この曲を聴け!
Welcome to the Show
MyPage

Welcome to the Show
モバイル向きページ 
解説 - Welcome to the Show
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. HIGASHI ★★ (2020-01-13 07:31:49)

まるでAC/DCな曲調で、ライブの幕開けには持って来いなナンバー。
これも耳触りが良くてご機嫌に聴ける!




2. 正直者 ★★★ (2020-01-13 12:42:35)

Amazonの通知が10月25日は届いたな(笑)シングル扱いで先行2曲が購入可能。
この曲は10月24日にはオフィシャルな形でフル尺UPされていましたが今現在再生回数は6万超え程度。

ソロアルバムのオープニングでもあるビフのミュージックライフを共有できるような雰囲気。
最近のSAXONは不釣り合いなくらいヘヴィでラウド。無理して若作りしているボトックス治療まみれのムービースターのようだが、これは等身大のロックを聞かせてくれる。ソロアルバムというよりは本来SAXONとはこれだよな、と昔からのファンは泣いて喜ぶ雰囲気作りがされている。
同じ時代を生きていない若者でも理解可能な世代を超えた追体験。威厳に満ちたクラシックロックの偉大さ。哀愁のあるメロディとかき鳴らされるパワーコード、ビフの歴史を凝縮したブリティシュロックナンバー。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示