この曲を聴け!
BILL NELSONS RED NOISE
MyPage

BILL NELSONS RED NOISE
モバイル向きページ 
解説 - BILL NELSONS RED NOISE
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. めたる慶昭 ★★★ (2020-05-22 22:45:42)

Be-Bop Deluxe解散後にリーダーだったビル ネルソンが結成したバンド(というよりプロジェクト)。
キーボードのアンディ クラークのみ此処まで残留。
ドラムスには確か4曲くらい、あのデイブ マタックス(Fairport Convention等で活躍)が参加しています。
アルバム「Sound on sound」→邦題は「触れないで!僕はエレクトリック」を1枚だけ発表して解散。
ビーバップのラストアルバム「プラスティック幻想」をより機械化した様なテクノの走りとも言える先鋭的なサウンドを現しており、非常にモダンな感じです。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示