この曲を聴け! 

TOP
ヘヴィメタル/ハードロック
らくがき帳(掲示板)
今日の10曲


解説


外部リンク
コメント

Recent 20 Comments
30. 名無し (2019-03-29 18:32:02)
アメリカンメタル10選
Seems like everyday by Rossington Collins Band
Funeral for the good mother by Law & Order
Fire of unknown origin by Blue Oyster Cult
Break down the wall by Stone Fury
Fingers of scorn by Cirith Ungol
Magdalaine by LA Guns
Thrown' it all away by Zakk Wylde
Rock me by Greatwhite
Mask of the red death by Crimson Growly
Tower by Angel
(GreatwhiteとHeavy Pet
アメリカンメタル10選
Seems like everyday by Rossington Collins Band
Funeral for the good mother by Law & Order
Fire of unknown origin by Blue Oyster Cult
Break down the wall by Stone Fury
Fingers of scorn by Cirith Ungol
Magdalaine by LA Guns
Thrown' it all away by Zakk Wylde
Rock me by Greatwhite
Mask of the red death by Crimson Growly
Tower by Angel
(GreatwhiteとHeavy Pet
…続き
31. 名無し (2019-03-29 18:41:50)
北欧メタル10選
Dream vs reality by Locomotive Breath
Shadow in the rain by Leverage
Seven doors hotel by Europe
Snakes in Eden by Pretty Maids
See them fall by Nation
Isolation sheil by Twilightning
Sleeping my day away by D.A.D
Happy little boozer by Korpiklanni
Prevail by Harmony
Psychedelic eyes by Electric Boys
32. 失恋船長 (2019-04-02 12:54:19)
『80年代でいこう』10選 

①Armored Saint - 『March of the saint』
鎧のコスチュームに身を包むバンド
そのイメージを増幅させるドラマティックなイントロ
どこか一発屋の空気を漂わせているが
この曲は80年代のメタルシーンに足跡を残した名曲であろう


②Warlock - 『I Rule The Ruins』
キレのあるカッティングも懐かしい空気を演出
ドロの妖艶さも活かされた歌声がたまらん
硬軟交えたバンドを代表する一曲
剛球路線からの脱却を試みたアルバムならではの出来栄え
だから80年代感がプンプン漂っている

③W.A.S.P. - 『Wild Child』
この曲のアイデアは後年に渡り
何度もこすり倒されている
ブラッキ

…続き
33. めたる慶昭 (2019-04-04 22:20:28)
春らしいさわやかな曲10選
①One thme one night by ロス ロボス
②Time loves a hero by リトル フィート
③誰もいない国 by ボブ シーガー
④Send down an angel by ブロンズ
⑤気分は最高 by タズマニアン デビルス
⑥In the morning by ケン ヘンズレイ
⑦茶色のはつかねずみ by ジェスロ タル
⑧West wind by グランプリ(uk)
⑨Dance with me by オーリアンズ
⑩愛に狂って by エルビン ビショップ
爽やかというとアメリカンが多くなりますな。


34. 失恋船長 (2019-04-10 16:28:45)
『疾走ナンバーで駆け抜けろ』10選 



①Running Wild 『Fight The Opression』
剛毅に打ち鳴らされる疾走ナンバー
この剛直さがロックンロルフ率いるバンドの魅力だ


②Aria   『Patriot』
勇壮なメロディが駆け抜けるロシアンメタル
このガッツ溢れる疾走感がロシアの皇帝たる所以


③聖飢魔II   『地獄の皇太子は二度死ぬ』
これぞヘヴィメタルな一曲
伝統的格式を踏襲する美意識溢れる疾走ナンバー


④Weapon   『Set the stage alight』
刺激的なリフワークが耳を惹きます
勢いだけじゃない情緒のあるメロディが好きですね
NWOBHMの中でも隠れた名曲として知られて

…続き
35. 失恋船長 (2019-04-12 16:47:04)
『疾走ナンバーで駆け抜けろ』10選 


①Halloween 『Busted』
音質は最低だが燃え滾るメタルスピリットに火傷しそうです
売れ損ねたUS産の正統派HM/HRバンド
シアトリカルなステージも含め一度は見てみたいバンドだった


②Stormwarrior   『Heavy Metal Fire』
メタル愛溢れるコテコテのメタルソング
初心に帰りますなぁ

③Steffanie   『Survival In The Streets』
鋭く切れ込んでくる疾走ナンバー
硬軟交えた展開にも隙がない


④Sniper   『Fire』
もっとも復活して欲しい名古屋のバンド
曲名通り熱く燃え上がります


⑤Thin Lizz

…続き
36. 失恋船長 (2019-04-15 13:33:34)
『意外性の山倉です』

①Motley Crue 『Red Hot』
モトリークルーもこういうタイプのスピードナンバーもやってました
らしくないのですが好きですねぇ
ギターソロもミックらしくないのが斬新
意識してたんだなぁ

