この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 90年代 | D | アメリカ | アヴァンギャルド/エクスペリメンタル | オルタナティブメタル/ニューメタル | ドラマティック | 叙情/哀愁
DEFTONES
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
(Like) Linus (0)
Adrenaline (9)
Around the Fur (16)
White Pony (34)
Deftones (14)
Saturday Night Wrist (4)
Diamond Eyes (2)
Koi No Yokan (3)
Gore (0)
-ライブ盤-
B-Sides & Rarities (0)
-その他-
Back to School Ep (0)
The Crow: City of Angels Soundtrack (0)
→PC向けページ
Tweet

解説
1988年、カリフォルニア州サクラメントで結成されたオルタナティヴ・メタルバンド。ニュー・メタルからドリーム・ポップ、プログレッシブ・ロック、エクスペリメンタル・ロックなどにカテゴライズされる独自の音楽性が特徴。
Johnny Loftusは彼等について「ロックの評論家は、少なくとも過ぎ去ったメタルムーブメントよりも上質で、そのムーブメントから遠く離れたDeftonesの為に素晴らしい場所をとっておく(中略)・Deftonesはいつも好奇心旺盛で、伝統的な尊敬すべき音楽を進んで取り入れる。例えばドリームポップやD.Cハードコアなどの音楽を、彼等のノースカリフォルニアオルタナティブメタルに混ぜ込むといったように」と評している。
1stアルバム『Adrenaline』は全世界で100万枚、2ndアルバム『Around The Fur』は180万枚を超えるセールスを記録。3rdアルバム『White Pony』では、“ヘヴィ・ロック界のRADIOHEAD”と称賛を浴びるなど、その名を世界に知らしめる重要作品となった。
90年代にデビューを飾った同郷のヘヴィ・ロック・バンドKORNらと共に、アメリカを中心としたヘヴィ・ロックの一時代を築き上げたカリスマ・バンドである。
バンド名の由来については『DEFには「クール」という意味があって、TONESには「色んな音楽」という意味があるんだ。一つのジャンルに制限されずに、あらゆるジャンルの音楽を混ぜ合わせて、最高の音楽をやるってことなんだ。DEF TONESってのはそういう意味なのさ。』とStephenは応えている。
これまでに700万枚以上のアルバムセールスを記録している。

Current members
Stephen Carpenter – lead guitar (1988–present)
Abe Cunningham – drums (1988–present)
Chino Moreno – lead vocals, rhythm guitar (1988–present)
Frank Delgado – keyboards, turntables, samples (1997–present)

外部リンク
"DEFTONES" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索 | Youtube Musicで検索

登録されている45曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Be Quiet and Drive (Far Away), 2. Digital Bath, 3. My Own Summer (Shove It), 4. Change (In the House of Flies), 5. Bored, 6. Minerva, 7. Knife Prty, 8. Passenger, 9. Elite, 10. Lotion, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. サトラレタin大阪 ★★ (2003-05-06 01:40:00)
なんかKORNと仲がいいらしいですね。
音の感じはKORNと対極。
かなりいいですねぇ。
もっと聞き込みたい!

→同意(0)

2. わるあがき ★★ (2003-06-02 02:26:00)
変にいきがる事も無く、それで居ながら音は重たい。
無意味に力むこともなく、自然に演奏しているから心地よい。
そこに乗るVoも、わざとらしく「人生の苦痛」や、「思い出したくも無い過去」を、いまさら持ち出すでもなく自然体(絶叫する部分もあるが、あくまでも、そのときの精神状態の現れで不自然じゃない)。
ちょい聴きだと、なんか腑抜けた音だなーと思ってしまいましたが、聞き込むほどに、重たく、そして心に響く音
→同意(0)

3. あきもと ★★ (2003-08-17 02:11:00)
なんか雰囲気的にアリスインチェインズに似た感じのバンドだなーと思ったのは、おれだけでしょうか?グランジの暗い世界観が音楽にあふれてた気がします。新譜も試聴したけど、かなりオシャレな感じです。(一部では?)オルタナメタルとも言われてるそうです。人に好き嫌いがあるけどグランジ好きな人にはお勧めです。


4. カイアスってどんなの? ★★ (2004-04-26 12:40:00)
洋楽を聴き始めて約3年。あらかたのバンドは聴いたなと思って落ち着いていた時に、white ponyに出会いました。一回通した時に、「なんだこれ。もう一回だ。」と思って2週目を聴いた時じぞっこんになりました。へヴィーで切ない、そして暗いなかにも一筋の光といった感じです。心がどっかいってしまう感じですね。そしてそれがまた気持ちいいんですよ。ジャンルはあえていうとへヴィーロックですが、そんなことはどうでもいいです。
→同意(0)

5. カイアスってどんなの? ★★ (2004-06-22 16:52:00)
デフトーンズにはまってしまい、一人でいる時は頭ん中いっつもデフトーンズってな具合です。ほんと中毒性高いです。
そこで、「デフトーンズ好きな人におすすめ」なバンド知ってる人教えて下さい。あ、トゥール・コーンは好きなんでそれ以外でお願いします。
→同意(0)

6. ファッカー ★★ (2004-06-23 14:15:00)
キマイラとかどうでしょう?ハードコア・メタル寄りのデフトンって感じですよ。ヴォーカルかっこいいし(もちろん声のこと。顔も悪くないと思うけど)、去年出たアルバム、メチャ完成度高いです。
でもデフトンほどの独自性はないし、浸れないかもしれませんが。
あとは…俺は好きじゃないけどポイズン・ザ・ウェルとか。
あ、ちょっと渋めでニューロシスとかどうですか?
→同意(0)

7. カイアスってどんなの? ★★ (2004-06-28 10:10:00)
ありがとうございます。身の回りに頼れる人がいないもんで、だめもとで書いといたんですけど。どのバンドも名前すら聞いたことないです。やっぱりスロー・へヴィー系のオルタナ・ロックなのでしょうか。浸れないってとこが不安ですけど、機会があったら聴いてみようと思います。
→同意(0)

8. Geehh ★★ (2004-07-28 13:31:00)
個人的に言えば、DeftonesというのはRadiohead,FAR,the smashing pumpkins,Thusday,A Perfect Circle,The Cureとかに近い雰囲気の耽美系の激エモーショナル・へヴィ・ロック・バンド。とにかく浸れる音楽を愛してやまない人は間違いなくwhite ponyを聴くべきなのだよ。


9. ローガンメイダー ★★ (2004-09-27 12:10:00)
デフトンて通好みなのね。ヘビロ好きな人に聞かせたらあまり・・・て
感じだったし。リンプ的なのが好きなやつには
あまりよくないみたい。しかし浸れますねぇデフトン☆


10. カイアスってどんなの? ★★ (2004-10-04 10:11:00)
デフトンのとこに書いてすいません。
ファッカーさん、ニューロシスのA SUN THAT NEVER SETS と THE EVERY EYE OF STORM 買いました。ツボです。過去の作品も揃えるしだいです。
→同意(0)

11. ファッカー ★★ (2005-02-16 09:57:00)
わわ…(汗)
四ヶ月も!
クソ遅レスすみません。
過去のは…今よりは激しめですよね。
俺もニューロシスちゃんと聴いてみようかな。
→同意(0)

12. 名乗るほどの者では。 ★★ (2005-11-07 00:02:00)
この人たちの作る音は、音楽というよりはもはや芸術といった感じ。
何度も聞くうちに引き込まれていく。そういった音を作る集団です。
重く、暗いけど、美しくて、悲しい。ホントに凄い人たちの集まりです。
消えてなくなりそうな小ささから、サビで爆発するヴォーカリングは圧巻の一言。聞いていて鳥肌が立ちます。
世界観が難解で取っ付きにくいかもしれないけど、一度聞いたら耳から離れません。麻薬みたいな音楽です。
→同意(0)

13. RioT ★★ (2006-02-21 05:06:00)
ポストロックをバンド独自の視点で咀嚼して現代ヘヴィロックに置き換えた、ってのがこのバンドの叙情性とヘヴィさの原点だと個人的に思います。
空を見上げながら3rdや4thを聴くと本当に魂抜かれそうになるようで恐ろしい。

→同意(0)

14. WILK Ⅱ ★★ (2006-03-19 14:25:00)
サマソニ出演決まりましたね。
見に行こうかな~。

→同意(0)

15. RioT ★★ (2006-06-08 17:36:00)
8月10日に単独も決定しましたね。
絶対行く。

→同意(0)

16. 研究員 ★★ (2010-09-05 23:27:00)
昔はあまりピンとこなかったこのバンドですが、最近はまっています。
独特の浮遊感がたまりません。
思うにこのバンドは10代の小僧よりも30、40代のオッサンの方が良さが変わるのではないでしょうか。
僕もオッサンになってきたのかもしれない。
→同意(0)

17. チャイチャイ ★★ (2011-03-26 00:22:46)
いやぁほんとこのバンドは聴けば聴くほど味が出るというか。
最初はしっくり来なくてもずっと聴いていると中毒になるw
Toolとかにも近いものがある気がします。

→同意(0)

18. ユーフォー ★★★ (2013-04-17 23:47:35)
4月13日ずっと昏睡状態にあったチ・チェンが無くなったそうだ・・・
本当にいいベーシストでした R.I.P.
→同意(0)

19. ココココココココココ ★★★ (2016-01-17 11:02:20)
メタルなのか?と訊かれたら悩むかもしれないこのバンド。
ハードコアやシューゲイザーやグランジの要素も多分にあるしなあ…。
でもとにかく最高なんです。この浮遊感。
一回聴いたら病みつきになってしまうんです。
レディへとか言われてるけどあんまり似てると思わないんですよね…。
(レディへをあまり聴かないからかもしれないけど)

→同意(0)

20. 名無し ★★★ (2019-05-10 23:56:39)
ウネウネうねる重音&声が最高。
有名なのは3rdだが8thも最高。

ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage