この曲を聴け!
TAKE NO PRISONERS
MyPage

TAKE NO PRISONERS
モバイル向きページ 
解説 - TAKE NO PRISONERS
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 失恋船長 ★★★ (2018-12-01 14:20:21)

Uriah Heepのシンガー、デヴィッド・バイロンが1975年にリリースしたソロアルバム。同時期にケン・ヘンズレイもソロをリリースしたりと、バンドとしてマンネリ化していたUriah Heepのメンバーがこぞって別の動きを模索していた時期に出ているが、今としては興味深い。参加メンバーのミック・ボックスやリー・カースレイクにケンとUriah Heep組も多く、ジョン・ウエットンがメロトロンで参加したりと興味のそそられるラインナップが名を連ねる。その期待はメロトロン爆発の①で味わえるのだが、個人的んには②以降のリラックスしたムードで味わえるバイロンの歌声の方が生き生きとしており、またソロを出すなら違う音楽性で勝負して欲しいという願望もあり、彼のロックシンガーとしての多彩さを味わいました。ブルースフィーリング溢れるソウルフルな節回しも新鮮、ケン・ヘンズレイの下で窮屈そうに歌う姿より何倍も魅力的に映ります。中々CD化の声が掛からなかった一品ですが、ようやく2017年に流通を開始、これを機会にUriah Heepの全盛期を支えたシンガーの魅力に触れて欲しいですね。



2. 名無し (2018-12-01 22:12:28)

↑失恋船長さん今晩わ。
私が所有しているアナログアルバムではヘンズレイのクレジットは無く、キーボードはルー ストーンブリッジがクレジットされていますが、ヘンズレイが本アルバムでプレイしているんですか?
めたる慶昭スマホから



3. 失恋船長 ★★★ (2018-12-02 12:48:14)

アナログなら裏面にデカデカと書いているかと思いますが?



4. めたる慶昭 (2018-12-02 16:53:02)

裏ジャケをよーく見ましたが
Greatful thanks to Mr. Hensley
という標記のみでこの曲で⚪⚪をプレイとかコーラス付けていますという明確なクレジットは発見出来ませんでした。
この件はこれまでとして、よろしければ何曲か失恋船長さんの好きな曲のコメントを読ませて頂ければと思います。




5. 正直者 ★★★ (2019-02-07 18:23:15)

HEEPからミック・ボックス、リー・カースレイク、ケン・ヘンズレー、後に加入するジョン・ウェットンも参加。アナログ盤を大切に聞いているのが、ボーナストラック収録と24ビット・リマスタリングに釣られて購入してしまった。
英国盤LPを転用した紙ジャケだから、裏面にしっかりと参加メンバーがクレジットされている。だから誰がなんの演目に参加したかは一目で分かる仕様だ。
派手さのないアダルトな作りで一瞬戸惑いを覚えたが、それは彼がオールマイティなミュージシャンである表れだろう。細かいニュアンスを伝える組み立て方と、音作りはソロアルバムならではの醍醐味。十分にマーケットを研究してのソロアルバム制作を試みたと読んだ。個性的な声の魅力をフルに発揮したソロ作。誰からも邪魔されずフロントマンに徹したからこそ、無理せずに心地よく聞こえる。好き嫌いの次元を超え、誰もが完成度の高さを否定することは出来ないであろう。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示