い意味で裏切られた)

このアルバムは多分稲葉にとって実験的な試みだったんじゃないかな?
「シンギングバード」の項目で書いた通り、ちょっとソロのサウンドにマンネリを感じていたので、こういうのは大歓迎!
ノリが良くダンサブルなサウンドが好きな人は、気に入るんじゃないかな。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示