この曲を聴け! 

60年代 | 70年代 | L | ギターヒーロー | ドラマティック | ブリテン | ブルージー | ロックンロール | 叙情/哀愁 | 有名バンド
LED ZEPPELIN
Led Zeppelin Ⅱ (1969年)
1. Whole Lotta Love (176)
2. What Is and What Should Never Be (41)
3. The Lemon Song (72)
4. Thank You (101)
5. Heartbreaker (213)
6. Living Loving Maid (She's Just a Woman) (64)
7. Ramble On (50)
8. Moby Dick (69)
9. Bring It on Home (52)
→PC向けページ
Tweet

解説


外部リンク
"Led Zeppelin Ⅱ" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている1曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Whole Lotta Love, 1. What Is and What Should Never Be, 1. The Lemon Song, 1. Thank You, 1. Heartbreaker, 1. Living Loving Maid (She's Just a Woman), 1. Ramble On, 1. Moby Dick, 1. Bring It on Home


コメント・評価

Selected Comments
1. こ~いち ★★ (2000-02-22 00:36:00)
名盤ですねー。ってマニアでもないオレが語っていいのか(笑)。
なんでもI~IVが好きな奴は真のZEPPELINファンではないらしいので。
全曲が素晴らしい稀有な作品です。
→同意(0)
3. 定ちゃん ★★ (2000-10-27 19:47:00)
「WHOLE LOTTA LOVE」、「HEARTBREAKER」の2曲は最高。
リフ、ソロとも痺れます。
ジミー・ペイジはいわゆるテクニカル系じゃないけれど、このギターには惹かれるものがある。
何せ上記の2曲は必聴です。
→同意(0)
11. 柴が2匹(会社から) ★★ (2003-10-26 11:51:00)
ブルースロックブームに引導を渡したアルバム。
このアルバムのHITによりハードロックは世界的音楽になったとさ。
→同意(0)
12. エストック ★★ (2003-12-06 13:34:00)
ZEPが世界を初めて制したモンスターアルバム。メタルがどうこうと言うのではなくROCKの古典として聴くべき。
→同意(0)
13. STORMBRINGER ★★ (2004-01-04 12:22:00)
ロック史上残る名盤・・・だが、俺は全体的に気に入るまで少々時間がかかった。もちろん今では大好きな一枚っすね。
全部良い曲だが、特に俺は「HEARTBREAKER」「BRING IT ON HOME」が好き。
→同意(0)
14. ら~しょん ★★ (2004-01-19 01:50:00)
恐ろしい程の完成度を誇る前作「Ⅰ」に比べると、今作はツアー中に勢いで作ってしまった事からか若干散漫な印象があります。
しかし、収録されている曲単位で比較すると前作に勝るとも劣らない名曲が揃っていますね。ヘヴィさでは前作を凌いでいるでしょう。
Whole Lotta Love、Heartbreakerは当然の事ながらHR史上に残る超名曲だし、Thank You、Bring It On Homeも個人的に大好きな曲ですね。
→同意(0)
15. アゴ 勇 ★★ (2004-01-24 01:15:00)
彼等の出世アルバム。
ブルース指向は幾分後退したが、徹頭徹尾のハードな感覚で貫かれたサウンドは、現在でもその輝きを少しも失ってない。
Whole Lotta Loveは絶対必聴。
→同意(0)
16. 3割2分5厘 ★★ (2004-01-26 21:00:00)
4作目が「天国への階段」を収録しているということで名盤なら、
こっちは実質的名盤であり、最高傑作なのは、このサイトでのランキング(現在4に次ぐ2位)を見れば分かる通りです。

