この曲を聴け!
48 SECONDS
MyPage

48 SECONDS
モバイル向きページ 
解説 - 48 SECONDS
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. めたる慶昭 ★★★ (2019-09-13 22:18:07)

アルバムラストかつタイトルナンバー。
荘厳なオーケストレーションによって曲が始まり、ドラマチックなナンバーに発展していきます。
ここでも子供達のクワイアが入って曲を盛り上げ、フィルのキーボードのプレイも劇的な効果を上げています!
この世界の終末をテーマにしており、フィルの気品あるクラシカルなロックミュージックを作る能力の全てが注ぎ込まれて出来たであろう素晴らしい仕上がりです!




2. 失恋船長 ★★★ (2019-10-07 22:40:01)

1906年におこったサンフランシスコの大地震をモチーフに作り上げたタイトルトラック
この曲が今アルバムの全てを物語っている
フィルのキーボードを中心の置き
壮麗なストリングスが絡む
そしてロックアレンジのバンドサウンドが伴走者のように寄り添いロックプロジェクトの体をなしている
これぞフィル・ランゾンのやりたかった事なのだろう
幾重にも重ねたコーラスワークも印象的
こういうのテーマの曲って妙なスローナンバーで逃げるパターンもあったりするのだが
あくまでもハードなロックサウンドだと言うのが素晴らしい
小泉首相ばりに『感動した』と素直に叫びたい

48 Secondsってタイトルは地震の長さとかけたんでしょうね



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示