この曲を聴け!
FLESH & BLOOD (2019年)
MyPage

FLESH & BLOOD
モバイル向きページ 
解説 - FLESH & BLOOD
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. めたる慶昭 (2019-05-19 22:06:11)

CDオンリーの通常盤で買いました。
オリジナルとしては8年振りという事で、かなり待たされた感も有り気合いが入って購入しましたが、ちょっとガッカリ。
解説の政則と広瀬は「Good to be bad」や「Forevermore」より良さげに書いていますが、そうかな?
「Heart and stone」「Sands of time」が印象に残りますが、後はそこそこって感じ。
「Trouble is your middle name」もまあまあ良いか。
次作はもう買わなくてもいいかって見放そうかなとも考えちゃいますよ。




2. 名無し ★★ (2019-05-20 10:39:36)

古参はまだ楽しめるが初心者からすればヴォーカルが弱いし楽曲も普通で楽しめないかもしれない
年齢を考えればこれがラストアルバムかもう1枚出して終わりってところであろう
ラストアルバムは原点のブルースロックでしめてほしいところだ



3. 失恋船長 ★★★ (2019-06-24 12:54:48)

全米のみならず世界的に成功したアルバムと、それ以前とは音楽性の違うバンドとして捉えなければいけない老舗バンドの最新作。ダグ・アルドリッチと主役たるカヴァーディルのソングライティングチームは、へヴィロック時代と現代的な要素を織り交ぜつつ、昔の匂いを振りかけたサウンドを作り込、独特の音色でシーンにカムバックしてきた。
そのフレッシュ感は単なる過去の焼き回しでは終わらないと高らかに宣言しているようだが、少々加工的なエッセンスが強かったのも事実。このバンドには、もう少し有機的なロックバイブを感じさせて欲しかった。

そういうスタンスで今作と向き合うと、前2作で感じた不自然さを払拭。枯れたカヴァーディルの歌声も、難なくレトロだが鮮度の高さを感じさせる楽曲と上手く溶け込み、無機質さと有機的な響きがハイブリットした形となった。
これ以上やれば嘘過ぎるし、やらないと今じゃない。その合間を縫ったのはレーベルの意向なのかなぁと推察しています。

新たに加わったジョエル・ホークストラや名手レブ・ビーチのよるソングライティングチームの相性も上々。ようやくカヴァーディルは栄光へのわだかまりを捨てたのだろう。古くて新しい古典ロックの復活。往年のアイデアを巧みに組み込み、らしさを随所に感じさせつつもフレッシュ感を残したアレンジには一日の長を感じます。ファン層の広いバンドだが、多くのリスナーを相手に唸らせる快作にしあがりましたね。

多くの人が指摘しているようですが、だからこそ、この安っぽいアイデアのジャケットは頂けなかったなぁ。パロディにしては弱いので、なんか過去にすがっているみたいに感じるのが唯一のマイナスですよ。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示