この曲を聴け! 

00年代 | 10年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | A | オセアニア | ブルージー | ロックンロール | 正統派 | 有名バンド
AC/DC
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
High Voltage (Australia) (4)
T.N.T. (8)
High Voltage (International) (32)
Dirty Deeds Done Dirt Cheap (16)
Let There Be Rock (64)
Powerage (32)
Highway to Hell (78)
Live At The Hammersmith Odeon (0)
Back in Black (171)
For Those About to Rock (We Salute You) (37)
Flick of the Switch (35)
Fly on the Wall (23)
Blow Up Your Video (33)
The Razors Edge (49)
Electro Shock Therapy (0)
Ballbreaker (36)
Uncut VH1 Studios (0)
Stiff Upper Lip (35)
Rare Trax (0)
Rock N Roll Will Never Die (0)
Black Ice (41)
Rock or Bust (14)
POWER UP (3)
-ライブ盤-
Bon's Ultimate Volts (0)
More Bon's Ultimate Volts (0)
If You Want Blood You've Got It (54)
12 of the Best (0)
BBC Session (0)
R'n'r's Evil Doll (0)
3 Record Set (0)
Who Made Who (10)
Backfire: The Rare Tracks Live (0)
Bon, Please Don't Go (0)
B.S. We Love You! (0)
Hell Best (0)
Live USA (0)
Rare, Rarer, Rarities (0)
Live at Donington (4)
AC/DC Live (73)
Thunder Boogie (0)
Gold: Greatest Hits Live (0)
Thunderball Boogie (0)
Ballbreakers: 17 Classic Tracks (0)
Boom Box (0)
Live In Buenos Aires '96 (0)
Bonfire (8)
Their Hits 1975-1995 (0)
Bon Scott Rarities (0)
For Bon Far Gone (0)
The Best of AC/DC (0)
AC/DC in the 20th Century (0)
Aftershocks 1983 (0)
Platinum Collection 2000 (0)
Sessions, Rarities, B-Sides Vol. 1 (0)
The Best 2000 (0)
Rare & Greatest (0)
The Very Best (0)
Ultimate Volts (0)
Box Set (0)
Brian in White (0)
Golden Ballads (0)
Gold Album 1974–2000 (0)
Greatest Hits (0)
A Vulgar Display of Ultra Rare Tracks (0)
Family Jewels (0)
Rough and Tough (0)
Goldene serie (0)
2007 Gold Edition (0)
Plug Me in Radio Sampler (0)
Warning! High Voltage (Greatest Hits!) (0)
Collector’s Crate (0)
Whole Lotta Rock 'N' Roll (0)
Backtracks (0)
Greatest Hell’s Hits (0)
Going To The Jail 1973 (Bon Scott Demos) (0)
The Collection (0)
The Complete Collection (0)
The Roots of AC/DC: Keep On Rocking: The 60’s & 70’s Collection (0)
Bon Scott Hits (0)
Transmission Impossible (0)
Are You Ready? The Very Best Of (0)
Brian Johnson Hits (0)
Hell's Radio (The Legendary Broadcasts) (0)
Live on Air 1974-79 - Hell's Highway (0)
Solid Gold Live on Air (0)
The Bon Scott Years (0)
The Bon Scott Archives - Classic Broadcast Recordings From the 1970s (0)
Greatest Songs (0)
-その他-
'74 Jailbreak (10)
Last Action Hero (8)
Back in Black(ドイツ盤) (2)
Bad Boys on Stage (2)
Thunderbolt Tribute to Ac/dc (2)
Can I Sit Next to You Girl (0)
Last Action Hero (soundtrack) (0)
Stiff Upper Lip (ep) (0)
→PC向けページ
Tweet

