この曲を聴け!
WALK THE EARTH (2017年)
MyPage

WALK THE EARTH
モバイル向きページ 
解説 - WALK THE EARTH
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ヤングラジオ ★★★ (2017-10-22 14:25:17)

B!誌での比較的高い評価が気になった、彼らの最新作である。
僕は、再始動後の作品があまり好きではないけど、この新作を聞いてなるほどなと思った。

基本的なものは、最近の延長線上にありガラッと変わった印象はない。
だけど、単純に楽曲の面白さとメロディーの豊富さがもたらす効果は抜群で、故にジョーイのヴォーカルが輝きを増す。
また、モダンさの排除やアナログに拘った効果も抜群で、作品に新鮮味をもたらしている。
元々コンポーザーとしての実力が高いバンドであるから、上手く焦点を絞ればそれが自然と作品の完成度に結びつく。

先行で公開された①をpvで初めて見た時、その格好良さに衝撃を受けた。
それが裏切られないようにと心配していたけど、これは嬉しい誤算である。

結局はメロディーなのである。
これがあるから、相乗効果が現れるのである。
楽曲が躍動している。
これは、いい。




2. めたる慶昭 ★★ (2017-12-02 17:41:16)

彼等のスタジオアルバムは全部フォローしていますが、今作は再結成後としては、最高かも。
前々作辺りから70年代クラシックハードロック色が強まり、渋さの増してきた彼等ですが、その路線上に有りながらもより充実したメロディーと何気に多彩なアレンジで心地よく聴かせてくれます。
クラシックハードロック志向のバンドってややもすると「こんなの聴いているより70年代のオリジナルの良作を聴いていれば良いじゃん」って言われ勝ちですが、彼等には単なる70年代サウンドを取り入れましたではなく、地に足のついた熟成したサウンドなので二番煎じ感は微塵もなく、あくまで今の彼等の個性と感じられるところが一線を画しています‼




3. ずなきち (2018-02-14 21:28:08)

Start From the Darkあたりから「もう買うまい」と思いずるずると買い続けては後悔してます。前作と同じ路線でダークな楽曲が並んでいます。決してメロディが悪いわけでは無いのですが、耳に残りません。



4. 正直者 ★★★ (2018-04-01 13:05:06)

BURRN!!の評価が良くなると皆が褒めだす現象が気持ち悪いが、いつまでも昔のスタイル以外を認めないのはもっと気持ちがわるい。
70年代的ロックをダークな音でまとめた作風は再結成後は同じスタンスをとっています。急に今作からこうなったのではない。
ディープパープルや荘厳さ、そしてブラックサバスのような暗黒様式、『WALK THE EARTH』はそれが顕著に出た形に、妙な明るさや昔のスタイルで復帰しない形こそ、ミュージシャンの鑑、このヘヴィでダークな音の緊迫感は新しい魅力だ。とくに緊迫感のあるギターは畏怖の念すら抱かせる。




5. 名無し ★★★ (2018-07-31 01:21:51)

ついに彼らはここまでたどり着いた。
円熟の境地というべきであろう。
すでに活動期間も再結成後の方が長いのである。
これこそが彼らの音楽なのだ。
80年代の亡霊、残滓とも言える自分勝手で無責任なリスナーの声など、もはや彼らには何の役にも立たない。
そろそろ、彼らに80年代の音を求める不毛な輩を排除すべきだ。もういい加減にして欲しい。
今の彼らを受け入れられないのなら、再結成後の彼らを聴かなければいい。いや聴いてほしくない。
そういう輩は彼らのこの音を、アルバムごとに全く違う内容であるにもかかわらず、「同じ路線」と見当違いも甚だしい。



6. 名無し ★★ (2018-10-13 18:21:09)

前2作より好きですね。再結成後のアルバムとしては、Last look at eden,Start From the Dark,
,Secret Society,Walk the earthの順で好きです。
彼らの近年のライブ映像を見ると他国では再結成後の曲も受け入れられていて、段々来日しなくなってしまうのも頷ける。

Europeはアルバムだといまひとつでも、ライブで聴くと映える曲も多いので、是非来日して欲しいものです…。
ファイナルカウントダウンで金星に向かって、次のアルバムで地球外(out of this world)に行き、
このアルバムで地球に戻ってきた!!とか考えると胸熱なんですけども。。。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示