この曲を聴け! 

ヘヴィメタル/ハードロック
らくがき帳(掲示板)
ドゥーム最高!!
→PC向けページ
Tweet

解説




コメント

Recent 20 Comments
464. kamiko! (2020-04-21 01:10:47)
ローランDeath氏

Grave Upheaval 今YouTubeで聴いてます。
コレは凄まじいですな!
いかにもローランDeath氏が好みそうな音だ。

しかしコレは入手困難?再生回数も少なめだし、超無名なのかな。
なかなか売ってるところが見つからないね。


465. kamiko! (2020-04-21 01:22:47)
ローランDeath氏

普通に売ってた。
タイトルがないんだね。
見つかりました。


466. kamiko! (2020-04-21 02:05:21)
ローランDeath氏

ドゥームじゃないのでスレ違いですが・・・
オーストラリア産のバンドでパッと思いつくスゴいバンドはStarGazerだ。
何が凄いかというと、圧倒的な演奏技術と曲の構成力で忘れられないバンドだ。
ウチにはThe Scream That Tore The Skyという2005年作の盤があるんだけど
ブラック寄りなデスメタルなんでしょうが、あまりのハイテクニック&アヴァンギャルドで相当疲れる作品。
作品のインパクトはスゴイんですが、ボクには疲労が溜まるので、頻繁には聴かず、それ以降追いかけなかったんですが
いろいろ探してる最中にたまたまStarGazerがヒットして、ちょっと調べてみると・・・
どうやらその後2作品ほどリリーズしてるみたい。
2014年作のA Merging To The Boundlessが最

…続き
467. ローランDEATH (2020-04-29 23:38:07)
アゴさん

ID:VISION
これはかなりキテますなぁ
プリミティブでロウなブラックメタルとは真逆のサウンドだ。

EBONYLAKE
個人的にはこちらが好み。
高いテクニックとセンス。そしてブラックの陰鬱さをしっかり醸し出すところが憎いデスな。

歳なのか、ブラックも、デスも、スラッシュもオールドスクールなものに美しさを感じる今日この頃デス 笑


468. ローランDEATH (2020-04-29 23:42:58)
Kamikoさん

STARGAZER聴きましたぞ!
Kamikoさんのお勧めで、オーストラリア産とくれば期待値は上がるが、意外とあっさり聴けた。
テクはあるが近代的な音ではなく、どこかNWOBHM臭が漂いながらも、ベースがさり気なくブリブリ言っていて、心地良いデスなぁ。

オーストラリアはブラッケンなバンドが多いのデスかな?!PORTALもそうだし 笑


469. kamiko! (2020-04-30 00:02:34)
ローランDeathさん

おっす!
オーストラリアは意外とダークサイドなサウンドがあるよ。
まあ、Stargazerが一番最初に浮かぶが、もはやドゥームレジェンドになりつつあるMournful Congregationもそうだし
古くはMortal Sinのようなスラッシュもあったね。
先日のブラックメタルの会話から、ボクもいろいろ買ってみようかなと。
で、今日は手に入らなくなる前にと思って、ウクライナのNokturnal Mortum - Істинаを注文したよ。
ボクの中では割とブラックメタルレジェンド的な存在なんだけど、知ってる?
ボクはこのくらいの激しさのブラックが一番しっくりくる。まあ、スラブ民族的な情緒があって変わり種なんだけどね。

アゴ氏

最近は激しすぎるのが疲れるんだけど、Ebonylak

…続き
470. kamiko! (2020-04-30 00:33:28)
Nokturnal Mortum - Істина一応買っとこう的に書いたけど
相当クオリティ高いよ。
昔からブラックメタル&ペイガンメタル的な音楽やってるバンドだが
ブラックメタル的な音圧の激しさこそ控えめなシンフォニックブラックだけど
この人たちはファッションでブラックメタルをやってる人ではなくて
善悪は置いといて、反社会思想や精神がホンモノの人だからね。
サウンドからホンモノ感が伝わってくるよ。特にペイガンな感じがね。


471. ローランDEATH (2020-04-30 00:39:16)
Kamikoさん

そう、オーストラリアは他にもHobbs’ Angel of Deathもあった。

Nokturnal Mortumはジャケだけ見たことあった。
風貌からも中身もペイガンさが伺える。

話をdoomに戻すと、
Matt PikeがプロジェクトでやっていたバンドKalas なんてどうですかな?!
ジャケも変。Kalas - monuments to ruins

あと、Sleepの復活作はマストデスな!


472. kamiko! (2020-04-30 00:54:40)
ローランDeathさん

The Sciencesだね。当然のように予約して買ったよ!
あの宇宙ジャケは笑った。まんまそういうサウンドだ。
Kalasっていうプロジェクトやってるのか。知らなかった。
ジャケフェチとしてはコレは!マストアイテムですな!
今Youtubeで聴きながら書いてるが、この人らしいタイトさが前面に出てるね。
うーん、金欠になりそうだな。天皇賞をマジメに予想するか。。。
10万円の給付金でCD買ってたらバチが当たるよなぁ。


473. アゴ勇 (2020-05-02 21:20:58)
おっ!STARGAZERの「THE SCREAM THAT TORE THE SKY」は、当時Kamiko氏がお奨めしてくれて、購入したな。

あまりのぶっ飛びサウンドで大満足した一枚でした。

次作の「A GREAT WORK OF AGES」も持っているよ。

2014年リリースの「A MERGING TO THE BOUNDLESS」は、フォローしていなかったので、アマゾンで発注かけたが、取り扱いなし。

いや、アナログレコードは流通しているみたいで、海外のサイトでCDをオーダーしました。

コロナウイルスの影響で、到着までに2ヶ月は掛かるんじゃないかな。

まぁ、気長に待つよ。

今日はずっと家で日本のDOOMを聴いていたよ。

諸田コウの命日が5月7日なのでね。

DOO
…続き
474. アゴ勇 (2020-05-02 21:33:36)
ところで、LUGUBRUMを全作コンプリートしようと目論んでいるんですが、無謀でしょうか?www
475. kamiko! (2020-05-02 23:13:43)
アゴ氏

Lugubrum全部だとスプリットなんか含めると20枚くらいあるんかね。
ウチには6枚か7枚くらいあるね。
Al Ghemist 2001年作は、破天荒さ、ジャケの「このバンドらしさ」でずっと欲しいんだけど
CDで作品出してないのかもしれないね。LPのみかなぁ。
それ以降の作品は結構流通してると思うよ。


476. ローランDEATH (2020-05-04 10:25:29)
lugubrum、7thを海外発注かけました!
このアルバムの黒いところが気に入りました。
あとベースの調べがミックカーンみたいで何だか心地よいと思った。

知ってるかもしれないが、Youtubeにおすすめされた中で、最近鳥肌が立ったDoomをばひとつ。
アメリカ産一人ブラック/ドローン/ドゥームの2016年作から
Mizmor - ii. A Semblance Waning

まずジャケのインパクトに惹かれたわけだが! 笑


477. アゴ勇 (2020-05-08 00:04:13)
いやぁ、STARGAZERの「A MERGING TO THE BOUNDLESS」もう届いちゃったよ。

このご時世で一週間チョイで届くとは・・・

早速聴きましたが、もうね、俺のツボをピンポイントで刺激する、前衛アヴァンデスで最高でござる。

しかも送料込みで、日本円で2千円ちょっとで買えちゃうんだからねぇ。吃驚だよ。

ところでKamiko氏、KYUSSの「SONS OF KYUSS」ってCD化されているの?

俺、前から欲しくてさ。

でも、アナログ盤しか流通してないみたいで。

「SONS OF KYUSS」さえ揃えば、KYUSSはほぼコンプリートなんですわ。
478. kamiko! (2020-05-08 00:26:51)
アゴ氏

こんばんわ!
Son of KyussはウチにあるのはLPだね。
CDは果たしてあるのかないのか。

今日は仕事休みだったんだけど、コロナウイルス騒ぎで外に出たくないし
あまりに暇すぎて、今まで書き込んでないアルバム批評したよ。
ホントはもっと書きたいバンドはいるんだけどね、常連にならないとバンド増やせないんだね。

STARGAZERの「A MERGING TO THE BOUNDLESS」買ったんだね。
相変わらずこの人たちは演奏うまいよねぇ。


479. めたる慶昭 (2021-01-03 18:26:29)
サバス好きなんでこのテーマでサバス以外に挙げるなら(個人的見解です)
Alice In Chains
Shira
Slammer
Dark Reality
Terra Firma
Blood Celemony
Blue Oyster Cult(3rd迄限定)


480. kamiko! (2021-01-04 02:24:17)
単に「ドゥーム」と言ってもその解釈は結構難しい。普段ボクが書き込んでいる半分くらいの「ドゥーム」は鈍重でヘヴィでスローだ。
そもそもが破滅的な死をイメージさせる語彙であり、そういう世界観を持つコンセプトアルバムであれば、素直にコレはドゥームだと思える。
が、そんなサウンドの醍醐味は、その長いギターサステイン部分の微妙な振幅やノイズ変化にあり、世界観が暗くなくてもギターの質感によっては
ドゥームロックと解釈されて然りだ。また、そういうノイズ特化な魅力を秘めるドローンも類似したジャンルとして拡大解釈できる。
一口にドゥームと言っても解釈次第では幅広い。浮遊感を突出させるとストーナーロックになるし、はたまたサイケデリックロックとの違いとなると
ギターの質感の共通点という視点だと、これまたドゥームと解釈されても致し方ないところはある。

BOCをドゥーム

…続き
481. めたる慶昭 (2021-01-08 06:08:56)
↑的確な指摘ですね。冷静にBOCの初期3枚を脳内再生するとドゥームさは希薄かもしれません。
まあ、筆が滑るのはいつもの事なので気にしないと。
因みにShiraはSirrahが正しい綴りでした。
後、もう1人のディスりは毎度の事なのでスルーだら。


482. kamiko! (2021-01-09 00:54:49)
Sirrahですか。。。またドゥームで語るには微妙な位置にあるバンドだなあ。
でもこのバンドはメロデスやゴシック全盛期に新しい音楽を期待させるカッコ良さがあった。2ndで盛大にコケた感はあるけどね。
このバンドはドゥームで語るジャンルというより、Tiamat、Moonspellあたりの音楽性と同じラインじゃないかな。
この中ではボクはTiamatが断然好きだけどね。


483. めたる慶昭 (2021-01-09 06:14:42)
私2ndも好きですよ。



ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-100 101-150 151-200 201-250 251-300 301-350 351-400 401-450 451-483  


発言

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage