この曲を聴け!
FOR THE DEMENTED (2017年)
MyPage

FOR THE DEMENTED
モバイル向きページ 
解説 - FOR THE DEMENTED
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 失恋船長 ★★★ (2017-11-05 13:26:03)

11月にリリースされたばかりの最新作。この手の新作を発売日に手にすることは皆無に等しいのですが、作風が気にいならにということでタダ同然で手元に転がってくる事に、そんなにお気に召さない一品なのかと身構えていたら、なんてこたぁない今の時代を生き抜くANNIHILATORサウンドでした。
前作からジェフ・ウォーターズが歌っているとの事ですが、クオリティを下げる事もないので安心して聴けますね。
オールドスクールと表現される古典的なスタイルを保持しつつも、メカニカルなサウンドメイクはバンドの本分だし、主戦場がアメリカの彼らにとっては至極まっとうな方向性に舵を切っており、いい意味でのモダンさも難なくジェフ・ウォーターズ流儀に則り表現されていますよね。
マシーンの如き正確な刻みのリフワークの独創性、へヴィメタルなアグレッションを有した峻烈なるエモーション、その燃え滾る熱情が放たれるソロなどは、このバンドならではの真骨頂。またへヴィロックサウンドの合間に組み込まれるスローナンバーなども、アクセントとなりアルバム単位で楽しめる一品と仕上げてきているでしょう。
ワタクシのようなオールドスクール極まりないオッサンには、ハイカラな音楽性なのですが、若い人にとっては、新旧のへヴィロックサウンドを意識させる作りには大いに好奇心を擽られるだろうし、何より一寸先の展開が読み切れない、場面展開の多いジェフ・ウォーターズメタルに引き寄せられるでしょうね。
このバンドはある意味、ジェフのソロプロジェクトですから作品前にメンバーが変わる事に驚きはありませんが、今回は相棒にアーロン・ホンマという日系人らしき人物が居るのも気になるとこと、是非、このメンツで来日公演でも行い元気な姿を見せて欲しいものです。でもやっぱ専任シンガーが居た方がエエんですけどね。それと個人的には今はこういうミックスが流行りなのかな?と思いましたね。ワシにはオシャレ過ぎるんだなぁ。




2. cri0841 ★★★ (2017-11-18 12:44:45)

2017年発表の16th。前作『SUICIDE SOCIETY』より大幅に曲のクオリティが上昇している。
少なくともアナタがJUDAS PRIESTを愛するならば、この作品に失望させられることは無いだろう。
残酷なほど過小評価されている孤高の天才ジェフ・ウォーターズ!(と海外のサイトより)

オシャレな感じは、共同プロデューサーであり、新加入のBASSリッチ・ヒンクスの貢献か?
何故か洗練されている。スラッシュの泥臭さがほとんど無いのがクール。汗ひとつかかずに
機械的にリズムを刻んでいるのに、緻密かつ華麗な音世界を構築しているイメージ。

国内盤が未発売なので、あとで修正・追記します。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示