この曲を聴け!
The Alchemist
MyPage

The Alchemist
モバイル向きページ 
解説 - The Alchemist
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. めたる慶昭 ★★★ (2020-10-16 23:44:49)

6分ジャストの長尺曲。
作者はリッチーです。
がしかし、これもあの名曲「Astronony」特に「暗黒の狂宴」でのライブバージョンを思い出させる珠玉の出来じゃないですか!
前の曲に続く名曲の連発!
これがBOCの底力だし、20年近くのブランクを感じさせないというか鬱憤を晴らす様な素晴らしい曲です!
3分半過ぎからのテンポアップした間奏はBOCというバンド全体で入魂のプレイをしていますぞ!
リッチーのピアノもドラマチックさを演出しているぜ。




2. 失恋船長 ★★★ (2020-10-24 12:49:14)

曲はリッチー単独で歌うはエリック・ブルーム
ヘヴィでブルージーなリフが耳を惹きますね
このバンドらしい冷ややかな感性が楽曲を引き締めています
アラン・レイニア不在は痛いがピアノも聴こえてくるがもっと欲しい
多くのファンを満足させる今作のハイライトと言える一曲でしょう




3. 火薬バカ一代 ★★★ (2020-12-25 01:01:35)

名作『IMAGINOS』収録の名曲
“THE SIEGE AND INVESTITURE OF BARON VON FRANKENSTEIN'S CASTLE AT WEISSERIA”
を彷彿とさせる、重厚にしてドラマティックなアルバムのハイライト。
Gにリードされて曲調が疾走へと転じる場面のカッコ良さ、
そして凛としたピアノの旋律も印象に残ります




4. 人間そっくり ★★★ (2021-03-29 02:07:29)

お恥ずかしながら…これのPVに気付くまでBOCの新譜発売を知りませんでした!
一聴、名曲「地獄の炎(Flaming Telepaths)」を彷彿とさせるピアノは、ゲストによるものですが今は亡きアラン レイニアの如き素晴らしさで興奮しました。
エリックも堂々と歌い上げていましたし、こりゃ買わねばなと思わせてくれた曲ですね!
中間部のGハモ辺りも(安い)アイアンメイデンぽくてなんか好きです(笑)


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示