13歳でB'zのパクリから洋楽に入ったわけですから、当然「HEARTBREAKER」を聴くためにこの作品を聴いたわけですよ。
・・・何このスカスカの音質。ギターリフとか細いし、ドラムも音が小さくてポコポコやってるだけじゃん。ボーカルなんか変な叫びしてるし。「胸いっぱいの愛を」中間部長くてウザイ再生停止。
な具合で、結局俺はBON JOVI、IRON MAIDEN、HELLOWEENという感じでよくあるようなメタルへの足の踏み入れ方でメロスピとかデスメタルとか聴いていきましたとさ。

でも、大半のメロスピが「いい年してなにやってんの!?」的ダサさ、陳腐さを持っていることに気が
…続き
17. HARRY ★★ (2004-02-01 01:12:00)
へヴィでソリッド。リフと間のカッコよさが詰まったアルバム。
→同意(0)
21. SCARECROW ★★ (2004-07-06 17:16:00)
Heartbreaker、Living Loving Maidの流れは最高です。あの2曲のリフは
ZEPPの中でも最高峰の出来でしょう。さらにWhole Lotta Love、
Bring It On Home、Lemon Song他、強力なナンバーがめじろ押し!
これが彼等の最高傑作だと自分は思っています。
→同意(0)
22. 酒とバラの日々 ★★ (2004-08-19 19:34:00)
前作とともにハードロックの古典。デビュー・アルバムをリリースしてからセカンド・アルバムをリリースするまで
ほとんどインターバルもないし、ツアーの喧騒の中から生まれたのがこのセカンド・アルバムだったそうです。
→同意(0)
23. 東京限定 ★★ (2004-09-29 02:06:00)
1stの勢いをそのままに、直すところはきっちり直して仕上げた作品。
ものすごくバランスが取れていて、音も1stより聴き易くなってる。
捨て曲一切なしの古典HRの歴史的名盤。
当時、ビートルズの名盤ABBEY ROADを抜いて1位になった作品でも有名。
それにしても1969年はもの凄い作品が目白押しですね。
レッド・ツェッペリンを初め、キング・クリムゾンもグランド・ファンク・レイルロードもこの年デビューだし。
ロック界にとって特別な一年ですが、その一角を担う重要な作品です。
→同意(0)
25. ギターの国から2002.遺言 ★★ (2004-12-26 19:41:00)
ロックの雛形として歴史に名を刻む名盤ですね。
この曲は素晴らしいとか捨て曲がどうとか、そういうレベルを通り越してアルバム自体に力があります。40分一気に聴くと余韻として残るのはスゲぇ!という感覚のみです。
個人的には雰囲気の問題で1stの方が好みなんですが、こちらも間違いなく大傑作です!。
→同意(0)
27. 蛇めたる ★★ (2005-01-01 00:29:00)
ビルボード7週連続1位でUSだけで1200万枚を売りさばいたギガヒットアルバムです。
意外にもZEP唯一のミリオンヒットシングル「WHOLE LOTTA LOVE」(全米4位)も収録。
前出の「WHOLE LOTTA LOVE」のベースラインやリフ、ドラミング、シャウトはいつ聴いても最高。
LED ZEPPELINはここで自らの音楽の基盤を固め、次作からはその時代時代での完成形を披露した。
ようするにこのアルバムは1つの到達点。
まさに、HRやHM、R&Rの「教典」。
必聴!!!
→同意(0)
29. ふぁうすと ★★ (2005-02-11 14:38:00)
ZEPで一番好きな曲は?と聴かれたら他のアルバムの収録曲を挙げるだろうけれど、一番好きなアルバムは?と聴かれたら迷わずこれ(あれこれ迷ってもこれ)を挙げる。
前作よりも「ロックかくあるべし!」と言わんばかりの単純明快ながらもヘヴィなリフやボンゾのドラムが大きな魅力のアルバム。
「Whole Lotta Love」「Heartbreaker」「Moby Dick」「Bring it On Home」など収録。
→同意(0)
31. 泡沫 ★★ (2005-03-08 21:21:00)
テンションがすごい。
1stのほうが全体的に完璧に締っている気はするが、リフはこっちのほうがノれて、充実している気がする。
曲のスケール感もでかい。
「WHOLE LOTTA LOVE」「HEARTBREAKER」のリフでイける。
ロックの中でも別格。
→同意(0)
34. dave rodgers ★★ (2005-05-11 17:45:00)
69年に発売された2nd。確かにこれを名盤と挙げる人は多い。これは彼らの独自性が貫かれたHRの古典であり'芸術'である。これも歴史的な一枚。
→同意(0)
35. チョッパー ★★ (2005-06-06 01:51:00)
「HRの権化」という言葉がこれほど似合うアルバムはない。曲はもちろん、全体のなんともいえ
ないひねたサウンド作り。ZEPの魅力のひとつ「人を突き放した感じ」はここから始まる。
「はーど・ろっくってなに?」「これ」間違いない!!
→同意(0)
36. お宝発見隊長 ★★ (2005-07-19 09:53:00)
よく聴いてみると、ベースサウンドがとんでもなくインテンス。凄すぎる。
→同意(0)
39. アウトランダーズ ★★ (2006-03-12 13:45:00)
衝撃のデビューアルバムだった前作に続きたった9ヶ月後に発表された2ndアルバムだけど前作をもしのぐ歴史的名盤に仕上がっている。
荒々しいロバートプラントのヴォーカルとジミーペイジのギターリフが超かっこいい 1、5、は現代のHM/HRの原形と言っていいほどの初期ZEPPELINの代表曲。
4、はロバートプラントの甘い感じのヴォーカルとジョンポールジョーンズのハモンドオルガンが印象的な叙情的バラード。
8、はジョンボーナム(ds)のパワフルなドラムをフィーチャーしたインストで、ライヴでのドラムソロに欠かせない曲。
他にもZEPPELINらしいブルージーなHRがズラリと並ぶ。
世界各国で精力的に行われていたツアーの途中であちこちのスタジオで断続的に録音された本作だが、まさにその勢いがそのままアルバムに注ぎ込まれたかのような作品。
でも最近のHM/HRファンが
…続き
41. 10倍太陽拳 ★★ (2006-03-22 13:30:00)
当時人気が爆発し、超多忙なスケジュールの中製作されたアルバム。
当時の彼らの勢いが伺える作品。
個人的には1stよりHR的なこっちの方が好きです。
4人しか生み出せないオリジナリティも満載でとにかくおススメですな。
→同意(0)
42. エンジェルフォール ★★ (2006-04-24 02:39:00)
ツェッペリンの傑作的2nd。
この『Ⅱ』は1stでほぼ確立されていたオリジナリティをそり一層洗練さしてそれを自分たちのものにしたアルバムだと思います。
歴史的名曲「Whole Lotta Love」から始まって、ギターソロが秀逸な「Heartbreaker」やボンゾの全てを垣間見れるインスト「Moby Dick」、ツェッペリンのルーツであるブルースをベースにハードロックとの融合が生み出した名曲「Bring It On Home」など一瞬の隙も見せないほどの緊張感とアルバム自体の完成度は驚くべきものである。
ちなみに『Ⅱ』は初めて全米アルバムチャートNo.1を獲得したアルバム。
→同意(0)
43. トランジスタ・ボーイズ ★★ (2006-07-10 21:49:00)
飛躍した2nd。前作よりも聴きやすくてに入門アルバムにふさわしいと思う。
このアルバムで聴ける音はすべてマスターピースです。
96点
→同意(0)
47. Dr.Strangelove ★★ (2007-02-24 18:06:00)
ハードロックの真髄ここにあり。
→同意(0)
48. 殺戮の聖典 ★★ (2008-02-10 10:48:00)
デビュー・アルバムからわずか9か月余りの'69年10月に発表され、あのTHE BEATLESの「ABBY ROAD」を蹴落として7週連続全米№1となる大ヒットを記録した2nd。
ツアーの各先々で作曲・録音されたということもあって各曲の録音状態はまちまちであるが、それが逆に功を奏してかラフでダイナミックなサウンドを得ることに成功している。
ジミー・ペイジによるギター・リフがあまりにも強烈な個性を放つ「WHOLE LOTTA LOVE」や「HEARTBREAKER」といったヘヴィ・ロックの超名曲を筆頭に、静と動とがダイナミックに展開する「WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE」、HOWLIN' WOLFの「KILLING FLORE」をモチーフにしたエキセントリックな「THE LEMON SONG」、プラントのソフトな歌唱がはかなくも悲しげな哀愁を漂わせ
…続き
49. ムッチー ★★ (2008-06-17 01:34:00)
俺はⅣよりもこっちの方が好きだな。
個人的にはLed Zeppelinの最高傑作。
『Deep Purple In Rock』と並んで、ハードロックの礎を築いた作品だと思う。
→同意(0)
51. はっちゃん ★★★ (2009-05-13 20:06:00)
初めて聴いたのは中坊の時。その時は全然理解できませんでした。
月日が流れ高校生になった時、「Whole Lotta Love」が偶然ラジオがら流れていて
耳を奪われました。中間部のカオティックな部分で、ホントにトランス状態になって
続いてのギターソロ! 倒れそうになりました。
音楽って受け取るタイミングがあるんだなぁって、その時思いましたよ。
以降、ZEPにドップリ浸かっていくんですが 自分の中で一番の衝撃をもたらした
このアルバムに1票です。
ちなみに、ACID JAZZレーベルのGOLD BAGってバンドの「Whole Lotta Love」も
かなりヘヴィでカッコいいので皆様も是非聴いてみて。
→同意(0)


Recent 20 Comments
53. テンさん ★★ (2010-03-04 23:20:00)
突然だが、レッド ツェッペリンの最高傑作といえば、一般的には4thアルバムの「レッド ツェッペリン4」(71年)を挙げるのが一般的だろうが、レッド ツェッペリンのセカンドアルバムでもある本作の「レッド ツェッペリン2」(69年)もそれほど匹敵するほどの名盤といわれていおり、ハードロックファンの間でも本作をレッド ツェッペリンの最高傑作視する者もかなり多いし、アメリカやイギリスで彼らにとって初のアルバムチャート1位を位録した作品でもある。また本作こそハードロックサウンドを具体的に表した作品としても名高いところから「ハードロック史に輝く歴史的名盤」と言う評価を受けている。それに本作には彼らの初期の代表曲でもあるリフが有名な純ハードロックナンバーのwhole lotta loveや、イントロのギターが印象的で、レッド ツェッペリンどころかハードロック史に輝く傑作曲でも名高いheartbreak

…続き

54. 朱雲 ★★ (2010-03-09 22:01:00)
『The Lemon Song』の演奏力だけでも、衝動買いしてしまいそうです。『Heartbreaker』も素晴らしい。
特別ファンじゃないけど、買ってもいいと思わせるだけの何かを感じた。

→同意(0)

55. 天国への翼 ★★ (2010-03-13 18:29:00)
一枚目とセットで買うべし! ハードロック史上最大の成功作品であり、ツェッペリンのアルバムでも最も人気が高い。このアルバムのよさは何十年たっても色褪せなく、むしろフォロワーは昨今のSHMCDやスーパーオーディオ等で高まっているのでは?


56. N男 ★★★ (2010-05-10 22:50:00)
1969年発表の2nd Album。
僅か10ヶ月前の前作のブルース路線から一転、えらくヘヴィなリフワークになりましたね。
ライブを意識したようなロックンロールのオンパレードですね。
シンプルなリフが、どうしてこれが超かっこいい!!
勢いだけで作った感がするが、そこにすら必然性を感じる。
いきなりポップになったりブルージーになったり、はたまたプログレになったりソロに入ったりとやりたい放題。
中でも一番ぶっ飛んでるのはホンゾのドラム、センスが異常だ、⑧だけで昇天もの。
ある意味、“分かりやすさ”では一番のアルバムじゃないかと。
オススメは①、③、④、⑤だが、前作以上に捨て曲がない、とにかくリフ!!
中でも①や⑤はライブ映えする超名曲です、必聴盤!