解説
1973年11月、オーストラリア、シドニーにて結成されたロックバンドである。
Malcolm YoungとAngus Youngの兄弟を中心として結成されている。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第72位。
バンド名の由来は、電化製品の裏側に書かれていた「AC/DC」により、Young兄弟の姉が大音量で演奏していた彼らを掃除機の喧しさに例えて名付けたものといわれる。地元オーストラリアでは、AC/DCは愛着を込めて「Acca Dacca」と呼ばれている。
Angus Youngのスクールボーイスタイルの衣装も姉の提案によるもので、バンドのトレードマークになっている。
「AC/DC」とは、本来「交直両用」の意であるが、バイセクシャルを表す隠語(日本語の両刀使いに近いニュアンス)でもあったため、バンド初期には勘違いしたゲイバーからの出演依頼がたびたびあった。

60年代末から70年代にかけて隆盛を誇ったハードロック、ことに「ブルースを基調とした骨太でソリッドなロックンロール」の部分をよりプリミティヴに抽出し徹底させた音楽を志向し、デビューから現在に至るまで硬質かつ武骨にしてシンプルなロックンロールを中心に演奏し続けてきた。いわゆるハードロックバンドには珍しく、極めてタイトなミッド~スロー・テンポの楽曲が非常に多く、なおかつそうしたリズムでありながらもその高揚感はいささかも減じられない。長きにわたって変節のない質実剛健な音楽性が特徴で、時にブルース調の曲を演奏するものの、Motorheadと同様に昔も今もほとんど変わっていない。ファンは減るどころかむしろ増え続けていると思われる。
70年代末、パンク・ロックブームに沸くイギリスでは、それ以前に活躍したハードロックバンドがオールドウェイヴと揶揄され消えていく中、AC/DCは生き残ることに成功する。それは、バンドが熱狂的なファンをイギリス全土で獲得していた為だが、ファンや音楽誌などからオリジナル・パンクと同一視されたという側面もあった。特に、ライヴでのパフォーマンスはパンク的な印象が強く、ボン・スコットのパフォーマンスはSex PistolsのJohnny Rottenを強くイメージさせた。一方で、Angus Youngは観客に向かって尻をさらすパフォーマンスで悪名高かった。また、高い演奏技術や凝った楽曲への志向をことさらに露にすることよりも、創世記のロックンロールのワイルドさに忠実であろうとするAC/DCの音楽性は、パンクロックと相性が良かった。同業者のファンが多いことで知られるAC/DCはRamonesのJoey Ramoneをはじめとして、多くのパンクロッカーからも敬愛されている。
1973年にデビューして以来、楽曲やライヴでのパフォーマンスなどによって欧米にも人気を広げていったが、1980年に、ヴォーカルのBon Scottが急死し、危機に立たされる。しかし、新ヴォーカリスト、Brian Johnsonを迎えて発表した『Back in Black』は、世界的に空前の大ヒットを記録し、次作『For Those About to Rock (We Salute You)(邦題:悪魔の招待状)』 では初のビルボード1位を獲得するといった活躍を見せる。だが、今日でも全米チャートの上位常連であるが、日本での人気は欧米ほど高くなく、また、彼らの全盛期であった1980年前後、日本ではQueenの様な、ルックス的にも音楽的にも華やかなバンドが人気で、AC/DCの様な武骨なバンドは人気がないというバンド側の先入観もあり、2001年の来日公演は実に19年ぶりであった。

2013年には結成40年を迎えたが、2014年、リーダーでもあるMalcolm Youngが認知症の療養ために引退、またドラマーのPhil Ruddが居住先のニュージーランドで、男性2人の殺人を依頼したとして訴追され、自宅から覚せい剤が押収された。結果、ギタリストにYoung兄弟の甥(長兄Alex Youngの息子)のStevie Youngが、新ドラマーにChris Sladeが迎えられた。
2016年4月、『Rock or Bust』に伴うワールド・ツアーにおいて、Brian Johnsonにドクターストップが掛かり途中降板した。以前から患っていた聴力障害を抱えており、本人は引退を示唆している。代役は、Axl Rose(Guns N' Roses)が務めている。
2013年までに、アメリカだけで7,150万枚以上のアルバム、世界で2億枚以上のレコードを売り上げている。(うち、5,000万枚は『Back in Black』)

Current members (リーダーはAngus Young)
Angus Young – lead guitar (1973–present)
Stevie Young – rhythm guitar, backing vocals (1988, 2014–present)
Chris Slade – drums (1989–1994, 2015–present)
Axl Rose – lead vocals (2016–present)


外部リンク
"AC/DC" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索 | Youtube Musicで検索

DO YOU KNOW AC/DC?
AC-DC ELECTRIC SHOCK
登録されている128曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. Back in Black, 2. Highway to Hell, 3. Hells Bells, 4. Whole Lotta Rosie, 5. You Shook Me All Night Long, 6. Thunderstruck, 7. Shoot to Thrill, 8. Let There Be Rock, 9. Riff Raff, 10. T.N.T., ....


コメント・評価

Selected Comments
6. アメンボ ★★ (2003-01-14 12:49:00)
大好きです。
たてノリRock n' rollは最高だよねぇ~~~♪
「バックチェリーは現代版AC/DCだ」と聴いたのでこのバンドを聴いたんですが(バックチェリー大好き)・・・そのとおり!!って感じですねぇ。どんどんアルバム聴いていこ~~~っと!!!!
→同意(0)
7. オカケン ★★ (2003-05-11 17:30:00)
輸入盤で、またリマスターシリーズが出ましたね。デジパック仕様の。前の来日の時に出た紙ジャケ仕様を、買い漁ったものとしては、しまったーという思いが強い…。
ハッキリ言ってあの紙ジャケシリーズは良くなかった。輸入盤は歌詞ついとらんかったし、素っ気無い事この上ない。で、また買おうかとかアホな事考えております…。
→同意(0)
8. ENK ★★ (2003-06-03 10:44:00)
ルーズだけどひたすら楽しいバンドです。
彼らのアルバムを聴くたび、ライブを体感しているような感覚になる、なんてことが最近よくあります。
何を言ってるんだと思われることでしょうが。
AC/DCは曲単位ではなく、アルバム全体の雰囲気を楽しむ方がより感情移入しやすいのかも知れません。
ただ単に、出回っているアルバムが多いために、一曲一曲をレビューするのが面倒なだけだったりする(笑)
アルバム制覇まで日々精進。頑張るっす~!
ついでにその時まで解散(!)しないでね~!お願~い!
→同意(0)
10. ロージー ★★ (2003-07-30 17:16:00)
◎「highway to hell」 ◎「live」(2枚組)
◎「if you want blood you've got it」
以上が個人的おすすめアルバム。
それから~
◎「highway to hell」 ◎「you shook me all night long」
◎「ride on」 ◎「rock'n roll domination」
以上が個人的おすすめナンバー。その他にもいっぱいありますけど・・・・
最近の事ですが「Highway to hell」のイントロと、渡辺美里の「センチメンタルカンガルー」の出だしが似ていることに気が付きました。
→同意(0)
14. STORMBRINGER ★★ (2004-01-14 09:49:00)
次の来日はいつかなぁ~。でも札幌にはこないだろうなぁ(泣)。
→同意(0)
15. エストック ★★ (2004-01-15 12:31:00)
いまいち日本ではパッとしませんねこのバンド。
また19年待たせたりしないよねぇ・・・・。
話は変わりますが「バックインブラック」ってマイケルジャクソンのスリラーに次いで世界でのレコード売上が2位だそうです。いろんな意味で彼らは偉大ですね♪
→同意(0)
20. 殺戮の聖典 ★★ (2004-07-29 14:58:00)
波平さん、1990年発表のアルバムは「THE RAZORS EDGE」です。
そのオープニング曲は「THUNDERSTRUCK」でシングルカットもされました。
アアアア~アアア~アアというコーラスが特徴ですが、この曲のことでしょうか?
→同意(0)
23. こうじ ★★ (2005-01-04 16:20:00)
史上最も偉大なロックバンドだと思う。
大多数の人はBEATLES、U2、またはAEROSMITH辺りを挙げると思う。
レコードの売上、ロック史に残した影響力、絶頂期の長さ、知名度など、
判断基準は様々にある。
俺は何をもってして彼らを推すかと言うと『最もロックしてる』から。
最もロックしてるから、最も偉大。実にシンプルじゃないの。
考えてみると彼らって
女を呼ぶイケメン、ナシ。
同じく女を呼ぶバラード、ナシ。
度肝を抜くバカテク、ナシ。
シリアスなメッセージ、ナシ。
甘いメロディ、ナシ。
桁外れなスピード、ナシ。
こうも無い無い尽くしって、改めて驚くぞ。
で、彼らにあるものはと言えば
リフ、グルーヴ、タフネス、リフ、エネルギー、スケール、
ロック魂、馬鹿キャラ、リフ、エンターテイメント、リフ。
…続き
25. 泡沫 ★★ (2005-01-05 21:21:00)
日本は結局のところ大正、昭和から歌謡曲の国であり、AC/DCのようなメロディアス要素なし、リフ勝負、といったバンドはやはり厳しいでしょう。それに、日本のHR-HMマニアというのはどうしてもマニアックにテクニックに耳が行く傾向もあるようですし。
日本はイギリスやアメリカではないから、それはそれで仕方ないわけですし、決して悪いことではありませんが、このような「本物」のロックンロールが評価されないのは勿体無い。CDショップの洋楽コーナーにAC/DCコーナーがないなんて・・・。
(といっても僕は「BACK IN BLACK」しか聴いたことのない甘ちゃんですが
)
→同意(0)
26. Kamiko ★★ (2005-01-06 01:14:00)
高校時代にコツコツとレンタル屋でCD借りてテープに落としたもののあまり聴かなかった。大御所のワリに「う~ん」と悩んだ。
が、ライヴのビデオ見てカッコ良さがわかった。弾けんばかりのグルーヴとメンバーのキャラクターがとっても楽しい。ライヴパフォーマンスが最大の魅力・・と思う。当時も結構歳くってたと思うが、少年のようなピュアな感触があった。
→同意(0)
30. 酒とバラの日々 ★★ (2005-01-30 13:17:00)
あの「再来日公演」からもう4年も経つんですね…
あの日横浜アリーナで見たライヴは、生涯忘れられないだろうというぐらいの素晴らしいライヴでした。
19年という長い間待ちぼうけを食らった(自分は待ってませんが)ファンの気持ちが噴出したかのような大歓迎ムードと、
言葉で言い表せないぐらいの堂々たるバンドのパフォーマンス。
細かいジャンルの違いなんか全て飲み込んでしまうぐらいのあの存在感はまさしく「ロックの王者」でした。
やってる音楽は「シンプルの極み」なのに、それを超特大のスケールに昇華してしまうっていう…スゴいよ。
…是非また日本に来てほしいです。また彼らのライヴが見たい!!
→同意(0)
36. 777 ★★ (2005-02-15 22:22:00)
真の正統ロック・バンド。
そういう意味じゃ、エアロやヴァンへイレンよりも
彼らの方が一枚上手。
→同意(0)
37. dave rodgers ★★ (2005-03-04 19:57:00)
最高ですね。
→同意(0)
38. SCARECROW ★★ (2005-03-16 07:05:00)
AC/DCの曲はあまりにもストレートなハードロックである。
ロックはやはりショウとして体感するのが一番だと思うので
CDで聴くとどうも魅力が半減してしまう。映像や音源で
少しはその感覚が味わえるとは言え、やはり生で体験するの
とでは全く違う。特にこのバンドの場合ショウの魅力は大きい
であろうから、日本で今一人気が上がらないのはショウを体験した
人が少ないからではなかろうか?などと思ってしまう。
かく言う自分もライブを体験した事がないため、このバンドの
本当の魅力を掴みきれずにいる感がある。
→同意(0)
39. 帝王序曲 ★★ (2005-03-16 20:00:00)
SCARECROWさん はじめまして。
日本で彼らの人気が定着しないのは、すでに上記の方々が語られている通りで、まあ仕方ないことかもしれません。それで彼らも来日の機会を逃し、彼らのファンも増えないという、悪循環が生じてるのでは。
それでも、このコーナーの書き込みの数に比べて観覧件数が意外に多いところを観ると、皆さん注目はしてますね。
→同意(0)
50. 帰ってきた男 ★★ (2005-09-11 01:38:00)
AC/DC狂いの二十歳のべーシストです。パンクは飽きが来るが、
彼等は何度聴いても良い!痺れるっつーのは正にこの事です。
作品リリースのスパンがけっこーひらき気味ですけど、活きのいいやつ
期待してます!!!!!
→同意(0)
56. ねここねこ ★★ (2006-02-03 17:40:00)
映画といえば「TAXI NY」のCMで「HIGHWAY TO HELL」が使われてたな、そういえば。
→同意(0)
61. チンポリオ・フェラッチィーノ ★★ (2007-10-06 09:48:00)
11月、12月に紙ジャケットでの旧譜再発が決定したそうである。
とりあえず、私のもっていない「ロック魂」と「悪魔の招待状」(邦題の
ほうがしっくりくる!)を購入予定である。前回は来日記念だったが、
今回は?
→同意(0)


Recent 20 Comments

71. 松尾芭しょんぼり ★★ (2008-10-12 18:48:00)
国内盤ってもともと、ボーナストラック入っていないって設定だっけ?
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2780434
あと8年じゃなくて9年ぶりの新作ですよ。
さらにさらに、邦題のトラックリスト
1 暴走/列車
2 空が燃えている
3 爆弾ジャック
4 恋の発電所
5 戦闘マシーン
6 ぶち壊せ!!
7 ロック大戦争
8 地獄の回転花火
9 愛のデジベル
10 イナズマの五月
11 殺し文句はロックン・ロール
12 金にはあきたぜ
13 ロックン・ロール・ドリーム
14 ロックで決めろ!!
15 悪魔の氷
「ロック」って単語が多いなぁ。
→同意(0)

72. ちんご ★★ (2008-11-04 23:33:00)
29カ国で1位、もう全世界で200万枚売っています。
最後の?大花火を打ち上げましたね。


73. メラニン ★★ (2008-12-28 23:33:00)
来年10月下旬に来日??
→同意(0)

74. おにぎり坊主 ★★ (2009-05-31 16:27:00)
炎のロックンロールはもっと評価されてもいい。
チャックベリー思い出したよ…
→同意(0)

75. おにぎり坊主 ★★ (2009-05-31 16:28:00)
あとRIFF RAFFね
→同意(0)

76. 1950 ★★ (2010-03-05 10:25:00)
来日まで1週間前になりましたがこのサイトの人はどれくらい参加するんでしょうか?
ちなみに僕は12日のさいたまスーパーアリーナに行きます!
→同意(0)

77. メラニン ★★ (2010-03-06 12:01:00)
16日の京セラドームに行きます!
前回は逃したので今回の来日には狂喜乱舞!!
セットリストにサプライズが欲しいですが、彼らの生のパワーを体感できるだけで十分ですね。
→同意(0)

78. Hideo ★★ (2010-03-13 02:12:00)
さいたまスーパーアリーナ、楽しかった!
→同意(0)

79. 1039 ★★ (2010-03-16 17:12:00)
ライブ最高でした!かっこいい!!
年齢を全く感じさせないパフォーマンス、魅せる演出はさすが。
今後の活躍にも期待したいですね。
→同意(0)

80. 1950 ★★ (2010-03-18 18:12:00)
ライブやばかった!
ブライアンが意外と声出てたし、アンガスは54歳なのに動きすぎw
リズム隊の3人もかっこ良かった!
人生で一番短い2時間でした!たぶんこれを超えるライブは今後見れないと思います…。
なんか最後の来日とか言われてるけどまだまだいけると思います!
→同意(0)

81. かめはめ ★★★ (2010-10-08 20:15:57)
ライブが圧巻。
ライブバンドといってもいいくらい。
やはり彼らは伝説クラスである
→同意(0)

82. 貴公子 ★★★ (2010-11-07 23:03:28)
日本で過小評価なのが信じられん!
ロックンロールの神といえばAC/DCなのだ
→同意(0)

83. Zepp神奈川 ★★★ (2010-11-11 13:31:36)
ゼップが好きな人にお勧めです。
音楽性はゼップを単純化し更にデフォルメした感じです。

→同意(0)

84. つぇぺり ★★★ (2010-11-25 17:38:33)
BON SCOTT時代のAC/DCが好きだ!
BRIAN JOHNSON時代のアルバムも持ってるけど
聴きこんだ回数はボン時代のアルバム、特に地獄のハイウェイは一生の名盤!
LET THERE BE BON SCOTT!!
→同意(0)

85. しょじゆう ★★★ (2011-01-15 12:25:49)
日本でちょっと過小評価なのが許せない。
5年までまでは日本盤が廃盤だったんだぜ?
海外じゃ伝説のバンドさ

→同意(0)

86. 名無し (2011-02-11 03:41:03)
>>85「日本でちょっと過小評価なのが許せない。」

世界的に有名なバンドから少々マニアックなバンドまでどれも好んで聴くけどAC/DCだけはいくら聴いても何も感じられない。
例えばQueenやIron Maiden、Led Zeppelin、Racer Xとかを聴いて得られる感動やノリみたいなものが無いんだ。
AC/DCの人気曲とかも上から20番目くらいまで聴いてみたけど、結局「何か表現力が足りないバンド」っていう印象。日本で売れてないってのが事実なら至極納得できる。


87. りっちゃん隊員 (2011-02-12 17:05:20)
>>86

AC/DCの良さが分からない人なんてはじめてですよ
Back in Blackを聴いてなんとも思わないなら
もう手の施しようがないですね
→同意(0)

88. りっちゃん隊員 (2011-02-12 17:08:35)
連続で発言させてもらいます
AC/DCはライブに行ってみたいバンドベスト5に入ります。
あとAC/DCを聴いたことが無くて、AC/DCのTシャツ着てるやつ
本当に嫌い!
まあ、ストーンズもキッスもメタリカも同じだけど。
→同意(0)

89. 朱雲 ★★ (2011-02-12 18:29:01)
横やりで申し訳ないんですが、俺は結構AC/DCが好きだけど、
良さがわからない、というのは結構納得ですけどね。

・歌メロ中心の日本人には、リフ主体の音楽性はとっつきにくい。
・リフは良いのだが、インパクト不足なので、印象に残りにくい。
・疾走感はあるが、速くないので、スピードを求める若い人には厳しいかも。
・グルーヴはあるが、バンドからかっこいいオーラが出ていない
・日本的な哀愁や風格の類いがないので、馴染みにくい。
・ロックンロールが文化として根付いていない日本では、ブレなさがウケない。
等々。

→同意(0)

90. ヤング兄弟 ★★★ (2012-05-26 13:49:41)
漢ならAC/DCを聴くべし!
ロックが持つ漢気、かっこよさ、哀愁をとても高純度に且つ分かりやすく体現してくれる最後のロックンロールヒーローだと思います。
日本でも聴いてくれる人が増えて嬉しい限りですがもっともっと増えてほしいです。

→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-90  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage