この曲を聴け!
DINOSAUR (2017年)
MyPage

DINOSAUR
モバイル向きページ 
解説 - DINOSAUR
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 1573 ★★★ (2017-12-02 21:15:07)

数回聴いた時点でのレヴュー。
敢えて一言で言おう、このアルバムは「B'z流歌謡ロック」の完成であり、同時に誕生でもある。
この作品の立役者であり主人公は完全に松本孝弘その人。
18年前、松本は「変わりたい変われないオリジナルじゃない」と嘆いた。
そこから月日を重ね、試行錯誤を重ね、遂に自分のオリジナルを手に入れたのだ。

稲葉も稲葉で、一貫した世界観を持ち続け「これこそが俺の世界だ」と言って良い歌詞だ。(良く言えばやはり完成形、悪く言えばマンネリ)

それに今回はアレンジも実に素晴らしい。
過剰さ派手さ煌びやかさを取っ払い、無駄をそぎ落とし二人の世界観を壊す事の無い…いや、むしろ際立てさえする巧みさ。

先に「B'z」の項目で書いたが、「このアルバムは旧来のファンをふるい落とし、新規参入者にはキャッチーさが無くて訳が分からない」作品だと思う。
しかし松本の作品「New Horizon」「enigma」「Electric Island, Acoustic Sea」を聴き込み、その世界観を理解出来れば、最初に書いた「“B'z流”歌謡ロック」の意味が分かるはず。(特にエニグマは彼にとっての大きな分岐点になったはず)

30周年を目前にして、繰り返し言うが「B'z流」を手にした彼らにはもう敵はいない。
あとは進みたい方向に進むのみ…だろう。

ちなみに個人的ベストだが、この作品は堂々の2位にランクインだ!
残念ながらHRが好きな私にとってブラフを超えるには至らなかった。
しかしこれは正しく「敢闘賞」と呼ぶに相応しいアルバムだ!


追記:12月24日現在
聴いていく内に、このアルバムはもはや「B'z」と呼ぶよりも「松本孝弘と稲葉浩志の持つ世界観の全て」と呼ぶべきなんじゃないかと思えてきた。
つまりは、もうB'zという器から溢れ出た・二人(勿論アレンジャーの力もあるが)の持てる全てが解き放たれた、上手くは表現できないが…何と言うか…ある意味では二人の存在そのものを表現したアルバムではないか?とさえ思えてきた。
もうアルバムのランキングがどうのと言う次元じゃない。
このアルバムは「B'zの存在を超えた二人の世界そのもの」だと思う。
大げさでもお世辞でも度を超えた賞賛でも無く、本当にそう思う。




2. CdG ★★★ (2017-12-23 19:58:50)

何周もアルバムを聴いたが、この日本の音楽シーンにおいて、これだけの音圧を誇るバンドの曲を私は知らない。前作EPIC DAYは所謂名盤というよりも、秀作の方がしっくりくるが、今作は名盤に足を踏み入れつつあると感じる。

日本におけるロックの頂点に君臨しながらも、そこで受ける孤独。だがそれらを無視して、これからもロックし続けるんだという強さを感じた。そして一音一音をじっくり歌う稲葉のヴォーカルがその中核を突き抜け、言うまでもないがB'zがB'zである為の存在証明は松本のギターと稲葉のヴォーカルにある。



4. astwd ★★★ (2017-12-23 20:37:54)

兎にも角にも、アンチが多いこのバンド。その人々は恐らくLed Zeppelinを筆頭とした洋楽至上主義の人々。確かにこのB'zというバンドには明確なパクリと受け取れる作品が数多く存在する。
Led ZeppelinのTrampled Under FoodやAerosmithのwhat it takes、その他ソロを含めるとGary Moorやそういった大御所からの引用が目立つ。
しかしそういったアンチの人々の言い分も理解することができる。俺たちの聴いていたハードロックを馬鹿にするな、と。
しかしそれは某雑誌の編集長のように、ある意味では盲目的でそちらの方が偏向的かつクールではない。その某雑誌の編集長のフェスでは、圧倒的な存在感を放ち、レジェンド的存在だったのは事実だ。

この2017年末にまで、その意見を引きずっているのはただの時代遅れの産物である。文化とは過去の素晴らしいとされている文化を模倣し、そしてその模倣の上に成り立つものである。そしてその模倣の積み重ねの後に、多くの人々に支持されることが必要不可欠となる。
音楽というのはそもそも、音を楽しむと書く。何に対しても批判的で、ハナから受け入れる土壌のないシステムの場所に、受け入れられるはずがない。そういった哀れな方々は、永遠に人生を楽しむことはできない。
アンチの方々は売れない50過ぎたロックバンドが、「誰も俺たちの音楽を分かってくれない」と言っているのと同義であり、売れるということは一つの正義でもある。

少し頭のイタイB'z至上主義の方々は、そういったアンチの意見に対し、グラミー賞やロックウォーク、更には売り上げを持ち出す。確かにそれは素晴らしい功績であるが、それは彼らを語る上で一面的な、というより側面的な一部にすぎない。



だが確かなのはこの2人が、日本のロックシーンにおける先駆者であり、未だダイナソーのような存在であるということ。多くの日本人の心を揺さぶり、Liveで人々を熱狂させ、多くの日本人の後進バンドがそれに倣う動きを見せているということ。それは動かしがたい真実であり、それは揶揄できるべき事柄ではない。
そして稲葉の書いてきた歌詞、松本の作ってきた音楽は、言うまでもなく事実であり、それがフェイクであろうがなかろうがただ一つの真実でしかない。



7. ABB ★★★ (2017-12-23 21:17:38)

「構いやしないさ望むとこ
この寂寥感この逆風感
それさえ君らの憧れだろう」

「称賛する声
罵倒する声
同情の声
すべてが遠くへ消えていく」

と、このアルバムでは歌われています。



8. 名無し ★★★ (2017-12-24 01:49:22)

王道ハードロック、Led Zeppelin、Aerosmith、等々の流れを組みながらもあくまでB'zらしい音楽性でまとめあげた秀逸なアルバム。ハードなサウンドでありながら、心地よい音感を残してくれます。

賛否あるのでしょうが、私は好きです。
ハルカのソロや弱い男のサックスなど音楽的に遊びもちりばめられていて面白いです。#1のギターはラウドネスのタッカンとトレードしたものらしい…。松本さんを見てるとマイケルシェンカーを思い出します。

ロッキンで初めてこのバンドを観ましたが、私が今まで行って来た数々のバンドのライブ(Aerosmith、GLAY、ラルク、Mr.Big、レッチリ、ガンズ、などなど)を超える最高のライブでした。日本人のライブを見ているとは全く思えませんでした。周囲もこれでもかというくらい熱狂していて、ロッキンに通いつめて最も盛り上がった日でした。30周年おめでとうございます!!



9. トラベリンメン ★★★ (2017-12-24 22:34:51)

単純に50過ぎたオヤジたちが、こんな音を鳴らして、未だにロックし続けてる。
だから自分自身もまだ頑張らないとな、と思わされる。

色んな評価があっていいと思います。宗教じゃないから、神格化するのも違う。レジェンドでもない。B'zはB'zでしかないと感じたアルバム。Brotherhood以来、なんか物凄く考えさせられた。



10. トラベリンメン ★★★ (2017-12-24 22:35:28)

単純に50過ぎたオヤジたちが、こんな音を鳴らして、未だにロックし続けてる。
だから自分自身もまだ頑張らないとな、と思わされる。

色んな評価があっていいと思います。宗教じゃないから、神格化するのも違う。レジェンドでもない。B'zはB'zでしかないと感じたアルバム。Brotherhood以来、なんか物凄く考えさせられた。



11. 名無し ★★★ (2017-12-25 04:41:27)

なんでふつーに感想述べてるだけなのに消されるの?



12. 名無し ★★★ (2017-12-25 16:17:31)

アイドル、ポップミュージック、テクノ、韓流、邦ロックという名のポップスが蔓延する日本の音楽シーンにおいて、稀有なバンド。時代と逆行しているけれど、まるでクラシカルな音楽を聴いてるような錯覚を覚える。

お二人共、身体を壊さないよう、活動を続けて欲しい。



13. 名無し ★★★ (2017-12-29 15:11:02)

レディクレでお二人を見ました。キャリア30年の中で唯一、稲葉さんの喉の不調で中断されたライブではないでしょうか。一度喉の手術をしているのでとても心配です。それでも歌おうという気迫に驚かせたと同時に、ファンとファン以外の混じるお客さんが皆、涙して稲葉さんの代わりに熱唱しているのが印象的でした。
本当にかっこよくて、凄まじい衝撃を受けました。他のアーティストさんたちがB'zについてツイッターなどでコメントしているのも分かります。

フェスで調子いい、いつも通りのB'zがファンを増やすのは分かりますが、今回は最悪なコンディションなのにファンを増やしました。特異なことです。もちろんB'zのお二人を嫌いな人もいるのでしょう。しかしB'zのヴォーカルは、私たちにとって稲葉さん1人です。稲葉さん以外考えられません。今年は働きすぎな印象もあるので、少しゆっくりしてください。我々ファンはいつまでも待ちます。
その間この30周年に突入したB'zの作り出した傑作「DINOSAUR」を聴いてます。誰がなんと言おうと、私の心の中には深く響き、その音色を忘れることなどできません。



14. ずなきち ★★ (2018-01-02 18:12:11)

衰えない稲葉氏の声と脂の乗りきって更に魅力的な松本氏のギターは脱帽です。ただ、楽曲は何年もマンネリ感がありますね。ポップなデビュー当初からハードな中間期を経て、B'zの最終形はどんな形になっていくのか楽しみでもあります。



15. 名無し ★★★ (2018-01-16 16:16:13)

このバンドは極初期を除いて、全くイメージが変わらない。イメージの中では、ずっと日本のロック界の頂点に立ってきた。(それが正しいのか間違いなのかはおいといて)そしてその息の長さは、当然批判の声を生み出す。だが、彼らはそれらを事実として俯瞰している。変わらないという進化。これは生半可な覚悟ではできるものではない。発明的なフォーマットのすごさを感じる以上に、2人のあり方のしなやかさや真っ当さに感動する。
モンスターバンド、アクションバンドを経て、ダイナソーバンドに進化した彼らは、今後どのような色を私たちに見せてくれるのだろう。2013年のライブで稲葉氏が「悪あがきしてみる」というような趣旨のことを仰った。きっと多くの日本人がその彼らの「悪あがき」に付き合うだろう。



16. 名無し(2018-01-21 14:18:53)

B'z2000年代最低の作品



17. 名無し ★★★ (2018-02-14 22:55:02)

誰がなんと言おうと素晴らしい。
それに尽きる。
それ以上でもそれ以下でもない。



18. 名無し ★★★ (2018-02-17 15:50:38)

B'z2000年代最高の作品。



19. 名無し ★★★ (2018-02-25 02:14:12)

傑作
ハードロック好きにたまらない
ギター、演奏すべてが完璧
ぞくぞく
新鮮



20. 名無し ★★★ (2018-02-27 16:41:00)

The 20th Blues!!



21. 名無し (2018-05-07 13:32:46)

改めて感想を書かせてください。
※二回目なので、★はあえてつけませんが僕の中では満点です。

前作よりもさらに深みを増して、彼らの根っこのルーツが根付いた作品
特に前半の2曲のインパクトが凄まじく強烈です。
表題曲のDinosaurのイントローの恐竜の鳴き声を再現したというアームプレイだけで痺れた。
そう来たかと。
まずこれだけ長いイントロにアーミング自体が実に懐かしい。
B'zらしいぶっとくゴリゴリでタフなHRサウンドが1曲目から堪能できる。
表題曲としては、前作のEPICDAYと同じく70年代洋楽クラシックロックからの影響を多分に感じる。
本当に近年の彼らは、自分たちで築いてきた立ち位置だからこそようやくやりたい音楽が出来ているのではないかと感じるし、聴いている側もとてもうれしくなります。
そして、CHAMP。昨年セブンイレブンでよく耳にしていたあのサビのインパクトがすごい。
そこへの入りがやや唐突気味だが、なんといってもディレイをかけたイントロからのかっこよさと懐かしさ。
そのイントロから歌いだしに入る部分がとても絶妙なんですよね。
そのあたりの雰囲気は90年代中期~00年代前半のギラギラしていたころの彼らを思い浮かべる。
同時に、昨年の夏フェス出演を経て彼らの自信や自分たちの立ち位置を改めて再確認した上での決意を感じた。
機材もいろいろ使っていて、そのためか音の質感も今までと同じようで違う。
シングル曲はStill Aliveがやや浮き気味だが、ここ数年のシングルの中でも抜群に完成度が高くて鳥肌が立つほどだったのでこれは良しだと思う。
今作は結構渋い路線を掘り起こしてきた感じもあるので、ポップサイドの曲はこれとCHAMP、SKYROCKETくらいだと思う。
THE CIRCLEほどではないが、今までよりやや異色な部分もあるので少々とっつきにくい部分もある。
あのアルバムほど統一感はないが、その分多彩なジャンルを現在のグルーヴでダレることなく昇華していることはとても素晴らしい。
各所のレビューでも書かれていると思うが、The 7th Bluesに確かに近い雰囲気。
Queen Of The Nightなんて入っていても全然違和感ないほど。
だからと言って、全然焼き直し感もないんだよね。
ルーフトップみたいな情緒感は今のTAKにしか出せない味だと思うし。
バラードもメロディに意図的に捻りを付けたと思われる部分がある(それでもやっぱり)。
使っている機材だけでなく、弾き方や稲葉さんの歌い方も細かいところでこれまでと微妙に趣向を変えてきているから面白い。
当初は思っていたほど、疾走感のある曲が少ないなと感じたが
ダレる感じもない。その辺は詳しくないがきっと、曲の配置が良いのだろう。
多分、中盤にオープニング的なイントロがインパクト大な声明を持ってきたから前作でいうA SIDE、B SIDEと聴き分けられるような雰囲気もあるからかな。
そして、最後のPurple Pink Orangeの素晴らしさ。
壮大だけど、過去作でいうALONE、GOLD、Everlasting、いつかまたここでなどような雰囲気はほとんどなく、はっきり言って暗い曲です。
どちらかというと自分は赤い河や夢見が丘、光芒、世界はあなたの色になるあたりを思い浮かべました。
それらと違って、終始どこか塞ぎこんだような暗さがあるのがいい。
ピアノもさりげなく入っているが、さりげないからこそベタな歌謡曲臭さがなくて良い。
正直、タイトルからもっと明るい曲だと思っていたので最初聴いたときはまったく想像していない展開で驚きました。
最後の一発撮りしたといわれているTAKのギターソロが弾きまくっててかっこいい。
曲の終わり方も潔くて自分は好み。

30周年イヤーということもあってか、前作以上の余裕と自信を感じられた一枚。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示