94点。

→同意(0)

57. ミッチー ★★★ (2010-10-01 15:24:26)
ハードロックの金字塔!


58. モンブラン ★★★ (2010-10-03 13:29:48)
初心者にはうってつけのアルバムです


59. Zepp神奈川 ★★★ (2010-10-29 20:41:26)
彼らの出世作
ブリティッシュハードロックの夜明け

→同意(0)

60. グリード ★★★ (2010-11-12 12:02:41)
ビートルズをチャートから引きずり出したアルバム


61. パープリン ★★★ (2010-11-14 13:06:08)
ゼップのアルバムの中で一番分かり易いアルバム
胸いっぱいの愛を、ハートブレーカー等リフも印象的なナンバーが続く。
→同意(0)

62. アリサ ★★★ (2011-02-02 13:23:57)
ハートブレーカー格好よい
→同意(0)

63. アリソン ★★★ (2011-02-08 13:55:11)
私の初めて聴いたゼップのアルバムです
→同意(0)

64. 曼荼羅 ★★★ (2011-02-21 12:38:59)
ゼップ初心者にはうってつけのアルバム
わかり易いハードロックの曲が多い
→同意(0)

65. DioTheWorld ★★★ (2011-07-01 11:16:09)
全ての曲の完成度の高さ、圧倒的なリフ、その中でもとびぬけた超名曲HEARTBREAKER…
感情を爆発させたギターソロ、ドラムソロ…
Ⅱだけに2番目にすきなアルバム。
→同意(0)

66. THE THING ★★★ (2012-03-28 12:38:39)
忙しい中で作られ若干散漫なイメージがあるが、結果的に飽きない作りになっていると思う。
→同意(0)

67. 名無しと名乗るもの ★★★ (2012-04-02 17:56:40)
ベストアルバムからZEPを聞き始めた人には
このアルバムを買って聴いて欲しい
間違いなく名盤!
間違いなく大満足!
→同意(0)

68. ヤング兄弟 ★★ (2012-05-28 19:50:21)
とてもヘヴィでブルース色も強い、初期の名盤です。
ペイジのリフメイカーっぷりが際立っています。
後につながるハードロックを形作った名盤です。

→同意(0)

69. 名無し ★★★ (2013-02-10 09:22:40)
もっとthe lemon song評価されてもいいと思う


70. 名無し ★★★ (2013-03-08 00:15:23)
昨年のオーディオフェアで超高級機で聴いた「Whole Lotta Love」
エネルギーが伝わってくるって言うか、4人個々の出す音の説得力がすごくて
世界一になる理由がよくわかった。
しばらく聴いていなかったんだが、改めてZepに惚れ直しました。
できるだけいい音で爆音で聴くことを勧めます。

この体験にはおまけがあって、そのオーディオメーカーはどちらかというとクラシック向けのメーカーなんで、品の良い65~70歳位のおばさんがいたんだが、曲が終わったあと曲をかけた人に「これはなんていうグループなんですの」って聴いてて,スゴイ物は全ての人に伝わるんだと改めて感心しました。


71. 赤い鳥 ★★★ (2015-02-11 15:19:51)
1stから約9か月でこの完成度はすごい。
→同意(0)

72. 名無し ★★★ (2017-07-17 21:35:09)
ZEPで一番好きなアルバムは?と聞かれたら迷うことなく私はこのセカンドです!
曲の内容はもちろん全体としての流れもかなり工夫されています。
またWhole Lotta Loveのような強烈な曲があるかと思えば一方でThank Youのような美しいアコースティック曲もあり
感動させてくれます。とにかく最高です!

ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-72  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage