この曲を聴け! 

70年代 | 80年代 | 90年代 | Q | ドラマティック | ブリテン | プログレッシヴ | ポップ/キャッチー | メロディック | ロックンロール | 叙情/哀愁 | 洋楽ロック/ブルース
QUEEN
Queen II (1974年)
1. Procession (25)
2. Father to Son (57)
3. White Queen (As It Began) (63)
4. Some Day One Day (33)
5. The Loser in the End (19)
6. Ogre Battle (140)
7. The Fairy Feller’s Master-Stroke (102)
8. Nevermore (116)
9. The March of the Black Queen (155)
10. Funny How Love Is (46)
11. Seven Seas of Rhye (111)
See What a Fool I've Been (12)
→PC向けページ
Tweet

解説
1974年3月8日、EMI Recordsよりリリースされた2ndアルバム。日本では3か月後の6月に発売された。
彼ら最初のコンセプト・アルバムであり、前作『Queen』によるプレスからの酷評に対する回答でもあった。
レコード発売当時は、ギタリストのBrian May中心の「White Side」と、ヴォーカルのFreddie Mercury作の曲のみの「Black Side」の2つに分けるという形式がとられた。この「白と黒」というコンセプトは、メドレー形式の曲の収録方法、アルバムジャケットの裏表や見開きの写真にも貫かれており、片面ずつのトータル性や「白と黒」が対になったコンセプトを1枚のアルバムとして押し出していた。 ライヴにおいても、ライティングの効果を無視してこのコンセプトが用いられた。しかし、CD化に際して上述のようなコンセプトも失われた。ただ、できるだけこのコンセプトを守るため、「Ogre Battle」の冒頭には長めの空白が挿入されている。
デビュー当初から、ルックス面におけるグラムロックの影響、作品にみられるクラシックの影響や組曲的、メドレー的な曲構成、レコードのA面B面をトータル・コンセプトの元に作る作風などから、一部ではプログレッシヴ・ロックの要素をアルバムに取り入れたともいわれた。
メインジャケットはFreddie以外のメンバーは白の衣装を着た写真を希望していたが、Freddieの強い要望で黒のジャケットが採用された。また、「Greatest Video Hits 1」のジャケットにも流用された。
また、Guns N' RosesのAxl Roseは、「オレが死んだらQueen IIのアルバムを棺に入れてくれ」と述べたという逸話がある。


Recorded:August 1973 at Trident Studios, London
Producer:Roy Thomas Baker, Robin Geoffrey Cable, Queen


外部リンク
"Queen II" を YouTubeで検索 | Amazonで検索 | googleで検索

登録されている1曲を連続再生(曲順) - Youtube
1. Procession, 1. Father to Son, 1. White Queen (As It Began), 1. Some Day One Day, 1. The Loser in the End, 1. Ogre Battle, 1. The Fairy Feller’s Master-Stroke, 1. Nevermore, 1. The March of the Black Queen, 1. Funny How Love Is, 1. Seven Seas of Rhye, 1. See What a Fool I've Been


コメント・評価

Selected Comments
2. IMOGAN ★★ (2001-08-08 23:13:00)
かのアクセル・ローズの愛聴盤。いや、ホント。
ブラックサイドはマジで完璧!です。
→同意(0)
8. ギターの国から2002.遺言 ★★ (2002-11-28 19:51:00)
全てが名曲。
アルバムを聞きながらアルバムジャケットのメンバーを見ていると彼らが神々しく見え、観音様のようだ。
この世のものとは思えない美しいサウンドが頭の中の重箱の隅をつつく。
なにがなんでも聞かなければならない永遠の名盤!
→同意(0)
9. アゴ 勇 ★★ (2002-12-24 04:01:00)
個人的に、最も思い入れ深い作品。
初期の彼等の音楽的特徴として、ハードロックをベースにしながらも凝りに凝った目まぐるしい曲展開や、コーラスハーモニーの多用があるが、その路線の集大成がブラックサイドと題されたB面(CDだと6曲目から)の流れだろう(A面はホワイトサイド)。特に「Ogre Battle」のクライマックスで、演奏が消えて裏声の分厚いコーラスが「COME TO OGRE BATTLE」とシャウトする部分など、何度聴いてもカッコいい!
→同意(0)
10. kotora ★★ (2003-02-02 22:04:00)
QUEENの最高傑作。へぼ音楽評論家のすすめで、4作目を聴くくらいなら、
これを聴いたほうがいい。サイドブラックをは、アビーロードのB面に匹敵する完成度。
凄さ。ドラマティックさ。
ロック者なら聴かずに死ねない。
→同意(0)
17. ライキチ ★★ (2003-05-27 01:20:00)
2作目にして早くも自分たちのオリジナリティを築き上げたという印象が強い。1stではまだツェッペリンやビートルズなんかの影響が強く出ていたが見事にそれを消化した作品であると思います。
それだけではなく、曲自体とてもいいのです。大分古い作品なので敬遠しがちな方も多いと思いますが、このアルバムは大丈夫だと思います。ロックだけどポップセンスも良く、耳あたりも良い。コーラスワークなんて後のバンドたちにどれだけ影響を与えた事か!
そして少々プログレッシブな感じもします。
NEVER MOREという曲があります。この曲は人を泣かすために作られた曲です。泣きます。泣きました。
音質は独特ですね、「古臭い」じゃなくて、「アンティーク」といえばいいのかな。古き良い音。安っぽさはなく、むしろ高級感と気品さえ感じちゃう。この音質はこの時代としては異様だ。
クイーンのアルバムはどれも
…続き
24. エリカ・フォンティーヌ ★★ (2003-11-13 17:14:00)
アルバムの頭から最後までが完璧に構築された唯一無二の世界!クイーンの最高傑作にして
あらゆる音楽の頂点に立つアルバムの一つです!!わたしも棺桶にいれてほしい一品!!!
もう芸術ですね!ぶっちぎりです!エリカ大感激ぃ!!
→同意(0)
25. 柴が2匹(会社から) ★★ (2003-11-15 22:32:00)
クィーンがHRバンドから唯一無比のクィーンになったアルバム!
もちろん、劇的なブラックサイドも良いに決まっていますが、ホワイトサイド
だって聴きこめばすごく良いよ~♪
→同意(0)
28. STORMBRINGER ★★ (2004-01-26 17:36:00)
ベスト盤に収録されている曲は「SEVEN SEA OF RHYE」だけだが、これは断片的じゃなくアルバム全体として聴いて欲しい。
実を言わせてもらうと恥ずかしながら俺はこのアルバムは、クイーン初心者のころ(何年前だ?(笑))はぜんっぜん好きになれませんでした。今ではなんでこんな名盤を昔わからなかったのか自分でも理解不能です。でも今では一番とまではいかずともかなり大好きなアルバムです。
俺は個人的に劇的なブラックサイドの流れのほうが好きですが、ホワイトサイドの流れもけっこう良いです。
捨て曲はなし。俺は「FATHER TO SON」とブラックサイドの曲全部がお気に入り。
間違いなくクイーンファンなら必聴でしょう。
→同意(0)
30. marmyi ★★ (2004-02-01 23:44:00)
クイーンの作品中で、最もお薦めのアルバムだ。
クイーンファンはもちろんの事、全HR/HMファンにぜひ聴いてほしい一枚である。
俺の大好きなブラックサイドの素晴らしさは、上のみなさんのおっしゃられる通りで、
6曲目以降を連続して聴くのが理想的な聴き方だと思うのだが、
あくまでも一曲としての楽曲にこだわる聴き方を好む方も、曲自体が劇的に展開する
流をくむ曲もあるので、曲単位で聴くのもありかな、と言う気もする。(オイ、言ってる
ことが矛盾してないか?)
あと、個人的には、ホワイトサイドはあまり聴かないけど、②の「FATHER TO SON」
だけは、異様に大好きで、これは曲単位で頻繁に聴いている。
とにかく、このアルバムをまだ聴いてない人は、なにがなんでも聴いてみましょう。
当然超名盤です。
→同意(0)
31. 3割2分5厘 ★★ (2004-02-12 14:18:00)
White Sideにはブライアン作曲の美しい楽曲が並ぶ。
Processionからレッド・スペシャルは見事なハーモニーを奏で、
Father To Sonでフレディが歌いだした時の衝撃といったら・・・こんなに美しいアルバムの入り方が他にあるというのか。
この曲ではブライアンのギターが唸りまくっている。はっきり言ってこれはヘヴィ・メタルだ。にも関わらず、こんなにも優美だ・・・
White Queen(As It Begun)では絶望すら感じる哀しいメロディとフレディの繊細な歌声が見事にマッチし、この世とは思えないほどの美しさを醸し出す。
Some Day One Dayはブライアンがその優しい歌声を聴かせ、
Loser in the Endはこれからブラックサイドへ移る上での一休み、といった曲だろう。ある意味、この曲はアルバムの鍵となる曲だ。

…続き
33. TDK ★★ (2004-02-20 23:44:00)
初めて借りたQueenのアルバム。
これを見つけなかったら今音楽を聴いてることはなかっただろうというくらい、思い入れの深い作品。
ブラックサイドの流れに感動しました。
→同意(0)
35. ら~しょん ★★ (2004-04-05 12:00:00)
2作目にしてQUEENサウンドを完成させてしまった初期の傑作。
ここで多くの人が言うようにブラックサイドは完璧な流れですね。
ホワイトサイドの方もFather To Son、White Queenはドラマティックな大曲で素晴らしいし、トラッド/フォーク調のSome Day One Dayも好きな曲です。
トータルアルバムとして完璧な故、お遊び的なナンバーのSeven Seas Of Rhyeしかベスト盤には収録されていないのも納得でした。
→同意(0)
44. 泡沫 ★★ (2005-01-17 21:42:00)
フレディはアタマが狂っているか、きっと別次元とつながっているんだ。
ブライアン・メイ作の「White Side」も当然水準以上なのだが、「Black Side」の狂いっぷりにはかないません。流れるメロディと美しいコーラス、ブライアン・メイのギターも冴えてます。詩の世界は・・・ファンタジー?
確かに、これはやばすぎる傑作。1974年作、シンセなしという点もまたぶっ飛び。
→同意(0)
51. minato ★★ (2005-05-31 19:07:00)
このアルバム、ベストに収録されている曲が殆どない。なのに、このポイントの多さはどうだろう?結論から言わせて貰うと、このアルバムは凄い。2ndにして、この鬼気迫る楽曲の数々。捨て曲などありえなく、トラック1から緊張感を溜めて溜めて、"March Of The Black Queen"で爆発させる。無論、フレディのVoも、始終絶好調。めちゃくちゃ買いです。
ただし、QUEENの歴史はこのアルバムから始まったのではない。1stアルバムを叩きまくったイギリスの音楽評論家達は、どんな顔でこのアルバムのエンディングチューンを聴いていたのだろうか…。それは、私が生まれる遙か昔。
Best Tune "March Of The Black Queen"
買い度…95%
→同意(0)
54. 蛇めたる ★★ (2005-06-11 23:13:00)
ブリティッシュ・ハードの頂点に立つアルバム。
1stからどうやってここまで垢抜けしたのかは分からないがともかく素晴らしい。
後々QUEENが偉大なロックバンドと進化していく礎ともなった作品。
この作品への理解無しに後の作品を理解出来ないと思うが、逆も言える。
それはともかく必聴の名盤。
→同意(0)
64. ソナタ ★★ (2005-12-21 22:27:00)
クイーンはベスト盤だけ聴いて満足してる人(自分もでした)は勿体無い!!非常~に勿体無い。
だってこのアルバムの曲でベスト盤に収録されてるのって「輝ける7つの海」だけでしょう?
まあ曲が繋がってるからしょうがないのかも知れないけど、そりゃ無いっすよね。
ほんっとに素晴しいんです、このアルバムは。まさに壮大なドラマそのもの。
特に「The March of the Black Queen」と「Nevermore」の美しさときたらもう…。
さて今夜もブラックサイドに乾杯…。
→同意(0)
68. 臣呼吸 ★★ (2006-04-23 15:24:00)
このアルバムの素晴らしさは僕のつたない文章ではうまく説明出来ません。
皆様が聴いて、そして感動してください!
→同意(0)
70. トランジスタ・ボーイズ ★★ (2006-07-11 17:14:00)
クイーンのその比類なきオリジナリティが完成した作品だと思います。
このアルバムを聴くともう単純にハードロックという風には括れませんね。
特にブラックサイドは素晴らしいです。
98点
→同意(0)
74. miyamo ★★ (2006-12-28 19:48:00)
俺の洋楽初体験
これを聴かせてくれた先輩は俺の人生の師です
→同意(0)
76. 10倍太陽拳 ★★ (2007-01-20 00:10:00)
紛れも無く彼らの最高傑作であり、ロック史上に残る名盤でしょう。
シンセを一切使わずオーバーダビングを駆使しまくった
サウンド、構成は見事しか言いようが無い。
このアルバムが日本で評判となり、それが逆輸入した形で
クイーンは本国イギリスやアメリカ、そして世界中でで人気となった。
彼らが親日家である所以がここにある。
→同意(0)
78. Dr.Strangelove ★★ (2007-02-23 19:49:00)
これとオペラ座とイニュエンドゥがQUEENのベスト3だと思う。
→同意(1)
82. 松戸帆船 ★★ (2008-02-11 18:06:00)
クイーンというバンドから連想されるものの全てが凝縮されているようなアルバム。
ハードロックと呼んで何ら差し支えないハードな楽曲に素敵なメロディが乗っかっている。
→同意(0)
91. うにぶ ★★ (2009-04-26 20:26:00)
以前ロック入門みたいな本を読んで、その中で「クイーンはシングルが良いバンドで、アルバムはつまらない」みたいなことが書いてあって、それを鵜呑みにしていたことがありました。
それで廉価盤の怪しいベストを買い、気に入ったので次に正規のグレイテストヒッツ2枚組を買い、あとはいいやと思っていました。(だってクイーンのアルバムっていつまでたっても安くならないし)
でも、ベストに入ってるのってSTORMBRINGERさんもおっしゃってますが、1曲だけなんですよね。
後でアルバムを聴いて、なんて馬鹿なことをしていたんだろうと思いました。こんな凄いアルバムを、聴き逃すところだったとは。
トータルでのつくりこみ具合も、個々の曲も、見事です。
これがまだ2ndで、しかも前作から1年も経たずにささっと作られたものというんだから驚異的。
やっぱり、良いバンドはアルバム単位で聴か
…続き
92. はっちゃん ★★★ (2009-05-13 16:49:00)
予想通りの結果にニンマリ。
リアルタイムで初めて買ったのはホット・スペースだったから
順に遡ってこのアルバムを聴いてド肝を抜かれました。
BLACK SIDEはもう、狂気と甘美と美しさをグチャグチャにして
炸裂させたかのよう。
故フレディの創作力には誰も追いつけません。
→同意(0)
95. モブルールズ ★★ (2009-09-26 23:47:00)
皆さんおっしゃってますがブラックサイドは凄過ぎです。まだちゃんとハードロックしてるしQUEENで一番好き。
→同意(0)


Recent 20 Comments

96. 納豆巻 ★★ (2009-12-16 05:38:00)
ブラックサイドの評価が圧倒的だが、俺は霧の中をゆっくり歩いていくようなホワイトサイドが好きだ。Procession~Father to Sonが個人的にハイライト。いや~それにしても惜しい!名曲連発なのにどうしてもFunny How Love Isだけ陳腐に聴こえてしまう。完璧とはいかないが、ほぼ完璧。


97. AE86スバリスト ★★ (2010-01-29 21:11:00)
アルバム全部を通して聴きたい唯一のアルバム。
おかしなもので、これっていう超有名な曲は無いけど、アルバムとして最高。
クイーンの世界にどっぷりと浸れます。
昔はね、「オペラ座~」ばかりが持て囃され「QEENⅡ」はマイナーな存在だった気がします。
けど、ここの評価を見ていまどきの人にも理解できているってのが嬉しい。
良いものは、時代が経っても良いものなのだ。
→同意(0)

98. 広背筋 ★★ (2010-02-25 03:53:00)
オペラ座と同じく纏まっていて良いアルバム
だがQUEENが好きでも合わない人がいるのも当然のアルバム
年代により風貌も作風も変わっていったQUEENの楽曲に好き嫌いが出るのは当然だろうしどの年代でもQUEENはQUEENで結局は好みの問題
様々な楽曲があるのも彼らの魅力だろう
ただこのアルバムはROCKではなくQUEENというジャンルの基礎を作ったのでQUEENを知るという意味でも一度は聴いておくと良いと思う


99. MODERN TIME'S CANDYPOP ★★ (2010-04-29 14:27:00)
QUEENのコンセプト系アルバムの中でもかなりの名盤。
後々のBOHEMIAN RHAPSODYにつながる名曲、
THE MARCH OF THE BLACK QUEENは是非聞いていただきたい。
→同意(0)

100. simis ★★★ (2010-10-07 12:41:23)
このアルバム神
→同意(0)

101. Zepp神奈川 ★★★ (2010-11-14 20:29:11)
ブライアンメイのホワイトサイド&フレディのブラックサイドと2つのサイドに分けられるコンセプトアルバムであり初期の名作。

→同意(0)

102. 胡椒軍曹 ★★★ (2011-03-25 19:21:47)
ファンタジーチックなアルバム。
「PROCESSION~WHITE QUEEN」 そしてB面「ブラックサイド」の流れは鳥肌モノ
→同意(0)

103. Y151 ★★★ (2011-08-25 21:03:42)
これが2枚目とは信じられない。
皆様おっしゃられている通りブラックサイドにやられます。
特にTHE MARCH OF THE BLACK QUEENに。
オペラ座よりこっちのがまとまりがあってより素敵です。
→同意(0)

104. 名無しと名乗るもの ★★★ (2012-03-28 02:04:34)
中古CDショップで4th買いに行ったらなかったのでジャケット買いした
とんでもない名盤を手にした
今ではあのとき4thがなくて良かった
4thも後に手にしたがこちらの方がお気に入り
→同意(0)

105. THE THING ★★★ (2012-03-30 13:44:40)
フレディ・マーキュリーの才能爆発って感じ。
後にも先にもこんなアルバムはこれしか出ていないでしょう。
…多分。
→同意(0)

106. ヤング兄弟 ★★★ (2012-05-26 20:42:24)
「息もつかせぬ」とは正にこのアルバムのことですね。
優雅なホワイト・サイドもいいですが、やはりここはフレディの独壇場である
ブラック・サイドがすべて持っていてしまってます。それくらい濃密で壮絶な世界が展開されています。その後の「オペラ座の夜」で一つの極みに達しますが、この「クイーンII」の方が票が多いというのはなんとなくわかる気がします。

→同意(0)

107. 名無し ★★★ (2013-12-06 02:04:52)
芸術


108. 名無し ★★★ (2014-03-31 18:41:48)
オペラ座より好みです!


109. Shirabetty ★★★ (2014-08-31 14:40:50)
37年前に初めてこのアルバムを聴き、あまりの衝撃で放心状態!一体何万回聴いて生きて来たでしょう!驚異の曲展開、究極の美しさ、Freddieは言葉の響かせ方も天才!なんです!
音的に魅力のある言葉を選んでいると思います。Queenの最高傑作です!
→同意(0)

110. Shirabetty ★★★ (2014-09-23 02:06:50)
高いレベルの音楽耳と感性を持った人がこのアルバムを集中して聴いたなら、このアルバムがいかに天才的で希少なものか分かる筈です。

例え歌詞が分からなくても、彼らが音、言葉の音や響きも含め、で表現している事が全てだと思うからです。
私がこの曲を初めて聞いたのは中1でしたから、英語は聞き取れませんでした。つまり歌詞も音そのものであり、全て右脳で感じたのです。これはある意味、英語が母国語でない人の特権かも知れません。なぜならQueenのメンバーさえ知らない感じ方ができるからです。

歌詞が分かってしまう今、どうしても言葉が聞こえてしまいます。勿論、それこそがメンバーの意図している部分ではあるのですが。

Queen2 音楽のジャンルを越えた芸術作品の極みであり、近いうちにもう一度見直され、これから初めて聴く人も含め人々に崇め奉られる作品であると確信
…続き

111. ヒロベエ ★★★ (2014-10-19 14:44:50)
耽美!驚異!鳥肌!奇跡!人間の想像を越えてる!
間違いなくQueenの最高傑作!
100回聴いたら100倍分かるその凄さ!
まるで怪物の様に成長し続けるアルバム!
→同意(0)

112. 名無し ★★★ (2016-01-19 13:27:08)
学生時代、先輩のステレオで聴きまくったのがこのアルバム。ハードロックオペラともいうべき代物。こんなん、他のどのバンドがつくれるっていうんや。本当ぶっとんでる。Queenというジャンルをつくったのがこのアルバムだ。ボヘミアンしかきいていない君、もったいないよ。ブラック面はそれをもっと劇的にハードに美しくB面全部でやってる感じだよ。 もちろんA面ホワイトも秀逸。 


113. 名無し ★★★ (2016-04-23 01:02:06)
これとパンテラの俗悪の2枚買って家で聞いた高校一年か二年の四半世紀前のあの日…生涯の衝撃アルバムベスト3のうちの二枚を何故か同時に買ったのは不思議です。これとジギースターダストは神。 捨て曲のなさ加減はジギーとこれです。


114. 名無し ★★★ (2017-06-09 22:46:34)
死ぬ前にレコードでQueenⅡを聴くのが将来の最も大きな目標です(まだ未成年なのでずっと先になることを祈りますが笑)
神以外の何者でもないと言うかそんな安直な言葉では済まされない
初めてアルバム通して聴いたときは泣きました
確かにこれは棺に入れて貰わなきゃ死んでも死にきれないよなぁ…


115. risky ★★★ (2017-11-27 18:55:35)
ホワイトサイドは派手さはないが、美しいメロディが並ぶ歌曲揃い。
しかし何と言ってもブラックサイド。フレディの才能には鳥肌立ちまくり!
特に鬼気迫るOgre Battleは必聴!
→同意(0)
ページ上部に移動 | 発言: 1-50 51-100 101-115  

発言

評価:
★★★素晴らしい!!
★★良い!
まあまあ
コメントのみ

名前:
ユーザ登録/再認証


MyPage