この曲を聴け!
Consequence of Time (2020年)
MyPage

Consequence of Time
モバイル向きページ 
解説 - Consequence of Time
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. kamiko! ★★★ (2020-08-22 22:21:59)

米産ヴィンテージドゥーム2020年作
昔から70年代ヴィンテージドゥームロックを意識し、結構渋味あるオールドファン向けの古典ロックを追求している感のある彼ら。
ツインギターヴォーカルというスタイルで、一方はメインヴォーカルでたまにハモるという感じなんだが、昔はそのヴォーカル部分が
若干弱いな、と感じていた。また、結構作品をコンスタントにリリースしているが、ヴィンテージ臭ある古典的な作風の魅力に反して
ギターの音自体は、盤ごとに試行錯誤が見えた。Painted Windows Black(2012年作)あたりではヘヴィなギターが若干煩わしさを
感じさせて、勿体ないなあと思っていた。ただ、自身のバンド名をタイトルにした次作Pale Divine(2018年作)でギターが若干改善。
とはいえ、ボクとしてはもう一押し欲しいと思わせる盤だった。曲も演奏も完璧なんだが、無駄に凄みを効かせる不自然さが邪魔に思えた。
楽曲が素晴らしい上、ヴィンテージドゥームらしい渋味を常に宿しているので、どの盤でも安定のクオリティだが、ハマって聴き続けた
作品というのもあまりなかった。トップクラスの味わいを持つ反面、どこかひとつ難点があり、かつ、年配向け化石ロックのイメージが強すぎる。
そういうイメージも手伝って、マイフェイバリットバンドとまではいかなかったバンドだが、この新作を聴いた瞬間に、不満に感じていた
難点が全て払拭された。コレは今まで培ってきた持ち味を最大限に発揮した、音響的な難点を全て克服した、非の打ち所の無い完璧なサウンドだ。
歪みを抑えたことで、ここにきてギターの音が完成された感がある。70年代的ヴィンテージ臭と迫力あるイーヴルな感じが、これ以上ナイ最適な状態だ。
また、ヴォーカルは無駄な凄みが消えて、最大の持ち味であるロングトーンやハモリ、そして独特のビブラートが相当カッコ良くなっている。
今までヴォーカルの弱さに若干の不満を感じていたが、今作も決して音程がうまく取れているとは言えないにしても、泥臭く、渋味を醸し出しており
大きな魅力に転換しているところが素晴らしい。ホントたまーに登場する高音域が、70年代的空間エフェクトにベストマッチして刺激的だ。、
また、単にPentagramやTroubleあたりのヴィンテージドゥーム的な空気があるだけではなく、作り込まれたハイレベルの楽曲とギターテクニックがスゴイ。
インナーのメンバー写真で、ギターのDana OrttがBlood FarmersのTシャツを着ているが、Blood Farmersほどの生臭さは無いにしても音楽性は非常に近い。
ヴィンテージドゥーム路線で、このバンドがボクの中での順位付けが一気に上がった。この路線が好きなリスナーは、初っ端1曲目を一聴しただけで
きっと、その凄みを思い知ると思う。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示