この曲を聴け!
Take Her
MyPage

Take Her
モバイル向きページ 
解説 - Take Her
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. Rainbow ★★ (2002-05-05 02:18:52)

このバンドって、LAメタルの中では結構重要な位置をしめるバンドだったはず・・。この曲は、Rough Cuttを象徴するソウルフルな曲で、つい今でも聞きたくなってしまいます。やっぱ、こういう情熱あふれる?熱いポール・ショーティノには、ぜひ復活してほしいと思いますね。再結成しないかな??



2. OguriCap ★★★ (2002-07-09 00:31:21)

LAメタルの中ではメロディアスなところがあって、好きなバンドでした。
当時の知名度からすると、評価が低いですよね。



3. ★★★ (2003-08-30 02:57:59)

嗚呼、思い出すのは1984年のSuperRock '84。雨の中のRoughCuttはかっこよかったですゼ。



4. メヌ ★★★ (2003-09-19 22:14:07)

ポールショーティノのヴォーカルが魅力的。
今でも常時、私の大好きなシンガーベスト3に入ってます。
ラフカットのページを見たら、アメリカでは(当時と別メンバーだけれど)今でも活動しているようです。



5. cozy_ima ★★★ (2006-09-26 22:04:40)

非常に個性的なリフで幕を開ける彼らのファースト。
このトップナンバーで、他のLAメタル陣とは一線を画していることを
自ら強く主張していた。
ROUGH CUTTの凄さは、類型とは一線も、二線も画す、その印象的なメロディにある。




6. MK-OVERDRIVE ★★★ (2009-06-12 20:08:06)

メタル嫌いでもこのリフは聞いたことある人多いのでは。個人的には辺見マリの"経験"とダブりますが。



7. 名無し (2014-08-02 18:49:45)

別に名曲でないのですが、ソロパートは勿論、イントロからずっと出てくる例のリフもクラシックから引っ張ってきてるので初聴きでもお?と耳が引きつけられます。



8. 火薬バカ一代 ★★★ (2019-11-18 23:46:59)

イントロから小気味良く刻まれるGリフが
トム・アロムのメタリックな音作りと相俟って非常にカッコイイ。
どっしりと重量感に溢れた曲調からは
既にベテラン選手のような貫禄すら感じ取れますよ。




9. 失恋船長 ★★★ (2019-11-25 22:40:14)

ロニーとグレイグのDIO組が楽曲を提供
でもグレイグは元ROUGH CUTTなんでややこしいねぇ
シンプルだが耳を惹くリフに尽きる
走らないオープニングってのもこのバンドらしいね
なんだかんだでROUGH CUTTと言えばこの曲を真っ先に思い出します
イイ曲ですよ



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示