この曲を聴け!
70年代ロックを語ろう(ブリティッシュハードロック、プログレ以外何でも可)
MyPage

70年代ロックを語ろう(ブリティッシュハードロック、プログレ以外何でも可)
モバイル向きページ 
解説 - 70年代ロックを語ろう(ブリティッシュハードロック、プログレ以外何でも可)
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



1. めたる慶昭 (2019-10-13 08:02:25)

これもブリティッシュハードロック、プログレ限定では有りますが、それ以外のジャンルで語りたい時に困ったので立ててみました。
最初にDeaf Schoolを紹介。
70年代半ばから後半にかけて3枚のアルバムを発表して解散。
その後88年に再結成ライブ盤、17年に39年ぶりに4thアルバム発表。(これもまた良いんだなあ)
ギターのクライブ ランジャーは解散後アラン ウィスタンレーと組んでMadness他をプロデュースして活躍しましたね。
ベースのスティーブ リンゼイはPlanetsで2枚のアルバムを残しました。
ボーカルのベット ブライトはMadnessのサッグスの奥さんとなっています。
現在平均60代半ばだと思いますが、ニューアルバムと来日を期待したいですね。
また、1st、2nd、3rdそれぞれサウンドがかなり違いますが、それでもDeaf Schoolとしてのアイデンティティは保たれており、並々ならぬ力量の持ち主だった事が分かります!




2. めたる慶昭 (2019-10-13 08:04:08)

尚、アメリカンロックやその他地域のロックもOKですのでよろしく!



3. めたる慶昭 (2019-10-13 23:03:25)

Elvin Bishop 1枚
Orleans 1枚
Kief Hartley Band 2枚
Kate Bush 1枚
Gary Numan 2枚(Tubeway Army名義含む)
Sniff & The Tears 2枚
David Bowie 2枚
Deaf School 3枚
Doors 1枚
Traffic 1枚
Neil Young 1枚
Fleetwood Mac 5枚
Bob Welch 3枚
Madness 1枚
Medcine Head 2枚
Mott The Hoople 4枚
Light House 1枚
Little Feet 1枚
Lindisfirne 1枚
Red Noise 1枚
ってところかな。
Deaf School以外のバンド、アーティストはおいおい語りたいな。




4. (2019-10-14 11:44:30)

アメリカのバンドですが、グランドファンクの後楽園球場でのライブを聴いてみたい。



5. めたる慶昭 (2019-10-17 19:26:50)

エルビン ビショップについて。
ソロ活動の前はポール バタフィールド ブルース バンドに在籍し、腕を磨いていました。その後、ソロとなり活躍するわけですね。
私が持っているのは74年(だったと思う)発表の「Strutt'in my stuff」1枚のみです。
購入したのはアナログアルバムを81年頃だったと思います。
「愛に狂って」という曲がシングルカットされてスマッシュヒットしたのですが、その曲が収録されているアルバムを買おうかなと、軽い気持ちで購入した記憶があります。
74年は高1でしたがニッポン放送のポップスベスト10にランクインして、知った様な気がします。
DJは亀渕昭信だったかな。
典型的なアメリカのウェストコーストサウンドですが、主食にはしないものの、たまに聴くと良いですな。




6. めたる慶昭 (2019-10-19 07:16:15)

オーリアンズについてひとくさり。
70年代に活躍したアメリカのウエストコーストサウンドのバンドですね。
イーグルス、ドゥービー ブラザーズ、リトル フィートに続く4番手位の人気でしたかね。
70年代デビュー当初はオルリンズと紹介されていましたが、途中で実際の発音に近いオーリアンズに表記が変更されたのを覚えています。
「Dance with me」1枚しか持っていないので、その印象だけですが、他の3つのバンドと比較しても爽やかさは一番じゃないでしょうか。
メタラーからしたら爽やかサウンドなんざ用はねえぜ!ってボコられそうですが、幅広くロック&ポップスを聴く者にとっては、時にはこんなサウンドも良いなと思いますな。




7. めたる慶昭 (2019-10-21 19:57:00)

Kief Hartley Bandについて。
Uriah Heepに在籍したゲイリー セインが加入前に在籍していたバンドということでチェックしました。
ドラマーでリーダーのキーフ ハートレイは元Blues Breakersでジョン メイオールの元で経験を積み、その後独立したということで、ColosiamやTempestでお馴染みのジョン ハイズマンと同窓のライバルって感じですかね。
「Little big band」というライブ盤ともう1枚スタジオ盤を持っています。
ライブ盤では、いかにも70年前後のジャズ&ブルースに影響を受けたロックをキーフがパワフルなドラミングでリードし、ゲイリーはヒープの様な自己主張の強いベースランニングはせず、サポートに徹しています。
また、ブラスセクションの人数が多く、あのChaseにも負けない大迫力のプレイが聴かれますよ!




8. めたる慶昭 (2019-10-23 18:31:28)

Kate Bushについて。
70年代は2ndをパスしているので、1stしか持っていません。(3rd以降「Aireal」迄フォロー)
因みに2ndからシングルカットされた「ハンマーホラー」をドーナツ盤で所持しています。
私と同じ1958年生まれでつまり百恵や森 昌子と同学年なのですが、78年に19歳で「天使と小悪魔」でデビューした時は衝撃的でした!
ミドルティーンの頃から曲を描き始め、デイブ ギルモアの目に止まったという強運を持ち、誰にも似てない独特の声とコケティッシュな印象は強烈でした。
ジャケットもピンク色のタンクトップを着たバストアップの写真が可愛くかつ色っぽくて胸キュンものでしたね。
80年代発表の「The dreaming」が最高傑作ですが、1rtも間違いなく傑作です!




9. めたる慶昭 (2019-10-25 20:30:07)

Gary Numanについて。
Tubeway Army名義の「幻想アンドロイド」とNuman名義では「The pleasure principle」の計2枚を所持してます。
テクノポップが流行りだした時で80年代を間近に控えて、近未来的なサウンドが新鮮だなあと当時思ったものです。
無感情な無機質なヌーマンのボーカル、プログレとは全然違ったシンセサウンドは2枚でもういいやとはなりましたが、両方とも良く出来たアルバムだと思います。
YMOより先だったよーん。




10. めたる慶昭 (2019-10-25 20:32:02)

↑因みについ最近までゲイリー ニューマンだと思い込んでいました。でもアナログLPのライナーで
解説者がニューマンと表記しているから無理ないよね。




11. めたる慶昭 (2019-10-31 07:38:18)

Sniff & The Tearsについて。
78年に「不実」でデビュー。
シングルカットされた「Drivers seat」がスマッシュヒットしました。
その曲を渋谷陽一の番組かポップスベスト10で聴いて、良いなと思っていたのですが、実際には81年の3rd「夜の眩暈」をリアルタイムで購入したのが、初で、「不実」を購入したのは遂数年前です。(笑)
ポール ギルバートのワンマンバンドと言えますが、ボーカルもギターもさり気なさが信条で、よくマーク ノップラーやボブ ディランと比較されていましたね。
メタラーからすると刺激の無いAORと取られそうですが、私の感性にピタリと嵌って離れません。
3rdのライナーで山田道成氏が「あまりの感性の煌めきに軽く眩暈を感じるでしょう」みたいな事を書かれていますが、その通りな私です。
そういえば、70年代後半〜90年代前半にかけて、非メタルのライナーに山田道成氏の登場比率が結構高かったですね、個人的にですが。




12. めたる慶昭 (2019-11-02 12:19:38)

デビッド ボウイについて。
永年、スルーしてきましたが、トレバー ボルダーコンプの為、彼の参加作品のみ4枚揃え中なのですが、「アラジン セイン」聴いて、流石後世に残る人の作品の凄みたるや凄まじいなと素直に思いました。
80年代に彼と比較されていたThe Fixx大好きな私にとって、本家の彼がつまらないわけが無いのですが、想像を超える凄さでした!
まだ、「ジギー スターダスト」はこれから揃える予定なので、彼の生涯でも代表作と言えるこのアルバムはどんだけ凄いのか楽しみです。




13. めたる慶昭 (2019-11-03 16:56:22)

Doorsについて。
「Morrison hotel」しか持っていませんが、「ハートに火をつけて」と「The end」は聴いた記憶があり、2曲とも強烈に印象に残っています。
ジム モリソンが若くして亡くなった為、短命バンドでしたが、今でもファンが居ますよね。
「Morrison hotel」の中では「Waiting for the sun」がダントツに印象的な曲ですな。
70年前後の退廃的なムードを正に体現した曲だと思います!




14. めたる慶昭 (2019-11-04 17:53:23)

Trafficについて。
私が持っているのは「Jhon Barleycorn must die」だけです。
当初、スティーブ ウィンウッドのソロとして出すつもりだったそうですが、ゲストにクリス ウッドとジム キャパルディを迎えて、結局再編という形になったらしいですね。
アルバムタイトルはトラッドソングでカバーになるわけですが、後にJethro Tullがライブ盤でカバーしてます。
その他の曲も素晴らしい曲が多いですよ。
1曲目は、ジャズっぽいインストナンバー。
後は、ミドルテンポの曲が2曲、スローテンポの曲が2曲。
スローテンポの曲はearthyな感じで渋いって言葉がぴったり来ます。
その前後のアルバムの音楽性は聴いてないので分かりませんが、この1枚だけでも彼等の音楽性の高さが分かります!




15. めたる慶昭 (2019-11-09 08:09:55)

Neil Youngについて。
アルバムは「今宵その夜」1枚、シングルは「孤独の旅路」を所持。
すぐ、彼と分かるあの鼻にかかった声の存在感は凄いですね。
「今宵その夜」アルバムで聴けるニルス ロフグレンのギターも味が有って良いですよ!
ギターソロの凄さは音数が多ければ良いってもんじゃないのが分かります。




16. めたる慶昭 (2019-11-14 19:58:36)

Fleetwood Macについて。
後ほど言及予定のBob Welch ファンな為、彼の在籍時代限定で5枚所有しています。
アルバムによっては、お目当てのボブ ウェルチより、もう1人のギタリストのダニー カーワンやクリスティン マクヴィーの曲の方が良いと思ったりします。
スティービー ニックスはまだ居ない、ピーター グリーンはもう居ないという時期てすが、この時代も良いですよ。



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示