②Great White   『Out of the Night』
ZEP仕込みのブルージーなサウンドで成功したバンド
でもデビュー作は正攻法で迫るガチンコの硬派なL.Aメタルだった
シャープに切れ込んでくる今作を聴けば印象も変わるでしょうね


③Ratt   『Sweet Cheater』
ストレートに駆け抜けるラットンロール
どうしてもBack For MoreやRound And Ronud等の
アメリカ人このみのグルーヴィーなロックナンバー

…続き
37. 失恋船長 (2019-04-17 17:13:53)
『疾走ナンバーで駆け抜けろ』10選 


①Aion 『H.A.R. (Human Affective Revelation)』
音質は良くないが過激に疾走するスラッシーな一曲
Deaththrash Boundヴァージョンです
スピーディかつメロディアスなソロも刺激的です

②Acid   『Demon』
ベルギー産の古参スピードメタル
短命に終わった為に今となっては知る人は少ないが
爆音R&Rメタルに甘めの女子ヴォーカルが絡むのは斬新だった

③Black Sabbath   『Digital Bitch』
今聞いてもイアン・ギランとサバスの融合はエキセントリックだ
だからこその相乗効果がこの曲に現れている
Trashedと込みのPVは珍品集として必見である


…続き
38. 失恋船長 (2019-04-21 16:09:12)
『坂本英三ANTHEM』

①BOUND TO BREAK 『BOUND TO BREAK』
自分の人生を決定づけられた思い出深い名曲
それまでも何度か雷に打たれたような衝撃を受けてはいたが
思春期のワタクシにとってこの曲は一番悶絶させられた
坂本英三の唄も非難されるレベルとは思えなかった
当時多くのメタル仲間からアンセムは止めておけ
唄が酷いと言われていたのを覚えている
皆に内緒で聴き死ぬほどのカッコいいと思った
歴史的アルバムのオープニング
魂を焦がす坂本英三の唄
起承転結のあるソロ
どれも一級品だ


②HEAT OF THE NIGHT   『BLACK EMPIRE』
坂本英三のベストテイクの一つだろう
間口を広げたアンセムサウンド
生々しい英三節も逆に魅

…続き
39. 失恋船長 (2019-04-23 18:16:04)

『乾いた大地に潤いをポップでキャッチーなメロディアスロック』10選

①Rick Medlocke And Blackfoot 『Reckless Boy』
シンガーであるリックの唄を前面に押し出す形でリ・スタートを切った
これもメタルバブルに浮かれるシーンへの適応だったんだろう
その成果はジャンル不問と言える音楽性に変更することで結審が付いた



②Virginia Wolf   『Livin' On A Knife Edge』
洗練されたメロディアスHM/HRサウンド
この哀愁美とシリアスさ加減に英国を感じます


③Fiona   『Hang Ypur Heart On Me』
甘く切ないメロディと感傷的な気分にさせる唄声
彼女の魅力を端的に伝える哀メロナンバー

…続き
40. めたる慶昭 (2019-04-27 22:50:46)
GW終わりに明日から仕事頑張るぞって気合いを入れる曲10選
Signal by Rory Gallahger
Your sister does by Law & Order
Over road by Uriah Heep
High tonight by Mott
Dr. music by Blue Oyster Cult
Future world by Pretty Maids
Sweet lil' sister by Bad Company
So good to see you by Cheap Trick
All through the night by Strapps
Easy rocker by Krokus


41. めたる慶昭 (2019-04-29 17:36:15)
涙腺崩壊必至の曲10選
①Get away by Rossington Collins Band
②Sweet freedom by Uriah Heep
③見果てぬ栄光 by Mott
④Overdone by Madness
⑤Walk the stage by MSG
⑥Love ain't no stranger by Whitesnake
⑦Teenage idol by Blackfoot
⑧Suicide by Strapps
⑨死の国の彼方に by Judas Priest
⑩Pied piper by Jethro Tull


42. 失恋船長 (2019-05-21 17:06:53)

『ジャック・ポンティ』10選

①Bon Jovi 『Shot Through the Heart』
1stアルバム収録の哀愁のハードナンバー
のちにジャック自身がセルフカバーしますね
ボンちゃんの成功で旨味を味わったんだろうなぁ


②Keel   『Somebody's Waiting』
フックのある哀愁のメロディとビックコーラス
3分チョイのランニングタイム
ちなみにジャックとラッセル・アルカラの共作というのがマニアにとってはたまらん

③Alice Cooper   『Love's A Loaded Gun』
Hey Stoopidからシングルカットされた一曲
豪華ゲスト参加のアルバムでも遜色のない
ジャックのソングライティング力
売れそうな臭いのする曲ですよ

…続き
43. めたる慶昭 (2019-05-30 20:29:45)
沢田研二ヒット曲10選
①麗人
②TOK IO
③恋は邪魔者
④灰とダイアモンド
⑤6番目の憂鬱
⑥死んでもいい
⑦追憶
⑧ 晴れのちブルーボーイ
⑨勝手にしやがれ
⑩あなたへの愛


44. 失恋船長 (2019-08-20 17:45:38)
『POPメタルでGO!LOUDNESS編』10選

①Dreamer and Screamer 『Jealousy』
ポップでキャッチーなノリノリのロックナンバー
時代性を感じさせるキラキラ感も懐かしい
アニメOV湘南爆走族にも起用されました

②ODIN   『オーディーン 光子帆船スターライト』
SFアニメのサントラとして起用された我らがラウドネス
当時の彼らがいかに人気があったのかが伺い知れますね
プロデュースを担当した笹路正徳も大活躍です
お前軟弱なの聴いているなぁと
メタル仲間に馬鹿にされた当時を思い出しますね
こんなんも大好きです
二井原実先輩の唄もエエ


③Gotta Fight   『オーディーン 光子帆船スターライト』
このギターリフにニヤニヤさせられます

…続き
45. 失恋船長 (2019-08-31 19:11:21)

『今日のNWOBHM』10選 

①WEAPON - 『Set The Stage Alight』
鋭利に刻まれる硬質なリフワーク
直線的に突っ込んでくる性急なビート
NWOBHMと言えば真っ先に思い出されるサウンドですね


②BLACK AXE - 『Red Lights』
後にWOLFと改名して生まれ変わるバンド
この曲はオリジナルの方が勢いが合って好きだ


③SLEDGEHAMMER - 『Sledgehammer』
クリス・タンガーリディスのプロデュースでアルバムを作るも次の一手がなく解散した幻のバンド
アルバムもオフィシャルでは未CD化のままだ
荒々しいハードブギー寄りのスタイルは英国特有の魅力に溢れていた


④TRESPASS -

…続き
46. 失恋船長 (2019-09-06 19:00:31)
『メタルバラードで男泣きしたい』10選 

①Iron Maiden - 『Wasting Love』
メイデンらしい威厳を誇示しつつも
メロウさを最大限に演出している
美しくも力強い珠玉のメタルバラードへと仕上がっている
シンプルだが泣かせのフレーズもイイ

②Flotsam And Jetsam - 『Better Off Dead』
ミステリアスでダークなバラード
メランコリックさを演出するアコギも効いている
絶望の先に光はあるのか?
陰鬱な気持ちにさせますが
これもメタルなバラードならではの味わいでしょう
私は死んだ方が良いという歌詞が突き刺さるね
エリックA.K.の絶唱が悲しみを増幅しています

③Accept - 『Can't Stand The Night』

…続き
47. 失恋船長 (2019-09-08 19:34:17)
『今日もどこかでジャパメタル』10選 

①Casbah - 『Discharge』
ブーストする爆走ロック
ドスを効かせた羽鳥の咆哮
今聞いてもかっこいいね


②Crowley - 『In Despair』
名古屋のサタニカルメタルバンドの代表曲
ドラマ性のある妖艶な疾走ナンバー
ツインリードによるハモリながらのソロに悶絶



③Hellen - 『The Fortune』
関東様式美メタルの勇者
甘口なメロディも耳を惹きますねぇ
その流れを損なわないロマン派なソロも決まっています
全編を包みあげるスウィートさとロマンティックなムードにクラクラします


④早川めぐみ - 『横須賀 17 Elegy』
元祖メタルクィーン

…続き
48. 失恋船長 (2019-09-10 22:02:46)
『今日のNWOBHM』10選 

①JAGUAR - 『AXE CRAZY』
プレスラッシュと呼ぶべきスピードメタルナンバー
このバンドの勢いは続かなかったが
後世に与えた影響は少なくないはず
3分を切る世界に全ての魅力が詰まっていますね

②WITCHFINDER GENERA - 『Free Country』
NWOBHMのダークメタル番長の一つ
単なるサバスフォロワーで終わらない魅力があった
この曲も影響大だが
自分たちのカラーを持ち込んでいる


③WHITE SPIRIT - 『Midnight Chaser』
適度な隙間のある音も懐かしいです
そして適度な疾走感も懐かしい
この時代ならではの音だし魅力が詰まっている
リッチーフリークなギターも懐かしい

…続き
49. 失恋船長 (2019-09-17 15:51:46)
『今日のNWOBHM』10選 

①StormQueen - 『Battle Of Britain』
けたたましく鳴り響くサイレンの音に導かれ始まる
憂いのある沸騰型サウンド
ネクストブレイクバンドと目されるも上手くいかなかった



②Seventh Son - 『Dangerous Kiss』
硬軟バランスの取れたバンドサウンドだった
後期NWOBHMならではの柔軟さだろう
この曲は顕著にメジャー志向を取っていた



③Savage - 『We Got the Edge』
垢ぬけてきたサヴェッジ
こういう攻撃性と叙情味に英国の香りを感じる
ツインリードも派手に決まっていてカッコいい


④Maineeaxe - 『Run to the Angels』

…続き

| 発言: 1-49  

発言

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage