この曲を聴け! 

70年代 | 80年代 | 90年代 | H | ブリテン | ブルージー
HUMBLE PIE
曲ランキング
最近の発言
関連アーティスト
-スタジオ盤-
As Safe as Yesterday Is (4)
Town and Country (0)
Humble Pie (2)
Rock On (4)
Lost and Found (0)
Eat It (6)
Thunderbox (7)
Street Rats (4)
Go for the Throat (4)
Smokin' (12)
On to Victory (4)
Back on Track (2)
-ライブ盤-
Performance: Rockin' the Fillmore (13)
Natural Born Boogie (2)
-その他-
In Concert(king Biscuit Flower Hour Presents) (8)
Town & Country (4)
Live at the Whisky A-go-go '69 (2)
Up Your Sleeves (2)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"HUMBLE PIE" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている20曲を連続再生(人気順) - Youtube
1. C'mon Everybody, 2. Thunderbox, 3. Hot 'N' Nasty, 4. Honky Tonk Women, 5. Down Home Again, 6. One-Eyed Trouser-Snake Rumba, 7. No Money Down, 8. 30 Days in the Hole, 9. Black Coffee, 10. Stone Cold Fever, ....


コメント・評価

Recent 20 Comments


1. しのすけ ★★ (2003-05-09 17:15:00)
ソウルファン、それもステイプルシンガーズが好きじゃった拙者にとってこのハンブルパイはそりゃーたまらんバンドじゃった。特にスモーキンは真っ黒け。ブラックベリーズなる黒人女性トリオを加え、これでもかとブラックミュージックに接近
する様は見事じゃった。何?HMファンのページじゃと?これは失礼仕った。
若きHM界にもパイを、いやスティーブマリオットをリスペクトしておる者達がたくさん居ることは百も承知しておる。だからこそ違う切り口で彼らの魅力を紹介して
みたくなったのじゃ。皆の衆!また会おうぞ!
→同意(0)

2. 柴が2匹 ★★ (2003-10-11 11:08:00)
ハンブル・パイは特にスモーキン時代が人気が高いですね。
一番、ソウルファンは時代ですからね。
後半の「ストリート・ラッツ」や80年の再結成時代は一般的には人気がありませんが
マリオットの枯れた歌声が暑い「スモーキン」時代と比較すると渋みが出てこれも
良く出来た作品だと思いますが・・・
最近(?)のバンドではサンダー辺りの音楽性が好きな方に後期「パイ」はお勧めです。
→同意(0)

3. はーさん ★★ (2009-06-15 21:55:00)
彼らは、正真正銘のへヴィーロックバンドだと思う。
なにかとブラックミュージックテイストで語られているハンブル・パイ。ブルージーでソウルフルなサウンドで、彼らの上を行くハードロックバンドは多分、ほかには無いと思う。
じゃあマニアックなのか? 極上のへヴィーメタルサウンドに更に上乗せされた彼らの魅力の一端なのだと思う。実際、ステージでの「アップアウワスリブ」「ノードクター」は、ジューダス・プリーストやガンズのような疾走感があるし、「ストーンコールドフィーバー」でのリフはブラック・サバス並みの緊張感とカッコ良さ!ステージでのトークが、ブルージーなメロディに乗せたマリオット節、更にツインギターの魅力。
フランプトンやクレムソンなど、一流ギタリストと渡り合い、それを凌駕する楽器のような超絶ヴォーカル。僕は、普段はサバスやバッジーなどのインパクトの強い暗く緊張感のあるバンドや、70
…続き

ページ上部に移動


発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage