この曲を聴け!
Tomorrow Never Comes (2021年)
MyPage

Tomorrow Never Comes
モバイル向きページ 
解説 - Tomorrow Never Comes
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 火薬バカ一代 ★★ (2021-08-17 00:00:31)

DRIVE, SHE SAIDやAMERICAN TEARSでは定期的に新作を発表してきていたマーク・マンゴールド(Vo、Key)が、満を持してTOUCHを復活させ、およそ40年ぶりに発表した2ndアルバムがこちら。(正確に言うなら、ロジャー・グローヴァーをプロデューサーに迎えてレコーディングするもお蔵入りしてしまった2ndアルバムが別にあるのだけれども)
実際のところ、マーク一人でTOUCHを再始動させてもファンは誰も文句を言わなかったと思うのですが、復活にあたってダグ・ハワード(Vo、B)、クレイグ・ブルックス(Vo、G)、グレン・キスカート(Ds)というオリジナル・メンバーを再結集している辺りからも、本作に賭けるマークの意気込みがビンビンに伝わってくるというもの。
音楽性に関しても、リード楽器として切り込んでくるKey、衰えを感じさせぬダグ・ハワードの伸びやかな歌声、キャッチーな哀愁のメロディと、メンバー全員が歌える強みを生かした分厚いボーカル・ハーモニーに彩られたHRサウンドは、きっちり1st路線を踏襲。劇的なイントロからして名曲の風格漂うOPナンバー①、美しいコーラスが壮麗に舞う②、スペーシーな雰囲気を湛えた7分越えの大作ナンバー③というアルバム冒頭3曲を聴いた時点で、本作の完成度の高さを確信するには十分でしたよ。その一方で、モダンな味付けが施された④のような新味を感じさせる楽曲も魅力的に仕上げる手腕は流石の一言に尽きます。
ややマッタリとしてしまう後半戦を引き締めるためには、“BLACK STAR”系のハード・ナンバーが1、2曲欲しかったと個人的には思わなくもないのですが、まぁその辺は次回作以降に期待ということで。これ1枚で終わらないことを念願致します。




2. 失恋船長 ★★★ (2022-05-06 18:05:57)

マーク・マンゴールドを中心にオリジナルメンバーが集結、日本でも1stとのカップリングで再発された幻の2ndもありますが、正式な2枚目がこのような形でリリースされるとは驚きですね。しかもリメイクではなく新曲が中心という作風に驚かされる。それだけに丸ごと叙情派AOR寄りのプログレスタイルではなく、ブルージーさやロックなハードさを強調したような楽曲も散見され、その味わい深さは単なる回顧録では終わらない現役感を演出している。
よっ!待ってました!!と声を掛けたくなる①で幕開け、そのドラマ性と感動的な楽曲構成に心も奪われ、②では、確信的なやり口で『Don’t You Know What Love Is』を想起させたりと憎い演出で感動を倍増させてくれます。
熟成されたダグ・ハワードの唄い回しもバッチリとハマり復活劇をよりドラマティックなモノへと変換してくれます。

とは言え聴きすすめにつれ、ちょっとコーラスが弱いなぁとか、気になる面はあるのですが、中盤のピアノが映えまくる③も素晴らしいんだよなぁ。新旧の魅力をパッケージした意欲溢れる再始動アルバム。昔の名前だけじゃない創作意欲とバンドとしての成熟度、今作が実質2枚目なのに、貫禄を感じさせるのも凄いですねぇ。
このバンドならではの⑥の仕上がりの素晴らしさ、ベタだが感動を運ぶ⑦、パープルやヒープを想起させるような古典ロックナンバー⑧とか、意欲に溢れている。実験的な⑨、ムーディーな⑩、この2曲が流れを悪くしている感はあるのだが、そこは好みでしょうね。弾ける⑪なんてアメリカンプログレハードポップバンドならではの魅力に富んでおり、好みで摘まみ食いしながら楽しむのが一番でしょうね。ラストのポジティブな空気が流れており、キーボードも耳を惹くフレーズを放ち、このバンドの顔はマークであることを認識します。

個人的には、ここまで現役感のある音作りをしてくるとは思いませんでした。それだけで復活劇に歓喜をしますが、もっとやれるバンドだという決定打になる何かが欲しかったのも事実です。こうなると俄然、次のアルバムに期待値も高まりますねぇ。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示