この曲を聴け! 

オルタナティブ/グランジ | テクノ/エレクトロニカ | テクノ/エレクトロニカ/ハウス | ニューウェーブ/ポストパンク | 洋楽ポップス
DEPECHE MODE
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
Speak & Spell (0)
A Broken Frame (2)
Construction Time Again (0)
Some Great Reward (0)
Black Celebration (2)
Music for the Masses (2)
Violator (4)
Songs of Faith and Devotion (4)
Ultra (2)
Exciter (0)
Playing the Angel (2)
Sounds of the Universe (0)
Delta Machine (0)
→PC向けページ
Tweet

解説
1980年、イングランドのエセックス、バジルドンにて結成されたエレクトロニックバンド。
バンド名は、フランスのファッション雑誌 "Dépêche mode" から引用したものである。英語では"fast fashion"と訳され、"最先端の流行"という意味があるが、結成当時、特にその意味を意識して命名されたわけではない。
デビューのきっかけは、彼らのステージを東ロンドンにあるパブ「ブリッジハウス」で見た、Mute RecordsのDaniel Millerに声をかけられたことである。この出会いが、Depeche Mode、そしてMute Recordsの後の運命を変えた。
彼らは1981年2月にデビューシングル「Dreaming of Me」を発表。全英チャートで57位を記録する。続いてシングル「New Life」を発表、これが全英チャート11位を記録するスマッシュヒットとなり、3ヵ月後に出した「Just Can't Get Enough」では全英チャート最高8位と着実に成果を出していく。そして満を持して発表した1stアルバム『New Life』は全英チャート10位を記録し、評論家や雑誌から好意的な評価を得た。時代はニュー・ウェーヴの最盛期であり、その時流に乗った形となる幸先のよい船出であった。ここで最初の不協和音と困難がバンドを襲う。かねてからプロモーションとツアー活動に不満を漏らしていたVince Clarkeが1981年に脱退し、Martin Goreが代わりに作詞作曲を担当することでバンドを存続させ、この件がMartin Goreの才能を開花させるきっかけとなった。ヴィンス脱退後の初のシングルとなった「See You」は過去最高の全英チャート6位を記録。続いて2枚のシングルを出した後2ndアルバム『A Broken Frame』を発表。MartinはVinceの持っていたポップセンスと陰りのある作風を引き継ぎ、さらに独自のものへと発展させていった。Alan Wilderが加入して3rdアルバム『Construction Time Again』をリリース、Alanはバンドの音楽性に今までにない要素、金属の打撃音や摩擦音といったインダストリアル・ミュージックの要素を持ち込んだ。この頃から、Martinの詞には社会の矛盾に対する鋭い批判や意味深なニュアンスが込められるようになってくる。5thアルバム『Black Celebration』、6thアルバム『Music for the Masses』のリリースにより、バンドはエレクトロニック・ミュージックシーンにおける主力としての地位を獲得していく。1990年の7thアルバム『Violator』はアメリカだけで350万枚以上を売り上げたバンド史上最大のヒット作として知られ、10年間で築き上げてきたDepeche Modeの集大成的な作品となった。
1995年6月、Alan Wilderがバンドからの脱退を表明する。その理由として、「バンドでの音楽面の貢献に対する自分への敬意が払われていない」と主張した。同じ年の8月、今度はDave Gahanが自殺未遂をする。この時点でDaveは長年の薬物使用による重度の薬物中毒に陥っており、また2番目の妻とも離婚を余儀なくされるなど、治療を要する状態になっていた。薬物治療を経て回復した矢先の1996年5月28日、親族から電話で懲りずに繰り返すと言われたことに逆上し、ロサンゼルスのホテルの一室でヘロインとコカインの混合物を大量に注射し、手首を切って自殺を図った。偶然、友人がDaveの滞在していた部屋を尋ね、意識を失ったDaveを発見し通報、病院へと搬送された。その途中、Daveの心臓が2分間止まっている。一命は取り留めたものの、2日後に警察に逮捕され、裁判の結果9ヶ月のリハビリを命じられ、これを達成する。以来、長年使用していた薬物と縁を切り、住んでいたロサンゼルスを離れニューヨークへと移った。さらにMartinもアルコール依存症に苦しんでいたことが後に雑誌「Q」でのインタビューで判明した。同時に、Devotionalツアー南米公演におけるAndy Fletcherの参加拒否の理由が、メンバーがそれぞれ抱えていた問題に対処しきれず悩んだ末に心を病んだことが原因のひとつだったことも判明した。スケジュールは大幅に伸びたものの、復活作9thアルバム『Ultra』は英国チャート1位を記録。
2001年の10thアルバム『Exciter』ではIDMなど先進的なテクノやハウスの要素を盛り込み、従来のアルバムとは毛色の違うものとなり、評価は二分した。2009年にはDaveが膀胱癌を発症。手術後に活動を再開した。
バンドの音楽性は、主にシンセポップ、ニューウェーブ、エレクトロニックロック、ダンスロック、オルタナティブロックなどに分類されるが、彼らが影響を受けた音楽はKraftwerk、David Bowie、The Clash、The Velvet Undergroundやブルース、グランジなど多岐ににわたり、その長いキャリアの中ではアヴァンギャルドミュージック、エレクトロニカ、ポップ、ソウル、テクノ、インダストリアルロック、へヴィメタルなど他のジャンルでの実験要素も見られる。また、彼らが与えた影響も広範囲に及び、デトロイト・テクノや、インディロック、インダストリアルメタルのシーンへの影響は特に大きいと言われている。
バンドは2009年までに1億枚以上のセールスを記録している。その功績・業績に比して日本での知名度は低いものの、2006年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの最優秀グループ賞を得るなど、欧米での評価と人気は健在である。

Current members
Dave Gahan – lead vocals (1980–present)
Martin Gore – keyboards, backing and lead vocals, guitars (1980–present)
Andy Fletcher – keyboards, backing vocals, bass guitar (1980–present)

外部リンク
"DEPECHE MODE" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている13曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Personal Jesus, 2. Halo, 3. Enjoy the Silence, 4. Here Is the House, 5. Never Let Me Down Again, 6. I Feel You, 7. People Are People, 8. Everything Counts, 9. World in My Eyes, 10. But Not Tonight (extended remix), ....


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. 蛇めたる ★★ (2005-10-15 00:40:00)
HR/HMでは全く無いです。
ただ、Linkin Parkのマイク・シノダがDepeche Modeの最新作のリミックスを手掛けたり、
マリリン・マンソンがDepeche Modeの楽曲をカヴァーしたりとHR/HMと関わりの深いバンドです。

→同意(0)

2. RioT ★★ (2005-10-31 18:33:00)
個人的にニューウェーブと言えばこのバンド。
重厚な暗いサウンド、チープでピコピコなサウンドにポップな歌メロが絡むんです。

→同意(0)

3. GTX ★★ (2007-02-07 14:14:00)
読み方
デペッシュ・モード

→同意(0)

4. グレムリン ★★ (2007-02-15 02:48:00)
しかしデペッシュモードは楽曲だけでなく、ジャケットのアートワークも
毎度ながらセンスいいなぁ・・
→同意(0)

5. ぶぅ。 ★★ (2008-12-07 00:14:00)
美しさ、妖しさ、陰鬱さを極限まで高めたようなバンド。
洋楽ではロック系ばっかり聴いてた自分に新しい視野を与えてくれたバンド。
きっと、これからもずっと好きなバンド。

ロックにアレンジしてライブでやってみたい。。。
→同意(0)
ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage