この曲を聴け!
WE'LL ROCK YOU TO HELL AND BACK AGAIN!
MyPage

WE'LL ROCK YOU TO HELL AND BACK AGAIN!
モバイル向きページ 
解説 - WE'LL ROCK YOU TO HELL AND BACK AGAIN!
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 火薬バカ一代 ★★★ (2019-02-11 22:43:49)

プロデューサーとして、ミュージシャンとして、様々なバンドに参加してきたキャリアの誇るFIREWINDのKey奏者ボブ・カティオニスが、自身の主催するギター教室の教え子だったトニー・キャッシュ(G)の才能を世に送り出すべく結成したバンドOUTLOUD。本作は彼らがFRONTIERS RECORDSとの契約を得て’09年に発表した1stアルバムです。(邦題はシンプルに『アウトラウド』)
デビュー以来、一貫して健康的な80年代型HRサウンドを追求しているOUTLOUDですが、Keyを活かした産業ロックのムードを増量していく次作以降に比べ、Key以上にGが主役として前面に押し出され、マーク・クロス(Ds)のタイトでパワフルなドラミングが映える、エネルギッシュな疾走ナンバーが本編のOPとEDを〆る今作は、1stアルバムにしてOUTLOUDのカタログ中最も高いメタル度数をマークしているという。
なので、こと「メロディのフック」においては2ndや3rdに一歩譲る印象があるものの、開幕投手役にもってこいな爽快ロックンロール①、哀愁のメロディ・センスが冴え渡るアルバムのハイライト・ナンバー②、“夜明けのランナウェイ”を思わすイントロのKeyリフだけで名曲認定したくなる(そして実際に名曲な)③という冒頭の3連発を聴いた時点で、このバンドが秘めたポテンシャルの高さを理解するには十分過ぎるほど。無論4曲目以降だって、チャンドラー・モーゲルが熱唱するバラード⑩、ヘヴィ・メタリックなバンドのテーマ曲⑪に至るまで、良い曲がズラリ揃っていることは言うまでもありません。
キングから発売されていた国内盤は既に廃盤。現在はプレミア価格で取引されてしまっているため、今なら安価で入手可能な輸入盤の購入をお薦めさせて頂きます。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示