この曲を聴け! 

DIONYSUS
DUSTY-TRAIL ★★ (2003-04-19 03:21:00)
やっとDIONYSUSが登録されましたね。29さん、ありがとうございます。私はまだ登録できないんで助かりました(ちなみにどうしたら登録できるようになるのかも知りません)。
もう新譜感想に思いのたけをぶつけたんで、新作については今更言うこともない、って言うのが私の率直な感想です。つまり、NATIONのようにいくら語っても足りないというぐらいの思い入れは生まれませんでした。
こんなことを書くとネガティブに聞こえますが、決して全てがそういうわけではありません。やはりDIONYSUSのアピールポイントはジョニーのギターに尽きるでしょう。メロディアス、テクニカル、クラシカルといったいかにも日本人の好みそうなスタイルですが、彼は最近の北欧若手ギターヒーロー(アレキシ、ヤニ等)とは明らかに違います。それが何かはギタリストなら聴けば分かるはず、ギタリストでなくとも分かって欲しいです。
人によって解釈は色々あると思いますが、私から言わせれば“緩急"なんですよ。それはジョニーが年齢的にも若くなく、それ故なのかも知れませんが、フラッシーに押しながらも所々ロングトーンで引く余裕、それこそが彼の真骨頂なのです。
そのスタイルが最も顕著なのがNATIONの“SEE THEM FALL"のソロで、あれを聴いた瞬間一発でKOされたのを8年経った今でもはっきり覚えています。
DIONYSUSでもその緩急あるソロや、刻みの中に絶妙に和音を挟むリフといった彼の魅力は発揮されているのですが、私も29さん同様手放しで喜べないんですよね。
アルバムの印象は初めの数曲で決まってしまう傾向にありますが、1曲目はまずまずの佳曲としても続く数曲がジャーマン直系のメロパワ系で、北欧を期待したのが肩透かしをくらった、という印象が残ってしまったのが大きいですね。
ああいう攻撃的なスタイルの曲ではジョニーのプレイも“急"の方が目立ってしまい、“緩"がうまく作用していないのです。
やはりジョニーにはこういった曲調は向いていないし、本人は果たして好きでこういうジャンルを演っているのでしょうか?エゴ剥き出しのNATIONではこんなジャンルは一切演ってなかったのですが…。
やはり彼にはモロ北欧様式美、美旋律の中を華麗に舞うプレイがハマっているというのを痛感させてくれたDIONYSUSでした。アルバム中盤~後半にかけての彼の曲はまずまずの出来でしたし。
ジョニーのことばかり書いてしまいましたが、他のメンツが凄いのも忘れてはいけませんね。
私的には、Keyのカスパーが注目株です。STORMWINDでのプレイでその実力は証明されていましたが、DIONYSUSでもいいプレイをしています。先日、STORMWINDを脱退しDIONYSUSに専念することになったそうです。STORMWINDはギターがアレなので今後が心配ですが、DIONYSUSにとってはジョニーと二人で鬼に金棒状態ですね。
Voは、…う~ん、メロパワならいいんじゃないでしょうか?ただ、アイザック(イサック?)や、ロイ S カーンやヨラン エドマンのようなしなやかさがないんで、典型的な北欧メタルには向いてないですね。
手厳しいことばかり書いてしまいましたが、凡百の北欧メタルバンドならともかく、私が最も敬愛するギタリストがいるバンドですから当然期待も尋常ならざるものがあります。単刀直入に言えば、NATIONの“WITHOUT REMORSE"を超える傑作を生み出して欲しいのです。
なお、次作にはネットでアップされていたNATIONを彷彿させる佳曲“PARADISE LAND"が収録される予定らしいので、今度こそギャフンと言わせて欲しいですね。
→同意